バターコーヒーを取り上げるサイト、いったいバランスは何処にあんねん

自重筋トレで人気を集めたブログ
しかしその一方でおかしなことを



 ネタ集めにブログを読むことが多いのですが、ちょくちょく変なブログに人気が出ていることがあります。「Beauty life ステキな毎日を送るための美容サイト」「超キツイけど効果抜群の高負荷自重トレーニング9選 」http://beauty-life.jp/high-load-bodyweight-exercise-3990 という記事が偶然ですが目に入った。はてなブックマークが520もついてる。はてなブロガーに嫌われている(であろう)私からするとうらやましい限りです。でもはてなブロガーはちゃんとトレーニングできるのかしら。



 ただこのサイト、おかしな記事も結構載っている。「バターコーヒーダイエットの正しい作り方と痩せる理由 」http://beauty-life.jp/butter-coffee-diet-3831 がそのいい例ですわ。まあどの記事も情報の出処を書いていないのでその意味では出来がいいとは到底言えないんですが。



正直こいつ
やってないような
気がします(笑)



バターコーヒーの作り方と飲み方

1.グラスフェットバターを使用する

バターコーヒーダイエットを正しく実践する場合は上記のようなグラスフェットバターを用意する必要があります。グラスフェットバターとは「牧草飼育された牛のミルクを使った無塩バター」のことを言います。なぜグラスフェットバターが良いのかといいますとこのバターには不飽和脂肪酸が豊富に含まれているためです。不飽和脂肪酸には血液中の脂肪やコレステロールを減少させる働きがあるためダイエットに効果的な成分なんです。血液中のコレステロールや脂肪が減少することで体に付く脂肪を減らすことが出来ます。また、コレステロールや脂肪が血液中から減少することで血流が良くなって代謝がアップするので痩せやすい体質になります。

http://beauty-life.jp/butter-coffee-diet-3831


 ”不飽和脂肪酸が豊富に含まれているためです”って、曖昧な言い回しだな。無塩バター(これが一番近い)の簡単な栄養素を見てみると、



無塩バター 飽和脂肪酸 不飽和脂肪酸
オリーブオイル 飽和脂肪酸 不飽和脂肪酸



 もはや何を言っても虚しいだけです(爆笑)。とあきれると「そ、それは無塩バターダカラー」とバカたれがほざきだすのかもしれんけど、バターが動物性脂肪だってこと知ってりゃまず引っかからねえだろ、こんなん(爆笑)。



3.ココナッツオイルを入れて効果アップ

ココナッツオイルも最近テレビや雑誌で注目されているダイエットや健康効果が期待出来るオイルの一つです。ココナッツオイルは一般的な油とくらべてコレステロールになりにくく、エネルギーの消費を活発にさせる中鎖脂肪酸が豊富に含まれています。中鎖脂肪酸にはケトン体という脂肪を燃焼する効果やお腹が減りにくくなるという効果が期待できます。また便秘解消効果も期待出来ます。

http://beauty-life.jp/butter-coffee-diet-3831


 飽和脂肪酸の塊だけどな。つか、前の「不飽和脂肪酸たっぷり」バターとどこにどう整合性あるんだよ(爆笑)?



ココナッツオイル 飽和脂肪酸



4.バターとココナッツオイルはしっかり混ぜる

バターとココナッツオイルはコーヒーにしっかり溶けこませることで飲んだあとに効率よくエネルギーとなります。そのため、飲むときは全部溶けきるまでしっかり混ぜてから飲んで下さい。

http://beauty-life.jp/butter-coffee-diet-3831


 ブドウ糖がデンプンよりも、アミノ酸がタンパク質よりも消化吸収が速いのはあらかじめ細かくなっているから。脂質は小腸で脂肪酸とモノグリセリドになって吸収されるが、60~80度程度のコーヒーにかきまぜたくらいでそこまで分離されるんだろうか?中学生レベルの内容だぞ?

 脂肪は、肝臓で作られ胆のうにたくわえられていた胆汁のはたらきで、小腸の中で水に混ざりやすい状態になり、すい液のリパーゼという消化酵素のはたらきで、脂肪酸とモノグリセリドに分解される。


消化器官 消化酵素 栄養素
中学生用の教科書の記事に
リンク有り〼


 なおこのバカサイトによると10gのバターと大さじ1のココナッツオイルのバターコーヒーは一日2杯までだという。それ以上飲むとカロリーの摂りすぎだと。結局カロリーかよ(爆笑)。



バターコーヒー バイオハック ブレットプルーフコーヒー



”バターコーヒーダイエットの効果”?
そんなんわかっとるやろ(笑)



 アホになる、それだけや(爆笑)。

 面倒くさいけどこのアホブログにはこんなん書かれてます。



1.コーヒーの脂肪燃焼効果

コーヒーといえばカフェイン。カフェインは眠気を覚ましたり集中力を向上する効果が知られています。でも、それだけじゃなくカフェインには脂肪を減少させる効果もあるのをご存知ですか?コーヒーにはカフェインとクロロゲン酸というダイエットに効果的な成分が含まれています。

【中略】


2.代謝向上効果

カフェインには脂肪を減少させるだけじゃなく、代謝を向上する効果が期待出来ます。代謝の向上はダイエットには欠かせない要因の一つです。また、コーヒーに含まれているカフェインとグラスフェットバターを一緒に摂取することで代謝アップの相乗効果が期待出来るんです。
【中略】


3.グラスフェットバターは血糖値が上がりにくい
【後略】


http://beauty-life.jp/butter-coffee-diet-3831


 ①いかにコーヒーが脂肪燃焼効果があろうが、最大で40g近い脂質を補給すんねんぞ?

 ②代謝向上ってのは筋肉ついて初めて可能なの。

 ③バターコーヒーの総カロリーは(このアホ記事の場合)400kcal程度だから、市販のおにぎり2つ程度。糖尿病患者ならいざ知らず、正常体はそんなんで血糖値がバカ上がりするわけあらへんやろ。



 不幸中の幸いだったのは流石にこの記事にははてなブックマークはつかずFacebookの「いいね!」もほとんどなかったことか。私は間違ってもやりませんが不飽和脂肪酸が欲しいなら「オリーブオイルコーヒー」でも作って飲んどれよ、このアホサイトの管理人は(爆笑)。




関連記事
スポンサーサイト


はてなブックマーク、Lineなどはこちら



スポンサー様の広告です!




世のため人のため↓バナーをLet's クリック!



テーマ : 糖質制限食
ジャンル : ヘルス・ダイエット

プロフィール

toshitsubaka

Author:toshitsubaka
糖質制限・低糖質・MEC食はバカがやること!

新着記事
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
おすすめの人気記事
スポンサー様の広告

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR