不健康MEC主婦”背脂”みさこ赤っ恥、”結果にコミット”できる人との差本日も絶賛拡大中(爆笑)

悪口は本人の評価を下げる
みさこさん王城氏への
攻撃逆効果に(笑)



 もはや糖質制限のブログというより「糖質(≒炭水化物)・糖質食ってる人・インスリンへの憎悪と呪いのブログ」と化してしまった北陸の糖尿MEC主婦”背脂”みさこさんのブログ。まあ1年続けながらも誇れる結果が何も出なかったのだから仕方ないのかもしれないが、まっとうな人なら恥ずかしくてやめるんじゃないかな(笑)。

 そのみさこさん、やっぱりアホなこと書いてます。「2016年2/20(土)の記録」http://ameblo.jp/misakodiabetes/entry-12130736562.html(早朝時血糖値113)です。しかしダメブロアメブロ民はこんなんにどうして(アメブロの)「いいね!」をつけるんでしょうか?私の理解を超えています。Facebookの「いいね!」やはてなブックマークがつかなかっただけマシ、としないといけない?

「見てみい、ここに
アホがおるでえ(爆笑)」


 という意味ならまだ理解&納得がいくのですが。



夕べはいつもより筋トレ強化してみて、今朝は大胸筋などがかなりの筋肉痛…なのですが、別に血糖値はいつもと変わらず、おかしいなぁ~?!

カステーラ氏のブログの記事「筋肉痛と血糖値」によると、逆に激しい筋トレ後に血糖値が高くなる方もいらっしゃるようですね。興味深いです。カステーラ氏はとても聡明な方で、いろいろ実験もなさっているので、彼のブログはとても勉強になりますよ。

http://ameblo.jp/misakodiabetes/entry-12130736562.html


 ブタがブログでブヒブヒ鳴いてんじゃねえよ、鳴くならブタ小屋で鳴け!まともな人ならもはや1ミリも信じていませんがこの人、ホンマにインストラクターだったんですかねえ。まあこの”背脂”おばはんのブログの目的のひとつが王城恋太氏のブログ「糖尿病も3ヶ月で完治するダイエット」をおとしめることなので(これが外れることはまずないだろう)「まだやってんのかこのバカは」くらいにしか思ってませんが。血糖値がなんちゃら~とか言うならそのビフォーアフターを送れよ(笑)。



筋肉痛が起きた(ドヤア)!
=高い負荷の運動!
とは限らんよ



 3 筋力トレーニング

  1.筋力トレーニングの方法 筋力トレーニングには、バーベルやダンベルを用いる方法やトレーニングマシンを用いる方法など、さまざまな方法があります。最初は数回持ち上げられる負荷に設定し、3セット繰り返せるようになったら少しずつ負荷を増やしていきます。

  2.目的に応じた運動強度の設定 筋力のトレーニングでは、対象となる運動やスポーツに見合った運動強度を設定することが大切です。たとえば、重量挙げや陸上競技の投てき種目のように、重いものを持ち上げたり、短時間で大きな筋力やパワーを発揮することが目的であれば、1~2回しか上げられない負荷(最大筋力)にして、確実に持ち上げることが有効です。ダッシュしたり、跳んだりボールを投げたりする筋力を高めることが目的であれば、最大筋力の1/3~2/3程度のやや軽い負荷にして、全力ですばやく持ち上げることが有効です。

『現代高等保健体育』(大修館書店)p151、152



運動強度 回数



 例によって高校の保健体育の教科書です。”負荷をやや小さくして速く行えば”高まるのはパワーよりもむしろ筋持久力なんですが、まあ概ねこんなモンです(なんか偉そうになってしまった)。

 私のつたない理解では王城氏は「筋肉を増やすことでインスリンなしでも多量のグルコース(血糖)を消費できるようにし、すい臓の負担を減らす」という方法をすすめています。そして筋量増大のためには高負荷の筋トレが必要。懸垂を考えたらいい。体重にもよるが大体自重だけだとそこそこやり込めば10~15回くらいはできるでしょ?ラットプルダウンならもっと少ない回数で追い込める。無論自重トレでも追い込もうと思えば追い込めますが、それなりに頑張らないといけない。

 さて”背脂”みさこさんですが、どのレベルの運動をやってたんでしょうか?まあ想像がつきますね、100%とか90%とかでは絶対ないでしょう。トレーニングの内容が漠然としているのも評価できませんね、みさこオリジナル”足ブラ(爆笑)”だけは毎日のようにやってしかもそれを報告してるのに。

こんなモン、

ケトン脳のアホ以外やらねえよ!


 だからいつまでたっても状態がよくならないんですが(笑)。



 っていうか、このMECおばはん何で自分に筋肉つかなくて背脂も腹脂も落ちない、メトグルコ服用しないと血糖値下がらないかわかってんですかね。

 トレーニング方法が間違ってんのか(運動の負荷が軽すぎる。まあ糖質摂らないからしっかりしたトレーニングができんのか)、

 栄養や休息の摂り方が間違ってんのか(糖質摂らないからインスリンが今一つ、よってタンパク質を同化させられない)、

 あるいはその両方か(爆笑)。


 毎日の糖質摂取量が数十グラムの奴がなぜ普通に糖質食ってる奴より血糖値高いのか、それ考えたらすぐにでもわかるのに。その血糖は彼女の筋肉のなれの果てでしょう(爆笑)。



みさこさんより
10は年長の女性
着実に血糖値低下



 一方の王城氏のブログにはアラフィフおばさん(50代女性)からの報告が来ました(「HbA1c 15から5.2に4ヶ月で糖尿病が改善したおばはんの改善法を大公開!」)。内容は王城氏のブログを読んでいただくとしてやってること自体は(失礼ながら)それほどすごくはないです。でもちゃんと結果が出ている。「よくなった」報告と「よくならないから」他人の悪口とではねえ、こりゃ勝負になりませんわ(爆笑)。

 けど残念ですよね、だってまともなことやってたら今頃まともなおやつ食べれたかもしれないのに。それができないから脂肪と人工甘味料のカタマリ=”糖質制限スイーツ(笑)”を仕方なく食べてる、なぜかほぼ毎日(爆笑)。なお日付は2016/02/20なので偶然とは言え”背脂”みさこバカ丸出し、自業自得だけど(笑)。



糖質制限スイーツ(笑) 低糖質スイ-ツ(笑)

右が真実の姿です(笑)


 なおアラフィフオバサンはこうおっしゃっています。私的にはありがたい。

カロリー1200kcal(指導は1470kcal)

野菜と魚が中心。お肉はたまに程度。

元々、お肉よりは野菜と魚が好きなので

量は意識しますがメニューは普段通りです。

ちなみに、某MEC主婦のバターコーヒーは

見る度に吐き気をもよおします…


http://ojyokoita.blog.fc2.com/blog-entry-585.html



バターコーヒー バイオハック ブレットプルーフコーヒー
ブレットプルーフコーヒー UCCミルク マックスコーヒー

バターコーヒーのカロリーと
東西の甘いコーヒー飲料。
なおバターコーヒー記事への
リンクになってます。




みさこさんや
アンタトレーニング
わかってへんやろ(笑)



 ”背脂”みさこさんはトレーニングをよくサボるの間隔を大分空けているが、あれはしっかり追い込んだ人のやり方。アラフィフおばさんのようにそれほど負荷が高くないなら別に毎日やれるんですね、プランク(フロントブリッジ)はできなくなるまでやってるけど。

 あと、時間。アラフィフおばさんは暇を見つけてちょこちょこ運動してますが、実は彼女の方が時間は短いです。そりゃそうだよね、「足ブラ1時間」なんて精神がまともな人にとっては苦行以外の何ものでもない(爆笑)。



 いつまでたってもマシにならないMECおばはん読んでるか?程度の低い本ばっかり読んでても何にもならへんぞ。基礎からやれ、頭も筋トレやれ(爆笑)。あとこの人は体は間違いなくどんどん不健康になってるが、心はそれをはるかに上回る勢いで不健康だ(爆笑)。タイトル改題するならもう「2型糖尿病に勝てない!心身ともにどんどん不健康になる背脂主婦のブログ!!」で決まりやな(大爆笑)。



おまけ メトグルコ
服用の注意点



VIII.安全性(使用上の注意等)に関する項目

 5. 慎重投与内容とその理由

  慎重投与(次の患者には慎重に投与すること)

   次に掲げる状態の患者


    (1)不規則な食事摂取、食事摂取量の不足〔低血糖を起こすおそれがある。〕

    (2)激しい筋肉運動〔低血糖を起こすおそれがある。〕

   (理由)

    (1)食物の吸収不良により低血糖をおこすおそれがあることから設定した。

    (2)筋肉での糖利用が肝臓からの糖放出を上回ると血糖値が低下し、特に空腹時には低血糖を起こすおそれがあることから設定した

https://ds-pharma.jp/product/metglco/pdf/metgluco_tab_interv.pdf#page=34




 要するに”背脂”みさこさんの運動の負荷は大したことなかったってこったろ(爆笑)?



関連記事
スポンサーサイト


はてなブックマーク、Lineなどはこちら



スポンサー様の広告です!



世のため人のため↓バナーをLet's クリック!



テーマ : 糖質制限食
ジャンル : ヘルス・ダイエット

プロフィール

toshitsubaka

Author:toshitsubaka
糖質制限・低糖質・MEC食はバカがやること!

新着記事
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
おすすめの人気記事
スポンサー様の広告

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR