【閲覧注意、残酷画像アリ!】『日本人の「体質」』にケチをつけるお手本 まあ糖毒バカにとっちゃ絵に描いた餅でしかねえんだが(笑)

気に入らない意見は
何とかおとしめたい
糖毒バカだが逆効果(笑)



日本人の体質 講談社ブルーバックス 糖質制限


 前記事で紹介した『欧米人とはこんなに違った日本人の「体質」』なんですが、amazonレビューでは糖毒バカが否定したい一心で悪口を書いてるんですが、ある程度以上のレベルにある読者には逆効果でしょうねえ。だって一般書とはいえそれなりの論文をそれなりに使ってる代物に対してぶつけてるのが信憑性がないか、ないに等しい「個人の体験」(爆笑)。裏付けも何もない個人ブログや一般書籍・雑誌を持ち出しても真に受けるのは情報に対するリテラシーが過度に低い連中だけでしょう。

 ケトン体で頭がおかしくなってるからかコイツら、情報の判断もできないし簡単な論理も組めません。その一例がコレ。



伝統型の食事より欧米型の食事のほうが死亡リスクが低い結果に

投稿者 disassembly 投稿日 2017/6/7

形式: 新書

つい先日、国立国際医療研究センターや国立がん研究センターなどの研究チームが、日本人男女8万人を平均15年間にわたって追跡し、食事と死亡率の関係を調査した結果を公表していました。欧米型食生活をしている人の方が塩分や白米が多めの伝統型食生活をしている人より死亡リスクが低かったという結果です。

(amazonレビュー欄より)



 情報ソースを書かないってのはいけませんね。コイツら程度のいい大学・高専・専門学校は絶対出てませんね、卒業したとしても裏口か(笑)。おいケトンバカ、テメエが言う情報ソースってのはこれのことかぁ(爆笑)!?


今回の研究で、食事バランスガイドの遵守度が高い人ほど死亡リスクが低下しており、特に脳血管疾患の死亡リスクとの関連がはっきりしていました。諸外国における食事ガイドラインに関する研究でも、同様の結果が報告されています。循環器疾患のリスク低下との関連は、食事バランスガイドの副菜(野菜、きのこ、いも、海藻料理)および果物の遵守得点が高い人で顕著に認められました。このことは野菜・果物の高摂取による循環器疾患のリスク低下を報告した国内外の研究と一致します。一方、脳血管疾患死亡のリスク低下は主菜(肉、魚、卵、大豆料理)の食事バランスガイド遵守得点が高い人で顕著でした。この結果は、魚や肉の摂取量が多いと脳血管疾患のリスクが低いという国内外の研究データによって支持されます。

食事バランスガイド遵守と死亡との関連について(国立研究開発法人 国立がん研究センター 社会と健康研究センター 予防研究グループ)




 あちゃー、こりゃーアカンやろ。この記事のキモは「栄養バランスがいいなら日本型であれ欧米型であれいい食事。栄養バランスのよい食事を取るべきだ」なんだから。糖質制限の食事ってのは日本型だろうが欧米型だろうが「栄養バランスの悪い、アホのエサ」なんだからよ(爆笑)。なお”ソースのソース”はこちらで記事がアップされたのは2016.3.22。1年以上前じゃねえか!
 なお”ソースのソース”で"traditional"という単語を検索してみるとアララ、こんなんが出てきたでェ。



Of these, special attention has been paid to the role of the Japanese diet, which has been improved in terms of nutritional balance during economic development3 4 while maintaining the traditional dietary culture (for instance, high intake of fish and soybean products and low intake of fat).5 Thus, the association between the diet of the Japanese population and risk mortality is of substantial clinical interest.

Quality of diet and mortality among Japanese men and women: Japan Public Health Center based prospective study




 さて皆さん、この文章から”欧米型食生活をしている人の方が塩分や白米が多めの伝統型食生活をしている人より死亡リスクが低かったという結果です”って訳、できます?なお"traditional"という英単語が使用されてるのはこれだけ。コイツ自分でもわかってへんことを負けたくない一心で書き込んでるな、うゎぁ、めっちゃイタイな(爆笑)。もう勝負アリですね?disassembly、お前アホだからamazonで英検5級の問題集でも買うて勉強しとけ、レビュー書き込みなんか一切せんでエエから(爆笑)。でもコレ、amazonに「このイチャモン、そもそもが間違ってるけどいいんですか?」って尋ねたら削除してくれるんかな?



英検5級 糖質制限 ケトン体 disassembly


 閑話休題。糖質制限・低糖質ってのは日本のメディアが無理矢理流行らせたものだと私は理解していますが、これに対抗する側(一応私も含みます)は糖毒バカのおかしな言動・行動を一冊の書籍(紙・電子両方)にまとめて出したらいいのでは?なんで巷の編集者はそれやらないのかしら。タイトルは・・・そうやな、『ケトン脳が人生を滅ぼす』なんて如何かしら(爆笑)?



奥田昌子医師に
難癖つけるなら
このくらいはしなきゃ



 ただ心苦しいのだが、この本に「ん?」と思う内容があったのも事実。まあ糖毒バカの期待には沿えねえんだけど、このサイトの読者のために書いておこう。



 この赤筋と白筋の割合はトレーニングによってある程度変化しますが、大きく変わることはありません。鍛えることで太くなるのは大部分が白筋なので、日本人が筋肉をつけようと思ったら、もともと少ない白筋を集中的に鍛えることになります。これは効率が悪い上に、苦労して筋肉を1㎏増やしても基礎代謝量の増加は1日あたりせいぜい20kcal、わずかキャラメル1粒分のカロリーです。

【中略】


 そして、基礎代謝には意外な側面があります。実は筋肉だけではなく脂肪組織もエネルギーを消費しているので、脂肪が1㎏減ると基礎代謝量が1日あたり5kcal下がります。つまり、激しいトレーニングを通じて筋肉を1㎏増やし、脂肪を2㎏減らしたとすると、基礎代謝量の増加は差し引き10kcalになってしまうのです。

 これでは話になりません。筋力トレーニングをしても”やせ体質”にはなれないということです。やせたければ、カロリーの総摂取量を減らすとともに、日常生活の中で体をこまめに動かしてカロリー消費を積み重ねる方が確実です。

『欧米人とはこんなに違った日本人の「体質」』p37~38



 う~ん、典型的な「運動を知らないお医者さん」の意見やなあ。さあコレをバラしに行きますよ!皆さん、準備はよろしくて?

 奥田先生、「筋肉が1kg増えて体脂肪が2kg減る」方法を是非とも教えてください!みんなそれがやりたいのに方法がわからなくて四苦八苦してるんですよ(笑)!!

 この場合「筋肉を増やしてもやせ体質にはなれない」ではなく「何をやろうがどのみちやせ体質などにはなれない」が正しいのではないか?奥田医師の提案にしても”習慣でやせる”と考えた方が正しいし。

 「やせ」や「やせ体質」の定義がはっきりしない。

 実際の体重がどうあれ、筋肉が多くて体脂肪が少ない身体は見栄えがする。森永卓郎氏と香川真司選手を較べてみればいい(爆笑)。比較の基準として若干(?)アンフェアな気はするけど、まあいいや。



森永卓郎 ライザップ 糖尿病香川真司 筋肉

森永卓郎:youtubuから 香川真司 :公式ameba から
対比のためにくさいバカブログ筆者が
(極力原形をとどめるように)加工
体重は森永氏<香川選手


 嗚呼、なんという残酷な画像だろうか。自分でやったのに戦慄してしまう(爆笑)。



これは真剣な批判
「筋トレでやせ体質に
なれない」≒「筋トレ無意味」
では必ずしもない



 いや、今までのが真剣な批判じゃなかったってことじゃないんですがね(苦笑)。なんでこんなこと書いてるのかというと奥田医師の言う「日本人は遺伝的に白筋肉が少ない」とのことが事実としても「だから、日本人が筋トレをやって白筋肉をデカくすることは無意味だ」と続くかどうかはまた別の問題だから。医療従事者として、また言説の責任という意味でも奥田医師は慎重に言葉を選ぶべきだった。ハッキリ言うと白筋肉が多かろうが少なかろうが筋トレをしておくべきです。今更ですが筋トレのメリットを列挙しておきますね。



 ◯筋肉・骨密度の維持増大

 ◯体脂肪の過度の蓄積予防(成長ホルモン出るからね)


 これらから生活習慣病・サルコペニアなどの予防にも有効。前述の香川選手のように「やせてるかどうかはともかく、脂肪の方がかさばるので筋肉質だと細く見える」もメリットか。



 筋トレをはじめとするトレーニングだけではなく栄養摂取・休息(睡眠)も必要ですが、それはまあ書くまでもないことか。奥田昌子医師は「筋トレでもやせ体質にはなれないが、それでも健康の維持増進には筋トレは有効」と書かなきゃいけなかったんです。誤解されかねない文章を専門家は書くべきではないでしょう?


関連記事
スポンサーサイト


はてなブックマーク、Lineなどはこちら



スポンサー様の広告です!




世のため人のため↓バナーをLet's クリック!



テーマ : 糖質制限食
ジャンル : ヘルス・ダイエット

プロフィール

toshitsubaka

Author:toshitsubaka
糖質制限・低糖質・MEC食はバカがやること!

新着記事
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
おすすめの人気記事
スポンサー様の広告

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR