FC2ブログ

【風化】あの”桐山ショック”から2年経った、時の経つのは早いなあ

「おやじダイエット部」は
実質廃部、しかし
糖質制限業界は



BMI 心肺能力 生存率
さあ一体これは何のグラフかな?


 糖質制限の伝道師」桐山秀樹氏の急死(心不全心筋梗塞)から2年が経った。にもかかわらず?糖質制限の商売は順調に拡大している。まあ出版業界としては優良コンテンツなので1人や2人の人死にが出たくらいでは縮小・撤退するワケにはいかんのやろう。私が若い人に「出版業界は未来が暗いから志望しない方がいい」という所以でもありますが。



 桐山氏がキャプテンを務めていた「おやじダイエット部」も2年間新刊を出していない。廃部したのかな?それならそれで廃部届出せや(爆笑)。それにしても 誰かを二代目キャプテンに任命して弔い合戦をやりなさいよ・・・ホントにあの部員、実在したのかしら?



 Dr.糖尿モヤシ教祖も桐山氏を冷酷に破門・絶縁した。まあ「高血糖の記憶!」と言っていたのに「あいつは糖質制限ではなかった、破門!!」とコロコロ変わるくらいだから・・・あぁ紙より薄い糖質制限の絆。



 あとパートナーの吉村裕美氏。彼女は桐山氏やDr.糖尿モヤシ教祖と共著とかやってたけど糖質制限がらみの本は出版ベースでは出してない(amazonで見ただけだけど)。パートナーをホラ吹き呼ばわりされてよく黙っていられるねぇ・・・。彼女の道義的な責任を果たすためにも、知っていることを洗いざらいしゃべっちまえばいいのに。ま、今更言いにくいやろうな。血まみれの出刃包丁片手に「この男が死んだのは出血多量であって出刃でメッタ刺しにされたからではない!」的なこと吹いてるんやから。



生前の桐山氏の
自画自賛
今となってはイタイだけ



糖質制限 死亡 危険
糖質制限本のレビューって
絶賛の嵐で正直気持ち悪い
だから猫も杓子も出したがるのか


 ただし、桐山秀樹氏が基本的に「批判されるべき人」であることはこれまでもこれからも変わらない。そりゃあそうだろう、自己の”経験”と生半可な知識で何冊も糖質制限を称揚する(一方で既存の糖尿病治療や減量法をおとしめる)書籍を濫造してきた。そのせいで健康を損ねたり有効な治療が遅れた読者も多いはずだ(筆者の結末から容易に想像できるやろ?)。彼の著作の一つである『おやじダイエット部の奇跡』(マガジンハウス)をイヤイヤながら(苦笑)読んでみると批判精神ほか色々が欠けていることがよくわかる。それだから商業ライター・サンドイッチマンとしてやっていけたのかもしれないが、(複数の意味で)私にはムリやな。えっ、だからいつまでたっても弊ブログは零細メディアで食い詰めてるんだって?ほっとけこの野郎!



 こうしてあっという間に「糖質制限食」を始めてから1年が経った。この間、体重は糖質制限食を始めて約半年経った頃の67~68キロと全く変わっていない。目標は63キロだが、それはいつでも あえて無理しないでいる。それよりもリバウンドなしで、痩せたまま体重をキープし続けることが大事だと思っているのだ。こうしてとうとう、治らないはずの糖尿病数値からも脱出し、2年後には薬も飲まずに空腹時血糖値97、HbAlcは4.8を記録している。

 こうした「成果」を生み出すことが出来たのも、やはり「最初の3週間」に徹底した糖質制限ダイエットを行ったことが大きい。

 「糖質制限ダイエット」の効果を最大限に挙げるには、最初の3週間に「スーパー糖質制限を徹底して行い、糖質がしばらく入ってこないという危機感を体に覚えさせることが大切なのだ。 

 するとある日突然、体内の脂肪を燃焼させるメイン・スイッチが入り、脂肪がどんどん代謝していく。

 身体が、一度このスイッチ変換の仕組みを覚えてしまうと、減量したい時に何時でも糖質制限ダイエットを行って、メイン・エンジンに切り替えればいい。そのスイッチが入るかどうかの試金石となるのが、「糖質制限ダイエット」をはじめた「最初の3週間」なのだ。

同書P032



 自分でも理解していないことをよくもまあこんだけ書けるなあ(苦笑)。食べ物の量については書かれていないこと(これを書いていないがために信憑性はない)。ロクに運動もしていないのに(運動は大嫌いと公言している)3週間で20㎏減ったというが、体力のある運動選手ですらそんな大減量やったら体調ボロボロになるんだけどなあ(サンプル:辰吉丈一郎氏の最初の防衛戦)。そういや辰吉氏に負けたシリモンコン氏も減量が相当きつかったらしい(彼はあの時のイメージしか大勢の日本人にはないけど、のちに2階級制覇してあの崔龍洙氏にも勝った。相当強かったんですねぇ・・・)。”体内の脂肪を燃焼”っていうけど筋肉も燃焼している(むしろ短期間ならこちらか)。「久山町研究」の清原裕教授は厳密に調べるから多分「アンタ糖尿病、別に治ってへんで」と言われたと思うよ、きっと。



 問題の一つはやはり「体重と血糖値さえ減ればいいんだろう」という姿勢。桐山氏は目先の利益にとらわれて大事なことを見失ってしまった。



問題は太っていること?
体力がないこと?



 『ジムに通う人のための栄養学』を読んでみたら興味深いことが書いてありました。こんなネタの振り方をしている時点で大体の結論は見当がつくとは思うけどちょっと辛抱して。太っているか否かの目安になる体格指数と体力の目安(の一つ)の心肺能力、そして生存率。この3者には関係がどの程度あるのか?それを調べた結果があるのです。



BMI 心肺能力 生存率
グラフはここから


 まず体格指数と生存率。体格指数が高い(つまりは体重が重い)ほど生存率は低い。まあ予想通りかな。次に心肺能力と生存率だが、やはり心肺能力が低い(体力がない)ほど長生きできない。ではこれら二つを掛け合わせたらどうなった?

 おお、体格指数がアレでも心肺能力が高いとまだ生存できてる!興味深いのは「体格指数・心肺能力高(つまりは動けるデブ?)」の方が「体格指数・心肺能力低」よりも生存率が高いこと。この結果からは体力がないことの方がリスキーや、ということがわかるなあ。



 さらに「糖質制限でやせたでヒャッハー」とぬか喜びしとる肥満おやじダイエット部の連中を愕然とさせる結果も追い打ちで出しときますわ。2型糖尿病患者の体格・心肺能力そして心臓血管疾患での死亡リスクとの関係をグラフにしたもの。



2型糖尿病 心肺能力 生存率
グラフはココより
コレも見ておこう


 あっちゃー、低心肺能力ってドコに出してもアカンやん(爆笑)!なおコレ、「標準体重で高心肺能力の2型糖尿病患者の心臓血管疾患での死亡リスクを1」とした場合なのね。なおこのグラフではBMI24.37の桐山氏は一番左(標準体重かつ低心肺能力)になります。

 とにかくわかったことは「ただ体重が軽いだけじゃあダメ、体力つけないと」ってことッス。



体力 肥満 因果関係
死亡に対する寄与割合
体力ないのが一番響く!


無慈悲極まる?追撃
食事のみの減量と
運動の減量とは
効果が違う



 過体重であってもゴリマッチョか固太りなら(まだ)いいんだということがわかった。でもまあ、糖質制限に手ェ出すような連中って大体肥満体だろ(爆笑)?ということで「俺たちは糖質制限でゴリマッチョ、少なくとも固太り!」という反論はあらかじめ断ち切っておきました。しかし「と、糖質制限でやせればーッッ!」とわめくことはできなくもないので、ついでにこの五月蠅く鬱陶しく醜い抵抗も潰してしまいましょう(笑)。



 目方さえが減れば減食だけで運動なしでもいいのか?それを確かめたのが以下のラットでの実験。遺伝的糖尿病のラットどもを


①対照群 食事制限・運動ともになし

②運動群 回転かごの中で自由に走らせる

③エネルギー制限群 運動なしだが②と体重をそろえるため食事制限



 の3群に分け40週齢まで生かさせた。ではその結果は?



運動 エネルギー制限 大塚製薬

グラフはココから
見やすいように
くさいバカブログ主が加工


 グラフはA:血糖値、B:血漿インスリン濃度、C:血糖曲線下面積、D:ヘモグロビンA1c。



 最初の条件からわかるように②と③には体重差はなく、体脂肪率も差はなかった。なおこれらは①>②≒③。

 ではインスリンの効きは?血糖曲面化面積がそれを示すのだが②がずば抜けてよく、③は①と較べて若干マシという程度。こんな風に同じではないわけだ。ましてや糖質制限やったヒトの場合体脂肪や体力は・・・。



 繰り返しになるが”桐山ショック”はすっかり風化してしまったが、実行したのが失敗しても仕方がないメソッドだったんやと弊サイトの読者は身の安全のためにもちゃんと記憶しておきましょう。


スポンサーサイト





はてなブックマーク、Lineなどはこちら



スポンサー様の広告です!




世のため人のため↓バナーをLet's クリック!



テーマ : 糖質制限食
ジャンル : ヘルス・ダイエット

実は『一流アスリートの食事』を紹介するのに躊躇した、その理由

細野栄養士には
申し訳ないが
紹介は悩んだ



 錦織圭選手のエピソードを紹介するために一流アスリートの食事を紹介・引用させてもらったが、この本を取り上げるのは多少悩んだ。(おそらく)多忙な生活の中で時間を見つけて執筆したからか、あるいは彼女の最初の著作(未熟さ)ゆえかはわからないが「ん?」と思うところがいくらかあったのだ。今回はそれらを取り上げる。他人のアラ探しなので多少気が引けるけど(苦笑)。



”今の日本の人は
タンパク質を摂り過ぎ”
だろうか?



 タンパク質の過剰摂取は好ましくない。一般的に考えれば確かにその通りなのだがその後に妙なことが書いてあった。



 私が錦織選手にタンパク質のとりすぎをことさら注意したのには、実はもうひとつ大きな理由がある。今の社会では、ふつうの食事をしていても高タンパクの食事になってしまうからである。

 運動をしない人の場合、1日のタンパク質の必要量は体重1キログラム当たり1グラム程度とされている。体重60キログラムなら、60グラムである。しかし、現在の日本人の食事には通常タンパク質が1食に30グラムほど含まれている。普通の人でも既に体タンパク質の合成を刺激する量より多くのタンパク質が摂取されている。

 実は、これでも少なく見積もった結果なのである。現実の1日の摂取量は必要量の3倍と見られている。だとするなら、ほとんどの人がタンパク質の過剰摂取になっているのである。


『一流アスリートの食事』P94~95



 七訂 食品成分表 資料編』(女子栄養大学出版部)には戦後日本のエネルギー・各栄養素量摂取の推移が載っているんですが、平均ではそんなにタンパク質食ってませんよ?



食品成分表 女子栄養大学


 一番多いときで80gを超えてましたが、もっとも近い調査では70gもありません。日本の食事は「高炭水化物・低脂質・低タンパク質」という傾向がありますし。



 また高齢者の場合タンパク質が不足しがちなので、高齢者以外よりも気持ち多めに摂取すべき。その際に食べ物の量が少ないのにタンパク質が多い肉は有難かったりもする。肉or魚介なら100gでタンパク質20g前後(15~22gの間)摂取できるが、木綿豆腐だと一丁(300g)必要やからなぁ。誤読・誤解を避けるために書いておくとアミノ酸スコアを考慮しながら肉・魚介・大豆(これらはアミノ酸スコア100以上)・穀物等を組み合わせて食事をするのが好ましい。まあ小学生の頃の私の様に食パンに納豆乗せて食べる奴もそうはいないだろうけど(苦笑)。



 細野栄養士は”食事の欧米化”とも書いているがこれもどうだか。確かに激減したものの米、畜肉・乳製品は増えたが魚介類の消費量も欧米と較べてまだまだ多いのです。



 国民栄養調査結果を一九五〇年から二〇〇〇年までたどると、この50年間の食生活の変遷が読みとれる。一九五〇年と二〇〇〇年を単純に比較すると米の摂取量は五三%減った。肉は九・三倍、乳・乳製品は十八・八倍に、卵類は七・一倍に、魚介類は一・五倍に増えた。そして意外に思われるかもしれないが、二〇〇〇年においても肉類よりも魚介類の摂取量の方が二割近く多い。緑黄色野菜の摂取量も増えている。

【中略】


 五〇年前の半分以下に減ったとはいえ、依然として米を主食とし、欧米諸国の二倍以上の魚介類が供給され、肉の供給量は欧米の半分ないしそれ以下である。さらに脂肪からのエネルギー摂取比率は一九六〇年の約二・五倍にはなったけれども欧米各国よりはるかに低い。これを「欧米化」「魚離れ」とは乱暴過ぎる。日本の食生活は「諸外国の食の文化を取り入れ、多様化した」と私は考えている。


『フードファディズム』P045~047



スパッと書こうよ
「糖質制限やる奴は
単なるアホです」って(笑)



 細野栄養士は糖質制限についても少し触れていた。糖毒バカがよく持ち出してくる?2008年のDIRECTって奴です。低脂質食と地中海食(カロリー制限アリ)、そして低炭水化物食(カロリー制限なし)の3種類の食事法を試してどれがもっとも効果があったか、という実験。これで不幸なことに低炭水化物食がもっとも体重が減った。で糖毒バカは「ホラ見ろ、カロリー制限なしでももっとも効果があったんだ」と大喜びしたのです。私に言わせりゃ「ホラ見ろ、糖質制限なんざやっちまった日にゃ英文読解もネット検索もできなくなっちまうんだよ!クワバラクワバラ」なのだが(爆笑)。DIRECTについての記事は日を改めて書こうと思っているので今回は簡潔に。



 この実験では確かに低炭水化物食被験者の食事のカロリー量はあらかじめ制限していなかった。しかしそのことが「被験者は好きなだけ、食べたいだけ食べていた」わけではない。もっと言えば「低炭水化物食の被験者は低脂質食の被験者の3倍4倍の量を食べていた」わけではない。細野栄養士も読者に対して「お前ら、これ読んで勉強せぇや」(彼女は千葉出身なのでこんな言い方はしないと思うけど)とDIRECTについての記事のURLを掲載してくれりゃよかったんだよ。どうせなら読者の頭もトレーニングさせねぇとアカンやん(笑)。



運動選手には
糖質制限なんざ不必要!
わかったかこのタコ



 これはまあ何度も書いてる気がするんですが、運動選手は糖質制限なんざまずやりません。まあ五流とかならわからんけど(笑)、まともな奴はまあやらんでしょうね。そりゃそうでしょ、スポーツは技術の要素が少なからずあるので毎日の練習が不可避な訳です。その連日の練習に糖質抜きで耐えられるんですかぁ



ジムに通う人の栄養学 糖質制限 グリコーゲン


 100kmマラソンみたいな極端な長距離走ぐらいしか有利にならず、またそういった競技でも普通に糖質摂った連中が結果も出している。過去記事で申し訳ないんですが東京・秋葉原駅クリニック院長の大和田潔医師は彼自身のブログで率直な意見を述べています。商業媒体で同じこと言ってくれたらもっとよかったんだけど(笑)。



2016年2月24日 (水) アスリートと炭水化物 / 糖質を摂って、いきいきと暮らす

アスリートは炭水化物をきちんと摂取しています。彼らは、ガス欠にならないように体に蓄積された糖質や脂質を上手に燃やしながら運動することに専念しています。体脂肪を極端に削るボディビルダーの方が飲むプロテインにも、筋肉の萎縮(カタボリズム)を防ぐために多くの場合、糖質が含まれています。

糖質を制限してケトン体だけで競技に臨む方が、通常食のアスリートよりもハイパフォーマンスであるということを、私は寡聞にして知りません。逆に、ガス欠になり足が止まってしまったり、低血糖で朦朧とされたというアスリートの方のお話は聞いたことがあります。

アスリートではない私達も、運動と食事は両輪。彼らのミニチュア版です。 体重を減らすということと、いきいきと健やかに暮らすということは、別な話。急激に体重を落とす方法が、長期間体のメインテナンスをするのに最適な方法とは限りません。


http://owada-dr.cocolog-nifty.com/blog/2016/02/post-68cf.html 



 柔道やボクシングなどの体重制限がある競技なら減量に有効なのでは?と反論もありそうだけど、アレはダイエットで減量するのではなくルール上規定体重を下回らなければならんだけで。これも昔書いたなあ



 最近面白いものを見つけてしまいました。ワシル・ロマチェンコ選手(プロボクサー)の画像なんですが、あの”脱糖王子(笑)”西脇俊二医師とそう身長も体重も変わらない。なのになんでこんなに違うんだろう?世間は残酷すぎる(爆笑)。マジで筋肉がない・・・ッッ!!率直に言って「こんな枯れススキみたいな身体で闘えんのかよ」?



西脇俊二 糖毒バカ 理想と現実
画像はロマチェンコVSリゴンド―(←リンク)
しかし脱糖王子のワキ腹
ボディ一撃で「あべしっ」(爆笑)


細野恵美さん
出版社を選ぼうよ(苦笑)



 この本は三五館という出版社から出てるんですが、巻末を見ても「ん?」という感じの代物が並んでいて少々悩みます。『ジョコビッチの生まれ変わる食事』『脳はバカ、腸はかしこい』・・・?まあ細野栄養士の著作はなんかおかしいのとは一線を画す内容なんですが、もうちょっと会社を選ぼうよ(大笑)。


 と思ったら・・・三五館、
事業停止しとったんかい!?渡る世間は世知辛い・・・。



 巻末の参考文献には『戦う身体をつくるアスリートの食事と栄養』(田口素子編、ナツメ社)『ジムに通う人の栄養学』(岡村浩嗣、講談社ブルーバックス)があります。この2冊は一般書とはいえ内容のある書籍なので、「自分は素人だ」と思っている謙虚な方は目を通しておきましょう。





はてなブックマーク、Lineなどはこちら



スポンサー様の広告です!




世のため人のため↓バナーをLet's クリック!



テーマ : 糖質制限食
ジャンル : ヘルス・ダイエット

【微朗報】カロリーメイトはゼリーを買え!別に約束するわけじゃないけど

受験の際の間食に
”エネルギーバー”
は別にいらねぇ



カロリーメイト 脂肪 プレーン
毎度ながら書きます
ここから買っても
私の利益になりません


 日本では冬は受験シーズン。大学受験の場合2月上~中旬は私立大学の受験ですか。高校受験の場合は2月に私立高校、三月中旬に公立高校の試験だったかな。高校・大学・短大・専門学校その他の受験生の皆さん最後の追い込みはかどってますか?このブログは10代の人にはあまり読んでもらえないのですが(苦笑)応援していますよ。学生さんの親御さんには読者が多いので。



 長く起きていると小腹がすいたり口が寂しくなったりするものでついつい夜食に手が伸びることもあるでしょう。そしてそれが”バランス栄養食”や”エネルギーバー”だったりする。正直、感心しません。以前もやった気がするんですがこの手合いの代表選手(だと思う)たるカロリーメイトSOYJOY、そしてヴィダーinバー プロテインの三種類の栄養を見てみましょう。



カロリーメイト  ゼリー カロリー


 森永製菓さんや、これのどこがどない”プロテインバー”やねん!?”ファットバー”言うて売らんかい(爆笑)!!



 約半分が脂質だが糖質も4割程度あるんで糖質制限には使えません、困ったな。まあこれ以外をおからに油かけて食えばいいのかもしれんけど(笑)。



高木久仁子教授は
こう書いている



 このサイトにとって非常に重要な書籍の『フードファディズム』。そこでこの”バランス栄養食”について言及されているのでそれを紹介しましょう。



 「バランス栄養食●●」と容器表面に書かれた食品がある。裏側の表示欄には「名称:菓子、栄養調整食品」とあり、原材料名をはじめ、必要なことはすべて明記されている。

【中略】


 しかしながら、栄養成分表示をよく見る消費者は少ない。「バランス栄養食」という文字だけ読んで「これを食べるとバランスのとれた食事の代わりになる」と勝手に思いこんでしまう人が多い。

 ちなみにその栄養表示をもとに脂肪のエネルギー比率を計算すると五〇%であり、非常に高い。脂肪比率がこれだけ高い食品を「バランス栄養食」と表現することは消費者に過大な期待を抱かせるという点でフードファディズムと言えよう。

『フードファディズム』P123~124



 微量栄養素(ビタミンや無機質)の有無・多少はさておき三大栄養素に関してはハッキリ言ってクッキーやビスケットと大差ない。前述の微量栄養素にしてもそれらは本来三度の食事で補給すべきで、もし補食から摂りたいのであっても果物や乳製品などを利用すべきでしょうな。”バランス栄養食”、緊急時以外に魅力を感じねーな。困った困った・・・。



偶然カロリーメイト
のゼリーを見たら



カロリーメイト ゼリー フードファディズム


 最近偶然にカロリーメイトのゼリーを手に取ってみました。ゼリー飲料の半分が脂質だったらキツイやろなあ、と。いや世間にはラードやバターココナツ油をコーヒーに入れて飲むバカがおるんでわからへんぞ(爆笑)!?期待と不安?を胸に成分表を見てみたらこんなんでした。



カロリーメイト ソイジョイ ヴィダー


 やるじゃねえか大塚製薬、伊達にJリーグクラブ(徳島ヴォルティス)のスポンサーやってねえ。クッキーと較べて値段が割高ではありますが、できるだけゼリーの方を買って飲んでほしい。タンパク質はそりゃ少ないけど、ゼリーってこたぁ『グラップラー刃牙』でいうおじやとバナナに相当する速効のエネルギー食なんだろ、ならいいじゃん?



 あと、最近あまり見んようなった缶タイプの奴(コーヒー味)。私は割と缶コーヒーが好きなのですが、一ぺん飲んで懲りました(笑)。ところで、あのバター&ココナツ油のアホコーヒーを毎朝飲んでた人ってどーなったんやろう?





はてなブックマーク、Lineなどはこちら



スポンサー様の広告です!




世のため人のため↓バナーをLet's クリック!



テーマ : 糖質制限食
ジャンル : ヘルス・ダイエット

プロフィール

toshitsubaka

Author:toshitsubaka
糖質制限・低糖質・MEC食はバカがやること!

新着記事
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
おすすめの人気記事
超保存版「糖質制限で筋肉は減らない!」「減るだろ、バカ」

【悲報】糖尿病MEC主婦みさこさん、姑息なマネを・・・(爆笑)

糖尿病みさこおばはんコラア!なにが「自己責任」じゃボケ!!  

「加工肉に大腸がん」の報道、糖毒狂信者大いにおそれる(笑)

保健体育の教科書を読め、糖質制限なんぞいらん!

血糖値測定バカにならずに血糖値を測るには

MEC食の基本はどんくらいのカロリー?

高校生物の教科書で血糖値のお勉強!

【超悲報】糖質制限ダイエット終了のお知らせ

魅惑のバターコーヒー、恐怖のバターコーヒー(笑)

【桐山秀樹氏急死緊急特集】おやじダイエット部、テメエらゲスの極みだ!

糖質制限で逆に糖尿病になる(爆笑)?糖尿病パラドックス

糖質制限の深く昏い闇~「週刊新潮」編、これ、ホンマに「新潮」か(笑)?

「日経ビジネス」の想定読者はまさに21世紀の負け組ビジネスマンそのもの(笑)!

糖毒バカの聖典「久山町の悲劇?」の研究主任のインタビューを発掘!ある意味「糖毒バカの悲劇」だわな、爆笑準備はよろしくて?

【必読】筋トレVS有酸素運動、カッコよく体脂肪を減らすには?横浜市スポーツ医科学センターさん超ありがとう!!

糖毒バカ「糖質制限は糖尿病予防!」「んなワケねーだろ、タコ」(加齢と血糖値の関係)

スポンサー様の広告

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR