読んで欲しい本『ニセ科学を見抜くセンス』 糖毒バカに対しても効果があるよ、多分!

大体こんなこと
書いてます
(守備範囲外だけど)



ニセ科学 左巻健男 EM菌

amazonの書評は概ね好評でよかった
(素人意見とはいえ)
一人変な奴が踊っとる(笑)


 今回紹介するのは『ニセ科学を見抜くセンス』。著者の左巻健男・法政大学教授は26年間中学・高校の理科教員をしてきた「理科教育の専門家」。と同時にニセ科学とも対決してきた方でもあります。残念ながらこの本には糖質制限は取り上げられていないのですが、大いに参考になることが書いてあったのでご紹介。



 守備範囲外なので簡単にふれるだけですが、こんなニセ科学が並んでおります。何に興味を持ちました?



●とにかく危険なニセ科学・EM菌:農業・河川の浄化・放射性物質除去・殺菌消毒etc何にでも効き1200℃で焼かれても生きてる地上最強のバイキン―そりゃここまで書いたら誰でも「怪しい」としか思わへんやろ(笑)。

ただ問題なのはEM菌が教育や環境の世界に入ってきたり(善意・公金が虚しいことに利用される)政界で活動をしていたり(「有用微生物利活用推進議員連盟」。今日日の政治家は理系リテラシー低いな)批判の声を封じようとしたりしているため左巻教授は「危険」と見ている、くわばらくわばら。


○マイナスイオン:陰イオンとは別物。「あるある大事典」で知名度が高まり、大手家電メーカーが参入。インフルエンサー(笑)の失墜やら何やらでその後下火になるがなんだかよさそうなイメージは残ってしまった。マスコミと企業がグルになって広めた迷信ってのが糖質制限とよく似ていますな(糖質制限は五流の医者とマスコミ、やがて食品業界。


●水道水とミネラルウォーター:水道水は水道法、ミネラルウォーターは食品衛生法。さて、どっちの基準が厳しいかな?東京都水道局の水道水質基準も見ておこう。


○伊■園が儲け損なった(笑)水素水:胃腸薬一包分の効果を得るには水素水を●L飲む必要が?こんなん水中毒なるで?


●がんもどき理論:がんは転移するがんと転移しないがんもどきの2つ?そりゃ結果(死後)から見りゃそうやろうな・・・


○ホメオパシー・経皮毒・デトックス:一応害はないが益もない。ただし時間やお金が無駄になる。ああ、書くのがもうめんどくさくなってきた。



「人はだまされるように
できている」



 第10章(最終章)は「ニセ科学にだまされないために」。冷静に見ればサルですらだまされなさそうなシロモノになんでホイホイ引っかかるのか?菊池聡信州大学人文学部准教授によると人にはニセ科学を受け入れてしまう4つの心理的要因が備わっているそうです。それらは糖質制限狂信者や業者に結構当てはまります。アイツらニセ科学か(笑)?



社会的な情報の(無批判な)受容:権威ある情報源(マスコミや肩書きのある専門家)を信頼して受け入れる思考形式。


【糖質制限】東洋経済新報、日経BPなどそれなりの出版社が出版してる、著者が医師だ、ってとこかな?その医師には糖尿病専門医はほとんどおらず、編集者は理系の知識が相当怪しいんやけど(大体大学が私学文系)。


人の基本的な動機づけ:未知の出来事への興味、善意への傾倒


【糖質制限】楽してやせたい、っていう欲望があるからなあ。


見かけの実用性:見かけ上実用的な価値がある。


【糖質制限】かなり顕著やな。運動もせずに腹いっぱい食べてやせる、(短期的には)血糖値が下がる。


具体的な経験:自分や身近な人の直接・間接の体験。


これも糖毒バカはよくやる。ほぼ全ての書籍は個的体験と思いつき。


 こう見ると①・③・④は当てはまるな(笑)。



「途方もない主張には
途方もない証拠が必要」
コレ全然やってねえな(笑)



 カール・セーガンは、著書『COSMOS(コスモス)』(木村繁訳、朝日選書、1980年)の中で「途方もない主張には、途方もない証拠が必要である」と語っています。

【中略】


 ちゃんとした学術雑誌に発表され、さらに追試もクリアして、科学の世界で認められるようになります。しかし、これらの「途方もない主張」は、ただ主張されるだけです。「途方もない主張には、途方もない証拠が必要である」のに、「途方もない証拠」が弱いのです。


同書P180



 既述した④がそれやね。たとえば「糖質制限で体重が減った!」っていう奴は多々いるが、連中の主張は正直ブラックボックスで”証拠”と呼ぶのは難しい。糖質摂取量にはやたらとうるさいのに総摂取カロリー量についてはなぜか言いたがらねーし。



 なぜカロリー量も書かなければならないかというと、体重減少がカロリー制限のたまもの、ということもありうるから。これは何度も言うてるけどさ。



ニセ科学 水素水 法政
廉価版みたいなのがこっち


身につまされる(苦笑)!
科学者がニセ科学と
対決したがらない理由



 「どうして世にはびこるニセ科学を科学者は潰しに行かないのか?」もっともな疑問なんやけど、それにはそれなりの理由があるわけで。



 科学者は、ニセ科学はあまりにも荒唐無稽で相手にしたくないという気持ちをもっていることが多いです。ニセ科学を批判しても、研究業績になりませんからなおさらです。相手は、ニセ科学でも何でも使って儲けることに命をかけた業者の場合が多いです。そんな相手と対決するのはとても大変です。


 ですから科学者からニセ科学を批判する本や「論説」はほとんど出てきません。それでもニセ科学の蔓延に危機感を持った科学者の一部が動き出しています。


同書P181



 あぁ、わかるわかる。私も今までいろいろあったからなあ。ブログそのものの削除を要求してきた北陸のMEC主婦(今も元気にMECやってんのかな?)、油売りに転身した宮崎の変な看護師、「糖質制限の伝道師」の子分・・・思えばどいつもこいつもロクデナシやったなあ(爆笑)。


 私がさらに付け足すと「儲からない」のよね。イヤねぇ、ウチ、メッチャ兵糧攻めにされてるのよ・・・ホンマ皆さん頼むで(苦笑)。でもまあ、私みたいな物好きは一人ではないんやなとわかったことがこの本を読んだ一番の収穫ですわ。



印象に残ったあとがき



 左巻教授は理科教育の専門家だが、自然科学を教える理由についてこうあとがきで書いている。中々これが印象深かった。



 自然科学は、客観的実在たる自然の構造、法則性、歴史をさぐっていくという理論的探究の営みである。また、その探求の結果として、その歴史的時点での自然像をはっきりさせる体系的知識でもある。


 その自然科学をなぜ教えるか。


 ぼくは、自然科学教育の目的を2つにしぼってみた。


 第1に、おもしろいからである。

【中略】



 第2に、行動判断の土台になるからである。


 本当に生死をかけたレベルでの行動の判断は、自然科学の基礎的知識なしでは行えない。


【後略】





 大げさかもしれないが、決して間違ってはいないでしょ?



スポンサーサイト


はてなブックマーク、Lineなどはこちら



スポンサー様の広告です!




世のため人のため↓バナーをLet's クリック!



テーマ : 糖質制限食
ジャンル : ヘルス・ダイエット

女子栄養大学出版、アホな糖質制限を蹴飛ばす!大学人たるものこうでなければ

管理栄養士の学校が
糖質制限すすめる
ワケないやん



女子栄養大学 糖質制限


 まあ基本的にまともな医師や管理栄養士はあんなモンすすめへんのですが一部出版メディア(名指しすると宝島社・日経BP・東洋経済新報とか。このバカタレどもが)と結託した糖毒医師の跋扈はとどまるところを知らない。苦々しさが限界に達したか香川靖雄・女子栄養大学副学長が「栄養と料理」2016年11月号で「極端な糖質制限はここが危ない」(P208~211)と批判記事を書いてくれてます、ああありがたい。



 というわけで、今回はこの記事を紹介します。特に何も記述がない場合は「栄養と料理」からの引用です。



ハーバード大学
卒業生の追跡調査



 ハーバード大学の卒業生の、男性4万人を20年間、女性8万人を26年間、食事追跡した調査では、比較的ゆるやかな低炭水化物食(糖質の比率が総エネルギーの36%)でも、高炭水化物食(同60%)に較べて全死亡率が有意に高く、それが心臓血管疾患による差であることが確認されました。




 当ブログ記事の構成上いきなり痛そうなのが来たなあ(爆笑)。



糖毒馬鹿の医者は
ケチが多くて困る(笑)



 糖質制限のバカタレどもは自己掲示欲が強いのか結構メディアに露出しているのですが、なぜか学術論文は書かない。一般書はあんだけ書いてるクセに・・・まあそれも奴らなりの戦術なんでしょうが。香川副学長はそのことも指摘しています。



 糖質制限食では、長期の安全性に関するデータも不足しています。たとえば低炭水化物食(糖質21~70g/日)を調べた11人の試験では、血糖制御の指標とインスリン感受性の改善はありました。しかし最大でも55人、最長1年後の結果の報告しかありません。詳細なアメリカ糖尿病学会の立場表明を見ても、日本糖尿病学会でも、極端な糖質制限は推奨していません。長期の安全性や有効性を、学会として保証できないのです。


全米糖尿病学会


 聖路加国際病院内分泌代謝科部長の能登洋先生は、低糖質摂取率群(30~40%)と高糖質摂取率群(60~70%)を厳密に比較して、前者の全死因死亡率が1.3倍高いことを公表しています。



能登洋 聖路加国際病院 内分泌
日本語のリンクは
こっちですよ


 お、能登洋医師が出てきたな。能登医師については後述しますので乞うご期待。



当たり前のことを
ちゃんとやっているか?



 引用が多くなったので私自身の文章も書かないといけない。「栄養と料理」は一般人向けの雑誌だが、この記事は糖毒馬鹿の書いたものとは違う点がある。ちゃんと参考文献を書いてくれているのだ。Dr.糖尿モヤシ教祖とかバカボ山田とかって参考文献とか書かないじゃん?だから書いてることが本当なのかどうかがわからん。


 それ故奴らは専門家に相手にされてないんだけど(それがかえってよくなかったのだが)。あ、ゴメン間違えた。それは理由のone of themやったわ(笑)。



 なお能登洋医師についてずいぶん前なのだが「AERA」にこんな記事が載っている。



「AERA」では昔
こんな記事があったんや



ダイエット AERA 糖質制限


 だが、この糖質制限食、5年以上続けると死亡率が高くなる可能性を指摘する解析結果もある。国立国際医療研究センター病院糖尿病・代謝・内分泌科の能登洋医長らが今年1月、米科学誌プロスワンで発表した。


 糖質摂取量に関して5~26年追跡した海外の論文を分析したところ、総摂取カロリー中、糖質が3~4割のグループは、6~7割のそれと比べて、死亡率が1.31倍だった。


 「原因追求はこれからですが、長期にわたる糖質制限ダイエットは寿命を縮める可能性がある。今後、日本でも長期的な調査が必要です」(能登医師)


 提唱者の江部医師は、


 「糖質摂取量が全カロリー中の3~4割の『中糖質食』では、食後の血糖値、インスリン濃度が高いままで発がんや動脈硬化のリスクが改善できない。ただ、ハーバード大の研究では、中糖質でも植物性の食品の割合が多いと、死亡率が減少している」と反論し、血糖・インスリンが上昇しにくい、糖質が12%の「スーパー糖質制限食」を提唱する。一方、能登医師によると、糖質の割合が減るほどリスクが増える結果も複数あったという。


「AERA」2013.3.4「やってはいけないダイエット」 深澤友紀(編集部)



 アハハ、モヤシ教祖も言うねぇ。確かに前述の記事には植物性の食品についても言及してるんだけど、この連中が出してる一般書籍って大体肉とか動物性脂肪の料理が多くない?植物性タンパク質/脂質もあるけど。いかに「カロリー計算がバカらしくなる!」なんて言われても木綿豆腐や納豆ばかり食うのは魅力的とは言えんからねぇ(爆笑)。なお下の画像はDr.糖尿モヤシ教祖の『主食を抜けば糖尿病は良くなる!』(はず?/東洋経済新報社)の晩飯の一例ッス。



糖質制限 動物性 タンパク質


 忘れるところやった、記事中で取り上げた部分の参考文献はこれです。
(ハーバードの奴)Fung TT, et al:Low-carbohydrate diets and all-cause and cause-specific mortality:two cohort studies, Ann Intern Med, 153(5):289-298(2010)


(全米糖尿病学会)Arerican Diabetes Association:Standards of medical care in diabetes--2013.Diabetes Care 36 Suppl 1:S11-66(2013)


(能登洋医師)Noto H, et al:Low-carbohydrate diets and all-cause mortality: a systematic review and meta-analysis of observational studies.PLoS One.8(1):e55030(2013)




はてなブックマーク、Lineなどはこちら



スポンサー様の広告です!




世のため人のため↓バナーをLet's クリック!



テーマ : 糖質制限食
ジャンル : ヘルス・ダイエット

「夏の疲労感は糖質の摂りすぎ」?はぁ?何書いてんのこの本?

宝島社を見ると
出版業界はアレすぎる



糖質オフ ダ・ヴィンチ カリフラワー
本を読んでもらいたかったら
まともな本を紹介しろ
このバカタレ!


 本屋やコンビニの雑誌・書籍コーナーを見るとつくづく思います、「日本の出版業界はサイコパスじゃないと出世できひんのか?」と。まあ読者に訴える見出しでないといけないのかもしれませんが、ちょっとなあ。


 コンビニの棚で見かけた『夏の疲労感の原因は炭水化物のとりすぎ!糖質オフの夏ごはん』(管理栄養士・金丸絵里加/宝島社)』。これが「ダ・ヴィンチニュース」でも紹介されていた(「【糖質オフ】”炭水化物のとりすぎ”が夏の疲労感の原因に! ライスの置き換え「ガパオ風」レシピ【作ってみた】」)。タイトル、無駄に長えよ。



 夏バテ防止といえば、“よく食べてよく寝る”が基本。しかしその食事内容が大切で、スタミナをつけたいからといって、食べ過ぎてはかえって疲労のもとになる落とし穴があることをご存じだろうか?

 その答えを教えてくれるのが、『夏の疲労感の原因は炭水化物のとりすぎ!糖質オフの夏ごはん』(管理栄養士・金丸絵里加/宝島社)だ。

 炭水化物には糖質が多く含まれる。その糖質は体内でエネルギーに分解されるときに、体を作るもとになるたんぱく質、代謝を促すビタミンB群を消費する。そのため糖質をとりすぎると、たんぱく質、ビタミンB群が不足し、かえって疲労回復を遅らせてしまうという。

 そんな糖質の摂取量に着目した本書では、主食、主菜、副菜、汁物に分けてレシピを紹介し、すべてのレシピが糖質20g以下になっている。さらに、管理栄養士である著者ならではの視点で、夏の体に必要な栄養価も考えた食材を豊富に使用し、食欲を増進させるレシピ、疲労回復を助けるレシピ、発汗によって失われたミネラル類を補うレシピ、免疫力を落とさないようにするレシピなど、この夏の健康管理には欠かせないレシピ集になっている。その中から実際に3品を作ってみた。

【以下略】


「【糖質オフ】”炭水化物のとりすぎ”が夏の疲労感の原因に!(略)」https://ddnavi.com/news/389623/a/ 文=澤 ゆか


 内容はほとんど糖質オフのメシの紹介でしたが、コイツ”職業の良心”ってのはなさそうだな。とりあえずこの澤 ゆか、夏が終わった頃どーなってんのか興味あるな(笑)。



「夏バテの原因は
糖質の食いすぎ」
だと困ったことが



 糖質狂信者を例外に大体の日本人は炭水化物(糖質+食物繊維)をもっとも多い摂取エネルギーにしている。その量、大体6割ほど(昔はもっと多かった)。当然夏だけでなくどの季節でもだ。



 ここまで書けば弊サイトの愛読者なら察しが付くだろう。もし糖質の摂りすぎが夏の疲労感の原因なら、年がら年中糖質を摂っている奴は夏に限らず年がら年中疲れ果てていねぇといけねぇ(爆笑)。なんで夏だけバテるんだよコラ?「若いから」と言えばそれまでかもしれんがある程度のレベル以上の高校球児なんか毎日5合くらい白飯食ってるけど、それでもあのガキども全然バテてねーぞ(爆笑)?



「夏の疲労感に
糖質オフ!」は
論理の飛躍だタコ



 仮に夏バテの原因が糖質の食いすぎ(まあ前の段落で既に怪しくなっているけど)だとする。だとしたら・・・夏バテ対策が糖質オフ・糖質制限になるのか?残念ながらそういう風にはすぐにはならんわな。



 これもちょいと考えりゃわかる。糖質の摂取量が多すぎて主菜・副菜を十分に摂れずビタミンB1が不足するというなら、糖質量を適宜に調節すればいいだけの話。具体的には白飯の量を気持ち減らして主菜・副菜を少々増やす。それで事足りるのになんでわざわざ元気がなくなりそうな糖質オフをすすめるのか?宝島社やダ・ヴィンチの社員は空調の効いた部屋でグータラしててもいいのかもしれんが大抵の奴はそうはいかねぇんだよ?



 コイツらは夏バテの原因は糖質の摂りすぎというが、見方によっては”ビタミンB1の不足”ともいえるはずだしな。それに論理的に考えたら糖質を(ほとんど)摂らないなら別にビタミンB1そこまでいらんやろ(まあ揚げ足取りな気がするけど)?



 さらに糖質摂取量を減らすのならエネルギーをタンパク質と脂質(特に脂質)に依存せねばならないが、これらは糖質に較べて消化吸収が遅い。夏バテを避けたいのはわかるけどなんか余計なことやってる気がするなあ(爆笑)。おい宝島社、「ダ・ヴィンチ」編集部、この程度のことがわからんでいいんかい?



ニセ科学 水素水 法政
偶然見つけたんで
当てつけに貼ったる
なぜ「ニセ科学」にだまされてしまうのか?


そもそもの前提が
変な気がする



 ビタミンB1が不足すると脚気という病気になる。森林太郎は”脚気菌”なるものを盲信し”脚気栄養欠乏説”を頑なに受け入れなかった。アレ、一応軍医(陸軍)なんだけどなあ。



 さて現在は脚気になる奴はあまりおらず、また特に話題にもならない。おそらく一般的な日本の食生活が脚気にならない程度にはビタミンB1が摂取できるんだろう(いい加減だけど)。


 なのでに戻るけど「夏の疲労感には糖質オフ!」なんてそれこそ糖質足りてなくて大脳新皮質が異様な状態になってるとしか思えないことを言いだす前にちゃんと主菜・副菜も摂るようにしたほうがいいでしょう。


 あ、今気がついた。確かパスタとかそうめんとかひやむぎとか冷やし中華(というか小麦製品)って、ビタミンB1それなりに含まれてるよね?



 また夏バテの原因が本人の体力のなさやったら秋(10月くらい?)にならないと回復せんやろなあ(爆笑)。もう今夏は仕方ないけど、来年以降の夏のためにちゃんと体力つけなあかんよ?




はてなブックマーク、Lineなどはこちら



スポンサー様の広告です!




世のため人のため↓バナーをLet's クリック!



テーマ : 糖質制限食
ジャンル : ヘルス・ダイエット

プロフィール

toshitsubaka

Author:toshitsubaka
糖質制限・低糖質・MEC食はバカがやること!

新着記事
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
おすすめの人気記事
スポンサー様の広告

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR