糖質制限で糖新生が起こらない?バカども、筋肉減ってんぞ(笑)

ケトン脳の教祖
寝言を垂れ流す



 Dr.糖尿モヤシ教祖のネタです。このジジイが寝言ばっかり書いてるのを皆さんに紹介しましたが「糖毒バカはこれからボクシング必修な(爆笑)、イヤじゃないだろ 」http://toshitsubaka.blog.fc2.com/blog-entry-101.html 流石に教祖のブログ読者の中にも「これはおかしいな」と思うのがいるようです。http://koujiebe.blog95.fc2.com/blog-entry-1151.html「糖質制限食と運動量、筋肉量」のコメント欄で疑問・反論してるのがいるんですね。



仰られることにさほど異論はございませんけれども、

いわゆる細マッチョと言われるくらいに多少筋肥大した体を作るのにさえ、

一年以上の継続的なウェイト・トレーニングが必要でして、

それも歩くだとか、多少の有酸素運動や、

自重を負荷に運動をした程度では作れませんことは、どうかご理解くださいませ。

たとえば街のスポーツクラブには、その辺のことを勘違いされた若者たちや年配の方たちが沢山来られるのですけれど、

何年も通われてもなんのメタボ解消にも体力増進にもなっていませんので残念です。

2010/04/08(Thu) 19:45 | URL | 運動療法 |
http://toshitsubaka.blog.fc2.com/blog-entry-101.html


糖質制限と筋肉について

はじめまして。

ちょっと気になったことがありまして、、、。

糖質制限を行っている状態で、筋肥大をさせようと筋肉に大きな負荷(バーベルなどの筋肉トレーニング?)を与えた場合、エネルギーを産生しようと糖分を使うと思うのですが、この際、血中の糖分が少ないと糖新生が起こりませんか...?

だとしたら、糖新生で筋肉量が、筋肉トレーニングする度に落ちていってしまうという現象にはならないのでしょうか??

そう考えると糖尿病の人は細マッチョになれない気がするのですが...。
2011/11/27(Sun) 19:09 | URL | 未熟者 |
http://toshitsubaka.blog.fc2.com/blog-entry-101.html


 質問者「運動療法」氏に関してだけど体操選手や柔道家、レスリング選手、公園でワークアウトをやってる外国人は自重でなかなかな体を作っている(ただし並の鍛え方ではなられへんよ。また体操選手や柔道家、レスリング選手にもウエイトやってる人もいる。さらにウエイトの方が効率イイです、念のため)。さて、これらの質問にDr.糖尿モヤシ教祖はなんて答えているのかな?一応答えているので一見律義に見える(そして、それは錯覚だったりする)。



Re: タイトルなし

運動療法 さん。

了解です。

運動療法は、できる人においては、とても有用だと思います。

トレーニングで筋肉量が増えれば、糖尿病にもメタボにもいいですね。

一方、障害で運動ができない人もおられます。

定期的に運動する時間がない人は

歩く、たまに走るくらいで何とか折り合いをつけるということでしょうか。

2010/04/08(Thu) 20:14 | URL | ドクター江部 |
http://toshitsubaka.blog.fc2.com/blog-entry-101.html


Re: 糖質制限と筋肉について

未熟者 さん。

糖新生は、主として肝臓で、腎臓でも極少量行われます。

筋肉は糖新生とは無関係です。

2011/11/27(Sun) 20:02 | URL | ドクター江部 |
http://toshitsubaka.blog.fc2.com/blog-entry-101.html


 前者(運動療法氏)に関していえば教祖は運動について無知ということがわかる。「よく歩く、ときどき走る」はせいぜい有酸素運動なので筋肉がつくはずないから。だから”一方、障害で運動ができない人もおられます。定期的に運動する時間がない人は歩く、たまに走るくらいで何とか折り合いをつけるということでしょうか”漠然とした言葉で逃げている。必ずしも運動ができない人ばかりではないし(そういう人は少数だ)、今は運動についても研究が進み、体力のない人、体ができていない人用の運動もしっかりある。まあ本人が不勉強なのと、「運動不要!糖質さえ食わなきゃ超ハッピー!!」が売り文句なんで紹介するわけにいかんのやろうけど(笑)。



未熟者さん
こんなモヤシジジイに
質問したのは
ウケ狙いですか(笑)



 さて後者(未熟者氏)ですが、”筋肉は糖新生とは無関係です”だとするなら何もしなくても筋肉は基本的に減らないことになる。そして糖質制限(に関わらず摂取カロリー<消費カロリーの状態)になれば体脂肪だけが落ちて体脂肪率の上では筋肉質になる・・はず。しかし!モヤシ教祖は低体重の肥満体だ(爆笑)。未熟者氏の質問は正しい。というか、

 ①体重が減っている(摂取カロリー<消費カロリー)

 ②運動しない、してもせいぜいショボい有酸素運動(筋肉に大した負荷を与えられない)

 ③糖質を摂らない(筋肉が分解に向かう)

 この状態で筋肉が減らんとでも思うか?減らんわけないやろ。①だけでもほとんどの人は筋肉が減るんだ、その上②・③まであるのになんで減らないはずがあろうか。



糖新生

糖新生(とうしんせい、gluconeogenesis)とは、飢餓状態に陥った動物が、グルカゴンの分泌をシグナルとして、ピルビン酸、乳酸、糖原性アミノ酸、プロピオン酸、グリセロールなどの糖質以外の物質から、グルコースを生産する手段・経路である。

概要

肉食に偏っている場合、摂取栄養がタンパク質と脂肪に偏り、同じく三大栄養素のひとつである糖分の摂取が不足することになる。猫のような肉食動物は、犬のような雑食性動物よりも糖新生の酵素活性が高く、タンパク質から分解されて得られた糖原性アミノ酸から糖新生を行って体内で必要な糖分を生成している。

【中略】

糖新生が急激に起こったため高血糖をもたらす現象をソモギー効果という。1850年代に、フランスの生理学者、クロード・ベルナールにより明らかにされた。また、絶食を行うと糖不足を補うため筋肉が分解されて糖新生が起こり、筋肉が減少することにより新陳代謝が減少する。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B3%96%E6%96%B0%E7%94%9F




 はい、「筋肉は糖新生とは無関係」ではありませんね。まあ過去記事でも書いた「超保存版「糖質制限で筋肉は減らない!」「減るだろ、バカ」」読んでくれたらわかりますか、誰が見てもわかるレベルだもん(爆笑)。でもこの脱糖王子、かなり問題あります。それはそのうち記事にする予定ですので期待しといてください。



豚野郎のカルピンチョ
またてめえかコラ



 ”糖新生 筋肉”で検索してみるとどういうわけか1ページ目にインチキ医師(?)のカルピンチョのオッサンがいやがる(苦笑)。このバカオヤジが相変わらず変なこと書いてるんですね。まあ当ブログの読者の皆さんなら「有酸素運動と無酸素運動の区別のつかない」ケトン脳のオッサンの言うことなんてギャグ漫画のキャラクターのセリフくらいにしか思ってないでしょうけど(爆笑)。「糖新生と基礎代謝とダイエットの関係について」http://低糖質.com/review/cat2/post_97.html から引用とツッコミを。



では、糖質制限で痩せる際には、糖新生のために筋肉が痩せ衰えてしまうのでしょうか?

それは心配ほとんどご無用です(微妙だな^^;)。

【中略】

次に、糖質制限の時の糖新生について考えてみましょう。

糖質制限食では、脂肪とタンパク質は必要十分量を摂取します。

これが非常に重要なポイントです。

これにより、糖新生の原料として必要な糖原性アミノ酸はかなりの量、食事から供給されます。

ただし、糖質制限と言えども、食事から供給されるアミノ酸や脂肪酸が十分の濃度存在するのは食後数時間だけなので、就寝後はプチ絶食状態となっています。

つまり、早朝などには蓄えた筋肉を糖新生の原料としてを使わざるを得ません。

ということで、糖質制限においても筋肉量の減少は多少、起こり得ます。

糖質制限時に積極的にたんぱく質を摂取した方がいいというのはそういう理由もあります。

夜食にチーズとホットウイスキー、なんてのはいい組み合わせですね。

【中略】

我々の身体が運動しなくても毎日それを維持するためだけに必要とするエネルギー量を基礎代謝と言います。

基礎代謝の中でも、筋肉を維持するためにはたくさんのエネルギーを必要としますので、筋肉量が多い人では基礎代謝量が高くて、筋肉量が少ない人では基礎代謝量が少なくなります。

ダイエットのために、ピラティスなどでインナーマッスル(体の表面には見えない筋肉)を増やしましょうというのはそういう理由からです。

このために、女性で運動しないで食事制限だけで体重を維持しているような筋肉が少ない人では消費するエネルギー量が少なくなります。

そういう女性は、ちょっと食べすぎただけでものすごくエネルギー摂取過剰になり、太りやすくなるというわけです。

女性に限らず、絶食ダイエットや置き換えダイエットでは、糖新生のために筋肉をどんどん使います。

このために筋肉量が減り、エネルギーを消費しない体になります。

だから、絶食して痩せて、普通食に戻ると、それまで以上に摂取エネルギー過剰になって簡単にリバウンドするというわけです。

http://低糖質.com/review/cat2/post_97.html


 【第一段落へのツッコミ】ニセプランクがいい有酸素運動(笑)になるようなオッサンが何言ったって説得力ねえんだよ、すっこんでろ(爆笑)。
 【第二段落へのツッコミ】こらカルピンチョ、せめて「消化・吸収の遅いカゼインプロテイン」くらい言えや(笑)。摂取カロリー<消費カロリーの状態だったら炭水化物だろうがタンパク質だろうが何食ったって同じだよ。それにタンパク質をいくら摂ろうが筋肉は必要なだけしかついてくれないからプランクすらしない(できない?)ようなオッサン(に限らず、すべての人)が筋肉を維持できねえに決まってんだろうが!
 【第三段落へのツッコミ】何気に”絶食ダイエットや置き換えダイエット”をディスってますけど、糖質制限でも体重が減るなら同様のことが起きます、ごく当たり前に(爆笑)。使い勝手のいいエネルギーである糖質を摂らないせいで筋トレなど高強度の運動が相当やりづらいじゃん、あんたら。

 しかし医者ってのはいいですね。内容がどんだけトンチンカンでも「医者=頭いい=言ってることは正しい(はず)」って思われちゃうんだもん。医者って言ってもみんな同じじゃないです、一流も五流もいますから(笑)。



 あと1ページ目に寄金佳一(フリーライター、ブロガー)って奴が書いた「「糖質制限をすると筋肉が減る」は嘘。根拠なし」http://toshitsu-seigen.com/rationale-for-muscle-is-reduced-does-not-exist/ってのがありましたが、無視していいです。「根拠なし」の根拠が、Dr.糖尿モヤシ教祖のブログとタニタの体脂肪計(爆笑)。なおこのバカのブログ運営方針は以下のもの。



当サイトで、糖質制限に関する情報や、体験談を発信していきますが、私は医者ではありませんので、3つのルールを設けます。

1. 私自身の体で試した結果のみ、事実として紹介する

2. 科学的に明らかになっていないと見られる要素については断定をせず、読者に判断を委ねる

3. 伝聞については、伝聞であると明記し、どなたの発言かを併記する

※糖尿病の治療に関しては、当事者ではなく、知識もないため、当サイトでは扱いません。専門家にご相談ください

http://toshitsu-seigen.com/what-is-toshitsu-seigen-com/


 早い話が「糖質制限はアクセスが稼げる」ってことではじめた無責任なサイト、ってことです。例えばだな、体脂肪がどうたらというなら出来る限り厳密に測れよ。INBODYとかBODPODとかで測りに行ってな(完全に測りきれるわけじゃないけど)。



 なおこれ書いてる時点で11ヶ月程度更新がないんですが、何があったんでしょうか?思ったより稼げなかったのかな?



関連記事
スポンサーサイト


はてなブックマーク、Lineなどはこちら



スポンサー様の広告です!



世のため人のため↓バナーをLet's クリック!



テーマ : 糖質制限食
ジャンル : ヘルス・ダイエット

プロフィール

toshitsubaka

Author:toshitsubaka
糖質制限・低糖質・MEC食はバカがやること!

新着記事
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
おすすめの人気記事
スポンサー様の広告

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR