FC2ブログ

ついに登場!買い物カゴ覗き豚で消化の難易度を学ぼう!!

糖質制限はバカの釣り堀?
これが噂の買い物カゴ
覗き野郎か・・・



高校生物 糖質制限 グルコース


 いろんな珍獣が跋扈する糖質制限業界。外側から見物する限りにおいてはまあ面白いのですがこんなんが身近にいたら流石に嫌ですね、せいぜい反面教師くらいにしか役に立たないし。そんな傍迷惑な糖毒バカの有名どころに”買い物カゴ覗き野郎”とかいうのがいます。この間魔が差して(笑)奴のサイトを読んでみたらまぁアホなことを吹いてやがる・・・。



【逆流性食道炎が糖質制限によって治る理由は?】(2018.10.29)

この

逆流性食道炎は、薬などを服用してもなかなか良くならないことが多いのですが、

紹介記事で清水先生がお話しされているように、

糖質制限を行うとほとんどの方がすぐに改善するのです(^O^)/

これは、

江部先生も、

逆流性食道炎の症状は、糖質制限食でリアルタイムに改善する例がほとんど、

と仰っているように、確かなことなのですが、それでは

なぜ糖質制限が逆流性食道炎に効果的なのでしょうか?

【中略】


これらの

栄養素の胃での消化状況をまとめると、

■たんぱく質

  胃で消化される

  胃液が分泌される

  胃での滞留時間は一番短い

■脂質

  胃で消化されない

  胃液は分泌されない

  胃での滞留時間は中間

■糖質

  胃で消化されない

  胃液は分泌される

  胃での滞留時間は一番長い

となり


糖質を過剰に摂取すると、胃で消化されないにも関わらず、長時間に亘って胃液が大量に分泌されることになるのです


(男女の更年期障害の原因はコルチゾール・スチール、逆流性食道炎が糖質制限によって治る理由は)公開紹介記事

http://yasashikuikitai.blog.fc2.com/blog-entry-1133.html


 ご覧の通りFaceBookとかで悪徳ヤブ医者がダダ流ししてる与太記事を真に受けています。このバカは何が何でも炭水化物・糖質の悪口を喚かないと気が済まないようですな。でもねぇ、端から見れば単なる「おかしい人」で終わりなんだけどねぇ(爆笑)。



糖質・タンパク質・
脂質の消化速度



 少し残念なことに私が知り得る限りでは、日本の小学校・中学校・高校のテキストでは三大エネルギー源の消化の速さについては記述がない(一通り調べてみたが見つからなかった)。なので気の利いた理科の先生(学校・塾/予備校/個別指導教室・家庭教師)が気まぐれで教えてくれるくらいしか知識が入ってこない。その点に関しては私は運がよかったんだろうな、しみじみ。



 学生にうちにちゃんとした知識と習慣をつけておかないと社会に出てからカモにされる。でまあ、ちょっと頑張って調べてきたよ。『消化・吸収―消化管機能の調節と適応―』(武藤泰敏、第一出版株式会社、¥3,800)から引用します。かなり年季の入った本だな・・・うわっ、約40年前かよ(笑)!?まずは糖質の消化・吸収部位から。



 Borgstromらは糖質の種類別にみたヒト小腸の消化・吸収部位を、詳細に検討している。その結果、ブドウ糖や乳糖は空腸(口側より200㎝)までに完了し、相当の予備能があることが示された。


 一方、マルトース、イソマルトースは空腸から上部回腸、およびショ糖は空腸下部から回腸と次第に下方に移動する傾向にあったが、それでもほぼ4時間以内に完全に吸収されたとしている。いずれにしても、in vivoにおける糖質の消化・吸収はきわめてすみやかで、この能力を越える量の糖質を実際ラット以内に投与することは困難であるといわれている。なお大腸におけるブドウ糖の吸収はほとんど問題にならず、注腸栄養のもつ価値はないものとみなされている。


〇マルトースの場合:(56.3gマルトース、27.8g脂肪、21.8g蛋白質、400ml)50~70%は空腸、残りは上部回腸で吸収された。


●ショ糖の場合:(ショ糖75~146mM、Naclで等張としたもの)空腸では吸収は少ない。この実験では回腸からのサンプリングができなかったが、ショ糖の吸収部位は空腸下部から回腸であると考えられる(胃酸による分解はなかった)。


グルコース 消化吸収

アミノ酸 消化吸収
Borgstrom,B et al.:J.Clin. Investl, 36, 1521, 1957
Dahlquist, A. & Borgstrom, B.: Biochem. J., 81, 411, 1961


ヒト小腸における単糖類および二糖類の吸収 実線はブドウ糖および乳糖の吸収率(測定値の95%の範囲に入るもの)を示す。500ml液体食(55gブドウ糖、20g乳糖、30g脂肪、25g蛋白質)を胃内に挿入した。乳糖のみでもほぼ同様の結果が得られている。


同書「糖質の消化・吸収の部位」P218~219



 な?マルトースやショ糖ですら4時間ありゃ完全に消化吸収終わるってよ!ましてやブドウ糖は・・・(爆笑)!!タンパク質・脂質についても書いとくさかいよう読みや。



 放射性ヨード標識ヒト血清アルブミンradioactive iodinated human serum albumin(RIHSA)を5%含んだ試験食500mlを投与した場合、十二指腸末端における濃度は1~4%となり、すでに50~60%が消化・吸収されたという。しかし、回腸に到達するまでに内因性蛋白質が混入するが、それを考慮しても70~80%が消化・吸収される。約10%が小腸で吸収を受けず大腸に入り、そこで腸内細菌叢の作用で完全消化される。一方、糞便中に約10%の蛋白質が見いだされるが、それは食事由来ではなく、細菌と細胞残渣によるものである。


 すなわち、食事蛋白質はoligopeptideまで分解され、次いで小腸粘膜のtripeptidase、dipeptidaseによりアミノ酸となって門脈へ吸収される。事実、イヌ上腸間膜静脈にカテーテルを挿入して蛋白質(ペプチド)投与後の静脈血にはペプチドは検出されず、ほとんどアミノ酸であったという。ただし、例外としてある種のdipeptide(Gly-Gly)は一部検出されたという。


同書「タンパク質の消化・吸収とジペプチドの吸収」P222~223







 日本人の脂肪摂取量は年々増加の一途をたどっているが、それでも1日約50gに満たず、総摂取カロリーの20%以下である。一方、欧米では140~160gで摂取カロリーの40%を超える脂肪が摂取されている。なお不飽和脂肪酸の摂取量は両者でほぼ同じであるが、後者では動物性脂肪の摂取が著しい。脂肪の滞胃時間は栄養素の中で最も長く、例えば50g脂肪を付加した場合は4~6時間で十二指腸に達する。単位時間当たり約8~12gの脂肪が消化の対象になるものと考えられている。


 脂肪の消化・吸収が一般に糖質や蛋白質に比べて遅い理由としては、このように脂肪の小腸への移行が遅いというほかに、脂肪の吸収経路が異なるためによると考えられている。すなわち、短鎖・中鎖脂肪は例外で糖質や蛋白質と同様に門脈へ吸収されるが、大部分の(長鎖)脂肪はリンパ管へ吸収される。たとえば、トリオレインtrioleinの吸収速度は300μmoles/hrと遅く、一方、炭素数8の脂肪酸からなるトリオクタノインtrioctanoinのそれは1600μmoles/hrと約5倍速い。おそらくリンパ流速量と門脈流量の相違も一因であろう。いずれにしても、消化・吸収を上回る脂肪を容易に負荷できることがin vivoの実験で確かめられている。吸収不全症候群で脂肪の消化吸収障害が最も出現しやすいのもこのためである。


 しかし、正常状態では脂肪の消化・吸収は空腸で大部分行われ、回腸下部に至るまでにほぼ定量的に完了する。したがって糞便中に排泄される脂肪(1日約2g)は未吸収のものではなく、剥離上皮細胞およびバクテリアに由来する内因性のものとみなしてよい。


同書「脂質の消化・吸収」P228~229



 な、これでわかったやろ?人さんの買い物カゴ覗いてゴミみたいなブログ書いとる暇あるんやったらまともな書籍でお勉強しとき(爆笑)。それでもなお聞き分けのないことほざくんやったらこうしたる!バターコーヒーのバカどもが発狂した消化スピードの表や!!



バターコーヒー 消化吸収の時間
画像クリックで
該当記事にリンクするよ


リパーゼの存在を
知らない?



 ここまでで覗き豚の書いてることが(少なくとも該当記事では)不勉強ゆえの出鱈目だということがわかった。しかしアレだ、脂質の消化って胃でも行われてるんだけどねぇ。



 食事由来の脂肪は炭素数14~18個の長鎖脂肪酸long-chain fatty acid(LCFA)のトリグリセリドtriglyceride(TG)で占められている。脂肪食摂取後30~60分以内に胆汁酸塩の排泄と膵リパーゼの分泌が起こり、消化粥が十二指腸に到達する前に、すでに準備状態が出来上がっている。


同書「長鎖脂質の消化・吸収過程」P229



 はいここで”リパーゼ”という単語が登場しました。これ実は胃でも少々分泌されています・・・ん?lingual lipases



 糖質の消化・吸収のことに戻るけど、少し考えたらわかるんちゃうかな?「胃の滞留時間が長い?じゃあ何で食後30分から1時間で血糖値が(糖尿病患者であろうとなかろうと)上昇し、2時間後で落ち着くんだよ?」って切り返したらそれで終わりじゃん(爆笑)!!



朝ごはん がっつり

画像クリックで
該当記事にリンクするよ


 最近は”エコーチェンバー効果”とかいうのが少し言われています。曰くSNSだと自分の好みの情報ばかりを選りすぐってしまい、逆にそれらと衝突する情報を遠ざける。可視化が難しかっただけでSNS出現以前からそういう行動をとる輩は少なくなかった。私も(多分)そうでしょう。ではどうして弊ブログがそれなりにまともなのかって?まともな情報ばかりを選りすぐってるからじゃないですか(爆笑)?

関連記事
スポンサーサイト





はてなブックマーク、Lineなどはこちら



スポンサー様の広告です!




世のため人のため↓バナーをLet's クリック!



テーマ : 糖質制限食
ジャンル : ヘルス・ダイエット

プロフィール

toshitsubaka

Author:toshitsubaka
糖質制限・低糖質・MEC食はバカがやること!

新着記事
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
おすすめの人気記事
超保存版「糖質制限で筋肉は減らない!」「減るだろ、バカ」

【悲報】糖尿病MEC主婦みさこさん、姑息なマネを・・・(爆笑)

糖尿病みさこおばはんコラア!なにが「自己責任」じゃボケ!!  

「加工肉に大腸がん」の報道、糖毒狂信者大いにおそれる(笑)

保健体育の教科書を読め、糖質制限なんぞいらん!

血糖値測定バカにならずに血糖値を測るには

MEC食の基本はどんくらいのカロリー?

高校生物の教科書で血糖値のお勉強!

【超悲報】糖質制限ダイエット終了のお知らせ

魅惑のバターコーヒー、恐怖のバターコーヒー(笑)

【桐山秀樹氏急死緊急特集】おやじダイエット部、テメエらゲスの極みだ!

糖質制限で逆に糖尿病になる(爆笑)?糖尿病パラドックス

糖質制限の深く昏い闇~「週刊新潮」編、これ、ホンマに「新潮」か(笑)?

「日経ビジネス」の想定読者はまさに21世紀の負け組ビジネスマンそのもの(笑)!

糖毒バカの聖典「久山町の悲劇?」の研究主任のインタビューを発掘!ある意味「糖毒バカの悲劇」だわな、爆笑準備はよろしくて?

【必読】筋トレVS有酸素運動、カッコよく体脂肪を減らすには?横浜市スポーツ医科学センターさん超ありがとう!!

糖毒バカ「糖質制限は糖尿病予防!」「んなワケねーだろ、タコ」(加齢と血糖値の関係)

スポンサー様の広告

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR