「夏の疲労感は糖質の摂りすぎ」?はぁ?何書いてんのこの本?

宝島社を見ると
出版業界はアレすぎる



糖質オフ ダ・ヴィンチ カリフラワー
本を読んでもらいたかったら
まともな本を紹介しろ
このバカタレ!


 本屋やコンビニの雑誌・書籍コーナーを見るとつくづく思います、「日本の出版業界はサイコパスじゃないと出世できひんのか?」と。まあ読者に訴える見出しでないといけないのかもしれませんが、ちょっとなあ。


 コンビニの棚で見かけた『夏の疲労感の原因は炭水化物のとりすぎ!糖質オフの夏ごはん』(管理栄養士・金丸絵里加/宝島社)』。これが「ダ・ヴィンチニュース」でも紹介されていた(「【糖質オフ】”炭水化物のとりすぎ”が夏の疲労感の原因に! ライスの置き換え「ガパオ風」レシピ【作ってみた】」)。タイトル、無駄に長えよ。



 夏バテ防止といえば、“よく食べてよく寝る”が基本。しかしその食事内容が大切で、スタミナをつけたいからといって、食べ過ぎてはかえって疲労のもとになる落とし穴があることをご存じだろうか?

 その答えを教えてくれるのが、『夏の疲労感の原因は炭水化物のとりすぎ!糖質オフの夏ごはん』(管理栄養士・金丸絵里加/宝島社)だ。

 炭水化物には糖質が多く含まれる。その糖質は体内でエネルギーに分解されるときに、体を作るもとになるたんぱく質、代謝を促すビタミンB群を消費する。そのため糖質をとりすぎると、たんぱく質、ビタミンB群が不足し、かえって疲労回復を遅らせてしまうという。

 そんな糖質の摂取量に着目した本書では、主食、主菜、副菜、汁物に分けてレシピを紹介し、すべてのレシピが糖質20g以下になっている。さらに、管理栄養士である著者ならではの視点で、夏の体に必要な栄養価も考えた食材を豊富に使用し、食欲を増進させるレシピ、疲労回復を助けるレシピ、発汗によって失われたミネラル類を補うレシピ、免疫力を落とさないようにするレシピなど、この夏の健康管理には欠かせないレシピ集になっている。その中から実際に3品を作ってみた。

【以下略】


「【糖質オフ】”炭水化物のとりすぎ”が夏の疲労感の原因に!(略)」https://ddnavi.com/news/389623/a/ 文=澤 ゆか


 内容はほとんど糖質オフのメシの紹介でしたが、コイツ”職業の良心”ってのはなさそうだな。とりあえずこの澤 ゆか、夏が終わった頃どーなってんのか興味あるな(笑)。



「夏バテの原因は
糖質の食いすぎ」
だと困ったことが



 糖質狂信者を例外に大体の日本人は炭水化物(糖質+食物繊維)をもっとも多い摂取エネルギーにしている。その量、大体6割ほど(昔はもっと多かった)。当然夏だけでなくどの季節でもだ。



 ここまで書けば弊サイトの愛読者なら察しが付くだろう。もし糖質の摂りすぎが夏の疲労感の原因なら、年がら年中糖質を摂っている奴は夏に限らず年がら年中疲れ果てていねぇといけねぇ(爆笑)。なんで夏だけバテるんだよコラ?「若いから」と言えばそれまでかもしれんがある程度のレベル以上の高校球児なんか毎日5合くらい白飯食ってるけど、それでもあのガキども全然バテてねーぞ(爆笑)?



「夏の疲労感に
糖質オフ!」は
論理の飛躍だタコ



 仮に夏バテの原因が糖質の食いすぎ(まあ前の段落で既に怪しくなっているけど)だとする。だとしたら・・・夏バテ対策が糖質オフ・糖質制限になるのか?残念ながらそういう風にはすぐにはならんわな。



 これもちょいと考えりゃわかる。糖質の摂取量が多すぎて主菜・副菜を十分に摂れずビタミンB1が不足するというなら、糖質量を適宜に調節すればいいだけの話。具体的には白飯の量を気持ち減らして主菜・副菜を少々増やす。それで事足りるのになんでわざわざ元気がなくなりそうな糖質オフをすすめるのか?宝島社やダ・ヴィンチの社員は空調の効いた部屋でグータラしててもいいのかもしれんが大抵の奴はそうはいかねぇんだよ?



 コイツらは夏バテの原因は糖質の摂りすぎというが、見方によっては”ビタミンB1の不足”ともいえるはずだしな。それに論理的に考えたら糖質を(ほとんど)摂らないなら別にビタミンB1そこまでいらんやろ(まあ揚げ足取りな気がするけど)?



 さらに糖質摂取量を減らすのならエネルギーをタンパク質と脂質(特に脂質)に依存せねばならないが、これらは糖質に較べて消化吸収が遅い。夏バテを避けたいのはわかるけどなんか余計なことやってる気がするなあ(爆笑)。おい宝島社、「ダ・ヴィンチ」編集部、この程度のことがわからんでいいんかい?



ニセ科学 水素水 法政
偶然見つけたんで
当てつけに貼ったる
なぜ「ニセ科学」にだまされてしまうのか?


そもそもの前提が
変な気がする



 ビタミンB1が不足すると脚気という病気になる。森林太郎は”脚気菌”なるものを盲信し”脚気栄養欠乏説”を頑なに受け入れなかった。アレ、一応軍医(陸軍)なんだけどなあ。



 さて現在は脚気になる奴はあまりおらず、また特に話題にもならない。おそらく一般的な日本の食生活が脚気にならない程度にはビタミンB1が摂取できるんだろう(いい加減だけど)。


 なのでに戻るけど「夏の疲労感には糖質オフ!」なんてそれこそ糖質足りてなくて大脳新皮質が異様な状態になってるとしか思えないことを言いだす前にちゃんと主菜・副菜も摂るようにしたほうがいいでしょう。


 あ、今気がついた。確かパスタとかそうめんとかひやむぎとか冷やし中華(というか小麦製品)って、ビタミンB1それなりに含まれてるよね?



 また夏バテの原因が本人の体力のなさやったら秋(10月くらい?)にならないと回復せんやろなあ(爆笑)。もう今夏は仕方ないけど、来年以降の夏のためにちゃんと体力つけなあかんよ?


関連記事
スポンサーサイト


はてなブックマーク、Lineなどはこちら



スポンサー様の広告です!




世のため人のため↓バナーをLet's クリック!



テーマ : 糖質制限食
ジャンル : ヘルス・ダイエット

プロフィール

toshitsubaka

Author:toshitsubaka
糖質制限・低糖質・MEC食はバカがやること!

新着記事
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
おすすめの人気記事
スポンサー様の広告

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR