飽和脂肪酸と”糖類”を摂りすぎるな!「米国人のための食生活指針2015-2020年版」(「Tarzan」の小ネタより)

「アメリカ人が日本人に
近づいてきた?」(大げさな)



食生活指針 永井豪 鬼トレ

永井豪先生が表紙。
もっとダンベル大きい方が似合うけど。


 「Tarzan」2016年3月10日号にアメリカの保健福祉省と農務省が、5年に一度改定している食事ガイドライン「米国人のための食生活指針2015-2020年版」を発表したという記事があった。取材・文のケンジ・イノウエ氏は”伝統的な和食こそが最新のガイドラインを満たしていると言えそうだ”と記事をしめている。今の日本で”伝統的な和食”を日常的に食べている人がどの程度いるのかは疑問だが(苦笑)、書かれている内容を見るとそんな気もする。



記事中のこのブログに
合った内容は
こんなんです



 大きな変化は新たに砂糖などの糖類の摂取基準が設けられたこと。飲料や料理に加えられて糖類も含め、1日の摂取カロリーの10%未満に抑えるべきだとしている。摂取カロリーが2000キロカロリーなら200キロカロリー、つまり50gであり、果糖された飲料ならペットボトル1本(500㏄)に相当するから、かなり厳しい制限である(糖類でも果物の果糖のように食材に入っているものは除外)

 脂質では、食事から摂るコレステロールは血中のコレステロール値に影響しないとしてコレステロールの摂取基準を撤廃。代わりに肉類やバターなどに多い飽和脂肪酸をやはり1日の摂取カロリーの10%未満に抑えるようにガイドする。

 個別の食品では緑黄色野菜、マメ科植物、果物、穀物(最低半分は全粒穀物)、無脂肪または低脂肪の乳製品、栄養強化した豆乳、魚介類、脂質の少ない牛・豚・鶏肉、卵、ナッツ、大豆製品などを含む食生活を推奨。

 現状で特に魚介類の摂取が際立って少ないことから、有害なメチル水銀の少ないイワシ、サバ、鮭などを週8オンス(約230g、切り身3切れ程度)以上摂り、心臓病を減らすために1日250㎎を目安にEPAとDHAを摂ることを勧める。

「Tarzan」2016年3月10日号




 とのこと。健康的な食事として地中海食とベジタリアン食を挙げてるが、和食がむしろマッチしてるとか。なお記事にはお寿司を食べてる挿絵があるのですが、日本人そんな頻繁にお寿司食べてないですよ(苦笑)。



 食べることが奨励されているイワシやサバ(青魚)が大衆魚。シリコンバレーで生き残っている連中はバターコーヒーなんか飲まずにサバやサンマの缶詰を食べてたりして(笑)。山師の皆さん、アメリカで一旗揚げてみませんか?「口に合わない」とか言い出したらこう言うといいでしょう。

「食べ物と思うな、薬と思え!」



実際にサイトを
見てみよう



食生活指針



 ただ雑誌に書いていることを書きうつしただけではいけない、そんなことしたら小林将之のような糖毒バカのゲスオヤジと同じになってしまう(爆笑)。調べられる範囲で調べてみたところ(とは言っても「米国人のための食生活指針2015-2020年版」を見ただけなんだけど)こんなんでした。

 私は決して英語が得意でないので(むしろ苦手)手間がかかって困ります。誰でも一目でわかるように書いてくれたらいいのに(苦笑)。というか、アメリカ人だってイラチは結構おるやろうからこないにダラダラ書いたら誰も読まへんのとちゃうか?アメリカ人に肥満が超多い理由の一つは「健康は面倒くさいから」なのではないかと考えてます、いや考えなくてもわかるか。「食生活指針2020-2025年版」は可能な限り誰であってもわかりやすく読みやすいスタイルでやってほしい。アホで強欲極まる日本人が悪用しないとも限らないので(爆笑)。



Added sugars include syrups and other caloric sweeteners. When sugars are added to foods and beverages to sweeten them, they add calories without contributing essential nutrients. Consumption of added sugars can make it difficult for individuals to meet their nutrient needs while staying within calorie limits. Naturally occurring sugars, such as those in fruit or milk, are not added sugars. Specific examples of added sugars that can be listed as an ingredient include brown sugar, corn sweetener, corn syrup, dextrose, fructose, glucose, high-fructose corn syrup, honey, invert sugar, lactose, malt syrup, maltose, molasses, raw sugar, sucrose, trehalose, and turbinado sugar.

Healthy eating patterns limit added sugars to less than 10 percent of calories per day. This recommendation is a target to help the public achieve a healthy eating pattern, which means meeting nutrient and food group needs through nutrient-dense food and beverage choices and staying within calorie limits. When added sugars in foods and beverages exceed 10 percent of calories, a healthy eating pattern may be difficult to achieve. This target also is informed by national data on intakes of calories from added sugars, which as discussed in Chapter 2, account on average for almost 270 calories, or more than 13 percent of calories per day in the U.S. population.

http://health.gov/dietaryguidelines/2015/guidelines/chapter-1/a-closer-look-inside-healthy-eating-patterns/#added-sugars



Intake of saturated fats should be limited to less than 10 percent of calories per day by replacing them with unsaturated fats and while keeping total dietary fats within the age-appropriate AMDR. The human body uses some saturated fats for physiological and structural functions, but it makes more than enough to meet those needs. Individuals 2 years and older therefore have no dietary requirement for saturated fats.

Strong and consistent evidence shows that replacing saturated fats with unsaturated fats, especially polyunsaturated fats, is associated with reduced blood levels of total cholesterol and of low-density lipoprotein-cholesterol (LDL-cholesterol). Additionally, strong and consistent evidence shows that replacing saturated fats with polyunsaturated fats is associated with a reduced risk of CVD events (heart attacks) and CVD-related deaths.

http://health.gov/dietaryguidelines/2015/guidelines/chapter-1/a-closer-look-inside-healthy-eating-patterns/#fats



Seafood, which includes fish and shellfish, received particular attention in the 2010 Dietary Guidelines because of evidence of health benefits for the general populations as well as for women who are pregnant or breastfeeding. For the general population, consumption of about 8 ounces per week of a variety of seafood, which provide an average consumption of 250 mg per day of EPA and DHA, is associated with reduced cardiac deaths among individuals with and without preexisting CVD. Similarly, consumption by women who are pregnant or breastfeeding of at least 8 ounces per week from seafood choices that are sources of DHA is associated with improved infant health outcomes.

http://health.gov/dietaryguidelines/2015/guidelines/chapter-1/a-closer-look-inside-healthy-eating-patterns/#callout-seafood-heading



 この辺で力尽きました(苦笑)。実際にサイトを読んでもらったらわかるけど(というか、絶対読めよ)、add sugars(糖類)とgrain(穀物≒炭水化物)と別に分けてあるのでこの二つは別物と考えましょう。これで糖毒バカに引っかかることは(少しだけ)なくなったハズ!自画自賛するけど弊ブログは役に立つ(笑)。
 このサイトを見ていてココナッツオイルの飽和脂肪酸についてのグラフがありましたので転載しておきます。めっちゃ高い(爆笑)。



ココナッツオイル 飽和脂肪酸


関連記事
スポンサーサイト


はてなブックマーク、Lineなどはこちら



スポンサー様の広告です!



世のため人のため↓バナーをLet's クリック!



テーマ : 糖質制限食
ジャンル : ヘルス・ダイエット

プロフィール

toshitsubaka

Author:toshitsubaka
糖質制限・低糖質・MEC食はバカがやること!

新着記事
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
おすすめの人気記事
スポンサー様の広告

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR