甘いもん食ったら疲れる?自称医者のオッサン、んなワケねーじゃん(笑)

筋肉痛も経験したこと
ないような奴に言われてもなあ



 例の自称医者のオッサン、「甘いものを摂るから疲れる」http://toushituseigen-es.seesaa.net/article/431206560.html、相も変わらず風説の流布に余念がありません。こんなろくに体鍛えてないような奴に言われてもなあ。糖毒バカに言うても仕方ないかもしれませんが、ゆめゆめ(決して)真に受けたらあきまへんで!
 で、この自称医者、疲労と乳酸について一席ぶってはるんですわ、これがまた・・・。



昔からよくいわれるのは

身体(筋肉などの組織)に乳酸が溜まる身体的疲労ですが

それ以外にも、精神的疲労や自律神経の乱れによるものなど

があります。

乳酸については、実は疲労の根本的な原因物質ではなく

疲労の結果、蓄積しているだけに過ぎないとも言われますが

身体が疲労している際には、筋肉内などに乳酸の蓄積が

顕著に認められるようです。


 ”言われます””ようです”って、オッサンさ、設定上は医者なんだろ?だったら医者らしくせえよ。いっつも思うんだけどさ、なんでどっかで聞いてきたうわさ話みたいな調子なんだよ(爆笑)?



 乳酸は筋肉痛の原因ではない

 短距離を全力で走った後に足ががくがくしたり、限界まで運動してしばらく動けなかったり、といった経験がある人は多いでしょう。

 このときの筋肉中には、“乳酸”が溜まっていますが、この乳酸が筋肉痛を引き起こすと考えていませんか?

よく聞く説ですが、これは完全に誤解です。

 筋肉を動かす時に、体は酸素を燃やしてエネルギーを作り出し、それを使っています。ただ、あまりに激しい運動の場合、体に対する酸素の供給が追いつかなくなります。そこで酸素の代役として使われるのが、グリコーゲンやブドウ糖。それらがエネルギーに変わる過程で生まれるのが、乳酸です。

 乳酸が筋肉にたまると筋肉がうまく収縮できずに痛みや炎症が起こるとされ、乳酸は疲労物質だと言われるようになったようですが、乳酸が増えるから体が疲れるということはありません。

 最新の研究では、むしろ乳酸には細胞の疲弊を保護する働きがあり、疲労回復のエネルギーとして使われていることがわかっています。

http://iekatsu-tsushin.net/2014-03-29-17-16-45/157-no4-medical-health-9.html




 今回実はこれ紹介しただけで仕事は終わりみたいなもんなんですが、上記のお話をしてくれたお医者さんを紹介しときますね。

 梶本修身

大阪市立大学大学院教授

消費者庁により生活習慣病予防などの保健用途表示が許可される「特定保健用食品(トクホ)」の効果検証ヒト試験を多数手がける。

疲労回復のメカニズムを紹介する専門家としてテレビでも引っ張りだこ。
http://iekatsu-tsushin.net/2014-03-29-17-16-45/157-no4-medical-health-9.html


 このデマのオッサンが仮に医者だとしても匿名の奴と有名大学大学院教授、勝負になりませんな(大笑)。いや、必要な知識のアップデートを怠ってるから高校の体育や生物の先生にすら及んでねえぞ!解糖系をしたり顔で書いてやがるのにそれが中途半端にしかわかってない、だから「アンタ医者じゃなくてクラウドワークスで拾ってきたライターだろ?」って思われるんですよ、主に私に(大笑)。



筋肉痛は
いまのところ
乳酸のせいでは
なかったりする



 すでに梶本教授の説を紹介したので構わないんだけどもう一度。一昔前は「乳酸は疲労物質、筋肉痛の元」と考えれていたが今はそうではない。ただし決定的な説明はまだない(筋肉の炎症が有力なのかな)。ここからは私のなんとなくの経験から。
 筋肉痛時には血の巡りが悪くなっているんで細胞のガス(O2→CO2)やエネルギー・老廃物交換が滞っている。筋肉痛を除くには
 1.ほったらかし(それなりに長いが一応治る)
 2.何らかの方法で血行を良くする(私は少々体を動かします)

 はっきり言って糖質の摂取は何にも関係はありません。自称医者さん、ホンマにお医者やったら論文の一本でも書いて学会に出してみたら?情弱糖毒バカ相手にブログ書いてるよりはよっぽど意味があるよ(それとも無責任なお仕事してる方がいいのかな)?「乳酸の基本 -乳酸は悪者なのか?-」これも一応読んでおこう。

 疲労は乳酸以外のことにもよっている

 運動の疲労がもし乳酸のみによって起こっているならば、乳酸は運動後30分もたてば運動前の低いレベルに戻りますから、運動後30分で疲労は全てなくなっていなければならないはずです。しかしそんなことはありません。マラソンやサッカーの後半になると疲労してきます。ところがその時、筋グリコーゲンがなくなってきているので、主として筋グリコーゲンからできる乳酸はできにくくなっているので、乳酸はできないのにより疲労しています。

 また標高の高い場所で運動した方が、運動はきつくなりますが、乳酸は必ずしも高い場所ほど多くできることにはなりません。運動時の疲労に乳酸以外のことも多く関係しています。
https://biz.arkray.co.jp/lact/hatta/



個人的体験は
水掛け論で
しかないけど



この反応は、筋トレのように筋肉に強い負荷をかけて運動した際に

よく起こりますが、そうでなくても

糖質の過剰摂取時に起こります。

糖質を摂取すると、インスリンが放出されます。

インスリンは、体脂肪の増加にも関与しますが

解糖系の反応促進という作用も持っています。

さらに糖質を過剰に摂取すると、解糖系と他の二つの経路は

反応速度が違う(解糖系の方が速い)ため

解糖系のみが働き、乳酸が多量に産生されるものと思われます。

http://toushituseigen-es.seesaa.net/article/431206560.html



 いよっ、ケトン脳!どうやらこいつら糖毒バカは飯食う時は息止めて食うらしい(爆笑)、そんなんやってんのアンタだけだよ。ちょうど都合がいいことに(笑)2日前体が少々重くダルかった。で、少々トレーニングをやり、ご飯1.5合と牛レバー100gを食べ(加熱調理済、あまりおいしくなかった)、6時間ほど寝た。で、疲れは抜けてました(笑)。一番の要因はしっかり眠ったことだろうけど・・・。 疲労回復は栄養と休息、それと運動(一つは血行を良くして疲労からの回復、もう一つは疲れにくい体をあらかじめ作る)。これに尽きるな。糖質摂取は少なくともマイナスにはならんやろ。糖質摂取量が多い運動選手が疲労、疲労って言ってるか?



野良猫に餌をやるな



 この自称医者についてですが、はっきり言って信用してはいかん。糖質制限で体重を18㎏落としたのだから筋肉も体力も確実に落ちたアホの言うことなんぞ信用できるかい。糖質制限・MEC食で筋肉・体力がなくてヒーヒー言ってる奴のブログ、ランキングに転がってるじゃねえか(爆笑)!!あと情報源について何にも書いてないブログの言うことを鵜呑みにすんなよ、まったく。デタラメ書くのには何の知識もいらないしばらまくのは簡単だけど、それ打ち消すのは大変なんだよ。フンの後始末が面倒だから野良猫に餌をやるな!!



関連記事
スポンサーサイト


はてなブックマーク、Lineなどはこちら



スポンサー様の広告です!



世のため人のため↓バナーをLet's クリック!



テーマ : 糖質制限食
ジャンル : ヘルス・ダイエット

プロフィール

toshitsubaka

Author:toshitsubaka
糖質制限・低糖質・MEC食はバカがやること!

新着記事
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
おすすめの人気記事
スポンサー様の広告

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR