【良記事】糖質制限のオッサン、果物の血糖値を測る

ダイエットに失敗してた
オッサン、なにがあった(笑)?



 前に糖質制限で”体重を落とした”オッサンがなどとふざけたことをぬかしていたので「そりゃ違うやろ」とぶっ叩いた記事「トウシツ「代謝が下がったらあかんのか」「あかんに決まっとるやろ、この糖尿おっさん」」を書きましたが、その同一人物がなかなかいい記事を書いていやがりました、オッサンの今回に記事にありがとう。記事は「【実験】果物は血糖値を速やかに上昇させるのか」。↓



糖質は概ね小腸で吸収されることがほとんどなので、だいたい食後20~30分で消化吸収されて門脈経由で肝臓にたどり着き代謝される事を考えると、そのあたりがピークになるのかな、と思い、たまたま今朝グレープフルーツのみ食べてみたので測定してみました。

摂取したのは半分、だいたい可食部が160g程度だと思いますから、160 x 9.6 = 15gくらいですかね。


 で、食前と食後30、60、120分の血糖値は食前101:食後30分147:後60分124:120分105。食後30分が血糖値上昇ピークだったそうだ。



グレープフルーツは果物の中でも割とショ糖が多く含まれていると言う事なので、少し後引くかなと思ってましたが、そうでもないようです。


果糖(フルクトース)は肝臓にたどり着いたあと、有無を言わさずに解糖系や糖新生に利用されるので、その時の血糖値など身体の状態に合わせて一気に処理されるようです。

そのため食前や空腹時に摂取すれば、基本的には糖新生に利用されるものが多くなる可能性もあるので、ほぼほぼ糖質量に見合った血糖値上昇が見られるのでは、と思います。
体調が優れないときに甘いものが欲しい、と思うことはしばしばあると思います。

食事内容やタイミングにもよりますが、果物からの糖質摂取は、1回あたり20g以内で他の食事と重ならないか、食事と合わせて20g以内であれば、十分ありだと思います。


思ったことを
少々書いておきます



 少し前にアホがアホなこと抜かしてたカスブログ(「まさか果物が健康に悪いなんて信じてないですよね(笑)?」)を考えるとよい記事ですわ。オッサン、ホンマありがとうな!で、これをさらによくするために私が思った蛇足にはならないことを書いておきます。



 まず果物のカロリーはほとんどが炭水化物なのだが基本低カロリー40~60kcal/100g程度であること(野菜はもっと少ない。なお糖質は1gで4キロカロリー)。基本野菜や果物の糖質は恐れなくていいよ。逆にこれで血糖値が暴騰したらおおごとです。すい臓が相当ヤバイ?



グレープフルーツ タンゴール オレンジ カロリー


 それと糖質の絶対量が少ないので糖新生に使われるよりかは速攻で脳か筋肉に使われるんじゃない?



 あと思ったのは食後2時間後血糖値について。2時間後血糖値を重視するのは炭水化物の消化・吸収が終わり、インスリンの追加分泌(血糖量が増加するとインスリンが追加分泌される)も一通り終わったからなんだろう。糖毒商売人の中には空腹時・食後2時間だけでは飽き足らず食後30分や1時間の血糖値を見ろ!なんて言ってるのもいた気がする。確かに低いことにこしたことはないでしょうがそれは足を引っかけて糖毒の泥沼に引きずり込むのが真の目的ですから適当に聞き流してください(笑)。


関連記事
スポンサーサイト


はてなブックマーク、Lineなどはこちら



スポンサー様の広告です!




世のため人のため↓バナーをLet's クリック!



テーマ : 糖質制限食
ジャンル : ヘルス・ダイエット

プロフィール

toshitsubaka

Author:toshitsubaka
糖質制限・低糖質・MEC食はバカがやること!

新着記事
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
おすすめの人気記事
スポンサー様の広告

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR