高校の家庭科の教科書も読め、勉強になるぞ!

教科書ネタは結構
勉強になる?なる!



 中学高校の教科書の紹介はそれなりに読まれたようです。習ったはずなのに忘れちゃった、という方は少なくないんでしょう。私も忘れていましたから。今回は実教出版の『新家庭総合21』、高校の家庭科の教科書を紹介します。「2節 栄養と食品」です。



エネルギーと栄養素
(「2節 栄養と食品」から)



エネルギーと栄養素

 私たちは、何もしないで横になっている状態でもエネルギーを必要とする。このときのエネルギー必要量を基礎代謝量という。さらに、いすに座って静かにしている状態では基礎代謝量以上のエネルギーが必要になる。これを安静時代謝量という。1日の活動に必要なエネルギー代謝量は、安静時のエネルギー代謝量に仕事や運動などに要するエネルギーである活動代謝量を加えた数値となる。


栄養素


 エネルギー源として利用できる栄養素は「栄養状態レベル1」に属するもので、炭水化物、脂質、タンパク質の三つである。「栄養状態レベル2」に属するものは、微量栄養素であるビタミンと無機質で、「レベル1」の栄養素を代謝するために必要なものである。多量に必要とする無機質であるカルシウム、マグネシウム、リンは骨の成分ともなる。「栄養状態レベル3」は栄養素ではないが、健康にいいといわれる成分である。



栄養素 


 「何をいまさら」というようなことばかりになってしまいましたね(苦笑)。ただこれ書いておかないといけなかったんです。この教科書ではこの次に炭水化物が来て、そしてそこに書いておきたいことがあったので。



エネルギーと栄養素と
糖質制限



 自分の意見も書いておかねばなりませんね。糖質制限で体重を減らしたがる糖毒バカは運動したがらないから活動代謝量を増やすどころか下手すれば減らしたがる(笑)。それで体重を落とそうと思えばもう食べる量(飲む量含む)を安静時代謝量に迫る勢いで減らすしかないでしょうね。というか、そうなるわな。糖質制限はそれほど量を食べてるわけではないですから。まあ運動したらしたで大変なんですが(笑)。


関連記事
スポンサーサイト


はてなブックマーク、Lineなどはこちら



スポンサー様の広告です!



世のため人のため↓バナーをLet's クリック!



テーマ : 糖質制限食
ジャンル : ヘルス・ダイエット

プロフィール

toshitsubaka

Author:toshitsubaka
糖質制限・低糖質・MEC食はバカがやること!

新着記事
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
おすすめの人気記事
スポンサー様の広告

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR