バターコーヒーを取り上げるサイト、いったいバランスは何処にあんねん

自重筋トレで人気を集めたブログ
しかしその一方でおかしなことを



 ネタ集めにブログを読むことが多いのですが、ちょくちょく変なブログに人気が出ていることがあります。「Beauty life ステキな毎日を送るための美容サイト」「超キツイけど効果抜群の高負荷自重トレーニング9選 」http://beauty-life.jp/high-load-bodyweight-exercise-3990 という記事が偶然ですが目に入った。はてなブックマークが520もついてる。はてなブロガーに嫌われている(であろう)私からするとうらやましい限りです。でもはてなブロガーはちゃんとトレーニングできるのかしら。



 ただこのサイト、おかしな記事も結構載っている。「バターコーヒーダイエットの正しい作り方と痩せる理由 」http://beauty-life.jp/butter-coffee-diet-3831 がそのいい例ですわ。まあどの記事も情報の出処を書いていないのでその意味では出来がいいとは到底言えないんですが。



正直こいつ
やってないような
気がします(笑)



バターコーヒーの作り方と飲み方

1.グラスフェットバターを使用する

バターコーヒーダイエットを正しく実践する場合は上記のようなグラスフェットバターを用意する必要があります。グラスフェットバターとは「牧草飼育された牛のミルクを使った無塩バター」のことを言います。なぜグラスフェットバターが良いのかといいますとこのバターには不飽和脂肪酸が豊富に含まれているためです。不飽和脂肪酸には血液中の脂肪やコレステロールを減少させる働きがあるためダイエットに効果的な成分なんです。血液中のコレステロールや脂肪が減少することで体に付く脂肪を減らすことが出来ます。また、コレステロールや脂肪が血液中から減少することで血流が良くなって代謝がアップするので痩せやすい体質になります。

http://beauty-life.jp/butter-coffee-diet-3831


 ”不飽和脂肪酸が豊富に含まれているためです”って、曖昧な言い回しだな。無塩バター(これが一番近い)の簡単な栄養素を見てみると、



無塩バター 飽和脂肪酸 不飽和脂肪酸
オリーブオイル 飽和脂肪酸 不飽和脂肪酸



 もはや何を言っても虚しいだけです(爆笑)。とあきれると「そ、それは無塩バターダカラー」とバカたれがほざきだすのかもしれんけど、バターが動物性脂肪だってこと知ってりゃまず引っかからねえだろ、こんなん(爆笑)。



3.ココナッツオイルを入れて効果アップ

ココナッツオイルも最近テレビや雑誌で注目されているダイエットや健康効果が期待出来るオイルの一つです。ココナッツオイルは一般的な油とくらべてコレステロールになりにくく、エネルギーの消費を活発にさせる中鎖脂肪酸が豊富に含まれています。中鎖脂肪酸にはケトン体という脂肪を燃焼する効果やお腹が減りにくくなるという効果が期待できます。また便秘解消効果も期待出来ます。

http://beauty-life.jp/butter-coffee-diet-3831


 飽和脂肪酸の塊だけどな。つか、前の「不飽和脂肪酸たっぷり」バターとどこにどう整合性あるんだよ(爆笑)?



ココナッツオイル 飽和脂肪酸



4.バターとココナッツオイルはしっかり混ぜる

バターとココナッツオイルはコーヒーにしっかり溶けこませることで飲んだあとに効率よくエネルギーとなります。そのため、飲むときは全部溶けきるまでしっかり混ぜてから飲んで下さい。

http://beauty-life.jp/butter-coffee-diet-3831


 ブドウ糖がデンプンよりも、アミノ酸がタンパク質よりも消化吸収が速いのはあらかじめ細かくなっているから。脂質は小腸で脂肪酸とモノグリセリドになって吸収されるが、60~80度程度のコーヒーにかきまぜたくらいでそこまで分離されるんだろうか?中学生レベルの内容だぞ?

 脂肪は、肝臓で作られ胆のうにたくわえられていた胆汁のはたらきで、小腸の中で水に混ざりやすい状態になり、すい液のリパーゼという消化酵素のはたらきで、脂肪酸とモノグリセリドに分解される。


消化器官 消化酵素 栄養素
中学生用の教科書の記事に
リンク有り〼


 なおこのバカサイトによると10gのバターと大さじ1のココナッツオイルのバターコーヒーは一日2杯までだという。それ以上飲むとカロリーの摂りすぎだと。結局カロリーかよ(爆笑)。



バターコーヒー バイオハック ブレットプルーフコーヒー



”バターコーヒーダイエットの効果”?
そんなんわかっとるやろ(笑)



 アホになる、それだけや(爆笑)。

 面倒くさいけどこのアホブログにはこんなん書かれてます。



1.コーヒーの脂肪燃焼効果

コーヒーといえばカフェイン。カフェインは眠気を覚ましたり集中力を向上する効果が知られています。でも、それだけじゃなくカフェインには脂肪を減少させる効果もあるのをご存知ですか?コーヒーにはカフェインとクロロゲン酸というダイエットに効果的な成分が含まれています。

【中略】


2.代謝向上効果

カフェインには脂肪を減少させるだけじゃなく、代謝を向上する効果が期待出来ます。代謝の向上はダイエットには欠かせない要因の一つです。また、コーヒーに含まれているカフェインとグラスフェットバターを一緒に摂取することで代謝アップの相乗効果が期待出来るんです。
【中略】


3.グラスフェットバターは血糖値が上がりにくい
【後略】


http://beauty-life.jp/butter-coffee-diet-3831


 ①いかにコーヒーが脂肪燃焼効果があろうが、最大で40g近い脂質を補給すんねんぞ?

 ②代謝向上ってのは筋肉ついて初めて可能なの。

 ③バターコーヒーの総カロリーは(このアホ記事の場合)400kcal程度だから、市販のおにぎり2つ程度。糖尿病患者ならいざ知らず、正常体はそんなんで血糖値がバカ上がりするわけあらへんやろ。



 不幸中の幸いだったのは流石にこの記事にははてなブックマークはつかずFacebookの「いいね!」もほとんどなかったことか。私は間違ってもやりませんが不飽和脂肪酸が欲しいなら「オリーブオイルコーヒー」でも作って飲んどれよ、このアホサイトの管理人は(爆笑)。




スポンサーサイト


はてなブックマーク、Lineなどはこちら



スポンサー様の広告です!



世のため人のため↓バナーをLet's クリック!



テーマ : 糖質制限食
ジャンル : ヘルス・ダイエット

ゲリてつがおばはんにダイエット指南、でもなあ(笑)

二度目の糖質制限ダイエットで
苦戦するおばはん



 「ボクサーに糖質制限させて動けなくした」事実が私的に大ウケだったので今回もゲリてつネタです。「読者のべるさんから、2度目の糖質制限で体重が落ちないのはリバウンドの所為でしょうか?とご質問頂きました」http://ktkky.blog94.fc2.com/blog-entry-1919.html から。



リバウンド

はじめまして。 ?ブログいつも参考にさせていただいております。

?4年程前に糖質制限ダイエットを知り、スーパーを2週間、スタンダードを1年続けたところ、最初の2週間で?4kg、その後4ヶ月で?7kg、トータル11キロ減量することができました。

?身長 165cm 体重 70kg→59kg ?その後、少しずつ糖質を増やしたのですが ?2年程はそれほど体重が増えることもなく、 ?安心しきっていました。でもそんな甘い話はあるはずもなく、徐々にそして確実に増え続け、とうとう今年の1月に69kgまでリバウンドしてしまいました。 ?

これはいけないと思い(思うのが遅い)、今度は絶対リバウンドしない決意で、スーパーを始めました。

?2月28日から始め、1日で?0.8kg減少したものの、その後本日まで増減を繰り返し、 ??0.8kgのままです。 ?

4年前と同じ糖質量、食事量で、ヨガと筋トレを40分くらいしています。 ?

違うことといえば、4年前はトイレが近くなり、あーこれがケトン体がでてるのねって感じでしたが、今回は全く水分が排出されていないっていう感じです。 ?

まだ始めて10日しか経っていないので、焦らずゆっくりと思うのですが、不安になり、ご相談させて頂いております。 ?

やはりリバウンド後だからでしょうか? ?ちなみに46歳 女性です。

http://ktkky.blog94.fc2.com/blog-entry-1919.html


 おかしな方法で”結果”が出てしまい、しかもそれが基準になっちゃったんでしょうねこのおばはんは。皆さんも「”結果”さえ出りゃそれでいーじゃん」とはゆめゆめ考えないように!

 本人申告だけでは判断材料が少ないのですが糖質制限は「短期決戦で目方が減る」というのがウリの一つだったはず。それがイマイチ効果がないってことは「何かが確実におかしい」とは考えないんですかね?



ゲリてつが答えますが
ダメじゃんこれ(笑)



 で、ゲリてつはこんな風に答えます。



お書き頂いてますように、まだ10日(今日までだとプラス9日ですね…)しか経ってないので焦られることはないと思いますが、それだと答えにならないので、今回の糖質制限で体重が減らない理由を考察してみますね。

まず、リバウンド後だから減りにくいのかと云えば、そうじゃないと思います。

一回二回のリバウンドでは、そない極端に減りにくくなるなんてことはありません。

ほななんで?なのですが、気になったのが「今回は全く水分が排出されていない」です。

糖質制限食に取り組みますと、始めた夜はやたらとトイレばかり行ったなんてよくお聞きします。

これは、1gの糖質をグリコーゲンとして蓄えるときに3gの水が必要で、糖質制限で余計な糖が身体に入ってこなくなると、糖質が取り込んでた余分な水分が体の外に排出されるためです。

今回はこの現象が無いとのことなので、もしかしたら4年前と同じ糖質量のつもりが、調味料や何かの加減で思ってる以上に糖質の摂取量が増えちゃってるかもです。

一度、食事内容を再チェックしてみてください。

これ以外に考えられるのは、4年の月日の重さですね(笑)

べるさん、私とほぼ同じ年齢なのでズバッと書かせて頂きますが、40代で4年の歳月の経過は、思った以上に厄介ですよ?(笑)

筋肉量も30代の時よりも加速がついて減りますし、それにともなって基礎代謝も下がります。

例え4年前と糖質量が同じでも、摂取エネルギーを減らすか消費エネルギーを増やさない限り、同じように体重が落ちてくれないと思います。


なので、糖質量の再チェックと合わせて、食事内容&生活習慣(特に運動面)を見直してみてください。

多分、それで落ちだすのではないかと思いますので…。

http://ktkky.blog94.fc2.com/blog-entry-1919.html


 はっきり言って「ダメじゃん、これ(笑)」。というのは、

 ① 既述したように”10日(今日までだとプラス9日ですね…)しか経ってない”のに0.8㎏しか減ってないこと。ただ見た目の体重を減らすだけなら(体脂肪が減らなければ無意味ですがあえてこういう書き方)このくらいは糖質制限しなくても誰でもできるでしょ?糖質制限は基本短期間で目方を減らすだけの減量法だから、短期で結果が出なかったら減量法としては無価値です(笑)。

”糖質制限食に取り組みますと、始めた夜はやたらとトイレばかり行ったなんてよくお聞きします。

これは、1gの糖質をグリコーゲンとして蓄えるときに3gの水が必要で、糖質制限で余計な糖が身体に入ってこなくなると、糖質が取り込んでた余分な水分が体の外に排出されるためです。”


 ゲリてつはこうは言ってますが、体脂肪が落ちてるワケじゃないんですよ(爆笑)。あと”調味料や何かの加減”って何だよ(笑)。何の駄本か忘れたけど「ケチャップはマヨネーズより糖質ガー!」とかほざいてたのがあったけどトマトケチャップのカロリーは119kcal/100g(マヨネーズは同量で702kcal)。そもそもケチャップ日に100gも食う奴いるのか?余程に繁盛してなくて自家消費してるオムライス専門店って想定なのか(デミグラスソースは102kcal/100g)!?それ、絶対無理がある(爆笑)。脱線が多かったので単刀直入に書くと、調味料の糖質量なんてたかが知れている。

ケチャップ 糖質量

ケチャップミニのリンク先。
12gが一回当たりの標準量か。

   
 ② 弊ブログの人気記事でも取り上げているんですが何度でも書きましょう、「糖質制限ダイエットは既に終了してますから」

”筋肉量も30代の時よりも加速がついて減りますし、それにともなって基礎代謝も下がります。

例え4年前と糖質量が同じでも、摂取エネルギーを減らすか消費エネルギーを増やさない限り、同じように体重が落ちてくれないと思います。

なので、糖質量の再チェックと合わせて、食事内容&生活習慣(特に運動面)を見直してみてください。”


 ゲリてつ本人が既に書いてるんですが、糖質制限すれば減るのはまず筋グリコーゲン(水分はおまけで減る)。この状態ではまともな運動は有酸素運動しかできず、もし体重が減っても筋肉のそれなりの減少はまず不可避。そりゃそーだろ、インスリン(異化を妨げる、ここでは筋肉を維持するホルモン)の分泌をわざと少なくするんだぜ?何のことはない、当たり前の結果が当たり前に起きるだけですよ。

運動強度 回数
さて、高強度の運動はできるのかな?


 大体やで、”摂取エネルギーを減らすか消費エネルギーを増やす”ダイエットをやるんやったら糖質制限やらんやろ。ん?ちょっと待てゲリてつ、ボクサーの減量指導やった(大失敗やったけど)立場上”摂取エネルギーを減らして消費エネルギーを増やす”ダイエットをやれって言わなアカンやろ(爆笑)!?



この”幸せな”おばはんに
忍び寄る恐怖・・・(苦笑)



 しかしこのおばはん幸せですわホンマ。だってこんなん言うとんねんから。



ありがとうございます

お忙しい中、丁寧なお返事をいただきありがとうございます!

あれから、昨日まで体重はビクともせず、私はいつの間にか倹約遺伝子の持ち主になったのかなと不安でした。

ただ昨日突然、何度もトイレに行き、今日は1.2kg減っていました!

原因をもう一度考えてみたところ、もしかしてアルコールではないかと!

4年前は最初の2週間はお酒も一切飲みませんでしたが、今回はハイボールか辛口赤ワインをグラス2杯程毎日飲んでいました。


糖質がほとんどないとはいえ、何か関係しているのかなと…思い、昨日はやめてみたところ、一気に水分が出ていったような感じでした。

後、あらてつさんのおっしゃる4年の月日!

すごく大きいと今更ながら実感しております。(笑)

この1年、何度もぎっくり腰になったり、やはり筋肉量の低下は否めないなと感じます。

もう一度、色んなことを見直し、きちんと糖質制限していきたいと思います。

また、経過報告させて下さい。

http://ktkky.blog94.fc2.com/blog-entry-1919.html


 アルコールって利尿作用ないですか?と思ったんですがまあいいでしょう。

 このおばはんは4年間で体重がほとんど元の木阿弥になりました。でも体のほうはそんなもんじゃすまないでしょう。いわゆる「ヨーヨー・ダイエット」ってやつです。



  ①食事を減らすだけではだめ

 体を動かさずに食事の量(摂取エネルギー)を減らすだけの方法では、脂肪とともに筋肉も減ってしまいます。筋肉が減ると、それにともなって消費エネルギーも減少するので(筋肉が消費するエネルギー量は大きい)、体重は思うほど減らなくなります。その時、思ったほどやせないからと食事の量をさらに減らすと、栄養素やエネルギーが不足して、体調を崩したり健康がそこなわれたりします。反対に、体重が減ったからと言って食事の量をもとにもどすと、消費エネルギーが少なくなった体にはエネルギーのとりすぎとなり、すぐに体重が増えてしまいます(これは「リバウンド」と呼ばれます)。このとき増えるのは、ほとんどが脂肪です。

『保健体育』(大修館書店)p118~119



 過去記事「保健体育の教科書を読め、糖質制限なんぞいらん!」でも書いたので最近読者になった方は是非ご一読を。

 彼女がなかなかやせなくなったのも「糖質制限で筋肉が大分減って、その後体脂肪だけが増加した」ことが大きな原因でしょう。なのでしんどいかもしれないけどこれ以上筋肉を減らさないように細心の注意を払って体作りしないといけないのになあ、また体重が減ったから・・・他人事ながら心配だよ。




はてなブックマーク、Lineなどはこちら



スポンサー様の広告です!



世のため人のため↓バナーをLet's クリック!



テーマ : 糖質制限食
ジャンル : ヘルス・ダイエット

ゲリてつの質問者、ヤバくない?無理にとは言わんけどなんとかしてやれよ(苦笑)

王城さんネタをありがとう!
ちょっと悩んでたんで



 最近何書こうかなと迷うことが多くなりました(苦笑)。偶然にメールボックスを見てみたのですが(それほど頻繁には読まないんです、ごめんなさい)王城恋太氏からメールをいただきました。



先日、モヤシ教祖のカバン持ちのブログを読んでいたら、笑える記事を見つけました。

http://ktkky.blog94.fc2.com/blog-entry-1917.html

ボクサーに糖質制限をさせて動けなくなったそうです(笑)

続きの記事では、「糖質を摂ると糖質をエネルギーとして使うので脂肪が使われない」と阿呆なことを言っています。

そんなこと言い出したら、こいつらは糖新生で糖が作られる度に糖が使われるので、永久に脂肪が使われなくなってしまいます(笑)


こんな馬鹿見たことないので、ブログで取り上げようとも思ったのですが、toshitsubakaさんとキャラが被るので、暇があったら是非取り上げてみて下さい。



 本当に遅くなってしまってごめんなさい。早速読んでみましたが笑えます。糖質制限軍団のゲリてつ(≒下痢ばっかしてるあらてつ)、こんなの書いてるのか。もし私がジムの会長だったらゲリてつは即刻出入り禁止にしますね、「ウチの子たちに何してくれるんや」って(爆笑)。



ゲリてつ身の程を知らず
ボクサーがおかしくなる



 ゲリてつがプロボクサーの減量指導をした顛末を読んで大笑いしました。「糖質制限食と運動についての考察 その1 2016年03月16日」http://ktkky.blog94.fc2.com/blog-entry-1917.htmlです。



【前略】


ロンリークライマーさん、改めましてコメントありがとうございました。

本文での考察がおもいっきり遅くなってしまい、本当に申し訳ございません。

早速本題に行きたいと思います。

まず、スポーツと糖質制限ですが、糖質制限食自体が1998年に高雄病院で始まって、一般的に広がったのが2012年からなので、正直なところスポーツに応用したデータと呼べる程のものが無いんですね。

なので、私の経験と、実際に糖尿病でスーパー糖質制限食に取り組まれ、マラソンと登山をされてる方のお話から考察して行きますので、あくまで参考程度に考えてくださいませ。

まず、ボクシングですが、西日本の新人王になったプロ選手の減量指導をしたことがありますが、正直、練習になりませんでした。

練習の途中でヘロヘロになって、文字通り動けなくなりました。

鬼のようなスタミナがある選手がです。

このプロ選手以外でも数名、試合に出ている選手の減量にスーパー糖質制限食を試してみましたが、全員、同じような状態になって練習になりませんでした。

無酸素運動で且つ、強度の高い運動を繰り返すような練習内容では、脂肪の燃焼ではエネルギーの供給が間に合わないのだと思います。


逆に、マラソンやトライアスロン、長距離の自転車競技では、タイムが上がったと云うご報告を頂くことがあります。

【中略】


私は登山もマラソンもトライアスロンもしたことがないので、ここからは推測でしかないのですが、これらの競技は、短距離走のような瞬発力よりも持久力が求められるので、糖質制限食でちゃんと脂肪を燃焼することが出来る身体になったことにより、タイムが短縮&行程が楽になったのではないでしょうか。

http://ktkky.blog94.fc2.com/blog-entry-1917.html


 前にも書いたけど長距離走者は糖質をエネルギー源にする速筋の割合が相当少ない(高速の有酸素運動が主なため)。

速筋繊維 筋持久力
速筋繊維 筋持久力



 ところがボクシングをはじめとする格闘技は速筋がどうしても必要になる(筋持久力・全身持久力も確かに必要だが瞬間的なスピードやパワーを損ねてはいけない)。そりゃそうやろ、競技性質が全然異なるんやから。日本のボクサーの場合軽量級が多いからか、ゲリてつの目にゃボクサーも長距離ランナーも同じに映ったんだろうな。でもさ、それってゲリてつの目が節穴ってことなんじゃね(爆笑)?

 中学生用の保健体育の教科書でひっくり返されてしまったゲリてつ。私が仮に体重増加に悩んだとしても絶対彼の世話にはなりたくありません。だって自分の専門領域(だと思う)が満足にできないような奴の言うこと、どうして聞けるんだよ?

 ”正直なところスポーツに応用したデータと呼べる程のものが無いんですね”とは書いてるけど、これは経験がうんたらかんたらよりも生物の構造上の問題なので「知らなかった」は通らんよ。なおプロボクシングの新人王戦は4回戦なので3×4=12分、決勝戦が5回戦(1分間のインターバル)。圧倒的に時間が短い(もっとも、格闘技の3分は感覚としては長いけど)。

 でもこう見ると山田悟ってヤブ医者、レベル的にはゲリてつや糖毒MEC主婦富山のみさこさんと全然変わんねーじゃん(爆笑)。しかし日本の医学教育大丈夫かよ、大丈夫じゃねえな(爆笑)。



運動強度 運動時間 エネルギー供給源
グラフに過去記事リンク貼ってるんで読んでみてください
それから有酸素運動は糖質使わないわけじゃないです


やや複雑だけど
(本当なら)
切実な女性が



 で、このゲリてつブログのコメント欄にはこんな切実?な訴えが。



太りたいです。筋肉をつける?運動内容は?

初めまして、あらてつさん。

江部先生のブログと共に、拝見させていただいております。

実は、1月8日の江部先生のブログにも太るにはどうすればとコメントし、アドバイスをいただきましたが、糖質を減らしなんとかお腹いっぱい食べているのですが、まだまだどんどん体重が減ってきてしまいました。

只今、159㎝42㎏、BMI16.5です。

そこで、お忙しいところ大変恐縮ではありますが、あらてつさんにもアドバイスいただけたらと思いコメントいたした次第です。

低糖質高タンパクの食事とは、具体的にどんなものでしょうか?

食事も野菜の比率より鳥、豚、牛肉、魚を多くした方がいいのですか?

食事回数を増やして、摂取カロリーを増やすのもアリですか?

また、運動は有酸素運動よりもスクワットなどの無酸素運動の方が筋肉をつけるには効果があるのでしょうか?


妊娠も希望しているので、これ以上痩せてしまったら困ります(´・ω・`)今はお米、少し食べています。

【後略】


まなみ URL 2016年03月16日 22:12

http://ktkky.blog94.fc2.com/blog-entry-1917.html


 まなみさんの切実な?質問に対してゲリてつ、1週間以上たっても答えてはくれません(苦笑)。ただこれに関してはゲリてつにも何分かの理があるかな。ブログやSNSは基本気まぐれ(善意なり打算なり)で運営されている。だから答えたいと思わなければ答えなくても構わないし、質問者もそれを前提としなければならない。インターネットの二大原則(と私は考えている)「自己責任」と「Best Effort」ですね(ただしこれを逃げ口上として使ってる者も多いですが)。まあ前も書いたけど本当に切実だったら時間や費用が少々かかってもちゃんとした専門家に診せに行くだろうけどね(苦笑)。

 なおDr.糖尿モヤシ教祖のブログでのやり取りは以下の通りです。



BMIを上げたいのと玄米食

江部先生、初めまして。

昨年よりブックマークしてちょこちょこ閲覧させていただいております。

29歳、159㎝ の境界型糖尿病の者です。父が糖尿病です。

去年の糖負荷試験の結果ですが、

HbA1cが5.8

空腹時血糖 87mg/dl

30分 173mg/dl

60分 218mg/dl

120分 179mg/dl

180分 79mg/dl

となっています。

食事もなるべく糖質少なめにしていますが、玄米を毎食100g?程食べています。たまに飲み会等で沢山糖質を取ってしまう日もあります。

妊娠も希望しているので、自己測定器で時々計測もしています。

結婚もし、自分で食事を作るようになり糖質を控えた食事作りを心がけているのですが、ここ最近の体重が43kg、BMIが16.9になってしまいました。

冷え性も酷いので太りたいのですが、色々調べているうちにどうしたらいいのかわからなくなってきてしまいました。

やはり、この体質で玄米食を続けていったら糖尿病になってしまうのでしょうか?炭水化物は好きで、ゼロにするのは今の気持ちでは難しいと感じています。

お忙しいのは重々承知の上ですが、アドバイスいただけたらと思います。

2016/01/08(Fri) 21:43 | URL | まなみ |

http://koujiebe.blog95.fc2.com/blog-entry-3651.html#comment




Re: BMIを上げたいのと玄米食

まなみ さん

60分 218mg/dl ですので、将来糖尿病になりやすいです。

1時間値が180mg/dlを超えている場合は、将来糖尿病になりやすいとされています。

従って、毎食100gの玄米摂取だと、将来糖尿病のリスクとなります。

1回の食事の糖質量を、30~40gにする「緩やかな糖質制限食」で、糖尿病発症リスクが大きく減ります。

そして動物性の脂質やたんぱく質をしっかり食べて、摂取カロリーを増やして、体重増加を目指しましょう。


2014年07月20日 (日)の本ブログ記事

「糖質制限食英文論文、新潟労災、前川智先生。境界型が正常型に。」

を御参照いただけば幸いです。

2016/01/09(Sat) 08:13 | URL | ドクター江部 |

http://koujiebe.blog95.fc2.com/blog-entry-3651.html#comment



 よく考えてみたらいい、Dr.糖尿モヤシ教祖が「糖質制限しましょう」以外の答えを言うと思うか?銀行や郵便局の窓口で聞く「投資信託は儲かりますよ!」ってのと同じだよ(爆笑)。



まなみさん妊娠どころ
じゃないんじゃ?
読むブログを間違えてる



 別におどしているわけじゃないが、BMI16.5でしょ?ややデリカシーに欠けるのだが、正直生理来てるのか?一読して思ったのはこの人おっちょこちょいだわ(笑)。だってさ、

 Dr.糖尿モヤシ教祖がやってんのはモヤシボディになる方法ですよ?モヤシ教祖ではないけど2匹めドジョウをすくいに行った奴はこうなりましたし(爆笑)。



 自己申告だと玄米だけでも300gだから(調理前の米ではなく調理後の米飯と考えて)495kcalか。年齢がわからないのでエネルギー必要量を1650~1750kcalと見積もっても全体の3割だからなあ(少ないということ)。まなみさんに言うべきは「まともな書籍を読み、ちゃんとしたお医者さん(糖尿病専門医)や運動の専門家の言うことを聞きなさい」かな。



糖質制限 江部 インチキ モヤシ バカ

画像は全てリンク貼ってます



はてなブックマーク、Lineなどはこちら



スポンサー様の広告です!



世のため人のため↓バナーをLet's クリック!



テーマ : 糖質制限食
ジャンル : ヘルス・ダイエット

北里大学、大丈夫か(まあどうでもいいけど)?まさか糖尿病増大計画?

一見まともな立場に見えるから
なおさらタチが悪い(苦笑)



ウイダー 増量



 糖質制限推進の医者の一人である山田悟(北里研究所病院糖尿病センターセンター長)がアホウ極まる妄言をほざいていた。「「運動前には糖質をたっぷり摂れ」は嘘だった」https://medical-tribune.co.jp/rensai/2016/0322500506/ だと?ナメてんのかテメエは?



 私は学生時代,運動をやるのであれば試合前には糖質をたくさん食べるようにと指導された。糖質を負荷すること(カーボローディング)により,筋肉内のグリコーゲンが増加し,運動耐容能が向上するということであった。この若いころに刷り込まれた知識により,"糖質制限食をしていると,(カーボローディングの逆作用で)筋肉内のグリコーゲンが減少し,運動耐容能が低下するのではないか"という懸念を持っていたが,自分自身の体感としては糖質制限食で運動持久力が低下するとは感じていなかった。

 このたび,極端な糖質制限食(ケトン産生食)ですら筋肉内のグリコーゲン量は維持され,運動耐容能も低下しないことを示す論文がMetabolism(2016; 65: 100-110)に掲載された。糖質制限食は運動耐容能を低下させないことが証明され,そもそもカーボローディングの概念が覆されたように思うのでご報告したい。

「運動前には糖質をたっぷり摂れ」は嘘だった」 https://medical-tribune.co.jp/rensai/2016/0322500506/


 このバカはDr.糖尿モヤシ教祖とかココナッツ白澤とは違い一見割とちゃんとして見える立場にいるため、なおさらタチが悪い。カーボローディングが間違ってる?山田、間違ってんのはテメエのツラと頭だよこのクソボケ!



山田悟の論拠(笑)
いきなりダメじゃん



 ではこの山田が妄説の論拠としているのは一体何なのか?ご丁寧に教えてくれてるんですが(まあ、自称18㎏の医者に較べりゃこの点はマシか。あんなのに勝ってもしょうがないけど)、それが・・・。



Metabolic characteristics of keto-adapted ultra-endurance runners.

Volek JS1, Freidenreich DJ2, Saenz C2, Kunces LJ3, Creighton BC3, Bartley JM3, Davitt PM3, Munoz CX3, Anderson JM3, Maresh CM2, Lee EC3, Schuenke MD4, Aerni G3, Kraemer WJ2, Phinney SD5.

Author information

Abstract

BACKGROUND:

Many successful ultra-endurance athletes have switched from a high-carbohydrate to a low-carbohydrate diet, but they have not previously been studied to determine the extent of metabolic adaptations.

METHODS:

Twenty elite ultra-marathoners and ironman distance triathletes performed a maximal graded exercise test and a 180min submaximal run at 64% VO2max on a treadmill to determine metabolic responses. One group habitually consumed a traditional high-carbohydrate (HC: n=10, %carbohydrate:protein:fat=59:14:25) diet, and the other a low-carbohydrate (LC; n=10, 10:19:70) diet for an average of 20months (range 9 to 36months).

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26892521


 ウルトラマラソンランナー?トライアスリート?この時点で爆死確定(爆笑)。しかし北里柴三郎は何を思うだろうか・・・大袈裟か。でも大学間の生き残り競争に北里大が勝てるのかどうかは興味があるかなあ、こんなの雇ってて。



なぜ山田はアホなのか①
有酸素運動だけじゃねえか



 ウルトラマラソンやトライアスロン、アイアンマンレースはアホみたいな距離を走行する有酸素運動。距離が長い一方で瞬間的なスピード・パワーを要求される動作は(ほとんど)ない。有酸素運動に特化した人間(”Twenty elite ultra-marathoners and ironman distance triathletes”だからな)に有酸素運動やらせてるんだから別にどうってことのない結果が出ただけである、アホクサ。



 筋力トレーニングが体脂肪を減らすメカニズムⅠ(除脂肪量および基礎代謝量の増加)

 運動中のエネルギー源は、強度が低い運動、長時間の運動(有酸素運動)ほど体脂肪が利用される比率が多くなります。反対に、筋力トレーニング(以下、筋トレと省略します)や短距離走など短時間で高強度の運動(無酸素運動)ほど糖質が利用される比率が高まります。

 したがって、“運動中”により多くの体脂肪を燃やすためには、ウォーキングやジョギングなどの軽い運動を長時間行なうことが効果的です。

 では、筋トレなどの無酸素運動が脂肪燃焼に効果がないのかというとそうではありません。有酸素運動が“運動中に脂肪を多く燃やす”のに対して、筋トレは、“運動後に脂肪が燃えやすい状態をつくる”ことが科学的に証明されているからです。

https://www.yspc.or.jp/ysmc/column/health-fitness/diet-theory-3.html#diet-theory-3-2



運動強度 運動時間 エネルギー供給源

https://www.yspc.or.jp/ysmc/column/health-fitness/diet-theory-3.html#diet-theory-3-2から


 だから山田は自説を主張したいならウルトラマラソンランナーやトライアスリートやテメエを含む糖毒バカ(笑)に400m走とかバドミントンとかフットサルとか格闘技(試合よりも追い込む内容の練習)とかやらせてみりゃいいんだよ(爆笑)。つか、そのくらいやってからホラ吹けやクズ。



なぜ山田はアホなのか②
中学生の教科書で蹴飛ばしたる



 過去に紹介したのだが、各スポーツ選手の筋肉の中の速筋繊維の割合(脚部)。マラソン選手、群を抜いて速筋が少ない!長距離走は競技特性上「高速の有酸素運動」が求められ、その選手はそれに適した体を作った結果がこれ。驚くにはあたらない。


速筋繊維 筋持久力

見づらくて申し訳ない。
マラソンが20%、一般人50%、剣道60%ッス


 サルコペニアとかロコモーティブとか糖尿病予防とかには筋肉を増やすのが有効なのだが、その筋肉は速筋および中間筋(typeⅡb/typeⅡa)を意味する。そして長距離を続けるとそれが過度に少なくなっていく。オイオイ、いいのかよ?目的が果たせないじゃん?北里大学の経営陣の皆さん、こんなアホに糖尿病センター任せてて大丈夫なの(爆笑)?

速筋繊維 筋持久力


 そもそも持ってきた例がなんの参考にもならん、無理がある。「ウ、ウルトラマラソンガー」ってもなあ、糖毒バカなんて100㎞どころか1㎞だって走りたくねえ奴らじゃねえか(爆笑)!!



ちゃんとした知識と
知恵を持つ必要



  長距離走やその競技者をおとしめるつもりは一切ない(実際に読んでみればわかるはず。私は運動者には敬意を払っているつもりです)。だが求める物やら何やらが異なるのだからその一切合切を受け入れる必要はない。大体なあ、人間の体力ってのは全身持久力だけじゃねえんだぞ。筋力・瞬発力・筋持久力・柔軟性・敏捷性etcとあるんだから。確かに数十kmを走ることは全身持久力が高くなければできないが、それが全てではない。

 だがよくない連中は無知に付け込んで大して役に立たないものを売りつけようとするんだわ、山田のバカの新書を出してる幻冬舎がそのいい例だな(笑)。上記のような長距離走者のイメージを悪用してるんだから。それを見抜けないバカも結構いるんだがな、ケイオウに多分裏口かAO入試で入ったクソガキとか(爆笑)。身を守るためにも勉強はせなあかんのです!

 どうせなら幻冬舎に資金出させて北里大生に糖質制限やらせて、そいつらに医学部があってスポーツの強い大学の学生と勝負させて糖質制限の程度を試してから何か言えよ。近畿大とか日本大とかと野球・相撲・水泳とかで勝負させて。どうせならそのくらいの捨て身で行けや!望む結果はまず出ないんでホンマに元手ドブに捨てることになるけど(爆笑)。



 書いてから気づいたんですが、過去に「脂肪を使う運動でも糖質は必要!運動するなら糖質は必須!」って記事を書いていて、これが山田悟のアホを完全否定しそうな勢いでした(爆笑)。時間が余ったなら是非ご一読を。しかしはてブってホントもらえないよな・・・私ってはてなの奴に嫌われてるのかしら(苦笑)。





はてなブックマーク、Lineなどはこちら



スポンサー様の広告です!



世のため人のため↓バナーをLet's クリック!



テーマ : 糖質制限食
ジャンル : ヘルス・ダイエット

オイルラテかあさんかなり心配です、アメブロってこんなんばっかりや

オイルラテかあさん
またまた走ってます



鴨志田穣



 2日空けてしまって期待していた読者の皆さま申し訳ない、なかなか思うように書けなくって。最近読むのがなんだか楽しみなオイルラテかあさんのブログですが、今度は「ケトン体は安全なエネルギー」http://ameblo.jp/healthcare-aki/entry-12141435995.html という記事を書いてました。「ケトジェニックダイエットアドバイザー」とかいう民間資格?を取ってしまったから後に引けないのかな?まあなんにせよおかしなこと書いてるんでスパッと片づけてやるか。でもこの資格、特典なんてどうでもいいモンだよなあ(苦笑)。



オイルラテかあさんや
普通の人でも
ケトン体は危ないよ



糖質制限をすると体内にβヒドロキシ酪酸、いわゆるケトン体が肝臓で生産され、それを燃料として細胞が取り込みエネルギーを生み出します。

「ケトン体が危険」と主張する場合、重症糖尿病患者が起こす「ケトアシドーシス」や飢餓の時にケトン体が検出されることから「ケトン体=飢餓」と捉えられていたからです。

しかし、これらの事象は原因と結果が真逆です。


まず、糖尿病のケトアシドーシスの場合、インスリンの分泌が極端に少ないために糖代謝の細胞が糖を取り込めずエネルギー不足となり、それを代償(肩代わり)するために脂肪を分解してケトン体を作りエネルギーとします。

ただ、細胞のエネルギーが糖からケトン体に切り替わるためには数日から数週間かかりエネルギーとして利用できるまでには時間がかかるため、その間にエネルギーが枯渇し重症化してしまいます。

さらに、ケトン体レベルが普段の数百倍まで上がるにもかかわらず、ケトン体が使われないと血液が酸性に傾きますが、病態が進むと緩衝作用が低下するため「アシドーシス」となります。

緩衝作用が正常な健康人はアシドーシスになることはありません。


http://ameblo.jp/healthcare-aki/entry-12141435995.html


 健康かどうかはともかく、糖尿病患者じゃなくても糖質制限やってケトアシドーシス起こした人はいるよ?弊ブログの過去記事を読めば一発!

 そこいらの図書館でもおいてあるであろう『本当は怖い「糖質制限」』(岡本卓)という新書に極端な糖質制限をやった人がケトアシドーシスを起こした事例として「ランセット」2006年3月18日号に掲載されたレポートを紹介しています(同書80~85)。

肥満女性のケトアシドーシスの実例 詳しくはリンク先参照!



 ってことっす。ケトアシドーシスは正常だろうが異常だろうが条件さえそろえば誰にでも起こりうるってコト。そしてケトンラテかあさんの暴走は続くよ!



かあさんや
人乳の成分知らんの?



しかし、中鎖脂肪酸自体は安全な脂質です。

母乳は中鎖脂肪酸が豊富で、生後10日に最大の濃度となります。

これにより、赤ちゃんはケトン体を肝臓で作りケトン体をエネルギーにします。

ちなみに、牛乳と人の母乳は脂肪酸の種類、組成が違います。牛乳は牛の子を育てるために最適化された脂肪酸組成をしていますが、人間にとっては炎症を遷延させるパルミチン酸が多過ぎるそうですコレ

http://ameblo.jp/healthcare-aki/entry-12141435995.html


 前の段落の2例からケトン体がわんさか出てくるのは糖質が枯渇してその代替エネルギーとして必要だから。さらに書くと人乳の糖質の割合は44%なのでケトン体をエネルギーにしてるかどうか相当怪しい。そもそもだよ、前2例では女性はどちらもダイエットしていたから体重は減ってる(BMI40超の白人女性はそう)けど、赤ちゃんは日に日に成長してるはずだよ、それは矛盾しないの?



人乳 普通牛乳 やぎ乳 カロリー



 なおじっとしている時は脂質の消費の方が多いから、1日中寝ている赤ちゃんの主要エネルギー源が脂質であっても特に不思議はないです。意外にタンパク質・カルシウムが少ないけど、1年は確実に寝ている赤ちゃんはそれでもいいのか。



かあさんや
せめて記事くらい
ちゃんと読もうや



 ケトン脳によるかあさんの暴走は留まるところを知らない。というか、ブロガーとしてコレどうよ?って感じでおかしい(笑)。



確かに、研究レベルではケトン体はまだ未知の部分が多いのは事実です。

しかし、上にも書いたように、人間の歴史のうちケトン体をエネルギーにしていた期間は99.9%であり、人間の体はケトン体を利用するために最適化されています。長い狩猟採集時代には血糖値を上げる糖質はほとんどなく、食物繊維とともに存在した甘みが少く血糖値を上げにくい木の実や果物ばかり。しかも今のように豊富に栽培されてはおらず、滅多に食べられない貴重なものだったようです。

今の時代は糖質が多すぎています。その影響・健康への影響を知り、ケトン体が人間にとってどんな存在かを知ることは、人間とは何かを知る手がかりになります。

アフリカのハッザ族(ハッツァ族)は農耕以前の狩猟採集生活をずっと続けてきたそうです。

彼らの食生活に糖質はありません。代謝異常も不眠症もうつ病もありません。


彼らの生き方が本来の人間の生き方に一番近いとすれば、私たち現代人がより健康に、幸せになるヒントもそこにあるのかもしれません。

http://ameblo.jp/healthcare-aki/entry-12141435995.html


 ケトンラテかあさんよ。ホンットに言いにくいんだけど、アンタ絶対リンク先の記事読んでねえだろ?自分が援用したサイト記事くらいしっかり目を通せよ、ハッザ族に失礼やぞ(爆笑)。



 オンワスのような伝統的なハッザ族は、ほとんど物を所有しない。家財道具は、鍋、水を入れる容器、斧(おの)など、毛布で包んで肩に背負えるほどしかない。

 女性たちは、ベリー類やバオバブの木の実を集め、地面を掘ってイモ類を採る。はちみつ集めと狩りは男たちの仕事だ。夜にヒヒ狩りをするときは集団だが、こうした大掛かりな狩猟は年に数回しか行わず、普段は単独で狩りをする。鳥、ヌー、シマウマ、スイギュウ、イノシシと、仕留められるものは何でも食べる(ただし、ヘビは嫌いで、決して手を出さない)。

NATIONALGEOGRAPHIC日本版 特集 ハッザ族太古の暮らしを守る



NATIONALGEOGRAPHIC日本版 ハッザ族

NATIONALGEOGRAPHIC日本版 特集 ハッザ族太古の暮らしを守るから


 ハッザ族はどうか知らんけど、現代日本で糖質を食べないと”代謝異常も不眠症もうつ病も”かなりの確率で降りかかるのではないかと心配ですわ(爆笑)。セロトニンが効きにくいからうつはヤバそう。糖質摂らなさすぎて血糖値がダダ上がりして気がついたら境界型!こう考えるととてもとてもアカンのと違うかな。



 それにさあ少し考えたらわかるじゃん、ヒトを含む動物ってのはどうしようもなく餓えたら木の皮はがして食うじゃない(爆笑)?






はてなブックマーク、Lineなどはこちら



スポンサー様の広告です!



世のため人のため↓バナーをLet's クリック!



テーマ : 糖質制限食
ジャンル : ヘルス・ダイエット

ドーパミンって何やねん?過剰に恐れることはない?

オイルラテかあさんの続き
そもそもドーパミンって何?



鴨志田穣



 前回記事ではオイルラテかあさんが「砂糖を摂るとドーパミンが出てそれがくせになって血糖値が上がってインスリンが出て糖尿病になってetc」というのがどうも胡散臭いぞ、まずは寂しくなったら何かつまんで食べる生活習慣を改めろということを書きました。ただ、私としては引っかかるモンがあって今回はその続きになります。 そもそもドーパミンって何やねん?



神経伝達物質ドーパミン



 ドーパミン [英仏 dopamine(DA) 独Dopamin]

 フェニルアラニンphenylalanineよりエピネフリンを生成する系の中間体で、チロシン、ドパを経て最初に生成するカテコールアミン。それ自身で神経伝達物質としての作用をもつ。パーキンソン症候群は黒質線条体ドパミン系での本物質の含量低下に基づくものであり、治療薬L-ドパ投与によりドパミン作動性ニューロンは賦活化される。ドパミンは血液脳関門を通過しない。

南山堂 医学大辞典【豪華版】p1508 ※意外ですが、これだけしか書いてなかった!



 ドーパミン(英: dopamine)は、中枢神経系に存在する神経伝達物質で、アドレナリン、ノルアドレナリンの前駆体でもある。運動調節、ホルモン調節、快の感情、意欲、学習などに関わる。セロトニン、ノルアドレナリン、アドレナリン、ヒスタミン、ドーパミンを総称してモノアミン神経伝達物質と呼ぶ。またドーパミンは、ノルアドレナリン、アドレナリンと共にカテコール基をもつためカテコールアミンとも総称される。医学・医療分野では日本語表記をドパミンとしている。

統合失調症の陽性症状(幻覚・妄想など)は基底核や中脳辺縁系ニューロンのドーパミン過剰によって生じるという仮説がある。この仮説に基づき薬物療法で一定の成果を収めてきているが、一方で陰性症状には効果が無く、根本的病因としては仮説の域を出ていない。覚醒剤はドーパミン作動性に作用するため、中毒症状は統合失調症に類似する。強迫性障害、トゥレット障害、注意欠陥多動性障害 (ADHD) においてもドーパミン機能の異常が示唆されている。

一方、パーキンソン病では黒質線条体のドーパミン神経が減少し筋固縮、振戦、無動などの運動症状が起こる。また抗精神病薬などドーパミン遮断薬の副作用としてパーキンソン症候群が起こることがある。

中脳皮質系ドーパミン神経は、とくに前頭葉に分布するものが報酬系などに関与し、意欲、動機、学習などに重要な役割を担っていると言われている。陰性症状の強い統合失調症患者や、一部のうつ病では前頭葉を中心としてドーパミンD1の機能が低下しているという仮説がある。

下垂体漏斗系においてドーパミンはプロラクチンなどの分泌抑制因子として働く。そのためドーパミン作動薬は高プロラクチン血症の治療薬として使用され、逆にドーパミン遮断薬は副作用として高プロラクチン血症を誘発する。

wikipedia”ドーパミン” 



 なおドーパミンの材料は必須アミノ酸のフェニルアラニン、チロシン(つまりはタンパク質。なおチロシンは必須アミノ酸ではないがフェニルアラニンから生成される)。




ドーパミンはいい気持ち?
意欲を高める?



 これだけではよくわからなかったので『脳の栄養失調』からドーパミンについての説明を引用します。



糖質制限 糖尿病 逆効果


 ドーパミン神経は脳幹中脳の腹側被蓋と黒質にあります。

 腹側被蓋からの神経軸索は、主に大脳前頭前野に伸び、認識や統御などの機能に関わっています。また辺縁系にも届いており、感情をコントロールします。

 とくに大事なのは、大脳の中央にある中隔核や側坐核などに神経軸索が伸びていることです。ここは快感を生む部位だと考えられます。

 動物実験でこの部位にドーパミンを与えると、その動物はさらにドーパミンが与えられるように行動します。たとえば、側坐核や中隔核に微小な管(カニューレ)を差し込み、レバーを押すとその管からドーパミンが注入されるようにしておきます。すると、動物はレバーを絶え間なく押して、ドーパミンが注入され続けるようにします。

 ところが、ドーパミンとその受容体の結合を阻害するような物質を与えると、動物はレバーを押さなくなります。受容体を阻害されて、ドーパミンが側坐核などの細胞を刺激しなくなるので、レバーを押さなくなるのだと思われます。

『脳の栄養失調』p170~171



 では、レバーを押さなくなるのは、快感を失うからなのか、あるいは押そうという意欲を失うからなのか。快感か意欲かについては多くの議論があります。

 最近、人の脳に微小な電極を入れて、脳のいろいろな場所を電気的に刺激する治療が行われるようになりました。たとえば末期ガンで苦しくてたまらないような人とか、統合失調症や重度のうつ病の人などに対して行われます。

 このような装置にちょっとした工夫をします。レバーを押すと側坐核を電気的に刺激し、ドーパミンが分泌されるようにするのです。すると、患者さんはレバーを押し続けます。当然、快感を求めてだと思えます。

 ところがご本人に聞くと「必ずしも快感ではありません。押し続けると、もう少し気持ちがよくなるのではないかという感じがあって、押し続けるんです」といったりします。

 あるいは、視床に電極を入れて刺激する装置でも、患者さんはレバーを押し続けます。意外なことに、それはむしろ不快を感じるといいます。その一方で「もう少しすると、何か気分がよいことが起こるのではないかと思ってやっています」などといいます。

 このことから、ドーパミンは快感だけでなく、何かしようとする意欲をもたせる物質だと考える研究者も多いようです。

『脳の栄養失調』p171~172



 なるほど。ドーパミンは気分がいいだけではなく(あるいはそれに限らず)意欲をもたせる、期待させる、と。なおドーパミン・セロトニン・ノルアドレナリン等はストレスに対抗するもの。



セロトニンを思い出した!




 唐突だがセロトニンを思い出してほしい。精神を安定させるセロトニンはトリプトファン(必須アミノ酸の一種)が原料だがインスリン分泌でより効率よく活用できる。ならさあ・・・。

 小腹が空いたら少し体動かして(プランクでも懸垂でもスクワットでもいいから)、それからプロテイン飲んだらいいんじゃね?

ウイダー 増量
ザバス



 アミノ酸スコアが100%であるなら(大抵はそうだと思うけど)トリプトファン・フェニルアラニン・チロシンなど必須アミノ酸が摂取できる。増量用などなら糖質も(必要なだけ)添加されてるからインスリンを効果的に使える。体を動かす習慣もつくだろう。

 本来記事ではドーパミンと糖質摂取の関係を書きたかったのだけど(苦笑)。




はてなブックマーク、Lineなどはこちら



スポンサー様の広告です!



世のため人のため↓バナーをLet's クリック!



テーマ : 糖質制限食
ジャンル : ヘルス・ダイエット

キモい画像でおどすオイルラテかあさん、看護師がそんなんすんなや(笑)

かあさんや、砂糖って
何かわかってる(爆笑)?



鴨志田穣



 オイルラテで一旗揚げようと思ってる?オイルラテかあさんが砂糖の害を力説してくれてます、キモイ画像つきで。



甘く~て美味しいスイーツマカロン

でも、待って!!

スイーツ中毒になっていませんか!?

砂糖には脳に幸福な感情を与える「ドーパミン」というホルモンを分泌させる作用があります。

それは、糖質という「飢餓からの解放の象徴」を体内に入れることで脳が「飢餓が去った」と勘違いするからです。

でも、その幸福感は長くは続きません。

スイーツを食べて血糖値が上がり、そのあとインスリンというホルモンによって血糖値が下がると、脳は再び飢餓を恐れ「もっと砂糖を食べろ!!」と要求してきます。

さらに、甘さのレベルにだんだん慣れてくると、幸福感も最初に比べ得られにくくなります。

まるで麻薬のようですね。


そしてスイーツにより血糖値を上げてはインスリンで下げ、上げては下げを繰り返すうち、血管はボロボロに、インスリン分泌能力も落ちてきます。
【中略】

女性の10%、男性の16%が糖尿病になる時代。

糖質の摂りすぎは何が何でも避けるべきです!

糖尿病に注意を促すキャンペーンポスター「Sweet Kills」が衝撃的すぎて閲覧注意ですした

糖毒バカ 糖質制限 



sweet kills !!スイーツは甘くない・・・  http://ameblo.jp/healthcare-aki/entry-12139051607.html


 昔の水虫の薬の広告みたいでイヤだなあ。でもこれ、あくまで映像作家がつくった作品ですから。あとリンク先がバイラルメディア(爆笑)。http://karapaia.livedoor.biz/archives/52213013.htmlバイラルメディアで記事を拾ってくるのはともかく、リンク先はこれ作った作家のところにしてやれや(爆笑)。https://www.behance.net/gallery/29457117/Sweet-Killsなおこれ書いたのタイ人だったりする、運動不足解消のためにムエタイでもやれよ。つか、これ”糖尿病に注意を促すキャンペーンポスター”なのか?チョコレートって脂質は糖質の倍あるんだけど(爆笑)。



 このかあさん、砂糖を話題にしていたのになぜか糖質にすり替わってる。看護師さん、あなた糖類と糖質の区別がついてないよね砂糖はショ糖(ブドウ糖+果糖、二糖類)だから。基本的なことがわかってない人に何か言われてもなあ。



炭水化物 種類 ブドウ糖
炭水化物 種類 果糖



かあさんや、砂糖は
”遊離糖類”のことだよね?



 砂糖は”free sugars(遊離糖類)”とか”add sugars”に入るので穀物などの炭水化物とはまた別。そしてこれらはWHOやら「米国人のための食生活指針2015-2020年版」とかで「総カロリーの10%未満」と書いてある。



  4 March 2015 | Geneva - A new WHO guideline recommends adults and children reduce their daily intake of free sugars to less than 10% of their total energy intake. A further reduction to below 5% or roughly 25 grams (6 teaspoons) per day would provide additional health benefits.

Free sugars refer to monosaccharides (such as glucose, fructose) and disaccharides (such as sucrose or table sugar) added to foods and drinks by the manufacturer, cook or consumer, and sugars naturally present in honey, syrups, fruit juices and fruit juice concentrates.

http://www.who.int/mediacentre/news/releases/2015/sugar-guideline/en/


Healthy eating patterns limit added sugars to less than 10 percent of calories per day. This recommendation is a target to help the public achieve a healthy eating pattern, which means meeting nutrient and food group needs through nutrient-dense food and beverage choices and staying within calorie limits. When added sugars in foods and beverages exceed 10 percent of calories, a healthy eating pattern may be difficult to achieve. This target also is informed by national data on intakes of calories from added sugars, which as discussed in Chapter 2, account on average for almost 270 calories, or more than 13 percent of calories per day in the U.S. population.

http://health.gov/dietaryguidelines/2015/guidelines/chapter-1/a-closer-look-inside-healthy-eating-patterns/#added-sugars



 



 つくづく思うんだけどさ、糖毒バカって糖毒摂取については「いっぱい」と「(ほとんど)ない」しかないんだよな、ケトン脳の辞書には「中庸」はあらへんのかい(爆笑)?



かあさんや、現実には
この主張には無理があるよ



 過去に書いた、糖質を摂った後のインスリン・グルカゴン・血糖量のグラフです。



グルコーススパイク インスリン ホルモン濃度 食後血糖値
血糖値 グルカゴン ホルモン濃度

東京書籍版『生物基礎』からグラフ作成


 まあ確かにグルコースが減ってくりゃ「もっと食え」とも言ってくるでしょうが、それは頻繁にではない。かあさん、間をはしょりすぎ。

 そもそも糖尿病患者ならいざ知らず、正常人は食後2時間で血糖値が140を割る。それから血糖値はだいたい100mg/dL前後です。2時間おきに何かつまんでるのは単に何にも考えてない食い意地のはった奴だと思うよ、かあさんの勤務先にもいるのかな(爆笑)?



かあさんや、おどすよりも
言うことあるんじゃない?



 実は人ってのは厄介なモンで、別に空腹じゃなくても食べることができるんですわ(笑)。だから実際には間食ってのは「お腹が空いたから」よりむしろ「口が寂しいから」が理由なんじゃない?まったく食べないのも寂しいだろうからお菓子の量を減らすとか他のことで(例えば体を動かすとかで)気を紛らわすとか、早い話が生活の習慣をちょっと変えた方が絶対健康にはいいからそっちをすすめなよ?





はてなブックマーク、Lineなどはこちら



スポンサー様の広告です!



世のため人のため↓バナーをLet's クリック!



テーマ : 糖質制限食
ジャンル : ヘルス・ダイエット

飽和脂肪酸と”糖類”を摂りすぎるな!「米国人のための食生活指針2015-2020年版」(「Tarzan」の小ネタより)

「アメリカ人が日本人に
近づいてきた?」(大げさな)



食生活指針 永井豪 鬼トレ

永井豪先生が表紙。
もっとダンベル大きい方が似合うけど。


 「Tarzan」2016年3月10日号にアメリカの保健福祉省と農務省が、5年に一度改定している食事ガイドライン「米国人のための食生活指針2015-2020年版」を発表したという記事があった。取材・文のケンジ・イノウエ氏は”伝統的な和食こそが最新のガイドラインを満たしていると言えそうだ”と記事をしめている。今の日本で”伝統的な和食”を日常的に食べている人がどの程度いるのかは疑問だが(苦笑)、書かれている内容を見るとそんな気もする。



記事中のこのブログに
合った内容は
こんなんです



 大きな変化は新たに砂糖などの糖類の摂取基準が設けられたこと。飲料や料理に加えられて糖類も含め、1日の摂取カロリーの10%未満に抑えるべきだとしている。摂取カロリーが2000キロカロリーなら200キロカロリー、つまり50gであり、果糖された飲料ならペットボトル1本(500㏄)に相当するから、かなり厳しい制限である(糖類でも果物の果糖のように食材に入っているものは除外)

 脂質では、食事から摂るコレステロールは血中のコレステロール値に影響しないとしてコレステロールの摂取基準を撤廃。代わりに肉類やバターなどに多い飽和脂肪酸をやはり1日の摂取カロリーの10%未満に抑えるようにガイドする。

 個別の食品では緑黄色野菜、マメ科植物、果物、穀物(最低半分は全粒穀物)、無脂肪または低脂肪の乳製品、栄養強化した豆乳、魚介類、脂質の少ない牛・豚・鶏肉、卵、ナッツ、大豆製品などを含む食生活を推奨。

 現状で特に魚介類の摂取が際立って少ないことから、有害なメチル水銀の少ないイワシ、サバ、鮭などを週8オンス(約230g、切り身3切れ程度)以上摂り、心臓病を減らすために1日250㎎を目安にEPAとDHAを摂ることを勧める。

「Tarzan」2016年3月10日号




 とのこと。健康的な食事として地中海食とベジタリアン食を挙げてるが、和食がむしろマッチしてるとか。なお記事にはお寿司を食べてる挿絵があるのですが、日本人そんな頻繁にお寿司食べてないですよ(苦笑)。



 食べることが奨励されているイワシやサバ(青魚)が大衆魚。シリコンバレーで生き残っている連中はバターコーヒーなんか飲まずにサバやサンマの缶詰を食べてたりして(笑)。山師の皆さん、アメリカで一旗揚げてみませんか?「口に合わない」とか言い出したらこう言うといいでしょう。

「食べ物と思うな、薬と思え!」



実際にサイトを
見てみよう



食生活指針



 ただ雑誌に書いていることを書きうつしただけではいけない、そんなことしたら小林将之のような糖毒バカのゲスオヤジと同じになってしまう(爆笑)。調べられる範囲で調べてみたところ(とは言っても「米国人のための食生活指針2015-2020年版」を見ただけなんだけど)こんなんでした。

 私は決して英語が得意でないので(むしろ苦手)手間がかかって困ります。誰でも一目でわかるように書いてくれたらいいのに(苦笑)。というか、アメリカ人だってイラチは結構おるやろうからこないにダラダラ書いたら誰も読まへんのとちゃうか?アメリカ人に肥満が超多い理由の一つは「健康は面倒くさいから」なのではないかと考えてます、いや考えなくてもわかるか。「食生活指針2020-2025年版」は可能な限り誰であってもわかりやすく読みやすいスタイルでやってほしい。アホで強欲極まる日本人が悪用しないとも限らないので(爆笑)。



Added sugars include syrups and other caloric sweeteners. When sugars are added to foods and beverages to sweeten them, they add calories without contributing essential nutrients. Consumption of added sugars can make it difficult for individuals to meet their nutrient needs while staying within calorie limits. Naturally occurring sugars, such as those in fruit or milk, are not added sugars. Specific examples of added sugars that can be listed as an ingredient include brown sugar, corn sweetener, corn syrup, dextrose, fructose, glucose, high-fructose corn syrup, honey, invert sugar, lactose, malt syrup, maltose, molasses, raw sugar, sucrose, trehalose, and turbinado sugar.

Healthy eating patterns limit added sugars to less than 10 percent of calories per day. This recommendation is a target to help the public achieve a healthy eating pattern, which means meeting nutrient and food group needs through nutrient-dense food and beverage choices and staying within calorie limits. When added sugars in foods and beverages exceed 10 percent of calories, a healthy eating pattern may be difficult to achieve. This target also is informed by national data on intakes of calories from added sugars, which as discussed in Chapter 2, account on average for almost 270 calories, or more than 13 percent of calories per day in the U.S. population.

http://health.gov/dietaryguidelines/2015/guidelines/chapter-1/a-closer-look-inside-healthy-eating-patterns/#added-sugars



Intake of saturated fats should be limited to less than 10 percent of calories per day by replacing them with unsaturated fats and while keeping total dietary fats within the age-appropriate AMDR. The human body uses some saturated fats for physiological and structural functions, but it makes more than enough to meet those needs. Individuals 2 years and older therefore have no dietary requirement for saturated fats.

Strong and consistent evidence shows that replacing saturated fats with unsaturated fats, especially polyunsaturated fats, is associated with reduced blood levels of total cholesterol and of low-density lipoprotein-cholesterol (LDL-cholesterol). Additionally, strong and consistent evidence shows that replacing saturated fats with polyunsaturated fats is associated with a reduced risk of CVD events (heart attacks) and CVD-related deaths.

http://health.gov/dietaryguidelines/2015/guidelines/chapter-1/a-closer-look-inside-healthy-eating-patterns/#fats



Seafood, which includes fish and shellfish, received particular attention in the 2010 Dietary Guidelines because of evidence of health benefits for the general populations as well as for women who are pregnant or breastfeeding. For the general population, consumption of about 8 ounces per week of a variety of seafood, which provide an average consumption of 250 mg per day of EPA and DHA, is associated with reduced cardiac deaths among individuals with and without preexisting CVD. Similarly, consumption by women who are pregnant or breastfeeding of at least 8 ounces per week from seafood choices that are sources of DHA is associated with improved infant health outcomes.

http://health.gov/dietaryguidelines/2015/guidelines/chapter-1/a-closer-look-inside-healthy-eating-patterns/#callout-seafood-heading



 この辺で力尽きました(苦笑)。実際にサイトを読んでもらったらわかるけど(というか、絶対読めよ)、add sugars(糖類)とgrain(穀物≒炭水化物)と別に分けてあるのでこの二つは別物と考えましょう。これで糖毒バカに引っかかることは(少しだけ)なくなったハズ!自画自賛するけど弊ブログは役に立つ(笑)。
 このサイトを見ていてココナッツオイルの飽和脂肪酸についてのグラフがありましたので転載しておきます。めっちゃ高い(爆笑)。



ココナッツオイル 飽和脂肪酸




はてなブックマーク、Lineなどはこちら



スポンサー様の広告です!



世のため人のため↓バナーをLet's クリック!



テーマ : 糖質制限食
ジャンル : ヘルス・ダイエット

オイルラテ(笑)看護師、運動まるでわかってねえ

肉食かあさん
妙に貧乏くさい庶民的(笑)



 一部糖質制限界隈で話題のオイルラテ考案者(笑)のブログ、多少抜けてはいますけど(笑)読んでて楽しいブログです。思うところはあるけどね。



今日は運動とダイエットの関係についてまとめましたスポーツ

ダイエットに運動を取り入れようか迷っている方の助けになればと思います元気

明日の夜、高級焼肉店でお金を気にせず好きなだけ食べられるパーティに出席するとしたら、どんなことをしてパーティに臨みますか!?

①朝、昼の食事を軽くする、または抜く

②運動をしてお腹を空かせておく

③特に何もしない

たいていの人は①を考えつくかもしれません。

さらにおいしく食べるなら②がより効果的でしょう。

http://ameblo.jp/healthcare-aki/entry-12129433396.html


 思わず微笑んでしまった。なぜなら”明日の夜、高級焼肉店でお金を気にせず好きなだけ食べられるパーティに出席するとしたら”という想定自体がありえないからだ。高級肉(魚介・青果などもだが)というのはそもそも数が少ないから店の方針は当然「量より質」。量で押してくる店はたいてい格安店です。

 でもいいこと教えてくれたよ、彼女は意図してないけど。ものごとは「量も大事だけど質も十分考慮する」ようにしないといけない。それとすきっ腹に肉とかはあまりすすめません。



オイルラテかあさん
高校生物レベルが(笑)



 さて、本題に入りましょう。このオイルラテかあさん(命名!)もご多聞に漏れず運動に対してあまりよく思っておりません。まあ、バレるからかな。



「太る原因は食べ過ぎ、または運動しなさ過ぎ」と一般的に思われています。つまり、痩せるには運動するか食べる量を減らせば良い、ということになります。

ダイエットをしたことがある人ならわかると思いますが、食欲をセーブしようとコントロールすることは非常に困難です。

たとえ今日明日は我慢できても、明後日には過食してしまいチャラになることもあります。
また、それと同じように、運動で痩せた体をキープすることも困難です。

運動で痩せる、という方法はとても非合理的なのです。

ダイエットに運動を取り入れるようになったのは、カロリーの概念が定着するようになってからです。


食べるカロリー以上に運動でカロリーを消費すれば痩せられる、と今でも考えられていますが、実は人間の体はこんなに単純ではありません。

そもそも、運動量を増やせば食欲は増してしまうものです。

【中略】

ここで疑問に思う方がいるかもしれません。

「運動で実際に痩せることだってある」と。

運動をすると脂肪細胞から脂肪が出て行き、筋肉にエネルギーとして燃やされます。

しかし、運動をやめると脂肪細胞は失った分の脂肪を血液中からかき集めて補充しようとします(リポタンパクリパーゼという酵素が関わっています)。

すると食欲が増し、体重は元に戻ってしまいます。

運動で痩せた体をキープするためには、運動をし続け、さらに食欲とも戦い続けなければならないのです。

食欲は人間の本能ですので、それを理性で押さえつけることを続けているといつかは破綻をきたします。過食に走ってしまったり、心の病気を引き起こすことさえあります。

http://ameblo.jp/healthcare-aki/entry-12129433396.html


 ふ~ん、糖質制限の度が過ぎて”過食に走ってしまったり、心の病気を引き起こ”してしまった人はよく知ってますけどね(爆笑)。





”ダイエットに運動を取り入れるようになったのは、カロリーの概念が定着するようになってからです。食べるカロリー以上に運動でカロリーを消費すれば痩せられる、と今でも考えられていますが、実は人間の体はこんなに単純ではありません”

 昔どっかで聞いたことありますね。確か毎日大量の油脂を食らって一向にやせず(割愛)。それはさておき、カロリーの概念が発見される前から生き物は生きていたわけですからあまりこの文章に意味はないですね。カロリーを知らなかったからカロリーに従わなくていい、というものでもないし。

 ”運動量を増やせば食欲は増すものです”?そう?引っ越し屋のアルバイトでもしてみたらいい、食欲落ちるから(爆笑)。体がなまっている人は確実にそうなる。

 さて、筋肉を使う運動の場合筋肉中の糖質(筋グリコーゲン)が減少するので糖質を摂ってもまずはそっちに補充されるので食べすぎなければ問題はありません。”太る”というのは

①過体重

②体重における体脂肪の割合が高い

 の少なくともどれか一つを満たしている場合のことを指すわけだから。



”運動をすると脂肪細胞から脂肪が出て行き、筋肉にエネルギーとして燃やされます。

しかし、運動をやめると脂肪細胞は失った分の脂肪を血液中からかき集めて補充しようとします(リポタンパクリパーゼという酵素が関わっています)。

すると食欲が増し、体重は元に戻ってしまいます。”


 についても思うところがあります。

アンタ、成長ホルモン知らんのか?


生理作用

成長ホルモンには成長に関する作用と代謝をコントロールする作用がある。

成長に関する作用


主にIGF-1を介して起こり、標的器官の細胞分裂を盛んにさせる。

骨の伸長 -- 幼児期に骨端の軟骨細胞の分裂・増殖を促し、骨を伸張させる。

筋肉の成長 -- 特定のアミノ酸の取り込みを促し、タンパク質合成を促進する。

代謝に関する作用

成長ホルモンが直接作用する場合、IGF-1を介す場合の両方がある。

代謝促進 -- 炭水化物、タンパク質、脂質の代謝を促進する。

血糖値上昇 -- 肝臓でのグリコーゲン分解を促し、また抗インスリン作用(インスリンを抑制し、血糖値を上昇させる)を持つため、血糖値を一定に保つ。

恒常性の維持 -- カルシウム濃度などを一定に保ち、体内の恒常性を維持する。

体脂肪動員の促進 -- エネルギー不足の状態の時、脂肪組織から遊離脂肪酸の形で放出させる。



分泌促進

睡眠

 成長ホルモンは睡眠中に2時間から3時間の間隔で下垂体前葉より分泌される。

 したがって、子供の成長や創傷治癒、肌の新陳代謝は睡眠時に特に促進される。

運動

 一般的なレジスタンストレーニングや高強度の持久的運動などの、強度の高い運動を行なうと血中の成長ホルモン濃度は200倍程度に増加する。また睡眠中にも同程度に増加する。


wikipedia”成長ホルモン” 


 ね?また茨城のカッぺ医師が加圧トレーニングで8年かけて一般人レベルまで減体重・体脂肪に成功してるよ。糖質制限しなければ筋量増でもっと結果が出たろうけど(苦笑)。



 確かに自分の体に起こっている変化を把握するのは難しい。でもそれは運動(食事制限を併用する場合も含めて)で体重管理をする人だけではないだろう。あと「なるべく太りそうなものを食べない」のも大事だろ。





はてなブックマーク、Lineなどはこちら



スポンサー様の広告です!



世のため人のため↓バナーをLet's クリック!



テーマ : 糖質制限食
ジャンル : ヘルス・ダイエット

糖質制限の深く昏い闇~「女性自身」編(web) 糖毒商売の光文社、お前らも血を流せ(爆笑)

糖毒で儲けた光文社
「女性自身」にも触れねえと



女性自身 糖質制限 桐山秀樹



 ”桐山ショック”からほぼ1ヶ月が経ち世間も落ち着きを取り戻したように感じられます。もっとも世間の糖毒バカ(教祖・信徒両方)に対する視線はかなり険しくなりましたが。Dr.糖尿モヤシ教祖の新書が出版されるそうですが、内容はともかくその評価が楽しみであります。糖毒バカ諸君、一人10冊は買ってモヤシ教祖を支えないと(爆笑)!



 さて”桐山ショック”を週刊誌がどう報じたかを検証する記事ですがどうしてもやらねばならない「女性自身」。版元の光文社は『糖質制限が人類を滅ぼす』だか『ケトン体が人類を間引く』だかわからんが糖質制限関連の書籍(新書)を多数出版していたような気がします、なおタイトルはうろ覚えです(爆笑)。普段は女性誌なんか読まないのですが記事を書くためにネットカフェを一通り探してみたんですが、「女性自身」はなかった(苦笑)。主婦層はネットカフェ行かないからかな。で、仕方がないので「女性自身」のサイトを渋々閲覧。ん?何だコレ?



ガマンはNG!
糖質制限ダイエットで
死なないための6カ条


投稿日: 2016年02月29日 06:00 JST


 オイコラ光文社、まだテメエらはあきらめてねえのか!正直記事内容ははっきり言ってダメでした。



糖質制限ダイエットで
死なないための6カ条
(最初からやるなよ)



 そんなおかしなモン、ハナからやらなきゃいいだろ?とは思うんですが「女性自身」と光文社的にはそうもいかないようで。こんな内容でした。



ごはんやパンなど「炭水化物」を控えたらみるみる痩せた??。そんなダイエットの伝道師、ノンフィクション作家の桐山秀樹さん(享年61)が2月6日急死した。原因は心不全だという。

桐山さんといえば、「糖質制限ダイエット」に関する著書や、「おやじダイエット部」の活動で知られる。直前まで仕事を続け、元気な姿が報じられていたことから、〈糖質制限との因果関係はないのか?〉〈急激なダイエットが原因なのでは?〉などと、衝撃が走った。

【中略】

「糖質制限ダイエット」のメカニズムは、いたってシンプルだ。『ごはん好きでも必ず痩せられる!炭水化物の新常識』(永岡書店)の著者で、臨床栄養協会評議員でもある、東京・秋葉原駅クリニック院長の大和田潔先生が言う。

「糖質を取ると体内でブドウ糖になり、血液中を流れるブドウ糖の濃度である血糖値が上がります。血糖値が上がると、すい臓からインスリンが過剰に分泌されます。インスリンは、ブドウ糖を細胞内に取りこむことで血糖値を下げます。一部は脂肪に変わるので、『肥満ホルモン』とも呼ばれています。過剰な糖質の摂取は肥満を招きます」

血糖値が高い状態が続くと、血液中のインスリンも高い状態が続き、糖尿病へと突き進む。一方で、食事で取る脂質を少なくすると、「肥満ホルモン」のインスリンが減少。同時にブドウ糖以外のものをエネルギー源にする体に変化する。このためスリムになる、ということだ。

薬に頼らなくても血糖値や血圧を正常に戻し、体重が減る効果が得られるメリットがある一方で、「糖質制限ダイエット」をめぐっては、’13年に日本糖尿病学会が、「総エネルギー摂取量を制限せずに炭水化物のみを極端に制限して減量を図ることは、食事療法として安全性などの重要な点についてこれを担保するエビデンス(科学的根拠)が不足している」などと指摘している。

賛否両論渦巻く「糖質制限ダイエット」だが、簡単に実践できるメリットはある反面、厳しく制限しすぎて食事の楽しみがなくなってリバウンドしたり、体調を崩して途中で挫折してしまう人も多い。そこで、大和田先生に「『ゆるい糖質制限』で無理せず痩せるための6カ条」を教えてもらった。

【1】糖質の取りすぎを適正量に戻す「ゆるやかな糖質制限」

1日に食べる炭水化物を半分に減らすだけ。あるいは、朝と昼だけごはんを食べて夜は抜くなど制限はゆるやかに。または運動後だけごはんを食べる。

【2】食べないガマンはNG!食べ方のひと工夫で食事を楽しもう

職場の同僚や友人と食事をするときはガマンをしないで食事を楽しむ。食べすぎた分は数日以内に調整すればだいじょうぶ。

【3】1日の糖質摂取量を120~200グラムにする

30~39歳で一日中デスクワーク中心の女性は1日に175グラムの糖質を取ってよい。主食を減らして低糖質の健康食品を活用しよう。

【4】甘い飲料に依存しない!水分補給は水かお茶にする

甘い飲料を飲みすぎると常にブドウ糖を欲しがる糖質依存になる。人工甘味料も控えて。

【5】糖質制限+ながら運動でダイエット効果を高める

摂取カロリーを減らすと脂肪とともに筋肉も落ちていき、基礎代謝が低下する。テレビを見ながらスクワットをする「ながら運動」でも十分。

【6】血糖値を急上昇させない食べ方で脳に満足感を与える

低糖質、ローカロリーのおかずで満足感を得るとともに、食べる順番を野菜→汁物→肉・魚の順に食べて、ごはんは最後に食べる。

「ダイエットを長続きさせるためには、なんといっても食事を楽しみ、ストレスをためないことが大切です」(大和田先生)

ガマンはNG! 糖質制限ダイエットで死なないための6カ条 投稿日: 2016年02月29日 06:00 JST

http://jisin.jp/serial/%E5%81%A5%E5%BA%B7%E3%83%80%E3%82%A4%E3%82%A8%E3%83%83%E3%83%88/diet/23172


 「ガマンはNG!」と言いつつかなりのガマンを強いるダイエットだということがわかります(爆笑)。【4】は甘いものが大好きな人には厳しく(だからこそ人工甘味料+飽和脂肪酸の塊低糖質スイーツが商品として通用するわけで)、【5】は運動嫌いには厳しい。テレビ見ながらスクワットって、2時間番組だったらどうすんのよ(爆笑)。まあ糖質制限に限らず体重を減らす、体型をよくするためには何らかの制約(あるいはガマン)が必要なのですが。



 このサイト記事がふざけているのは糖質制限と心不全(この場合は心筋梗塞)についての因果関係から逃げていること。脂質過多の食事が動脈硬化→心筋梗塞などに影響することは書かれていない。また”体重が減る”糖質制限は実質的に「糖質を減らしたカロリー制限」であることにも触れていない。まあ光文社に都合が悪いんからなんですけど。

 それにしてもこの大和田って医者、なんでこんなN次被害を起こしそうな雑誌の片棒担いだんだよコノヤロー、と多少怒って彼のブログ「やさしい医療をめざして-新しい神経内科」を閲覧してみたら、「え?」とびっくりした。



ブログの大和田医師と
「女性自身」の大和田医師
どっちがニセモン?



 2016年2月24日 (水) アスリートと炭水化物 / 糖質を摂って、いきいきと暮らす

アスリートは炭水化物をきちんと摂取しています。彼らは、ガス欠にならないように体に蓄積された糖質や脂質を上手に燃やしながら運動することに専念しています。体脂肪を極端に削るボディビルダーの方が飲むプロテインにも、筋肉の萎縮(カタボリズム)を防ぐために多くの場合、糖質が含まれています。

糖質を制限してケトン体だけで競技に臨む方が、通常食のアスリートよりもハイパフォーマンスであるということを、私は寡聞にして知りません。逆に、ガス欠になり足が止まってしまったり、低血糖で朦朧とされたというアスリートの方のお話は聞いたことがあります。

アスリートではない私達も、運動と食事は両輪。彼らのミニチュア版です。
体重を減らすということと、いきいきと健やかに暮らすということは、別な話。急激に体重を落とす方法が、長期間体のメインテナンスをするのに最適な方法とは限りません。

http://owada-dr.cocolog-nifty.com/blog/2016/02/post-68cf.html




2016年2月15日 (月) 糖質制限について / タイミングと期間

今日、糖質制限についての問い合わせがありました。

インスリン分泌を減らす糖質制限で、体重を落とす事は可能です。

これまでの食生活を見なおしたり、運動が可能になる体重に落とすためには有用かも知れません。体重が落ちてくると、運動が楽しくなり色々なことに挑戦したくなるかもしれません。

すると、糖質を全く取らないわけには行かなくなります。特に、長時間運動し続けるためには、エネルギー源としての糖質の摂取が必須です。さらに、糖質をいつ摂取するかというタイミングも重要になってきます。


マラソンの前にカーボローディングされる方や、筋トレ後に糖質を取る方(カーボバックローディング)もいます。それぞれの人が、自分にあった糖質の摂取方法を模索しています。

筋肉を作るなら、ある程度の強度を伴った運動が必要。運動を継続して行っていくのなら、糖質ゼロはありえない。そういったことを趣旨にお書きしました。運動と食事は両輪です。私は、この本で運動を排除した食事療法なんてありえないという生理学の原則をお書きしました。


【中略】

大切なことは、「やつれる」のではなく「無駄な脂肪を減らして筋肉を増やし」て「やせる」ことです。体重減少が、筋肉が削がれていく「やつれ」になってしまうなら、やらないほうが良い。

筋肉だけを増やす方法はありません。脂肪だけをを落とす方法もありません。筋肉と脂肪の増減は連動していますが、トレーニングの方法によってその増え方や減少速度に僅かな差が生まれます。それを利用して、時間をかけて、脂肪を減らし筋肉を増やしていくという地道な作業が必要になります。

http://owada-dr.cocolog-nifty.com/blog/2016/02/post-fec3.html




 「女性自身」に寄稿する前後のブログ記事ですが、フツーにまともなこと書いてますね?というか、ココだけ読むと大和田医師がアンチ糖毒バカに間違われかねない(爆笑)。「女性自身」のスカタンライターあるいは編集者がゆがめやがったのか?



 大和田医師自身も定期的に運動(筋トレと有酸素運動:水泳)をやり、必要な糖質は摂取しているようです。でなければ糖質摂取のメリットを実感できないでしょうから。真逆のいい例は「ジョコビッチは糖質制限してる!」とほざく糖毒バカ。瞬間的なスピードとパワーが絶対不可欠な競技テニスを糖質抜きでできると思っとるんかケトン脳が(爆笑)!

 その意味でも「糖質制限・糖毒バカだらけの大運動会」は一度は開催すべきだと考えるのです。いかに糖毒バカでもいっぺん半殺しにすりゃ死にかけりゃイヤでも己を知るでしょうから(爆笑)。それはともかく、大和田医師がしっかりした血の通った知識を持っていることは評価できます。



光文社の幹部社員
お前らが糖質制限をやれ



 まあ光文社としては糖質狂信者向けの新書が立て続けにベストセラーになった手前引くに引けないのでしょう。これらのamazonの書評はどう読んでも書評ではなく信仰告白ですし(爆笑)。



 で、実際に光文社の幹部と各雑誌の編集長が糖質制限して見せたらいいんですよ。まさか自分ができないようなモンを他人にすすめてたわけじゃないでしょ(爆笑)?きっとできるはず、ちゅーか、やれ。

糖質制限系バカダイエットの信憑性にかなりの疑問符がついた今、よっぽどのことをしないと世間は見直さないだろう。光文社は文字通り社運を賭けて身を削るべきなのだ(だから下っ端じゃダメで幹部がやらないといけない。本気度が違うから)。自社製品に「人類を救う!」とか書いてたんだろ?今すぐやって会社を救えよ!!



 まあ上手くいかなくとも老害の排除につながるので光文社の新陳代謝はよくなるかもな(よほどの能なしをこれまで雇っていなければだが)。




はてなブックマーク、Lineなどはこちら



スポンサー様の広告です!



世のため人のため↓バナーをLet's クリック!



テーマ : 糖質制限食
ジャンル : ヘルス・ダイエット

プロフィール

toshitsubaka

Author:toshitsubaka
糖質制限・低糖質・MEC食はバカがやること!

新着記事
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
おすすめの人気記事
スポンサー様の広告

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR