糖毒バカはこれからボクシング必修な(爆笑)、イヤじゃないだろ

糖質制限とボクシング?
に、似合わん(笑)



 前回チラッと触れましたが、Dr.糖尿モヤシ教祖がプロボクサーの井岡一翔選手が糖質制限をしていたとかほざいております。「井岡一翔選手、糖質制限食実践で、世界戦TKO勝利!!」http://koujiebe.blog95.fc2.com/blog-entry-3643.html 正直ボディブローが一発入ったら上と下からいっぺんに臓物が飛び出しそうな虚弱ジジイが何言うとんねん(大爆笑)!



それで、2016年1月1日の京都新聞によると、井岡一翔選手は、テニスのジョコビッチ選手の食事を参考にして、2015年12月の世界戦に向けて新たな食事法を取り入れたとありました。

パンやパスタ、うどんなどの小麦粉製品を口せず、炭水化物はほとんど摂らない食生活をして試合に備えたということです。

2015年12月24日のスポーツ報知の記事を見ると11月初旬から新しい食事法を開始で、野菜や肉、魚が中心で、炭水化物は酵素玄米を少量食べる程度であり、結果、体のキレが増して、減量もスムースにできたそうです。

3階級制覇のボクシング世界チャンピオン井岡一翔選手が、糖質制限食を取り入れていたとは、新春早々、とても嬉しい話題ですね。

江部康二

http://koujiebe.blog95.fc2.com/blog-entry-3643.html


【BOX】井岡、ジョコビッチの食事法取り入れ体キレキレ

 世界3階級王者の井岡一翔が23日、2度目の防衛戦に向けて大阪市の所属ジムで練習を公開。男子テニスの世界ランキング1位ノバク・ジョコビッチ(セルビア)が取り入れている「グルテンフリー」という食事法を開始し、体のキレが増したことを明かした。競技は違えど、世界王者の流儀を取り入れ、この日来日したフアンカルロス・レベコを返り討ちにすると誓った。

 著書「ジョコビッチの生まれ変わる食事 あなたの人生を激変させる14日間プログラム」(三五館刊)を読み、1か月半前から「グルテンフリー」と呼ばれる食事法を始めた。グルテンは小麦などに含まれるたんぱく質の一種。摂取しなければ減量効果があるという。一翔はグルテンが含まれている食べ物を一切、断った。「だいぶ体が楽になった。減量もスムーズ」。野菜や肉、魚が中心で、炭水化物は酵素玄米を少量食べる程度。普段から食事に気を使っているが、貪欲に超一流の知識を取り入れた。

 9月の初防衛戦後は、200回を超えるスパーリングを消化してきた。「前回の映像を見ても、今の自分の方がさらに強くなったと思う。下半身が強くなった分、パンチに力が乗る。KOできれば」とV2を確信していた。(伊井 亮一)

http://www.hochi.co.jp/sports/boxing/20151223-OHT1T50230.html

井岡一翔 糖質制限 ジョコビッチ

http://www.daily.co.jp/newsflash/ring/2016/01/01/0008686195.shtml?ph=1


 井岡選手もノバク・ジョコビッチ選手も小麦製品を食べていないだけで炭水化物を食べてないわけじゃないんでしょ?だいたい玄米の栄養価は白米と大して変わらないからグルテンなんて大して入ってねー(笑)、高雄病院の1型糖尿病管理栄養士、専門家としてちゃんとアドバイスしてあげないとそのうち評判悪くなるよ(どうでもいいのかもしれないけど)。
 そもそもジョコビッチ選手は小麦グルテンが体質に合わないからやめてるんでしょ?それ、どうなのよ?あとコメント欄でバカ学生がいました。



私は糖質制限をはじめて3ヶ月が経とうとしています。現在のところ体調は良好ですが、体重が57kgと1kg減となってしまい、カロリー不足であることがわかりました。身長は171cmでベスト体重が60kg前後だと思うので、今年は糖質制限食による3kg増量が目標です!

これからも本ブログと江部先生の書籍にはお世話になりますので、何卒よろしくお願い致します。

2016/01/01(Fri) 19:25 | URL | 九州の学生 |

http://koujiebe.blog95.fc2.com/blog-entry-3643.html


 体調はまだ若いから無理がきくのかもしれんが、”デブは体重が減り、ガリは体重が増える”と聞いたら「なんで同じことやってんのに真逆の結果になんねん」ってちっとは疑問に思えよ(笑)。世話になるのはDr.糖尿モヤシ教祖やのうてまともなトレーナーとジムだろ、学生(そういうのがない田舎に住んでんのか?)。



このジジイ、
運動選手の減量
わかってねえ



 ボクサーに限らず体重制限のあるスポーツではお約束のように減量がある。ただ、これは一般人のダイエットとは似て非なるもの。アスリートは体重制限をパスしないと失格になってしまうから減量をやる。この辺は糖質制限やるようなアホでも分かるよね、ちょっと不安だけど(笑)。
 しかし運動選手にとって体重が重いことは必ずしも不利にならない。少なくとも”体重制限のある競技”に関しては。ボクシングをはじめとする格闘技は身体接触そのものを目的とするためスピードやスタミナに問題がなければよりパワーがあり、相手の消耗を早められる(←組技系の場合)重い方が有利です。
 はっきり言うと運動選手の減量は水を抜く。極力筋肉・(最低限度の)脂肪を落とさずに体重を規定まで下げるにはそれ。で、計量終わったら(お腹壊さない程度に)食べて飲んで体重・体力を戻す。だからサウナスーツを着るんです。



 一方一般人のダイエットの目的は体作り。なのでなるべく筋肉を増やして体脂肪を落とし、かつ体重が元通りにならないようにしないといけない。当然汗かいて体内の水分が出ても何か飲めば元に戻りますから本質的に意味はありません。いや、体温下がりにくくなるから水分取らないといけないのか。まあ筋肉なり体力なりを落としてはいけない、って点は共通してるけどね。



井岡選手の
普段の体脂肪率
知ってんのか?



 井岡選手の普段の体脂肪率が(本人申告だけど)見つかった。糖質制限なんかに手を染めるアホウがこの体脂肪率だったら絶対糖質制限なんかやらへん思うわ、絶対(爆笑)。



ハリル監督、体脂肪10%の一翔を絶賛

 ボクシング史上最速の世界3階級王者・井岡一翔(26)=井岡=が28日、アディダスの大阪新店舗(30日オープン)記念イベントに参加し、サッカー日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督(63)から質問攻めに遭った。

 監督から体脂肪を聞かれ「10%」と答えると絶賛を受けた。さらにロードワークの距離、時間など練習方法を次々と聞かれた。

 代表選手に体脂肪12%以下を求める監督は「世界王者だし興味があった。10%はサッカー選手ならば、かなりの理想」と王者を尊敬。3月、埼玉スタジアムで行われる代表戦に招待し、試合後には異例のロッカールームへの入出を許可した。

http://www.daily.co.jp/soccer/japan/2015/10/29/0008521012.shtml


 ね?下に身の程知らずのコメントを引用しておきます。彼我の差に笑ってしまう。「良くなった」ではなく「マシになった」が正しい。肉体労働には違いなかろうが、労働レベル(体の酷使レベル)が低いだけだろ(笑)。



体重は、72キロから現在55キロです。(身長160)体脂肪は、37から27%になりました。すっかり、スタイルが良くなり嬉しく思っています。

糖質を摂取していた時は、体調不良が多くうつ病を患っているので、社会復帰は難しいと思っていました。糖質制限してから6ヶ月目で、「よし、社会復帰して頑張ってみよう!」と思えるようになり、今も頑張っています。

接客業ですが、人気のあるお店なので、休む暇なく働いています。勤務時間5時間で1万7千歩歩いています。

糖質制限を数人の知人に薦めた際に、「糖質制限してみたけど、体力が持たなくて。」と言う方が多く、本当に?と思っていました。現在、私は肉体労働していても糖質がそんなに必要ではないと実感しています。個人差があるのは理解しております。

2016/01/02(Sat) 02:28 | URL | かんたん |

http://koujiebe.blog95.fc2.com/blog-entry-3643.html


 わかってるんなら黙って大人しく働いてろ。さてDr.糖尿モヤシ教祖はどんな運動をすすめているのか?それはこれ(笑)。



糖質制限推奨の
運動はなに?
どこの隠居だよ(爆笑)



ヨーロッパのオーリニャック文化以降は、道具も洗練されて、人類の狩猟も飛躍的に上手になり、狩りで追いかけて走ったりも始まったと思います。

女性は狩りには参加しなかったので、狩りで走ることはなかったでしょう。

筋肉量に関しては、肉食動物の体型が参考になります。

ライオンとかチータとか虎とか・・・肉食動物の筋肉はしなやかな筋肉で、ボディビルダーのようなムキムキではありません。

狩猟・採集が生業だったころの人類の筋肉も、しなやかな筋肉と思われます。

従いまして、基本的に「よく歩く、時々走る」ことでOKかなと思います。【中略。アホらしいけどもうちょっと続くんじゃ】

「3食スーパー糖質制限では運動はまったく必要ない」

というのは、減量ということに関しては、ほとんどの人では、スーパー糖質制限食なら運動しなくても上手くいくという意味です。

骨粗鬆症予防など含めた長期にわたる健康度の確保には、運動が有用なことはいうまでもありません。

http://koujiebe.blog95.fc2.com/blog-entry-1151.html


 Dr.糖尿モヤシ教祖が推奨していた運動は・・・「よく歩く、時々走る」。正直戦闘とは無縁の運動だよな(爆笑)。ね?この程度の認識なのよ。それでご本人は推定体脂肪率20%台後半~30%程度、はっきり言ってガリガリの肥満、モヤシ&デブ(爆笑)。でもさ、”筋肉量に関しては、肉食動物の体型が参考になります。ライオンとかチータとか虎とか・・・肉食動物の筋肉はしなやかな筋肉で、ボディビルダーのようなムキムキではありません”って、野生のレイヨウ(羚羊。チーターくらい足が速くないと捕らえられない)とかは参考にならないんでしょうか(大笑)?とにもかくにも「歩く、ときどき走る」程度の体脂肪率30%の肥満体なんて野生では速攻狩られて終わりです、ガリガリだから戦闘にも惨敗するでしょう(爆笑)。



多くのレイヨウには強力な大腿四頭筋があり、驚くとまるで巨大なウサギが地上で弾んでいるかのように、この筋力による独特の跳躍ストライドで走る。 いくつかの種では、この跳躍は100 km/hに達し(チーターの100-115 km/hに匹敵し、しかも持久力では勝る)、陸上で最速の生き物の1つでもある。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%83%A8%E3%82%A6


レイヨウ 糖質制限 糖毒バカ


https://www.shiki.jp/applause/lionking/special/playland/lkbook/lionbook/antelope.html


話を井岡選手に
戻します



 さていろいろとバカ話をしてきましたが、井岡選手やジョコビッチ選手を糖質制限というなら、なぜ世間の糖毒バカどもとは出来上がった体が全く違うのでしょうか?簡単に考えると、

 ・持って生まれた体の才能が違った

 ・実際には糖質制限をやっていない


 かなあ(笑)。とりあえず糖質狂信者のみなさん、もののためしにボクシングやってみてください。で結果をブログで報告してくれると嬉しいです。やりたくない?なんで?成功者がいるんですよ、やればいいじゃないですかあ(ニヤニヤ)?正直自分たちの体と運動を鑑みて、それから井岡選手が200ラウンドスパーリングやってた、の時点でなぜ彼我の差に気付かないのかなあ。

 最後に”糖質制限前”の井岡一翔選手の画像と当ブログ屈指の人気記事でとりあげた”脱糖王子”西脇俊二医師の画像を見比べてくださいな。何をどう間違えたのか?オッサンの方はボディ一発で悶絶やなきっと。



井岡一翔 糖質制限 ジョコビッチ
http://www.daily.co.jp/ring/2012/12/30/p1_0005636623.shtml

西脇俊二 糖質制限バカ


関連記事
スポンサーサイト


はてなブックマーク、Lineなどはこちら



スポンサー様の広告です!



世のため人のため↓バナーをLet's クリック!



テーマ : 糖質制限食
ジャンル : ヘルス・ダイエット

プロフィール

toshitsubaka

Author:toshitsubaka
糖質制限・低糖質・MEC食はバカがやること!

新着記事
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
おすすめの人気記事
スポンサー様の広告

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR