自称”18㎏の医者”ボロが出る!まるで役に立たん糖毒バカ(爆笑)


自称18㎏が訂正!
一体その内容は



 変なことばかり書いて世間を惑わそうとしている自称18㎏やせた医者が訂正していた。「訂正とお詫び」http://toushituseigen-es.seesaa.net/article/432221202.html それがこれ↓なんだけど、笑っちゃう。



昨日の記事で

結果的に、身体がインスリンに慣れてしまったり(1型糖尿病)

膵臓が疲労しインスリンを出せなくなったり(2型糖尿病)

と記載しておりましたが、正しくは

結果的に、身体がインスリンに慣れてしまったり(2型糖尿病)

膵臓が疲労しインスリンを出せなくなったり(1型糖尿病)

の誤りでした。

お詫びして、ここに訂正いたします。

そしてこれは、わたしの考えであり

医学的に証明されていることではありません。

http://toushituseigen-es.seesaa.net/article/432221202.html


 ああ笑える。これで医者ってんだからさ。いや、奴は訂正とお詫びしてもなおいまだ間違えてるんですよ。私のブログの過去記事「1型糖尿病患者の小学生の事件と阪神の岩田稔投手」を見てみましょうか。

【おやこ新聞】

まめちしき「1型糖尿病」どんな病気?

Q 1型糖尿病ってどんな病気なの?

 A 膵臓にある細胞が壊されて、血糖値を下げるインスリンが分泌されなくなる病気だ。国内では年間に10万人当たり1~2人が発症しているとされている。

 Q 別型もあるの?

 A 生活習慣などが原因となって発症する2型糖尿病があるよ。1型は子供の頃に発症する人が多いとも言われているんだ。

 Q どんな症状が出るの?

 A 高血糖の状態が続くと、網膜症や腎不全などの合併症を引き起こすこともあるんだ。

 Q 治るの?

 A 完全に治すための効果的な治療法はないとされていて、膵臓移植を受けるか、注射などでインスリンを補わなければならない。高校時代に1型を発症したプロ野球阪神の岩田稔投手は、注射を続けながらマウンドに立っているよ。

http://www.sankei.com/life/news/151126/lif1511260040-n1.html


岩田稔 阪神タイガース 1型糖尿病 インスリン
1型糖尿病でも80㎏以上まで体を作れる、ということかな?


 大雑把に言うと

 1型糖尿病:何らかの理由ですい臓のβ細胞が壊れてインスリンが出なくなる

 2型糖尿病:インスリンは出るが太りすぎて効きにくくなる

 が正しい。というかさ、こいつ、医者って設定なんでしょ、何で医学事典とか読んで書かないのよ(爆笑)?それ読んで書いたら絶対間違えないじゃん(大爆笑)?で、家か職場にそんなモンは置いてあるはずだし(医者ならね)。

 岩田投手は大阪桐蔭高校2年生のときに発病した。まあ高校球児、それもあの桐蔭だからよく食べたとは思うけど、もし”膵臓が疲労しインスリンを出せなくなった”やったらもっと食べていたであろうおかわり君(中村剛也・西武ライオンズ)や中田翔選手(日本ハムファイターズ)だって1型糖尿病発病してへんとおかしいやろ(爆笑)。

 さらに追撃のため糖尿病ネットワークの「1. 糖尿病とは「基礎編」」から引用。

糖尿病のタイプ

インスリン作用不足の原因による分類

1型糖尿病

 膵臓のインスリンを作り出す細胞(β細胞)が破壊されてしまい、インスリン分泌がほぼゼロになってしまうタイプです。自己免疫疾患(本来は体外からからだに侵入しようとする病原菌などを無力化するための免疫機能が、自分のからだに対して作用してしまうこと)や、ウイルス感染などにより、突発的に発病することがほとんどです。小児や若年層に多く発病しますが、成人後や高齢者でも徐々にβ細胞が破壊されてくることがあります。

2型糖尿病

 インスリン分泌が低下はしているもののゼロではなく、いくらかは分泌されているタイプです。インスリン抵抗性(細胞のインスリン感受性が低下した状態)により、作用が不足しているケースもあります。日本では圧倒的に2型糖尿病が多く、生活習慣病と呼ばれる糖尿病はこのタイプの糖尿病です。

 なお、この二つのタイプ以外に、「特定の原因によるその他の型の糖尿病」、「妊娠糖尿病」があります。

http://www.dm-net.co.jp/seminar/01/index_3.php#chap07


 いやあ、ちょっと調べりゃ速攻分かることをなぜ間違うかなあ(爆笑)。まあ私はコイツをはなから信用してなかったけど。



で、コイツ一体
何言ってたのよ?



 しかしさあ、



そしてこれは、わたしの考えであり

医学的に証明されていることではありません。

http://toushituseigen-es.seesaa.net/article/432221202.html


 こんなとってつけたような、というかどう読んでも逃げ口上くっつけてるけどさあ、恥ずかしくないのかね(書くだけ無駄かコイツに恥ないんだから)。さてこの自称医者が何ほざいてんのか?「なぜ今、ロカボなのか」http://toushituseigen-es.seesaa.net/article/432193520.htmlという駄記事なんやけど、一読して「ネットにゴミを放置するな」



わたしも昨日初めて知りましたが、ロカボとは

低糖質のことなんですね。

確かに、ローカーボとか糖質制限は長い言葉ですが

そこまで縮めなくても、と思ってしまいました(笑)。

栄養学について、専門的に勉強している人以外にも

一般に広く浸透してきた、ということですし

健康を維持するためには様々な食事法がある

ということが、多くの人に知られるようになって

よかったと思います。

ではなぜ、今ロカボが流行しているのか

について、ちょっと考えてみました。【中略】

http://toushituseigen-es.seesaa.net/article/432193520.html


0時と3時のおやつに甘いものや、せんべいなどを食べ

休憩時に飴をなめたり、ジュースを飲んだり…

その度ごとに血糖値は急上昇し、インスリンが大量に放出されます。

結果的に、身体がインスリンに慣れてしまったり(2型糖尿病)

膵臓が疲労しインスリンを出せなくなったり(1型糖尿病)

ということが起きると考えられます。

よく「糖質の摂取量が減少しているのに糖尿病が増加しているから

糖質の摂取は糖尿病の原因ではない」という誤解がありますが

統計学をわかっていない人による初歩的なミスです。

必ずしも絶対量だけが問題ではありませんし

そもそも観察研究では、そこまでの情報は得られません。【中略】

http://toushituseigen-es.seesaa.net/article/432193520.html

そして、実際にロカボを実行することで

疾患や不調を改善した人が多くいたことも

流行の要因であったと思います。

気軽に実行でき、きちんと栄養補給をしていれば

不調の改善に即効性があるので

様々な人がネット上や普段の会話で喜びの声を上げています。

もちろん、このブログもその報告のひとつです。

http://toushituseigen-es.seesaa.net/article/432193520.html


 【最初のブロック】ああん?”栄養学について、専門的に勉強している人以外にも一般に広く浸透してきた、ということですし”?なわけねえだろうが!こんなもんはバカしかやらねえ。だからそのごく少数のバカが大騒ぎしてるだけだろうが!

 【第二ブロック】糖尿病のタイプがわからないという超初歩的なミスをしでかした(そして間違え続けてる)アホがかような文章をよく書けるものだ、これがケトン脳クオリティというものかと感心しております(爆笑)。ここを読むだけでも”ケトン脳の恐怖”というものが伝わってきて私も原因不明の武者震いをしております。さて、”「糖質の摂取量が減少しているのに糖尿病が増加しているから糖質の摂取は糖尿病の原因ではない」という誤解がありますが統計学をわかっていない人による初歩的なミスです”とは書いてますが、具体的にどこがどうおかしいのかは書いてません。まあ前に書いてたのがアレだからなあ・・・。それともケトンの作用でわけのわからんもんが読めるのでしょうか?・・・お前、体重減ったホンマの理由、リタリンやったから違うか(大爆笑)?

 【第三ブロック】いやさ、ブログランキング見る限りさらなる不調を訴えてる連中のほうが多いけど?例えばさ、

 プロに入っても、不安はなかったです。インスリンを打ち続けるのは生活の一部で、健康な人が歯を磨く感覚。食事制限はないですが、好きなラーメンや菓子はほどほどにしています。といっても、3食全部ラーメンを食べたいところを1食にしたりするくらいで普通に生活しています。

 ただ、22年の秋季キャンプインの前日、キャンプ地で倒れて運ばれ、気がついたらベッドの上ということがありました。その年、肘を手術して増えてしまった体重を落とそうと、炭水化物を減らすダイエットをしていたんです。多くの人に迷惑を掛けたので、二度とそうならないようにしようと誓っています。

http://sonae.sankei.co.jp/interview/article/150904/i_interview0001-n1.html

 まあ、運動選手には不向きだわな(そもそも必要ない)。一般人でも食事(栄養摂取)と運動は大事でそっちだって結果を出している。「糖質制限・MEC食からガイドラインに基づいた治療を行った人の結果は?」を読まれたらよろしいかと(少なくとも体脂肪を落として筋肉を維持、隙あらば増量してインスリンの効きをよくする)。だいたいあれやで、インスリンが出てちゃんと糖を処理できるのが生物本来の姿であってあからさまに変なことしとるんはそっちやろ(笑)。まあ医学事典すら読まないような輩が糖尿病のガイドラインなんか読むわけねえもんな。



しつこいけど
引用文は
何を意味するのか



お詫びして、ここに訂正いたします。

そしてこれは、わたしの考えであり

医学的に証明されていることではありません。

http://toushituseigen-es.seesaa.net/article/432221202.html


 特に気にしない人はそのままほっとくかもしれないけどよく読むと何かが透けて見える。”そしてこれは、わたしの考えであり医学的に証明されていることではありません”?完全に証明されたこと以外は書いてはいけないとまでは言わないけどコイツのブログでは(普通に考えたらあり得ないようなことまで)糖質制限で達成される感じがする。というか、引用も参考文献もはっきりさせないのは変じゃないすか?

 はっきり言って自称18㎏の医者のブログは全部奴の主観、よって思いつきを並べればそれでよいという考え方で運営されている。そうでないなら間違えたらしっかり調べてくるはずだろう。このブログの目的が糖質制限の宣伝・糖質食品と既存の糖尿病治療などの悪口なのだから当然だろうけど。



結果的に、身体がインスリンに慣れてしまったり(2型糖尿病)

膵臓が疲労しインスリンを出せなくなったり(1型糖尿病)

の誤りでした。


 間違えた上にさらに間違えるようなことをするかなあ(少し調べりゃ絶対しないような失敗)?思いつきを並べておかしな情報をばらまくような有害ブログを信用できます?私は・・・言うまでもないでしょう(笑)。



関連記事
スポンサーサイト


はてなブックマーク、Lineなどはこちら



スポンサー様の広告です!



世のため人のため↓バナーをLet's クリック!



テーマ : 糖質制限食
ジャンル : ヘルス・ダイエット

プロフィール

toshitsubaka

Author:toshitsubaka
糖質制限・低糖質・MEC食はバカがやること!

新着記事
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
おすすめの人気記事
スポンサー様の広告

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR