「糖質制限で死亡率上昇(サンデー毎日)!」にDr.糖尿モヤシ教祖、必死のパッチ!そしてそれが空回り(笑)

Dr.糖尿モヤシ教祖
近藤”がんもどき”誠に
かみつく



近藤誠 糖質制限 死亡率上昇


 「サンデー毎日」2017年10月1日号で”がんもどき理論”でまともな医療関係者からひんしゅくの近藤誠氏が登場。記事タイトルは「近藤誠医師が警告!糖質制限ダイエットで死亡率2割上昇の衝撃データ やり過ぎは危険!」糖尿病専門医でもなく循環器系の医師でもない近藤氏がなぜ?と訝ったが世間は「知名度≒実力」と思っている節があるからなあ。まあいい、同誌の公式サイトではこんな感じにあおっている。



 糖質制限とは「人体に糖として吸収される炭水化物の摂取を控えること」で、英語の「ロー・カーボハイドレート(低炭水化物)」を縮めて、「ロカボ」と称されることもある。

 その糖質制限ダイエットの最大の特徴は「痩せやすさ」にある。中には「米やパン、麺などの炭水化物の摂取さえ控えれば、肉や魚はいくら食べてもいい」と謳うものまであり、これまでの常識を覆すラクなダイエット法として大きな支持を集めてきた。

 一方、この間、糖質制限ダイエットについては、その危険性を指摘する声も一部で上がっていた。

 例えば、糖質制限ダイエットを実践していた著名人が急死すると、「原因は糖質制限にあったのではないか」「糖質制限は安全なダイエット法なのか」といった疑念の声が上がったが、それらは糖質制限を推奨する専門家らの反論によって否定されてきたのである。

 同時に、一口に糖質制限ダイエットと言っても、当人が痩せているのか太っているのか、糖質をどれくらい制限するのかなど、条件は個々人によって異なる。にもかかわらず、それらの条件が整理されないまま、糖質制限の是非を巡る議論が展開されてきたというきらいもあった。

 言うまでもなく、大ブームの背後には、「健康に長生きしたい」という人々の切なる願いがある。糖質制限ダイエットは「安全」なのか「危険」なのか。そろそろ、信用に足る結論が出てしかるべきだろう。

近藤誠医師が警告! 糖質制限ダイエットで死亡率2割上昇の衝撃データ やり過ぎは危険!

 



 冷静に考え・・・なくとも「糖質制限よりもはるかに安全で確実かつ実証されたダイエット」は既にあるんだし(質を考えた上で量を減らし運動を増やす!)、実際に「糖質制限の伝道師」が急死したときも質問・疑問にまともには答えなかった(あの程度で言いくるめられてしまう糖毒バカも情けないけど)。この辺で気づいてほしいんだけどまあマスコミ界と産業界(筆者注:あくまで一部ですが)はしつこいからねえ。



Dr.糖尿モヤシ教祖、
懸命の反論?
単なる言いがかりだけど



 でまあ、モヤシ教祖も必死に屁理屈をこねる反論を試みるんですがこれがまた・・・やっぱり頭脳作業には糖質が必須やな、という結論しかない(笑)。なおモヤシ教祖のブログの検索エンジン評価を上げたくないのでリンクは張ってません。



まずこの論文には、30%未満の糖質制限食をしたグループは、登場していません。この論文はあくまでも、糖質制限といっても総摂取エネルギーの35.2~42.8%を、炭水化物から摂取しているグループにおける話です。

これだけの摂取量だと、低炭水化物食(糖質制限食)の研究というには相応しくないと思います。

すなわち、30%未満の糖質制限食グループに関する研究は行われていないのですから、『糖質制限食で総死亡率やがん死亡率が増える』という根拠には全くなりません。

2017年10月1日号、サンデー毎日の記事に反論。2017年09月20日 (水)



 あのなモヤシ教祖、この研究っちゅーのは「低炭水化物≒高タンパク質&高脂質」について言及しとんねんで?なら「より高タンパク&高脂質になるスーパー糖質制限は、さらに危ないのでは?」って考えへんかなあ。やってること、単なる「言いがかり」や「屁理屈」やん(爆笑)。しかしなんでこの人は個人の感想・願望・偏見にすぎない”思います”から”根拠には全くなりません(キリッ)”なんて断定した物言いになるのかしら。だから王城恋太氏に笑われるんですよ(私もこれで記事書こうとしたけど既にやっているので)。


 ちなみにコレを野球で例えるなら「バッティングセンターの来るとわかっている120㎞/hの直球は打てないが、準備さえすりゃ一流プロの実戦レベルの投球が打てる!」って感じかな(爆笑)。できてたまるか。



必死のパッチの
モヤシ教祖、だが
もっとマシなこと言えんのか



 これだけでは物足りなかったのかモヤシ教祖、さらに文句を垂れる。糖毒狂信者の手前それなりのこと言わんとあかんのやろうけど、必死やなぁ・・・。



現時点で

「スーパー糖質制限食実践で、総死亡率や発がんリスク上昇というエビデンスはない」

「スーパー糖質制限食で、総死亡率や発がんリスク減少というエビデンスもない。」

ということです。


これは、糖質摂取比率12%の集団と通常食の集団における死亡率やガンの発生を、10年、20年経過を追ったような臨床研究(エビデンス)は、存在しないので当然の結論です。
同上



 そりゃあまあ「糖質摂取比率12%」なんて常軌を逸した頭の悪いことをやる奴自体が世界的には相当珍しいから研究データもないだろう(爆笑)。でもねえ、スーパー糖質制限≒スーパー高脂質食でもあるのよ?というか、自動的にそうなる。高脂質食って身体おかしくならへんの?で、”高脂肪 ガン”でgoogle検索してみました。うわっ、ぎょうさん出てきまっせ(爆笑)。

糖質制限 高脂肪 大腸がん
残念ながらダイジェストのみ(苦笑)


 "high fat cancer"でも検索してみると・・・。

糖質制限 妊娠 結腸がん
妊娠糖尿病に
糖質制限すすめていいの?


 モヤシ教祖、もう無駄な抵抗はあきらめな(大爆笑)。



 ま、当然だろうな。WHOだって言うとることやし(笑)。おっと忘れちゃいけない、心筋梗塞や脳梗塞などの動脈硬化由来の病気のリスクも上がるで。



モヤシ教祖VS近藤誠?
いいぞいいぞ、
やり合え潰し合え(爆笑)



 大体少し論理が組めりゃわかるんだが”スーパー糖質制限食実践で、総死亡率や発がんリスク上昇というエビデンスはない”≒”スーパー糖質制限食は安全”を必ずしも意味するわけではない(安全というエビデンスもないんだから)。だから”スーパー糖質制限食は危ないかどうかはわからない”くらいにせんとあかんやん?まあ主唱者を見る限り論理的な方向で頭が悪くなることは確実か(爆笑)。でもコイツら、「エビデンスを提示して自説を認めてもらおう」とは絶対考えないんだよなぁ。



 でもちょっと楽しみなのは「Dr.糖尿モヤシ教祖VS近藤誠」が実現することかな(あまり期待してもしょうがないのだが?モヤシ教祖自体を折伏するのは正直言って難しい。アレは自分の言いたいことだけ言って相手の反論や疑問を一切受け付けないから(バカボ山田などもそう)。だから”まともな人”の主張が通用しない。その代わりモヤシ教祖には医学界のような”まともな場”に居場所はないけれど、モヤシ教祖の信者やマスコミ人はそんなモン何とも思ってないでしょ(笑)?

 近藤氏はその点でよさげな気がするのですね、批判の多い”がんもどき理論”にもどこ吹く風だし。なので「サンデー毎日」さん、お願いします!”毒蜘蛛と蜈蚣の闘い”という感じですが(苦笑)。



関連記事
スポンサーサイト


はてなブックマーク、Lineなどはこちら



スポンサー様の広告です!




世のため人のため↓バナーをLet's クリック!



テーマ : 糖質制限食
ジャンル : ヘルス・ダイエット

プロフィール

toshitsubaka

Author:toshitsubaka
糖質制限・低糖質・MEC食はバカがやること!

新着記事
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
おすすめの人気記事
スポンサー様の広告

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR