FC2ブログ

【悲報?】筋肉と乳酸とコリ回路

今年の汚れ
今年のうちに
(ちょっと違う?)



 お久し振りでございます。今年もいろんな事がありましたが伝えるのを忘れていたことが幾らかあったのでそのうちの一つを今日は。高校生物のお勉強 乳酸発酵と解糖系(エネルギーと代謝とATP・・・ZZZ 1.6) という過去記事があるのですがこれを書いたときに「解糖系は2ATPしかエネルギーを取り出せない。そんな不経済なことはしない方がいい!」とかいう意見(抗議?)をされたのですね、文句は私じゃなくアンタの身体にしろよ(笑)。まあそれでもいいんですがちゃんとこれには答えがあったのです。



乳酸 疲労物質 コリ回路


 前述の過去記事では肝臓のコリ回路で乳酸が糖新生によってピルビン酸→グルコースに再合成されるとあります。これ自体は今でも正しい。しかしこれはメインで使われていなかった!オイ、どないすんねん!!



運動選手の
乳酸の使い方



ルーの法則 谷本道哉


 NHKの”筋肉体操”でもお馴染み谷本道哉近畿大学准教授の『使える筋肉使えない筋肉』(山海堂)「乳酸と持久的能力」を読んでみましょう。



●乳酸は持久的能力を規定する疲労物質


 乳酸は強度の高い運動をしたときに筋肉で発生して血液中に出てくるもので、糖質がエネルギーを放出する途中の段階の物質です。強い運動が終われば、再び血液中から筋肉や心臓に取り込まれ、エネルギー源として消費されます。乳酸は運動をした時に出てくる「老廃物」や「燃えカス」ではなく、立派な「エネルギー源」なのです。


 乳酸はその名の通り酸性の物質です。私たちの体は化学反応により生命活動を行っていますが、乳酸が蓄積すると体内が賛成に傾くので体内で行われる化学反応の速度が低下します。これを体は「疲労感」と感じ、持久的運動の持続の制限因子となります。


●乳酸を出しては使う間欠的持久運動


 サッカーやバスケットボールなどのたいていの球技は、運動強度の高い動作と運動強度の低い動作を繰り返し行います。ダッシュとジョグを繰り返すような間欠的な持久力が必要になります。このような競技の持久的要素は、マラソンなどの一定の強度で連続的な運動を続ける場合とは少し異なります。


 ダッシュとジョグを繰り返すような競技では、運動強度の強いダッシュ動作では乳酸を発生し、運動強度の低いジョグ動作でその乳酸を消費するということを繰り返します。出してもすぐ使うことで乳酸の蓄積を防げるので運動を継続することができます。マラソンのようにOBLAを超えないペースを守ってプレーしなくてもよいわけです。


 ダッシュでは主に速筋が使われます。ジョグでは主に遅筋が使われます。ダッシュとジョグを繰り返す運動では、速筋で発生した乳酸を遅筋や心臓で消費するというサイクルで乳酸の蓄積を防いでいます。これを乳酸シャトルと言います。なお、心臓の筋肉の心筋は遅筋でできています。


 この乳酸シャトルを円滑に進めて間欠的持久力を向上させるには、ダッシュ&ジョグといった高強度で短時間区切りのインターバルトレーニングが有効です。

【後略】



『使える筋肉使えない筋肉』P212~214



 さらにはこんなことも書いてあった。



※一昔前までは、乳酸の処理は肝臓に運ばれて肝臓でブドウ糖に再合成されるコーリ回路(ママ)という代謝経路が一般的とされていました。しかし近年ではこの経路は乳酸処理の一部の経路であり、右記(ママ)の乳酸シャトルが主要なものであるとの認識に改められています。


同書P215 



 ちなみにOBLAとは乳酸の蓄積が始まるポイントのことで、これ未満の強度の運動なら長時間続けられる(これ以上だと長時間は無理)。Dr.糖尿モヤシ教祖はこのことを知らんのでしょう(爆笑)。長距離走者がバテるのはペース配分を誤ったりしてこれがおかしくなった場合。


 まあラグビー・柔道・レスリングetcのゴリマッチョスポーツ見りゃ分かりそうなモンなんだけど、筋肉と持久力は「白筋肉でグルコースを使って、できた乳酸は赤筋肉で消費!」ってことで両立できそうですよね?というか実際に両立できてるんだけど。



速筋繊維 筋持久力


ウォーキングもいいけど
そこに少し加えて



 運動経験のない人にも適している、ということで市民権を得た(らしい)ウォーキング。どうせならそこにWalking LungeやKnee to Elbowなどを加える、というのはどうでしょうか?





Walking Lunge


 前者は大腿四頭筋・大臀筋・ハムストリング(特に後ろ二つ)etcを、後者は腸骨筋・大腰筋を鍛えられる。バテたら早歩きし、回復したらまたランジ。単にウォーキングをやるよりも筋トレになるので糖質も消費できて成長ホルモンも分泌できるのでは?




Knee to Elbowなんだが・・・
肘がくっつくくらい膝を上げろ!


 何故年末にこんな記事を?と訝しく思われるかもしれませんが、未来記事への伏線です。お楽しみに!




スポンサーサイト





はてなブックマーク、Lineなどはこちら



スポンサー様の広告です!




世のため人のため↓バナーをLet's クリック!



テーマ : 糖質制限食
ジャンル : ヘルス・ダイエット

「オクラは血糖値を爆下げする神様仏様!」「仏ほっとけちょっと落ち着け」

マルコさん
ブログ新人賞
おめでとう(皮肉)



 ちょくちょく話題に取り上げている人気糖尿ブロガーマルコ氏(イタリア人みたいやな)がライブドアブログ新人賞を受賞されました、おめでとうございます!弊ブログは世の称賛とはまるで縁がないのでちょこっとうらやましい。ブログサービス公認でもあったのか・・・。この際だから私からも公認してあげましょう、「フードファディズム部門情弱ブロガー」と(爆笑)。え、それは称号じゃなくてレッテルだって?そうかもしれんな、「正しいレッテル」ではあるけれど。



情弱 フードファディズム


 最近になってまた彼女のブログを覗いてみたのですが、粗製濫造っぷりがとどまるところを知らない。例えば「飲むだけで血糖値が改善!?アノ地味目な神食材が人気急上昇中…!(2018年12月08日)」http://danna-tonyo.blog.jp/archives/14164233.html。真珠湾攻撃の日なんだよなあ、全くの偶然だけど。この記事ではオクラに著しい血糖値を抑える作用があるということを書いてある(情報ソースは健康情報バラエティー番組「こんな私は何を食べればいいですか?(2018年11月26日)」https://www.tbs.co.jp/program/watasiwananitabe_20181126.html)のだけどなあ・・・。漫画部分の台詞を抜粋引用するで。



人気の理由はこのオクラ茶

これを飲むだけで血糖値が下がるって・・・

何かテレビで芸能人がオクラ茶を1日3杯3週間飲む生活を続けたら血糖値が

199→71mg/dl


に下がったという結果がでていたがどうかな・・・

オクラ茶の効果

オクラには豊富な食物繊維が含まれているため食前にオクラを食べると、この食物繊維が胃に入った糖分を包み込んで吸収させずに排出してくれる効果がある

またインスリンが正常に分泌されるようになる働きや食欲を抑制する効果もある

緑茶に含まれるカテキンも等の吸収を抑える役目がある

オクラ茶はいろいろ体にいい効果が・・・

豊富な食物繊維から血糖値上昇を抑え、糖尿病に効果的

食物繊維で腸の動きが活発になり便秘解消の効果

食物繊維が長く胃にとどまるため食前に飲む事でダイエット効果!


http://danna-tonyo.blog.jp/archives/14164233.html


 弊ブログの過去記事でも言及してるけど炭水化物は胃には短時間しかとどまらないのでダイエット効果との因果関係は怪しくないかい?日本茶・紅茶・中国茶・珈琲・麦茶の茶葉(及び珈琲豆・麦)はいざ知らず、その浸出液にどれほど食物繊維が溶け込んでいるかは疑問だ(浸出液自体ほとんどカロリーがないので期待できないでしょう)。弊記事はオクラと血糖値について書くことにします。いや、このマルコ氏って本当に糖尿病患者の身内なのかなあと思って・・・。



オクラ 栄養価 糖質


糖尿病雌ラットに
オクラ乾燥粉末を
食わせてみた



 血糖値は低ければ低いほどよいもの・・・ではない。ここまで血糖値が爆下げすると今度は低血糖の問題が起こる(はず)。そこで国立健康・栄養研究所サイトでオクラについて調べてみたがめぼしい情報はなし。アレ、何にもなしかよ?公金で運営されてんのに、情報が遅いなぁ・・・。


 それでもめげずにあっちこっち調べてみてやっとこさ面白い情報にたどり着きました(大袈裟に書いてるけど言うほど手間はかからなかった)。"Okra (Abelmoscus esculentus) Improved Islets Structure, and Down-Regulated PPARs Gene Expression in Pancreas of High-Fat Diet and Streptozotocin-Induced Diabetic Rats"がそれ。



 実験内容は大雑把に言うと「糖尿病の雌ラットに(血糖値にイイらしい)オクラを食わせると血糖値や膵臓ランゲルハンス島β細胞はどうなるのか」というもの。割と新しい情報なのでイマイチ知られてないのかな?興味のある結果を箇条書きにすると、



・オクラを食わせた糖尿病ラットは食わせなかった糖尿病ラットと較べて体重が落ちず(つまりインスリンが効いている)血糖値も有為に低下した

・オクラを食わせた糖尿病ラットはメトホルミンを食わせた糖尿病ラットと似たような血糖値・体重を示した




 つまりこの実験結果を見る限りオクラは糖尿病に効くのだ。しかし、


・血糖値は低下したものの正常な雌ラットのそれには遠く及ばなかった(倍以上ありフツーに糖尿病判定される水準)

・正常な雌ラットにオクラを食わせても血糖値は下がらなかった

・β細胞の数は正常雌ラット>メトホルミン及びオクラ糖尿雌ラット>糖尿雌ラット



オクラ 糖尿病 血糖値
画像クリックで該当記事へリンク
おくら 血糖値コントロール 食物繊維


 忘れないうちに書いておく。メトホルミン服用者はオクラを食べることには慎重であるように


 マルコ記事に戻ると前述の”ダイエット効果”は疑わしいことになる。インスリンがはたらきゃ体重は減らないだろ?ちなみにコレ、高校生物のレベルです。



 なお実験に使われた雌ラットは重量が200~220gで、食わされたオクラ(乾燥の粉末)は200mg/kg、与えられたメトホルミンも200mg/kg。単純に体重50㎏の人間に対して50gのオクラ・・・と考えてはいけない。乾燥させた粉末オクラ50gなので実際にヒトが食べるオクラよりも多いよ。



糖質制限 膵臓 ランゲルハンス島
膵臓ランゲルハンス島
β細胞の数


この程度の情報
一瞬で見抜けよ
糖尿の身内なら



 今回マルコ氏を批判するのはかなりのヒントがありながら情報の質を見抜けなかったことによる。血糖値は低けりゃ低いほどいいわけではない。低血糖というのも気を付けなければならんのですから。で、血糖値71mg/dlはギリギリで正常の範囲。ジャンピングスクワットかライオンプッシュアップでもやればたちまち低血糖になるでしょう。つか、滅多にそこまで血糖値は下がんないよ?



低血糖 症状 
血糖値が下がると
こんな症状が起こりえる


 しかし”糖尿病患者の身内”ということでブログを書いているなら正常な血糖値の範囲くらい知っていてしかるべきだがねぇ。人気ブロガーになったんだからもっと歯ごたえのある記事を執筆しないと(いや、情弱を引っかけて人気者になったのか・・・)。



いつものように?
糖毒バカも
ぶった斬ってやります



 さてこの実験用雌ラットはどのようにして糖尿病にされたのか?



 In this experimental study, diabetes was induced by feeding HFD (60% fat) for 30 days followed by an injection of streptozotocin (STZ, 35 mg/kg).


https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC5759678/



 HFD is "High Fat Diet". 総カロリーの60%が脂質の食事を30日続けてストレプトゾトシンを加えるんだって。実験動物だからと言ってしまえばそれまでだが。でも人間のなかには(踊らされて)好きこのんで低糖質高脂質の食事をしてる奴が後を絶たないんだよなあ・・・。詳細なデータを取ってないから役に立たへんかもしれんけど。Introductionに至っては、



Similarly, consumption of a high- fat diet (HFD) increases the risk of acute insulin resistance in rodents .


【中略】


Both dyslipidemia and hyperglysemia contribute to loss of β-cells function and impairment of insulin secretion in obesity and diabetes. Fatty acids (FAs) have been shown to be pro-apoptotic for β-cells.


https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC5759678/



 もう笑うしかねー。一体誰だよ、「スーパー糖質制限で膵臓を休ませる!」とかほざいてたのは?休ませるどころか潰しまくってるじゃねェかよ(大爆笑)!!でも東洋経済新報とかの煽った連中はどう落とし前をつけるのか・・・。




はてなブックマーク、Lineなどはこちら



スポンサー様の広告です!




世のため人のため↓バナーをLet's クリック!



テーマ : 糖質制限食
ジャンル : ヘルス・ダイエット

筋トレだけではダイエットできない!・・・と渡る世間は思っているけど

ダイエット≒
過剰な体脂肪の消費
ここまでは正しいが



 世間一般はダイエット≒体重を減らすことと認識している。で、世間のダイエット商品(書籍・雑誌・健康グッズ・栄養補助食品etc)では「●ヶ月で□㎏やせました!」という広告コピーが使われる。勘のいい人であれば「一体何がどれだけ減ったのか?」と減量分の内訳を知りたがるのだが。



 脂質(脂肪)のエネルギー量は9.3kcal/gあるのに対し、炭水化物&タンパク質のそれは4kcal/g。なのでもし”みかけの体重”をより多く減らしたいのなら筋肉を減らした方がいい。中長期的に考えるとロクなことは何一つないが(笑)。



 なので食事制限(摂取カロリーを減らす)と運動(筋肉量の維持)の併用で地味に地道になるべく体脂肪を多く減らしていくのが、正しい減量。少なくとも健康目的でダイエットする場合はこれになります。では、どんな運動をすればいいのか?一般には「体脂肪燃焼には有酸素運動!」という考えが有力。「有酸素運動の方が筋力トレーニングに代表される無酸素運動と較べて脂質の消費量が高いから」というのが理由であり、それはまあ間違いではないのですが。



高強度運動
(例:筋トレ)も
体脂肪を消費できる!



スポーツ科学 谷本道哉


 岩波書店が中高生向けに出版している「岩波ジュニア新書」。この『スポーツ科学の教科書――強くなる・うまくなる近道』「有酸素運動、無酸素運動と脂肪燃焼効果」という項目があった。それを読んでみよう。



【前略】



 高強度運動の場合は、運動後にしばらくエネルギー消費が高い状態が続くのですが(EPOCといいます)、このときに脂質の利用の割合も増えることがわかっています。


 運動中はほとんど脂質を使いませんが、運動後にたくさん使われるのです。運動時だけでなく、運動をした日丸1日24時間で調べてみると、実は高強度短時間の運動でも、低強度長時間の運動でも運動のエネルギー消費量が同じならどちらも脂質利用量はあまり変わらないという報告もあります。


『スポーツ科学の教科書――強くなる・うまくなる近道』P23~24



筋トレ 体脂肪減少 効果 Ormsbee fat  oxidation
レジスタンストレーニング 体脂肪減少 有効 Ormsbee fat  oxidation

グラフはここから引用
リンク先はPDFなので注意
上:筋トレ前後のエネルギー消費量
下:筋トレ前後の脂質代謝量


 谷本准教授は一応のフォローとして(体脂肪燃焼に関しての)有酸素運動の利点として「楽にたくさんのエネルギーを消費できる」ことを挙げている。全力ダッシュで2㎞走り切るのは流石に無理だが、ゆっくり走る(または歩く)ならそれも可能だ。正確に言うなら「難易度が低い」、もっと言えば「体力ない奴でも一応はこなせる」ってことかな?



では、どちらかを
選ぶのだとしたら?



 有酸素運動の利点は「負荷(難易度)が低い」だがこれは同時に欠点でもある。どうしてもより多くの時間が必要になるから。また人の身体は積み重ねで強化されるため(ルーの法則)ただ歩いているだけでは次第に効きが悪くなっていく。どのみち歩く→早歩き→ゆっくり走る→それなりに速く走る・・・と負荷を上げなければならない。



 ”できるだけ体脂肪を減らして筋肉は減らさない”ことがダイエットないし減量の目的であるなら筋トレを優先すべきでしょう。自重トレなら畳二畳分のスペース&壁がありゃできるし。何、どうしても走りたい?それやったら駅やバス停まで走れ!うまく行きゃバス代浮くぞ(笑)!!なお谷本准教授はこの項の最後にこんな注をつけております。



 運動でどれだけ脂質を使うか(脂質利用率)は体脂肪減量の重要な要素ですが、体脂肪減量の一番の基本要素は摂取エネルギーと消費エネルギーのバランスになります(摂取エネルギー<消費エネルギー)
同書P25



 なんぼ運動したからって高エネルギーのモンバクバク食ったら減量はできんモンなぁ。それが高脂質やったら猶更で、さらに飽和脂肪酸やったら・・・。あっ、それって糖毒バカか(笑)。


 偶然記事執筆中に異様な広告を見たのでお伝えします。どう考えてもコレ、人選がおかしい・・・(苦笑)。


 なおこの記事内容何だけど「昔どっかで書いたな・・・」と思ったらコレだったのか!このブログ、結構役に立つでしょう?




はてなブックマーク、Lineなどはこちら



スポンサー様の広告です!




世のため人のため↓バナーをLet's クリック!



テーマ : 糖質制限食
ジャンル : ヘルス・ダイエット

プロフィール

toshitsubaka

Author:toshitsubaka
糖質制限・低糖質・MEC食はバカがやること!

新着記事
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
おすすめの人気記事
超保存版「糖質制限で筋肉は減らない!」「減るだろ、バカ」

【悲報】糖尿病MEC主婦みさこさん、姑息なマネを・・・(爆笑)

糖尿病みさこおばはんコラア!なにが「自己責任」じゃボケ!!  

「加工肉に大腸がん」の報道、糖毒狂信者大いにおそれる(笑)

保健体育の教科書を読め、糖質制限なんぞいらん!

血糖値測定バカにならずに血糖値を測るには

MEC食の基本はどんくらいのカロリー?

高校生物の教科書で血糖値のお勉強!

【超悲報】糖質制限ダイエット終了のお知らせ

魅惑のバターコーヒー、恐怖のバターコーヒー(笑)

【桐山秀樹氏急死緊急特集】おやじダイエット部、テメエらゲスの極みだ!

糖質制限で逆に糖尿病になる(爆笑)?糖尿病パラドックス

糖質制限の深く昏い闇~「週刊新潮」編、これ、ホンマに「新潮」か(笑)?

「日経ビジネス」の想定読者はまさに21世紀の負け組ビジネスマンそのもの(笑)!

糖毒バカの聖典「久山町の悲劇?」の研究主任のインタビューを発掘!ある意味「糖毒バカの悲劇」だわな、爆笑準備はよろしくて?

【必読】筋トレVS有酸素運動、カッコよく体脂肪を減らすには?横浜市スポーツ医科学センターさん超ありがとう!!

糖毒バカ「糖質制限は糖尿病予防!」「んなワケねーだろ、タコ」(加齢と血糖値の関係)

スポンサー様の広告

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR