【身の程知らず】糖毒バカVS医者、”桐山ショック”一本勝負

”桐山ショック”を
医者はどう見ているのか



 今週(2016年2月第4週)発行の雑誌を斜め読みするとマスコミは糖質制限肯定派なんだな、ということを感じ正直イヤな感じです(端的に言うと糖毒狂信者の逆襲、という塩梅)。それについてはそのうち記事にするので今は後回し。今日はツイッターの紹介でお茶を濁します(苦笑)す。





 ネット上では有名な内科医のNATROM医師です。そこから芋づる式に狙ってみたんですが、面白いのに当たってしまった。







 ”普通に考えれば過度の糖質制限なぶん脂質摂取量が増えて動脈硬化進みそうだけどね”なんで一般メディアはDr.糖尿モヤシ教祖にこれ言わないんですかね(笑)、誰でも思いつきそうなのに。それはともかくこのツイートはこのブログの読者なら概ね理解できるとは思います。しかしこの後これを理解できない糖毒バカが湧いて出てきた・・・(笑)。



糖毒バカ登場
マヌケな踊りを踊り出す(笑)





 マーク、お前バカだろ。何がバカって、糖尿病専門医でも何でもねえ5流漢方医の、しかも個人ブログを「ヱ、ヱビデンスガ―」って持ち出して相手にされると思っとるんか(爆笑)。必然が起こったといえばそれまでだが、見事に一蹴される(爆笑)。











 EARL医師(だよね?)のツイートには体重落としたり血糖値正常化させたりなんて他にいくらでも方法あるじゃん、とツッコミ入れられるんですがまあいいでしょう。理解できたのか、糖毒バカ大人しく引っ込んだな・・・と思ったらまだ甘い。このケトン脳は理解などできなかったのです(爆笑)。



糖毒バカ錯乱!
ケトンダンスは加速する







 錯乱して必死な糖毒バカ渾身の一撃を簡単に切り返してしまった。この次のツイートでマークの度し難いドアホウが確定する・・・!







 どこがどうドアホウか。このマーク、EARL医師の患者なのか?なんで自分の患者でもないどこの馬の骨かわからん糖毒バカの不安にこたえてやらんとあかんの、しかも無料で(苦笑)?生臭い話になるけど医師や法曹など専門家の時間は安くねえんだ(希少かつ専門性の高い知識・情報を提供する職業だから)。まして無料だなんておこがましいにも程がある!本当に不安で、その不安を解消したいなら少々値が張ってでもまともな糖尿病専門医に質問に行けや、有償で!!

 なんか私の芸風と離れてしまったのでコイツ、”専門家として意見を教えてほしい!不安拡大中です!”なんてほざいてるけどその”不安”を解消したいんならDr.糖尿モヤシ教祖のとこに行きなさい、100%解消してもらえるから(笑)。なぜならマークが欲しいのは”「桐山氏の訃報と糖質制限の因果関係の程度”ではなく”自分が間違っていない”という安心。けどこういう行動をとるあたりDr.糖尿モヤシ教祖を心底信用してるワケじゃないんだな(爆笑)。でもさ、それならモヤシ教祖から距離を置けよ(笑)。

 しかし思うんだが、たとえば試験を受けてその結果が悪かったとする。その際に

「この点数は採点ミスで
あなたは本当は満点だったのよ」


 とただ甘やかされるのと

「あなたはここと(略)
ここが間違ってた」


 と言われるのと、どちらが本人のためになるだろうか?



他の人はこう見ています







 最後の人、言い過ぎ。さすがの私もここまでは言わんよ(苦笑)。むしろ「●●に□なし」にされて糖毒バカに都合のいいことばかり言われるんで生きてもらわんと困る。あと、気になったツイートがこれ。はっきり言って「タダのモノ」になんでこれだけ信頼と安心を寄せられるのかわかりませんわ(これは私や読者の皆さんに対しても言えることです)。





関連記事
スポンサーサイト


はてなブックマーク、Lineなどはこちら



スポンサー様の広告です!




世のため人のため↓バナーをLet's クリック!



テーマ : 糖質制限食
ジャンル : ヘルス・ダイエット

プロフィール

toshitsubaka

Author:toshitsubaka
糖質制限・低糖質・MEC食はバカがやること!

新着記事
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
おすすめの人気記事
スポンサー様の広告

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR