甘いもん食ったら疲れる?自称医者のオッサン、んなワケねーじゃん(笑)

筋肉痛も経験したこと
ないような奴に言われてもなあ



 例の自称医者のオッサン、「甘いものを摂るから疲れる」http://toushituseigen-es.seesaa.net/article/431206560.html、相も変わらず風説の流布に余念がありません。こんなろくに体鍛えてないような奴に言われてもなあ。糖毒バカに言うても仕方ないかもしれませんが、ゆめゆめ(決して)真に受けたらあきまへんで!
 で、この自称医者、疲労と乳酸について一席ぶってはるんですわ、これがまた・・・。



昔からよくいわれるのは

身体(筋肉などの組織)に乳酸が溜まる身体的疲労ですが

それ以外にも、精神的疲労や自律神経の乱れによるものなど

があります。

乳酸については、実は疲労の根本的な原因物質ではなく

疲労の結果、蓄積しているだけに過ぎないとも言われますが

身体が疲労している際には、筋肉内などに乳酸の蓄積が

顕著に認められるようです。


 ”言われます””ようです”って、オッサンさ、設定上は医者なんだろ?だったら医者らしくせえよ。いっつも思うんだけどさ、なんでどっかで聞いてきたうわさ話みたいな調子なんだよ(爆笑)?



 乳酸は筋肉痛の原因ではない

 短距離を全力で走った後に足ががくがくしたり、限界まで運動してしばらく動けなかったり、といった経験がある人は多いでしょう。

 このときの筋肉中には、“乳酸”が溜まっていますが、この乳酸が筋肉痛を引き起こすと考えていませんか?

よく聞く説ですが、これは完全に誤解です。

 筋肉を動かす時に、体は酸素を燃やしてエネルギーを作り出し、それを使っています。ただ、あまりに激しい運動の場合、体に対する酸素の供給が追いつかなくなります。そこで酸素の代役として使われるのが、グリコーゲンやブドウ糖。それらがエネルギーに変わる過程で生まれるのが、乳酸です。

 乳酸が筋肉にたまると筋肉がうまく収縮できずに痛みや炎症が起こるとされ、乳酸は疲労物質だと言われるようになったようですが、乳酸が増えるから体が疲れるということはありません。

 最新の研究では、むしろ乳酸には細胞の疲弊を保護する働きがあり、疲労回復のエネルギーとして使われていることがわかっています。

http://iekatsu-tsushin.net/2014-03-29-17-16-45/157-no4-medical-health-9.html




 今回実はこれ紹介しただけで仕事は終わりみたいなもんなんですが、上記のお話をしてくれたお医者さんを紹介しときますね。

 梶本修身

大阪市立大学大学院教授

消費者庁により生活習慣病予防などの保健用途表示が許可される「特定保健用食品(トクホ)」の効果検証ヒト試験を多数手がける。

疲労回復のメカニズムを紹介する専門家としてテレビでも引っ張りだこ。
http://iekatsu-tsushin.net/2014-03-29-17-16-45/157-no4-medical-health-9.html


 このデマのオッサンが仮に医者だとしても匿名の奴と有名大学大学院教授、勝負になりませんな(大笑)。いや、必要な知識のアップデートを怠ってるから高校の体育や生物の先生にすら及んでねえぞ!解糖系をしたり顔で書いてやがるのにそれが中途半端にしかわかってない、だから「アンタ医者じゃなくてクラウドワークスで拾ってきたライターだろ?」って思われるんですよ、主に私に(大笑)。



筋肉痛は
いまのところ
乳酸のせいでは
なかったりする



 すでに梶本教授の説を紹介したので構わないんだけどもう一度。一昔前は「乳酸は疲労物質、筋肉痛の元」と考えれていたが今はそうではない。ただし決定的な説明はまだない(筋肉の炎症が有力なのかな)。ここからは私のなんとなくの経験から。
 筋肉痛時には血の巡りが悪くなっているんで細胞のガス(O2→CO2)やエネルギー・老廃物交換が滞っている。筋肉痛を除くには
 1.ほったらかし(それなりに長いが一応治る)
 2.何らかの方法で血行を良くする(私は少々体を動かします)

 はっきり言って糖質の摂取は何にも関係はありません。自称医者さん、ホンマにお医者やったら論文の一本でも書いて学会に出してみたら?情弱糖毒バカ相手にブログ書いてるよりはよっぽど意味があるよ(それとも無責任なお仕事してる方がいいのかな)?「乳酸の基本 -乳酸は悪者なのか?-」これも一応読んでおこう。

 疲労は乳酸以外のことにもよっている

 運動の疲労がもし乳酸のみによって起こっているならば、乳酸は運動後30分もたてば運動前の低いレベルに戻りますから、運動後30分で疲労は全てなくなっていなければならないはずです。しかしそんなことはありません。マラソンやサッカーの後半になると疲労してきます。ところがその時、筋グリコーゲンがなくなってきているので、主として筋グリコーゲンからできる乳酸はできにくくなっているので、乳酸はできないのにより疲労しています。

 また標高の高い場所で運動した方が、運動はきつくなりますが、乳酸は必ずしも高い場所ほど多くできることにはなりません。運動時の疲労に乳酸以外のことも多く関係しています。
https://biz.arkray.co.jp/lact/hatta/



個人的体験は
水掛け論で
しかないけど



この反応は、筋トレのように筋肉に強い負荷をかけて運動した際に

よく起こりますが、そうでなくても

糖質の過剰摂取時に起こります。

糖質を摂取すると、インスリンが放出されます。

インスリンは、体脂肪の増加にも関与しますが

解糖系の反応促進という作用も持っています。

さらに糖質を過剰に摂取すると、解糖系と他の二つの経路は

反応速度が違う(解糖系の方が速い)ため

解糖系のみが働き、乳酸が多量に産生されるものと思われます。

http://toushituseigen-es.seesaa.net/article/431206560.html



 いよっ、ケトン脳!どうやらこいつら糖毒バカは飯食う時は息止めて食うらしい(爆笑)、そんなんやってんのアンタだけだよ。ちょうど都合がいいことに(笑)2日前体が少々重くダルかった。で、少々トレーニングをやり、ご飯1.5合と牛レバー100gを食べ(加熱調理済、あまりおいしくなかった)、6時間ほど寝た。で、疲れは抜けてました(笑)。一番の要因はしっかり眠ったことだろうけど・・・。 疲労回復は栄養と休息、それと運動(一つは血行を良くして疲労からの回復、もう一つは疲れにくい体をあらかじめ作る)。これに尽きるな。糖質摂取は少なくともマイナスにはならんやろ。糖質摂取量が多い運動選手が疲労、疲労って言ってるか?



野良猫に餌をやるな



 この自称医者についてですが、はっきり言って信用してはいかん。糖質制限で体重を18㎏落としたのだから筋肉も体力も確実に落ちたアホの言うことなんぞ信用できるかい。糖質制限・MEC食で筋肉・体力がなくてヒーヒー言ってる奴のブログ、ランキングに転がってるじゃねえか(爆笑)!!あと情報源について何にも書いてないブログの言うことを鵜呑みにすんなよ、まったく。デタラメ書くのには何の知識もいらないしばらまくのは簡単だけど、それ打ち消すのは大変なんだよ。フンの後始末が面倒だから野良猫に餌をやるな!!





はてなブックマーク、Lineなどはこちら



スポンサー様の広告です!




世のため人のため↓バナーをLet's クリック!



テーマ : 糖質制限食
ジャンル : ヘルス・ダイエット

自称18㎏やせた医者と「類は友を呼ぶ」


このブログ
ムカつくけれど
おもろいわ
(逆の意味で)



 有害無益な糖毒系ブログ「糖質制限で18㎏やせた医師の記録」。ブログ読者(無論、大体糖毒バカ)が感想をよこしているのだが、それが笑える。ライターがライターだから読者も読者なのかな。http://toushituseigen-es.seesaa.net/article/430589895.html



ぐうたら糖質制限 その1



私は、糖尿病予備軍と診断され、中性脂肪800オーバーで、170cm90kgでしたが、スーパー糖質制限を実行して3ヶ月。 血液検査も改善して、体重も90kg→81kgまで改善しました。 3ヶ月で9キロの減量はヨシとすべきかも知れませんが、少し不満です というのもカロリーも一日多いときで1500カロリー少ないときは600カロリーしか摂取してません 糖質は一日50g以下を三ヶ月実践してます 運動はほとんどしていませんが、170cm90kgのメタボにしては、一日糖質50g以下、カロリー一日平均おそらく1200以下にしては、あまりにも緩い下降な気がします
(中略)

仮に、この先体重が落ちなくなったとしても、中性脂肪やγ-GTPや空腹時血糖値は劇的に改善してるので糖質制限は続けてはいきますが、できれば先生のように半年で-18kg…みたいになりたいものです



 これ、ホントかよ?170cm90kgてのはアメリカンサイズのデブだけど(BMI:31.1)筋肉だってそれなりにあったはず。ほとんど運動してない運動してないから筋肉も脂肪同様かなり落ちているはずだから・・・。よっぽど代謝が悪い≒割合として筋肉が少ないんだろうな。その少ない筋肉がさらに少なくなってしまった・・・。さて、自称医者は何言ってるのか?



コメントありがとうございます。わたしは、1年半で-18㎏でした。

体重の落ちるペースは、人によって違います。また、いわゆる「普通の食生活」つまり
高糖質低タンパク質な食生活の期間が長いと知らず知らずのうちに筋力が低下し、冷えや
基礎代謝の低下が起こり、痩せにくい体質になっている可能性があります。


 自称医者のおっさん、突っ込むところがちゃうやんけ。”3ヶ月で9キロ””できれば先生のように半年で-18kg…みたいになりたいものです” このデブおっさん、暗算できんようなっとる(爆笑)!自称医者の言う「高糖質低タンパク質な食生活」「筋力が低下」するかどうかはともかく、「高脂質低糖質な食生活」は短期間で小学2年生以下になってしまうようです(爆笑)!!あとこのデブのオッサンに言っておこう。「運動してないのに体重が減ってるってことは、筋肉もそれなりに落ちてるよ。つまり、やせにくく太りやすい体になっちゃったんだよ」



ぐうたら糖質制限 その2



こんばんは。 自分も同類です。スーパー糖質制限はじめて3ヶ月が過ぎました。現在57キロあたりをうろうろ。身長は172センチです。 以前、糖質制限知らない頃、GI値が低いからとそばを毎日食べてたことがありました。 いまは、糖質の塊だから、見向きもしません。 たまに食べるチャンスがあっても、きっぱりやめたので、食べる気になりません。 でも、ちょっとやせすぎのような気がする、ななのに、下腹がぽっこり。 だから、糖質は食べたくならないなら、無理に食べることはしません。



 上の文を読んで思ったんですが「だから」の使い方がおかしい気がします。糖質足りなくて脳の誤動作が起こったんか(笑)。しかし”下腹がぽっこり”か。おっさん、あんたのビジュアル、こんな感じか(爆笑)?


餓鬼

(https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A4%93%E9%AC%BC より部分転載)


下腹ぽっこりになっているのは腹筋(腹直筋)の筋力低下によるものと思われます。

図がないと分かりにくいかと思いますが消化管のうち、胃と腸(小腸、横行結腸、S状結腸)は体の中で固定されておらず、割と自由に動ける状態にあります。(腸のうち、上行結腸と下行結腸は固定されています。)

通常、腹直筋が十分にあれば食後、胃が膨らんで垂れてきてもその下にある横行結腸や小腸、S状結腸は腹直筋に支えられ下腹ぽっこりとなることはありません。

特に運動などしていなくても、その程度の筋力は維持されますが低タンパク質の食生活が続くと、腹直筋の筋力低下が自然に起こり特に食後、下腹ぽっこりが目立つようになります。



uccfat


 この程度、聞くまでもなくわかるようなもんじゃないの?さらに言うと日本は摂取カロリーはほぼ横ばいだけど炭水化物(≒糖質)摂取量はかなり減ったのでタンパク質と脂質摂取量は増えている。この状況で下腹が出てるってのは鍛え方が足りないんだろ。タンパク質は体重1㎏あたり1g(運動しないヒト)、運動する人でも2gくらいが目安かな。体重を気にする女性ならともかく、男性で60~70gを摂れない人はそう多くはないだろう。だが筋肉ってのは必要なだけしか付きません。



そんなに”やせ薬”が欲しいんかい?



 糖質制限に飛びつく連中は基本的にこの愚行を”やせ薬”と思ってるんでしょうな。せっかくやせ薬を使ってるのに思ってるより効果がない・・・どうして?と。やせ薬なんてあるわけがねえんですが・・・。





はてなブックマーク、Lineなどはこちら



スポンサー様の広告です!




世のため人のため↓バナーをLet's クリック!



テーマ : 糖質制限食
ジャンル : ヘルス・ダイエット

「本当の意味で痩せる(笑)」なんて18kgやせた(自称)医者に言われてもな

情報の程度を
見抜けないアホ、
コメントを寄せる(笑)



 アホのブログにはアホなコメントが集まってくる。糖質制限を始めたばかりの糖尿病予備軍のデブがコメントを寄せたらしい。それも、あの自称「18㎏やせた医者」に(大笑)。医者ならどいつもこいつも同じ、そう思ってるでしょ?



「いつも新しい情報を、またアドバイスを楽しく拝読させていただいております さて、主治医から糖尿病予備軍になってしまうかもしれない という宣言をされ、自分なりに糖質制限を始めました これまで何をやっても痩せなかったのに 始めてから2週間で4キロ減りました ただ、本当の意味で痩せたかどうかという事は1ヶ月してからでないと解らないのでは?と疑心暗鬼になっています また、逆にこんなに簡単に短期間で体重が落ちるものでしょうか 先生がおっしゃっている通り、最初のうちはダルさと眠気が半端無く襲って来ていましたが、今は大分慣れました こんな体重の減り方で最初は良いのかどうか、先生のご経験からご教示いただければ幸いです 宜しくお願いします」
http://toushituseigen-es.seesaa.net/article/430487587.html




 ”これまで何をやっても痩せなかった”、典型的なグータラブタですねこの質問者は。糖尿病予備軍なんだからもっと危機感持たないと。



コメントありがとうございます。

返答が遅くなり申し訳ありませんが、問題ないと思います。

もともとの体重が何kgかにもよりますが、糖質制限を始めて2週間で4kgの減少は、異常なペースではないと考えます。

http://toushituseigen-es.seesaa.net/article/430487587.html


 クソ馬鹿野郎、そりゃ筋肉中のグリコーゲンと水分が抜けただけだろ。その程度の知識もねえのかコラ。まあ質問者のレベルがレベルだからな、この程度のことすら見抜けないマヌケじゃあ糖尿になりかけんも無理ないのか・・・バカめ。



このバカの
クソブログは無益です、
確実に!



 さらにこの自称医者、



水分が抜けて、むくみが取れただけでも体重は数kg減少します。

痩せる、ということは体脂肪が落ちるということなので

エネルギーの消費期間が必要です。



体脂肪の供給源である糖質を控えていれば

あとは普段の生活でエネルギーが消費されていくので

自然と標準体形になっていきます。


必要なところに筋肉と適度な脂肪が残り

男性は男性らしく、女性は女性らしい体形になっていきます。
http://toushituseigen-es.seesaa.net/article/430487587.html




 糖質制限と筋トレをやった医者がどんな体になったか。ハイあれです「超保存版「糖質制限で筋肉は減らない!」「減るだろ、バカ」」(爆笑)。テメエらこんなんになりたいんか?これのどこが男らしいんだよ(爆笑)?まあこいつも似たようなキモイ体してっから受け入れられねえのかもしれねえが・・・。



 じゃあ運動なんかせずに糖質制限だけだったら?大して変わんねえわ。食事制限だけで体重を落とすとどうしても筋肉もそれなりに減って西脇のオッサンと実質変わらん貧相な体になっちまうから。



まともな頭脳と身体を
併せ持つお医者さんの
ブログを読もう



 では、まともなお医者さんはどうなのか?スポーツドクターの栗原隆(Dr.TAKA)医師のブログ「未来をつくり日本を元気にするドクター栗原隆の挑戦」の記事「炭水化物も大事なのだ」を読んでみよう。なお栗原医師は健康スポーツ医、(公財)日本体育協会公認スポーツドクターなので体作りの専門家である。糖質制限みたいな邪道というかアホな方法で18㎏体重が減った、というアホな自称医者とはエライ違うなあと思うんで読んでみてほしい。とりあえず、餅は餅屋で買うべきだと思いませんか?



ちなみに、私はプロテイン置き換えダイエットはおすすめしていない。

1日1食をプロテインに置き換えるというダイエット法があるが、これは要は低炭水化物にしているだけである。

確かに、短期間で効果は出るし、お手軽といえばお手軽だが、何度も繰り返し書いているとおり、一食分の炭水化物を完全に抜いてしまうのは、賢いとはいえない。

体に必要な栄養素やエネルギーをカットしすぎである。

少なくとも毎度の食事は、炭水化物、たんぱく質、脂質のバランスのとれたものにしよう。

それで、総たんぱく質量が足りないということであれば、エクササイズ直後にホエイプロテインを補ってやるという程度で、ほとんどの人は問題ないと思う。




私も最初の頃は、プロテインをたくさん飲んでいても、さっぱり筋肉がつかなかった。

その時、ある人からアドバイスをもらって、とにかく炭水化物をたくさん取るように心がけたら、みるみるうちに筋肉が発達した。

体に十分な炭水化物が行き渡っておらず、枯渇していたのである。

そこに、炭水化物を大量に入れたら、一気に筋肉が発達したのだ。




 本当の意味で痩せるというのは筋肉を極力残して体脂肪を極力減らすこと。残念ながら、糖質制限ではそれは難しい・・・というか、無理(笑)。地味だしそれなりに大変だけど、あきらめて適度な運動・食事・休息をとろう。結果としてそれしかないんだから。ブログランキング見ても糖質制限でやせるどころか増量してる奴がやたら多いでしょ?




はてなブックマーク、Lineなどはこちら



スポンサー様の広告です!




世のため人のため↓バナーをLet's クリック!



テーマ : 糖質制限食
ジャンル : ヘルス・ダイエット

自称「18㎏の医者」、まだやってんのか

このクズ、どうしても
糖質制限に結び付けたいんだな



 自称「18㎏やせた医者」が「糖質と犯罪の関連は?」http://toushituseigen-es.seesaa.net/article/430291897.htmlとか書いていやがる。低血糖症についての説明をしているのだが、犯罪との因果関係は書いていない。まあ流石に「すべては糖質!」なんて書いたらバカ丸出しだもんな。さて、このバカはなんて書いてるのかな?



糖質・炭水化物の過剰摂取により、血糖値が急上昇すると

それに対応して、大量のインスリンが放出されます。

そして、大量のインスリンは血糖値を急低下させ

一時的に低血糖状態となります。

(中略)

その後、下がり過ぎた血糖値を元に戻すために

アドレナリンなどのホルモンが放出されますが

アドレナリンは、興奮させる作用もあるため

イライラしたり攻撃的になることがあります。

(中略)

過度に攻撃的な人は、低血糖症の可能性があります。

実際、刑務所に頻回に出入りしている人に

甘いものの摂取を一切やめさせると

その後10年以上刑務所に入ることはなかった

という例もあるそうです。



以前紹介した通り

子どものかんしゃくも低血糖症の可能性があるので

気になる方は、糖質制限をお勧めします。




 はい、ありがとー。低血糖症の可能性があるなら糖質制限なんざ間違ってもやってはいけません(笑)。



低血糖〔症〕とは
医学大辞典(南山堂)より



 低血糖〔症〕 [英 hypoglycemia 独 Hypoglykamie 仏 Hypoglycemie]

《血糖減少症》 生体は神経系と内分泌系によって内部環境のhomeostasisが保たれており、ヒトでは早朝空腹時の血糖値は60~100mg/dL、食後も160> mg/dL以下である.かかる血糖の恒常性が失われて血糖値50mg/dL以下に低下したときに低血糖と称し,低血糖とともに低血糖に由来する神経症状の出現した時に低血糖症という.新生児では分娩後48時間以内に30mg/dL以下の時に低血糖という.低血糖の時には血中ではグルカゴン、成長ホルモン、コルチゾール、カテコールアミンは増加し,内因性インスリンは抑制される.低血糖の症状は交感神経刺激症状と脳症状に分けられ,前者に属する症状として不安感,空腹,動悸,顔面蒼白,頻脈,発汗,振戦があり,後者の症状として頭痛,視力障害,複視,精神・身体異常行動,痙攣,昏睡があり,ブドウ糖静注により回復する.低血糖の原因としてインスリン注射,血糖降下薬,膵B細胞腫傷,内分泌疾患,腫傷,肝・腎障害,インスリン自己免疫症候群,インスリンレセプター抗体の存在などがある.治療としてブドウ糖静注,グルカゴン注射などがよい.



 この低血糖症の説明だが、上記と比較してWikipedia(日本語版)が今一つに思える。まあ糖質を大量に摂取して血糖値が上がる→インスリン大量分泌で血糖値が下がる→低血糖 ということなんだろうが。では次から自称医者のオッサンのおかしな点をあげよう。



オッサンの主張の
おかしな点



 おかしい点その1。血糖量は普通100mg/dl程度に保たれている(範囲としては70~109mg/dlだが)。そのため血糖量が低くなるとそうはさせじと血糖量を上げるホルモンがはたらく。だったらよ、糖質制限なんざやったら余計にイライラすんじゃねえか?ブクブク肥えたあげく糖尿病になった自己管理能力のなさを棚に上げて食い物や米食ってる奴に八つ当たりしやがるし。いや、私は実害が結構ありましたからなあ(爆笑)。経験者の言うことは素直に聞いとけや。


 おかしい点その2。犯罪者っても色々いるわけよ。詐欺とかの頭使う犯罪は短気な奴には向かないだろう。まあ犯罪予防に糖質制限ってのはアリかもな、なんせ貧相で非力なモヤシ野郎になっちまうんだから(爆笑)。ただシャバに出た後仕事を見つけるのが大変だろうな、前科があって体力がなかったら・・・再犯するかどうかはともかく、糖質制限なんざ囚人にやらせちゃいけません。参考?として過去記事で 「糖質食べてても体重を落とした実例(1)」を書いてます。それにしても”実際、刑務所に頻回に出入りしている人に甘いものの摂取を一切やめさせるとその後10年以上刑務所に入ることはなかったという例もあるそうです。”それ、一体どこの例よ?

 おかしい点その3。”糖質・炭水化物の過剰摂取により”
、なら過剰摂取しなかったらどうなるんだよ?なんで糖質は過剰摂取と全く摂らないの2択しかねえんだ? そもそも低血糖を起こして立ちくらんだり倒れたらそっちの方が面倒だぞ。フツーの奴はブドウ糖なんか常備してねえんだからよ。まあ何があろうが無責任を貫くつもりでいるんでこんなことが言えるんだろうが。



オッサン、なんか
勘違いしてねえか?



 このオッサン、読者をなめきってます。私みたいな読者がいたみたいで彼(彼女かもしれんが)が説明を求めた際の反応は、鼻で木をくくったようなものだった。



「>そういった治療が効果的かどうかはさておき >昨日、リンク先も含め説明した通り、糖質はがんのエサとなるものです。 いやいや、「さておき」は違うでしょう。 そこはまず「効果的です!」と言えるだけの エビデンスを示してくださいよ。 そうでないと意味が通じません。 >予防効果が高いと考えます。 考えるのは勝手ですが、エビデンスは? あぁ、治癒効果が高まると主張する論文のアドレスだけ挙げてもダメですよ。 『失敗』した臨床試験もあるんですから。 というかあなた本当に医師ですか? 患者に向かって今回の記事のようなことを言ってるんですか? すみませんが、以前テレビで見た詐欺師の話し方にそっくりですよ、あなた。」




このブログの目的は、読者の健康状態の改善なので

わたしがバカにされるかどうか、は

まったくどうでもいい話なのでスルーします(笑)


わかりやすさを重視して書いているので

参考文献などは可能な限り省略しています。

このブログは無料で公開されており

読者の方からの指導料・診察料はいただいておりません。

出版するつもりもないので、根拠となるエビデンスはいりません。

風変わりな医師の与太話として

興味のある内容であれば

個人的に深く調べていただければと思います。

(自発的に調べてもらうため、あえて説明不足にしている部分もあります)




 「ヒトは本来、何を食べるのか」なんて言っていざ繁華街で半グレとかにからまれたら泣きながら財布出すようなモヤシ野郎がわめくなよ。血糖量が低かったらいざというとき闘ったり走ったりできねえんだからよ、そんなんで狩猟・採集生活が営めるのか(爆笑)?



 「まっとうな食事・運動・休息が体重や体型・健康の維持増大に役立つ」、これが東の横綱から動くことはあるまい。もし糖質制限が少しでもその地位に近づきたいなら学会などにまともな論文を発表して自身の有効性を訴えればいいだろう。なぜそれをやらない?まあどーせクラウドワークスあたりで二束三文で雇われた食い詰めた物書きなんだろうけど。

 まあこの18㎏のオッサンが医者だろうが三文ライターだろうが何者かは別にいいや。だが”このブログは無料で公開されており読者の方からの指導料・診察料はいただいておりません。出版するつもりもないので、根拠となるエビデンスはいりません。”は通らねえ。無償であるから責任はない、となるかどうかは別問題だ。ましてやそれが健康や安全にかかわるものならな。もっとも”出所不明の情報は安易に信用してはいけない”と考えるならこの自称医者のブログは相手にもする必要ないのだが。





はてなブックマーク、Lineなどはこちら



スポンサー様の広告です!




世のため人のため↓バナーをLet's クリック!



テーマ : 糖質制限食
ジャンル : ヘルス・ダイエット

自称「18㎏の医者」のうすらバカ、まだホラ吹いてんのか

激しい言葉の方が受ける
正直複雑だ



 当ブログもそれなりに反響があるようです。私としてはうれしいのですが、激しい言葉の回の方が好評なためやや複雑な気がします。糖毒狂信者が陰険か攻撃的な物言いなのは連中にとってイメージダウンにつながるからいいんですが、反糖質制限がそういう態度をとるとイメージが悪くなるのでは?と心配なので。さて今回は自称「糖質制限で18㎏やせた医者」のバカ野郎が書いてやがる「栄養学でみた糖質制限http://toushituseigen-es.seesaa.net/article/429491738.html」をやっつけましょう。



一見もっとも
しかし実際は



栄養素については、必須脂肪酸、必須アミノ酸があるため脂質、タンパク質の摂取は必要です。

また、ビタミンやミネラルは体内で作り出せないので必須の栄養素といえます。

しかし、必須糖質というものはなく、不足分は体内で産生できるため糖質・炭水化物は、重要な栄養素ではありません。




 糖新生のことを言いたいわけね?でもそれはある程度育ってすり減らせる身体があることを前提にしてるんじゃねえの?



多少であれば、食べても問題にはなりませんが米も小麦も、品種改良が進み過ぎている今の世の中では「普通の食生活」では、容易に過剰摂取となってしまいます。

人体は、糖質を大量に摂取する前提で作られていないためです。(脂質は、食べ過ぎても下痢になり、排出されるため過剰摂取にはなりません。大量摂取前提ということですね。)




 「食いすぎれば」ってのはなんなのよ?消化可能な量ギリギリに小分けすりゃ過剰摂取もできるじゃん(笑)?それにこいつの言ってることは変だ。こいつの過去記事から考えるとこうなる。

 糖質:消化が悪いにもかかわらずどんどん吸収される→太る

 脂質:消化は悪くない上食べ過ぎたら下痢になる→太らない

 おかしくねえか?それにもし”脂質は、食べ過ぎても下痢になり、排出されるため過剰摂取にはなりません”が正しいというなら日本が右肩上がりで糖尿病患者が増えていることを説明できない(炭水化物摂取量が減り、脂質摂取量が増えている。この自称医師の主張が正しいなら糖尿病患者も減りこそすれど増えないはず)、しっかり説明せえやこのうすらバカ!



kado
uccfat


 そもそも”しかし、必須糖質というものはなく、不足分は体内で産生できるため糖質・炭水化物は、重要な栄養素ではありません。”こんなアホなこと言ってる医者(あるいは学者)ってどこのどいつよ?なんて聞いても無駄か、こいつ絶対情報ソースやら文献やらを書かねえからな。もっともそれだと何を言おうが噂話程度の代物、と見なされるんだが。



自称「18㎏」、
ホンマは雇われライターやろ?



白米のおかゆはただの炭水化物で、ほとんど栄養はありません。消化に良いように思われるのは、水分が多いからで炭水化物が胃で消化されることは、ほとんどありません。(飲み過ぎたときによくわかりますw)

消化に良いものを食べたい場合は肉(ひき肉)や魚(すり身)などを加熱するとタンパク質が胃で消化されやすく、栄養価も高いのでおすすめです。http://toushituseigen-es.seesaa.net/article/428347641.html


 炭水化物が消化されるのときには口とすい臓、小腸なので胃で消化されないのは当然です。(これは中学2年生でわかりますw)ホンマにこいつアホちゃうか。はっきり言ってこんなアホが医学部合格できるはずがない(爆笑)、たぶんクラウドワークスとかで雇われた二束三文のライターやと思います。参考にした文献とかも一切書かないところを見ると大学行ったのかどうかも怪しい。まあ糖毒狂信者ってそんな奴が多いけどね。書いてる内容と肩書が一致しないというのは結構シュールだなあと思う。これだったら塾講師や中学の体育教師の方がよっぽどまともなもんを書くよ。





はてなブックマーク、Lineなどはこちら



スポンサー様の広告です!




世のため人のため↓バナーをLet's クリック!



テーマ : 糖質制限食
ジャンル : ヘルス・ダイエット

プロフィール

toshitsubaka

Author:toshitsubaka
糖質制限・低糖質・MEC食はバカがやること!

新着記事
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
おすすめの人気記事
スポンサー様の広告

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR