「Tarzan11月10日号」にイチャモンをつけるDr.糖尿モヤシ教祖の信者と、それにトンチンカンな答えを返すモヤシ教祖 マガジンハウス大迷惑?

”糖毒狂信者”なる蔑称は
皮肉だけではなく
ちゃんと実を伴ってますよ



糖質制限 江部 ケトン脳
糖質制限でこんな体や顔に
なったわけではありません
JOJOみたいなポーズでもいいのでは


 お久しぶりです。久しぶりにDr.糖尿モヤシ教祖のブログを読んだのですが、不覚にも爆笑してしまいました。この人はもう漢方医でなく自爆芸人と考えた方がいいのでは?

 教祖が教祖なら信者も信者。「Tarzan」no.706号に文句を垂れてる奴がモヤシ教祖のブログに書き込んで、それに対して「Tarzan11月10日号の記事(糖質制限批判)に反論です。」http://koujiebe.blog95.fc2.com/blog-entry-3985.htmlで答えている。なお引用文は但し書きがない限り上記サイトのもの。

 こいつら本当に些細な記事にも過敏に反応するなあ、自分たちのやってることに自信がないのかな?



【16/10/23 Taka

タイトルなし

先生こんにちは。

いつも参考にさせて頂いてます。

最近では、糖質制限の認知度も上がってきて、

雑誌などでも言及するコメントがみられてきました。

そのような中、先日発売されたスポーツ雑誌Tarzan11月10日号に、

糖尿病に関してこのようなことが記載されていました。

以下、引用

糖質をあまりに制限し過ぎると逆に血糖値が上がりやすくなる。

糖尿病の食事療法で効果的なのはエネルギー制限のみ。

糖質制限で糖尿病が予防できる保証はない。

糖質摂取を抑え過ぎると、糖質を摂った後に血糖値が逆に上がりやすくなることもある。

糖尿病は罹患期間が長いほど血糖コントロールが難しく治りにくい。

放置して最後の手段で糖質制限に頼っても合併症の危険度は下げられない。


このように記載されていました。

私が最近、気になっていることは糖質を抑えたことによるβ細胞の退化です。

以前、先生 おブログではそのようなことはないと書かれてありましたが、

最近発売された「ケトン食ががんを消す」でも極度の糖質制限ではβ細胞の退化が懸念されるとのことで、時折、糖質を摂る工夫をしていると書かれてました。

糖質制限をすると、インスリンも今までよりは必要がなくなりますし、

それを続けていて急に糖質がたくさん入ってきたら、

インスリンを作ることが間に合わず血糖値が上昇してしまうこともあると思うのですが…

細胞が退化してしまうのかどうなのか、気になっているところです。】

http://koujiebe.blog95.fc2.com/blog-entry-3985.html


 モヤシ教祖って立場上糖質制限の不利になるようなことは絶対言わない(書かない)からなあ。それ分かってんの?



これがモヤシ教祖の
反論とそれに
対するツッコミ



 無駄な引用が長くなると書くのも読むのも退屈になるのでなるべく短めに斬ってやります。少し切れがないな自分(苦笑)。



A)

正常人が糖質制限食を実践した場合

①と④に関しては、あり得るのですが、特に問題はありません。

75g経口ブドウ糖負荷試験前3日間は、150g/日以上の糖質を摂取が推奨です。

これは糖質制限をあるていどの期間続けた正常人が、

いきなりブドウ糖負荷試験をすると、

一見耐糖能低下(血糖上昇)のようなデータがでることが時にあるからです。

【中略】

このような場合も、スーパー糖質制限食実践でβ細胞は休養できていて、

血糖コントロールは良好となるので

β細胞が障害されている可能性はありません。

すなわち、β細胞のインスリン分泌能力も準備さえ整えば、

正常に作用すると考えられます


【中略】
さらに2型糖尿病の人で、

糖質制限食実践によりβ細胞が休養できて、

耐糖能が改善することも時にあります。


【注】①糖質をあまりに制限し過ぎると逆に血糖値が上がりやすくなる。

   ④糖質摂取を抑え過ぎると、糖質を摂った後に血糖値が逆に上がりやすくなることもある。



 ふ~ん、「考えられます」「時にあります」ねえ。以前ウチのブログで取り上げたんだけどさ、モヤシ教祖ってこのおばはんに「今後、75g経口ブドウ糖負荷試験をする必要はありません」って言ってなかったけ?それと「糖質制限食実践によりβ細胞が休養できて、耐糖能が改善することも時にあります」ってのは間違ってもアンタじゃねえよな(爆笑)?耐糖能が改善してる奴はこんな血糖値にゃならねえよ。



B)【前略】
そして、米国糖尿病学会は、2013年10月の「栄養療法に関する声明」において
糖質制限食も糖尿病治療食の一つとして正式に容認しています


 いやさあ、それ、どこの米国糖尿病学会?これ読む限りとてもそんな風には見えないんだけど(笑)。
 それにさー、日本の糖尿病人口って2000万人(糖尿病とその予備軍の合計)なんでしょ?糖毒狂信者がよく脅しに使う透析・失明・下肢切断が合計22000人/年って・・・全体の1%もいないじゃん?その人たちが律儀にカロリー制限と運動を守っていた患者なのかどうかも気になるし。なおこの糖尿病人口2000万人、ほとんどは予備軍の方です



糖尿病パラドックス 患者数


C)
③糖質制限で糖尿病が予防できる保証はない。

米国糖尿病学会によれば、

血糖値に直接影響を与えるのは糖質だけで、たんぱく質、脂質は与えません。

従って、糖質制限食を実践することで、食後高血糖を防げば

理論的には、当然将来の糖尿病発症も予防できます。

【後略】

D)

糖尿病の罹病期間が長いほど血糖コントロールが困難なのはそのとおりです。

だからこそ、できるだけ早期に糖質制限食を開始して

「食後高血糖」と「平均血糖変動幅増大」を防ぐことが大切なのです。

そして、「食後高血糖」と「平均血糖変動幅増大」を防いで、

糖尿病合併症を予防可能なのは糖質制限食だけです。


 ロクに糖質摂ってねえのに血糖値が高い奴の「理論的」に説得力はあんのかよ(爆笑)?それにアンタら、もし糖質制限やった糖尿病患者が合併症発症したらそれちゃんと認めるのか?”桐山ショック”のときに逃げ回ってたから今一つ信用がおけねえ。まさか合併症になる前に心筋梗塞or脳梗塞でお陀仏にしようってか(爆笑)?



くだらんことに
噛みつく前に
やることねえのかよ



 さて糖毒バカに突然標的に挙げられた「Tarzan」。実は年に数回糖質制限の特集をやってるハズなんですがそういうのは見ないんだなアイツら(笑)。

 その「Tarzan」の公式サイトに「あなたの自慢のカラダ見せてください!ターザン ボディ・ギャラリー」というコーナーがありました。糖毒バカ、ここに自分たちの貧相なカラダの画像を投稿応募したらおもろいのに(爆笑)。是非やってほしいなあ、かの”脱糖王子”のごとく。



西脇俊二 糖質制限バカ

”脱糖王子”ってリバウンドしました
しかし厚顔無恥だなあ
羞恥心をダイエットしたのか?

関連記事
スポンサーサイト


はてなブックマーク、Lineなどはこちら



スポンサー様の広告です!




世のため人のため↓バナーをLet's クリック!



テーマ : 糖質制限食
ジャンル : ヘルス・ダイエット

プロフィール

toshitsubaka

Author:toshitsubaka
糖質制限・低糖質・MEC食はバカがやること!

新着記事
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
おすすめの人気記事
スポンサー様の広告

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR