北里大学、大丈夫か(まあどうでもいいけど)?まさか糖尿病増大計画?

一見まともな立場に見えるから
なおさらタチが悪い(苦笑)



ウイダー 増量



 糖質制限推進の医者の一人である山田悟(北里研究所病院糖尿病センターセンター長)がアホウ極まる妄言をほざいていた。「「運動前には糖質をたっぷり摂れ」は嘘だった」https://medical-tribune.co.jp/rensai/2016/0322500506/ だと?ナメてんのかテメエは?



 私は学生時代,運動をやるのであれば試合前には糖質をたくさん食べるようにと指導された。糖質を負荷すること(カーボローディング)により,筋肉内のグリコーゲンが増加し,運動耐容能が向上するということであった。この若いころに刷り込まれた知識により,"糖質制限食をしていると,(カーボローディングの逆作用で)筋肉内のグリコーゲンが減少し,運動耐容能が低下するのではないか"という懸念を持っていたが,自分自身の体感としては糖質制限食で運動持久力が低下するとは感じていなかった。

 このたび,極端な糖質制限食(ケトン産生食)ですら筋肉内のグリコーゲン量は維持され,運動耐容能も低下しないことを示す論文がMetabolism(2016; 65: 100-110)に掲載された。糖質制限食は運動耐容能を低下させないことが証明され,そもそもカーボローディングの概念が覆されたように思うのでご報告したい。

「運動前には糖質をたっぷり摂れ」は嘘だった」 https://medical-tribune.co.jp/rensai/2016/0322500506/


 このバカはDr.糖尿モヤシ教祖とかココナッツ白澤とは違い一見割とちゃんとして見える立場にいるため、なおさらタチが悪い。カーボローディングが間違ってる?山田、間違ってんのはテメエのツラと頭だよこのクソボケ!



山田悟の論拠(笑)
いきなりダメじゃん



 ではこの山田が妄説の論拠としているのは一体何なのか?ご丁寧に教えてくれてるんですが(まあ、自称18㎏の医者に較べりゃこの点はマシか。あんなのに勝ってもしょうがないけど)、それが・・・。



Metabolic characteristics of keto-adapted ultra-endurance runners.

Volek JS1, Freidenreich DJ2, Saenz C2, Kunces LJ3, Creighton BC3, Bartley JM3, Davitt PM3, Munoz CX3, Anderson JM3, Maresh CM2, Lee EC3, Schuenke MD4, Aerni G3, Kraemer WJ2, Phinney SD5.

Author information

Abstract

BACKGROUND:

Many successful ultra-endurance athletes have switched from a high-carbohydrate to a low-carbohydrate diet, but they have not previously been studied to determine the extent of metabolic adaptations.

METHODS:

Twenty elite ultra-marathoners and ironman distance triathletes performed a maximal graded exercise test and a 180min submaximal run at 64% VO2max on a treadmill to determine metabolic responses. One group habitually consumed a traditional high-carbohydrate (HC: n=10, %carbohydrate:protein:fat=59:14:25) diet, and the other a low-carbohydrate (LC; n=10, 10:19:70) diet for an average of 20months (range 9 to 36months).

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26892521


 ウルトラマラソンランナー?トライアスリート?この時点で爆死確定(爆笑)。しかし北里柴三郎は何を思うだろうか・・・大袈裟か。でも大学間の生き残り競争に北里大が勝てるのかどうかは興味があるかなあ、こんなの雇ってて。



なぜ山田はアホなのか①
有酸素運動だけじゃねえか



 ウルトラマラソンやトライアスロン、アイアンマンレースはアホみたいな距離を走行する有酸素運動。距離が長い一方で瞬間的なスピード・パワーを要求される動作は(ほとんど)ない。有酸素運動に特化した人間(”Twenty elite ultra-marathoners and ironman distance triathletes”だからな)に有酸素運動やらせてるんだから別にどうってことのない結果が出ただけである、アホクサ。



 筋力トレーニングが体脂肪を減らすメカニズムⅠ(除脂肪量および基礎代謝量の増加)

 運動中のエネルギー源は、強度が低い運動、長時間の運動(有酸素運動)ほど体脂肪が利用される比率が多くなります。反対に、筋力トレーニング(以下、筋トレと省略します)や短距離走など短時間で高強度の運動(無酸素運動)ほど糖質が利用される比率が高まります。

 したがって、“運動中”により多くの体脂肪を燃やすためには、ウォーキングやジョギングなどの軽い運動を長時間行なうことが効果的です。

 では、筋トレなどの無酸素運動が脂肪燃焼に効果がないのかというとそうではありません。有酸素運動が“運動中に脂肪を多く燃やす”のに対して、筋トレは、“運動後に脂肪が燃えやすい状態をつくる”ことが科学的に証明されているからです。

https://www.yspc.or.jp/ysmc/column/health-fitness/diet-theory-3.html#diet-theory-3-2



運動強度 運動時間 エネルギー供給源

https://www.yspc.or.jp/ysmc/column/health-fitness/diet-theory-3.html#diet-theory-3-2から


 だから山田は自説を主張したいならウルトラマラソンランナーやトライアスリートやテメエを含む糖毒バカ(笑)に400m走とかバドミントンとかフットサルとか格闘技(試合よりも追い込む内容の練習)とかやらせてみりゃいいんだよ(爆笑)。つか、そのくらいやってからホラ吹けやクズ。



なぜ山田はアホなのか②
中学生の教科書で蹴飛ばしたる



 過去に紹介したのだが、各スポーツ選手の筋肉の中の速筋繊維の割合(脚部)。マラソン選手、群を抜いて速筋が少ない!長距離走は競技特性上「高速の有酸素運動」が求められ、その選手はそれに適した体を作った結果がこれ。驚くにはあたらない。


速筋繊維 筋持久力

見づらくて申し訳ない。
マラソンが20%、一般人50%、剣道60%ッス


 サルコペニアとかロコモーティブとか糖尿病予防とかには筋肉を増やすのが有効なのだが、その筋肉は速筋および中間筋(typeⅡb/typeⅡa)を意味する。そして長距離を続けるとそれが過度に少なくなっていく。オイオイ、いいのかよ?目的が果たせないじゃん?北里大学の経営陣の皆さん、こんなアホに糖尿病センター任せてて大丈夫なの(爆笑)?

速筋繊維 筋持久力


 そもそも持ってきた例がなんの参考にもならん、無理がある。「ウ、ウルトラマラソンガー」ってもなあ、糖毒バカなんて100㎞どころか1㎞だって走りたくねえ奴らじゃねえか(爆笑)!!



ちゃんとした知識と
知恵を持つ必要



  長距離走やその競技者をおとしめるつもりは一切ない(実際に読んでみればわかるはず。私は運動者には敬意を払っているつもりです)。だが求める物やら何やらが異なるのだからその一切合切を受け入れる必要はない。大体なあ、人間の体力ってのは全身持久力だけじゃねえんだぞ。筋力・瞬発力・筋持久力・柔軟性・敏捷性etcとあるんだから。確かに数十kmを走ることは全身持久力が高くなければできないが、それが全てではない。

 だがよくない連中は無知に付け込んで大して役に立たないものを売りつけようとするんだわ、山田のバカの新書を出してる幻冬舎がそのいい例だな(笑)。上記のような長距離走者のイメージを悪用してるんだから。それを見抜けないバカも結構いるんだがな、ケイオウに多分裏口かAO入試で入ったクソガキとか(爆笑)。身を守るためにも勉強はせなあかんのです!

 どうせなら幻冬舎に資金出させて北里大生に糖質制限やらせて、そいつらに医学部があってスポーツの強い大学の学生と勝負させて糖質制限の程度を試してから何か言えよ。近畿大とか日本大とかと野球・相撲・水泳とかで勝負させて。どうせならそのくらいの捨て身で行けや!望む結果はまず出ないんでホンマに元手ドブに捨てることになるけど(爆笑)。



 書いてから気づいたんですが、過去に「脂肪を使う運動でも糖質は必要!運動するなら糖質は必須!」って記事を書いていて、これが山田悟のアホを完全否定しそうな勢いでした(爆笑)。時間が余ったなら是非ご一読を。しかしはてブってホントもらえないよな・・・私ってはてなの奴に嫌われてるのかしら(苦笑)。



関連記事
スポンサーサイト


はてなブックマーク、Lineなどはこちら



スポンサー様の広告です!



世のため人のため↓バナーをLet's クリック!



テーマ : 糖質制限食
ジャンル : ヘルス・ダイエット

プロフィール

toshitsubaka

Author:toshitsubaka
糖質制限・低糖質・MEC食はバカがやること!

新着記事
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
おすすめの人気記事
スポンサー様の広告

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR