FC2ブログ

【悲報】「週刊SPA」、大事な読者様をアホ扱いしていた アカンやないか(笑)

底辺雑誌「週刊SPA」
なんか読んどったら
アホになる?



 ずいぶん前で恐縮なのだが扶桑社発行(不治フジサンケイグループ)の週刊誌「週刊SPA」2018年4/3号に「カレーvs牛丼vsラーメン 夜シャワーvs朝シャワーetc. 不健康なのはどっち?」という記事があった。いつか取り上げようと思っていたがものぐさなものでいつしか夏になってしまった、申し訳ない・・・。基本的にアホな雑誌であるため(ただしたまにいい記事も載っている)コンビニで立ち読むかネットカフェなどで読むかなんだけどね。



spa安物サラリーマン


 さてその「不健康なのはどっち?」、企画がアホだ。冒頭(最初のページ)は漫画になっているのだが、それがこんな感じでアホ丸出し。



健康法が並んでる書店。健康法をテーマにした本は
しばしばベストセラーになる
だが
巷にあふれる健康法は―
サラリーマンが実践するのは難しい
食費の予算はあるし
仕事は多忙を極める―
【中略】というわけで、本企画はそんなサラリーマンのために”マシ”な習慣を紹介するものだ―」

同誌P46



 漫画では「前菜を5分かけて食べなさい」という電車広告を読んだ営業のサラリーマンが先輩の怒鳴られて慌てて定食を食べている。でもねえ、そんなに時間ないんならコンビニかスーパーでバナナとエネルギーゼリーでも買って公園のベンチでさっさと食べちゃえばいいじゃん?そういう機転が利かない安物の社会人を対象にしている雑誌なのか、それとも扶桑社にはそんな感じの連中しかいなかったのか(爆笑)。それにしてもアンタらも「実践するのが難しい」健康本で稼いでないか(笑)?



 そして記事に協力している”プロ”はというと・・・浅野まみこ(管理栄養士)、大柳珠美(オイ、なんでテメエがいるんだ、樺沢紫苑(精神科医)、鈴木祐(NASU公認パーソナルトレーナー)。大柳は糖質制限関連で稼いでいるし、鈴木某の紹介された主著が『一生リバウンドしないパレオダイエットの教科書』(扶桑社)。ハイ、良い子と良い大人は雑誌閉じていいよー(大笑)。まあこんなところにホイホイ出てくる奴は胡散臭い、ということでいいか。



糖質制限をすすめる
このバカタレ共が



 中華屋で何を注文するかの「ラーメン餃子セットVS大盛りチャーハン」なのだが、勝手に決めんなよコラ。野菜炒めやレバニラ炒め注文すりゃあそれでいいじゃねえかよ(爆笑)。まあそれ書いたら記事にならねぇのかも知れねぇが。というわけで読んでみよう。



”糖質制限は今やダイエットの基本中の基本。正直、返す言葉もない……。”
同誌P47



 はあ?そんなん言うとるんは糖毒馬鹿と糖毒産業関係者だけやろが?頭まわらんようなって仕事に支障出るがな?それはさておき(よくないが)、大柳が妙な事言うてます。



”チャーハンはほとんど米粒のみ。タンパク質や食物繊維などを摂取しようにも糖質と脂質オンリーで逃げ場がありません。その点、ラーメンはほうれん草やメンマ、もやしなど具がトッピングできたらベストでしょう”
同誌P47



 コイツ街のラーメン食ったことあんのかよ?ラーメンに入ってる野菜の量なんてたかが知れてんぞ?



spaahokiji.jpg
意外とPFCバランスいいのか?


 外食の焼飯がこの通りかどうかはともかく、糖質と脂質だけってことはないのよ。これで専門家を名乗るなよな?



 糖毒業界に入り浸って職業能力がだいぶ怪しくなっている大柳。「かきあげそばVS天ぷらうどん」に関してはこう言ってやんの。



麺自体はどちらもほぼ炭水化物ということで差はなし。実質揚げ物の対決です。玉ねぎ、ニンジンなど糖質の多い野菜で構成されていることが多いかき揚げでは糖質と脂質以外の栄養素が期待できません
同誌P47



spaahokiji0.jpg


 う~ん、うどんは小麦粉由来でそばはそば粉由来。なのでそれなりにタンパク質は含まれてるから必ずしも正しくない。ただしどちらのタンパク質もアミノ酸スコアが高くないので肉うどんか鳥南蛮か(関西なら)にしんそばを選んだ方がいいな。月見うどんも同様の理由にはなるが卵の鮮度に警戒してここはパス。この位は書かないとねえ。

 あと朝飯や昼飯はその後数時間動くことが前提になるからそんなに糖質糖質ってカリカリする必要あらへんのよ。まあ大柳の商売的には困るんだろうけど(笑)。アレにとっては「糖質が多いかどうか」が栄養のすべてなのかもね。



無意味な設問は
必要ねえだろ?



 さて少し糖質制限から離れよう。運動・生活習慣編というのがあったがその設問が噴飯モノだった。



”では、最低限の運動として一日10回スクワットをするのと、平日の運動を諦めて週末に子供と公園で遊ぶのとでは、どちらが運動効果が期待できるのだろうか。”


 (おそらく自重)スクワット10回ってのはそもそも運動量が少なすぎて設問にするにはふさわしくない。実際記事でも「意味ない」と書かれている。わかってるんなら設定すんなよ!



”たとえ毎日100回やったとしても、公園で3時間子供と遊ぶ方が結構な運動量になるという。毎日しょぼい運動をするより、週に1回でも体に負担のあることをした方がよいのだ。

”毎日の筋トレを細々と続けるくらいなら、週末に体を動かすような趣味や家事をした方が、ジムに行かずとも現実的な運動不足解消になるのだ。”
同誌P48



 ならねぇよバカ。そこいらの公園にいるようなガキってことは、せいぜい小学校低学年くらいだろ?自堕落なオッサンで充分間に合うってこたぁ大した運動量じゃあねえってことだよ(爆笑)。あと自重スクワットでも30分も40分もやってたら(プロレスラーはやるけど)はっきり言って膝に悪いですよ?お前ら分かって言ってんの!?



 それと”毎日しょぼい運動をする”って書いてるよな?だったら”毎日しょぼくない運動”をすりゃいいじゃねえかよ?自重スクワット10回ではなんぼ何でも効果は期待できひんから毎日100回程度やることにしよう。そりゃあすぐに効果は表れないだろうが、それが半年続き一年続き・・・ということになったらどうなる?「継続は力なり」。このくらいの継続であれば体現した者は今日日珍しくはないだろう。分かってるか、大昔に「カーヴィーメソッド」で稼いでた扶桑社さんよ(爆笑)。



ビスケット・織場


 次の話題「毎日10回腕立て伏せをするVS筋トレせずに駅で階段を使う(比較基準がおかしいちゅうとるんや)」でコメントを求められた樺沢紫苑はこう言う。



”階段の上り下りの方がマシです。筋トレをすれば疲労回復に効く成長ホルモンが多く分泌されます。つまり、筋トレをするほど疲れにくくなるのです。脚は腕より3倍の筋肉量があるので、足を使う階段のほうが運動効果と疲労回復効果は大きいです”
同誌P48


 こういうことは変な精神科医でなく運動の専門家に尋ねるべきなのに扶桑社もアホやなぁ、流石フジサンケイグループ(大笑)。さて樺沢チェンチェイ、自重スクワット気が済むまでやった場合は成長ホルモン分泌されへんのですかぁ(爆笑)?あとどのくらい階段を使うのかも考えてね。筋トレは日常生活ではまず行わない動作なので短時間でも負荷が違うのよ。これだから素人は・・・。
 



”健康”本の氾濫は
出版業界の
程度の顕在?



 本屋であれコンビニであれ巷には”健康”本が溢れかえっている。高齢化社会で健康に関する関心が高いからとみる向きがありそれは間違いではないだろうが、最大の理由は出版業界人(≒編集者)の程度の低さなんじゃないか?20分程度のサーキット・トレーニングを半年も続けてみればすぐに分かりそうなモンなのに・・・。どうせなら記事のために1年間時間をかけて「週刊SPA」編集長あたりが身体を張ってみたらいいのに・・・そういうことはやりたがらないのね。だからこの業界が見るからに斜陽なんだろうな。



 そう言えばどの雑誌も20年前と較べて値段上がってないですか?世間は20年以上デフレだというのに。雑誌・書籍が売れないのは単純に高いくせにどーでもいいことしか書いてないからだろう(笑)。


スポンサーサイト


はてなブックマーク、Lineなどはこちら



スポンサー様の広告です!




世のため人のため↓バナーをLet's クリック!



テーマ : 糖質制限食
ジャンル : ヘルス・ダイエット

情弱「昼飯の後眠い・・・」銭の亡者「ほな糖質制限や!」(シュバッ!)「ちょっと待ったぁ!厚労省はこない言うてはるで!!」

糖尿夫がいる某主婦
ブログランキング
(カテゴリー)変えたねえ・・・



 「これ批判しないといかんな」と判断して少し弊ブログでチクチク取り上げた某マルコ氏のブログですが、この間見たら”人気ブログランキング”の糖尿病カテゴリーからいなくなってた。あれ?何かあったん?と思ったら他のカテゴリーに移動したのね。「利口の1PVよりアホの3PV!」みたいな邪な理由でなければいいのですが・・・王城恋太氏のブログとは相性すこぶる悪くなったからなぁ。



 そんな某マルコ氏がよくわからんで書いたであろう”【血糖値スパイク】食後の睡魔に要注意?!”http://danna-tonyo.blog.jp/archives/8195435.html 。これで彼女の能力(文章読解能力・情報判断能力・情報収集能力)に疑問符をつけたのですが、このテーマであろう「食後の眠気」について厚生労働省のサイトにはこんなことが書いてありました。とりあえず読んでみよう。



厚労省は食後の
眠気に何て
言ってんのか



厚生労働省 糖質制限 食後の眠気


”毎日十分な睡眠をとることが基本ですが、仕事や生活上の都合で、夜間に必要な睡眠時間を確保できなかった場合、午後の眠気による仕事の問題を改善するのに昼寝が役に立ちます。

午後の早い時間に30分以内の短い昼寝をすることが、眠気による作業能率の改善に効果的です。(第8条、P11)”



 ”毎日十分な睡眠をとることが基本ではあるが、仕事や生活上の都合で、夜間に必要な睡眠時間を確保できなかった場合には、昼間の仮眠が、その後の覚醒レベルを上げ作業能率の改善を図ることに役立つ可能性がある。ただし、必要以上に長く寝すぎると目覚めの悪さ(睡眠惰性)が生じるため、30分以内の仮眠が望ましいことが示されている。夜勤中の短時間の仮眠は、眠気の防止や作業能率の改善に有効であることが示されている。ただし、夜間の仮眠直後は強い寝覚めの悪さが生じやすいため、しばらくは作業を開始しないなどの注意が必要である。

P49


”健康づくりのための睡眠指針2014” 厚生労働省健康局(PDFなのでクリックするとき注意)



 大雑把に言えば”食後の眠気”に関して厚労省が言ってるのは


「夜しっかり寝とけ、
それでも眠いなら
少し昼寝しろ」



 それにねぇ、血糖値とインスリンのグラフ見りゃ一発で分かる。確かに1時間後に血糖量上昇がピークを迎えその後下がっていくけれど、健常体の奴は低血糖が起こるほど下がらねぇ日経・バカボ山田・猪瀬某ら揃って読者をだましに来てやがる。コイツらがおかしな記事書くのはもしかして糖質が常に不足してるからでは(爆笑)?あり得るな・・・。



 こう書くのもアレなんですが、マルコ氏は結構ネタ投下してくれてるなあと思うのでもう少し書いておこうかなと考えています。乞うご期待!




はてなブックマーク、Lineなどはこちら



スポンサー様の広告です!




世のため人のため↓バナーをLet's クリック!



テーマ : 糖質制限食
ジャンル : ヘルス・ダイエット

【悲報】糖毒バカ、多分マジ泣き(笑)!「日経トレンディ」が裏切りをはたらく

3ヶ月以上前の
話題でスマン(苦笑)!
知らんかったらチェック



 今更ではありますが私は弊ブログで糖質制限を吹聴して回る医者(っぽい芸人)のみならずそいつらと二人三脚しているマスコミ産業(主に出版社)をも批判してきました。”糖毒出版社死天王”が東洋経済新報社・宝島社・光文社・日経BP。このうち2社が経済を売り物にしているってのがなぁ。労働力の質的低下を招くような言説をバラまいてどないすんねん。



 その日経BPの定期刊行物の「日経トレンディ」2018年4月号(3月発売)になんとも楽しいことが。特集は「疲れないが一生続く!最高の食事&筋トレ」。その中に「糖質制限は本当に効果ある?健康常識のウソ・ホントを科学する」なんてテーマが。そしてコレを読むと・・・糖毒馬鹿、多分発狂するんちゃうかなぁ?



糖質制限は
確かに体重は減る。
しかし・・・



 最初のテーマ内テーマは”低糖質ダイエットは他よりも優れている?”。食品メーカー・外食産業・中食産業などでは糖質制限・低糖質が大人気。”麺なしラーメン”とか”シャリなし寿司”とか「お前バカなのか?絶対バカだろお前?」と言いたくなるような商品が本当に存在するイヤな世間になりました。でも大抵の場合その結果は”個人の主観”程度のモノ。果たして実際のところどーなんか?別に肩書で判断するわけではないが佐々木敏・東京大学大学院医学系研究科社会予防疫学分野教授曰く「1つの研究結果だけで普遍的な結論を得るのは難しい」とのこと。



 そこで、信頼度の高い論文をまとめた「系統的レビュー」や複数の研究を統計学的に解明する「メタ・アナリシス」などの分析手法を用いると、それまで常識と思い込んでいた健康情報の”真実”が浮かび上がってくるという。

 そうした観点で見たところ、「糖質制限ダイエットの減量効果は、他のダイエットと比べて特に目立った優劣はなかった」と佐々木氏は予想外の答えを口にする。多くのダイエット法を「低糖質」「低脂質」「バランス」の3つのグループに分類し、それらに関する59の論文を統計学的に分析。7286人が対象の膨大な調査によって明らかになったのは、「どのダイエット法も同じくらいやせる」というまるで肩透かしのような事実だった。

 総エネルギー量をほぼそろえたこの調査では、低糖質、低脂質、バランスの3グループとも6ヵ月後には一様に体重が大きく減少した。制限するのが糖質でも脂質でも、「摂取するエネルギーの少量を減らせばやせていくのは自然の摂理」(佐々木氏)。結局のところ、糖質制限は他のダイエットと同様に、エネルギー制限(カロリー制限)で体重が減ったという見方もできるのだ。

同号P24~25



糖質制限 脂質制限 比較

Johnston BC, et al Comparison of weight loss among named diet programs in overweight and obese adults, a meta-analysis. JAMA 2014;312-923-933
『日経トレンディ』2018.4月号P24から
弊ブログ主が制作



 言わせてもらおう。

「何を今更言うとんねん!」



 いやねえ、私さんざん弊ブログで言うてきたんですけどねぇ・・・まあいいや。次行ってみよう。



非常なる追い討ち
タンパク質は
多く摂るべき?


 しかし糖毒バカにも言い分はあるだろう。「どんな食事制限でも総エネルギー量を一定に抑えなければいけない、それは仕方ない。でも肉食べ放題なら糖質制限のほうがいいじゃないか?」とかね。フムフム、じゃあそれはどうなのか?その点についても言及がある。



 タンパク質の摂取量とその後の変化を11年の間に追跡した研究を見てみると、腎機能がすでに少し落ちていた人のなかではタンパク質を多く摂取していた人のほうが、さらに機能低下を示す傾向にあった。

 タンパク質に含まれる窒素は体で使われた後、腎臓でろ過されて老廃物として排出される。タンパク質を過剰に摂取して、弱っている腎臓に窒素が集まるとそれが負担になり、さらに腎臓の機能が低下する可能性がある。佐々木氏は「腎機能が不安な人に高タンパク質食は進められない」と話す。

同書P25



高タンパク質食 腎機能低下

Ann Intern Med. 2003 Mar 18;138(6):460-7. The impact of protein intake on renal function decline in women with normal renal function or mild renal insufficiency. Knight EL

『日経トレンディ』2018.4月号P25から
弊ブログ主が制作


 一応書いておくと腎臓が弱い人はタンパク質摂取量増加とともに機能低下の傾向があるが、正常な人には関連があまりなかったとのこと。よかったな糖毒バカ、腎臓だけはまともに産んでくれたお袋さんに感謝しろよ!でもまあ、体重1kgあたり2g(運動習慣がある人の場合。ない人は1g程度)より多く摂っても筋肉にはなってくれないのですが。



食物繊維&
果物についても



 この号は他にも面白いことが載っていて楽しいですねぇ。食物繊維は穀物・野菜・果物のいずれが糖尿病予防にもっとも効果的なのか?実は穀物。野菜・果物はリスクを上げるとも下げるとも言えないというなんともしまらない結果に。



穀物 糖尿病

https://www.kelloggsnutrition.com/en_AU/knowledge/Cereal_Fibre/Cereal_fibre_and_type_2_diabetes.html
(これケロッグのサイトだな、しまった!)
↓がリスク低下、↑が上昇


 まあこれもよくよく考えたらわかること。野菜・果物の食物繊維量は言うほどないもんな。一方で穀物はまあまあな量が含まれている。記事中にはこんなことも書いてあるな。



 3大栄養素の炭水化物は、でんぷんやブドウ糖などの糖質と食物繊維からなる。主食である炭水化物の摂取を制限すると食物繊維も不足するため、便秘しやすくなるといわれている

P26



 どっかのバカが「脂肪は摂りすぎた分は吸収されずにケツから出る。だから糖質制限は便秘にはならない・・・」とか言ってたような言ってなかったような・・・まあどーでもいいか、開店休業状態長そうだし(大笑)。



 また果物の摂取量と糖尿病発症を観察したところでは250g/day程度が最も低リスクだった。「果物の糖質がどーたらこーたら」ぬかす連中がおりますが、よ~く考えよう。果物って大体9割が水分だぞ?そんなモンの糖質量なんてたかが知れている。



果物 糖尿病

LI M ,et al Fruit and vegetable intake and risk of type 2 diabetes ; meta-analysis of prospective cohort studies BMJ Open 2014;4;e005497
https://bmjopen.bmj.com/content/4/11/e005497



 最後にちょこっとだけ宣伝。この特集ない特集に協力した佐々木敏・東京大学大学院医学系研究科社会予防疫学分野教授の著書を。『佐々木敏のデータ栄養学のすすめ―氾濫し混乱する「食と健康」の情報を整理する』(女子栄養大学出版部)です。結構値段はしますがそれだけの価値はあります。ワケのわからん一般書よりはね。また佐々木教授は同出版部の定期刊行物「栄養と料理」でも連載を持っていますのでそちらも読んでおこう。



佐々木敏 女子栄養大学



はてなブックマーク、Lineなどはこちら



スポンサー様の広告です!




世のため人のため↓バナーをLet's クリック!



テーマ : 糖質制限食
ジャンル : ヘルス・ダイエット

プロフィール

toshitsubaka

Author:toshitsubaka
糖質制限・低糖質・MEC食はバカがやること!

新着記事
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
おすすめの人気記事
超保存版「糖質制限で筋肉は減らない!」「減るだろ、バカ」

【悲報】糖尿病MEC主婦みさこさん、姑息なマネを・・・(爆笑)

糖尿病みさこおばはんコラア!なにが「自己責任」じゃボケ!!  

「加工肉に大腸がん」の報道、糖毒狂信者大いにおそれる(笑)

保健体育の教科書を読め、糖質制限なんぞいらん!

血糖値測定バカにならずに血糖値を測るには

MEC食の基本はどんくらいのカロリー?

高校生物の教科書で血糖値のお勉強!

【超悲報】糖質制限ダイエット終了のお知らせ

魅惑のバターコーヒー、恐怖のバターコーヒー(笑)

【桐山秀樹氏急死緊急特集】おやじダイエット部、テメエらゲスの極みだ!

糖質制限で逆に糖尿病になる(爆笑)?糖尿病パラドックス

糖質制限の深く昏い闇~「週刊新潮」編、これ、ホンマに「新潮」か(笑)?

「日経ビジネス」の想定読者はまさに21世紀の負け組ビジネスマンそのもの(笑)!

糖毒バカの聖典「久山町の悲劇?」の研究主任のインタビューを発掘!ある意味「糖毒バカの悲劇」だわな、爆笑準備はよろしくて?

【必読】筋トレVS有酸素運動、カッコよく体脂肪を減らすには?横浜市スポーツ医科学センターさん超ありがとう!!

糖毒バカ「糖質制限は糖尿病予防!」「んなワケねーだろ、タコ」(加齢と血糖値の関係)

スポンサー様の広告

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR