【大笑】神経内科医”メガマック”たがしゅう、やせない理由がわからない


どーしてもやせない
筋金入りのデブ



マクドナルド ダブルクォーターパウンダー



 医者ってのは厄介なモンです。世間的には知識人のはしくれと思われているんですが何でも知ってるわけではない。栄養や運動については下手すると一般人と同じか、それ以下だったりする。糖質制限やその亜流のアホ・ダイエットがここまではびこったのはその担い手が医者だったから、というのはあるでしょう。今回紹介するアホ医者は神経内科医のたがしゅう。彼は糖質制限で10ヶ月ほどで30㎏減量したのだとか。しかし・・・それからはピクリとも動かなかったようです。なお元々の体重は?



2011年12月より自身でも実践して,劇的な体調の改善を得ることができました.その最たる効果が「体重の減少」です.

今までダイエットをしても続かなかった私はそれまで徐々に太り続けていく人生で,最も太っていた時期で134kgもありました.しかも何を間違ったか自分が医師であったりするものだから,患者さんに減量の指導などしていかなければなりません.説得力ゼロです…orz.

そんな私が糖質制限を開始して3日で2kgやせ,その後も苦もなく体重はどんどん減っていき10か月で30kgの減量に成功することができました.しかもその後リバウンドすることなくずっと来ています.そんな事は今までの人生では到底考えられない事でした.

http://tagashuu.blog.fc2.com/blog-entry-2.html


 134-30=?こらテメエ、まだ100㎏超もあるじゃねえか。ブログでエラそうに鳴きてえならあと30㎏減らしてからにせえや(爆笑)。このデブの身長が仮に180㎝としたら?

メガマックたがしゅうの推定BMI

104÷1.8×1.8≒32.1



 コイツの体重は多少マシになっただけです、相変わらずアメリカンサイズのデブですから(爆笑)。体重をマックのハンバーガーに例えるならば、ダブルクォーターパウンダ―・チーズがメガマックになったくらいのモンです(爆笑)。せめてベーコンレタスバーガーくらいになってからエラソーに言えよ(笑)。



ベーコンレタスバーガー



 けどコイツバカですねえ、”そんな私が糖質制限を開始して3日で2kgやせ”そりゃグリコーゲンが抜けただけやっちゅうに(爆笑)。こんなこともわからんヤブ&デブに大切な体預けたくはねえな、私なら。



メガマック
健康体に怨念をぶつける
見苦しい



 このメガマックたがしゅう、ケトン体が脳に充満しすぎておかしなことを口走っています。



私見ですが,スポーツ医学は医学の中でも進歩が遅れている分野だと思います.
【中略】

昔からの水分摂らない方がいいだとか,うさぎ跳びなんかが全く合理的でないということがわかったというのは有名なところですが,糖質制限に絡めてスポーツ医学の中で眉唾な理論が「カーボローディング」です.
【中略】

一方,ウサイン・ボルト選手が糖質制限をしたら,記録が速くなるのか,遅くなるのか,これは私にもよくわかりません.カーボローディングの理論がもしも真ならば,たとえ糖質制限をしたとしても必ずしも速くならないかもしれません.
【中略】

これは100m走とかやる機会の多い中高校生あたりにに実際に実験してもらいたいものですね.

http://tagashuu.blog.fc2.com/blog-entry-6.html


 アホかお前は?大学受験やり直せ!というかバーベル使ってスクワットでもデッドリフトでもやれば速攻わかるやろ(爆笑)。医者になるんがどんだけ大変だったかは知らんが、「医者の言うことはなんでも正しい」わけあらへんやろ。だったら何でDr.糖尿モヤシ教祖が年代平均と較べてもガリガリのモヤシなんだよ(爆笑)。



 しかもムカつくことに将来のある高校生にやらせようとしている。なめてんのかこのブタ!んなもんテメエがやれ、自腹で(爆笑)!!理由?そんなん決まってるやろ、デタラメ吹いてるくせにテメエはなんにもやりやがらねえクソボケはどうなったっていいんだよ、将来のある中学生や高校生は守らんといかんけどな(笑)。



 さてデブ以外に怨念をぶつけるメガマック、一向にやせないのに業を煮やして断食道場の門を叩いた。断食道場?コイツホンマに医者か(爆笑)?怪しすぎる。



さて、私は糖質制限歴2年9ヶ月目になる神経内科医です。

糖質制限開始時に134kgあった体重は、糖質制限を続けることによって今は99kgまで減少しています。

しかしながら、実際にその体重に達したのは開始から10ヶ月程の時期であり、

その後2年間は体重が減らずに現在に至っているということになります。

私の身体は脂肪を燃やしケトン体エネルギーを主体として動いているはずですが

現実として私の体重は99kgより下には減っていないのです。

それが自分の適正体重なのかと考えた時期もありましたが、

お腹周りにまだつまめる皮下脂肪があったり、人生で一番やせていた高校3年生の頃の89kgの時代があった事を踏まえると、

99kgが適正体重とはどうしても思えないのです。


http://tagashuu.blog.fc2.com/blog-entry-355.html


 そりゃ食わなければその分は体の中の余剰エネルギーを使うから”体重は”減るだろ。でもそれがなんなのか・・・体脂肪が減ったとは限らねえんだぞ、というより今までのパターンから考えるなら確実に体脂肪だけじゃねえよな(爆笑)。

 メガマックたがしゅうのBMI(改)

 99÷1.8×1.8≒30.6(爆笑)



メガマックの怪しさ
ちゃんと記録取ってんのか?



 このメガマック、怪しいというかアホというかはざっとブログを見る限り食事量の記録がないこと。これがないと体重の増減が糖質制限によるものかカロリー減によるものかがわからない。カロリーだけでなく炭水化物・脂質・タンパク質の割合とかも記録しとかないといけない。調べ方が詳細であればあるほど価値が上がりますから。メガマックよ、エラソーに妄想を吐くならそれなりのことをやってから来い!

 それと、予断と偏見を持ち過ぎ。というかメガマックの場合、どう考えても「まず結論があって、それに沿ったものだけを正しいと思い」こんでいる。まあ糖質制限に手を染める医者はたいていがアレな感じなんですが(笑)、「いい加減気づけよ」とは思うわな。いや、気づいてはいるのか。



私のように高度肥満状態から糖質制限を開始した人は、

糖質制限し始めの頃はスムーズに減量が進みます。私も10ヵ月で30kgの減量を苦もなく達成する事ができました。

しかしその体重減少は残念ながら必ずしも標準体重になるまで持続しません。

また多くの糖質制限実践者と交流する中で、そういう悩みを持っている方は私だけではないという事がわかりました。


最初はこの一定の体重が自分にとっての標準体重なのかと考えていた時期もありましたが、今はそうではないと考えています。
【中略】

私は体重減少が途中で止まるのは、糖質制限がどうこうというのではなく、

あくまでも現在の食事摂取状況と体内の代謝環境のつり合いがとれた状態となった時にそうなるのではないかと思っています。


http://tagashuu.blog.fc2.com/blog-entry-667.html


 オイコラメガマックたがしゅう、それは「体重の増減はカロリーだ」ってことだぞ(爆笑)。あとテメエが何をほざこうが「筋肉が減って基礎代謝も減り、結果エネルギ―の損益分岐点」が低くなったうえで安定したんだよ(爆笑)。


スポンサーサイト


はてなブックマーク、Lineなどはこちら



スポンサー様の広告です!



世のため人のため↓バナーをLet's クリック!



テーマ : 糖質制限食
ジャンル : ヘルス・ダイエット

保健体育のお勉強~筋肉の「質」の違い、なんで有酸素運動にしばりつけたがるんや?

他のブログを読んで
筋肉の質を考える



 他の方のブログですが「スタミナ不足の真の原因は驚きのものだった!|ためしてガッテン」http://ameblo.jp/hyugatoki/entry-12132169246.htmlという記事があったので少し読んでみたのだが「なるほど」と「?」と思うところがあった。さらにここからリンクがありhttp://ketuatusagetai.com/health/sutamina/ に飛ぶのだが、そこで書いてあったのは。



実は、スタミナがあるかないかは細胞の中にあるミトコンドリア次第だったのです。

ミトコンドリアが年とともに減ってきて、そのことがスタミナ不足の原因になっていたのです。


しかも、認知証やがんになりやすくなるのも、ミトコンドリア不足が原因だったのです。

それで、ミトコンドリアを増やすことこそが活力の決めてだったのです。【中略】

日本医科大学の大田成男教授によると、ミトコンドリアはエネルギーが足りないと感じた時に増えるといいます。

細胞の中でATPがなくなるとミトコンドリアを増やす仕組みが働き、酵素がモニターとなってミトコンドリアを増やすスイッチをONにするのです。

実際は、ATPがなくなるのは少ししんどいと感じる運動を1分続けてからで、最低1分でもスイッチはONになります。

つまり、1分しんどい状態を保てばいいのです。

国士舘大学サッカー部では、この原理を取り入れてインターバルトレーニングをやっています。

ただ一般の人はそこまでできないので、とにかく、その人にとってエネルギーが足りないという状態を作り出すことが大切です。


また大田教授によると、姿勢がいい人はミトコンドリアが多いのだそうです。

それは、姿勢を維持する筋肉にはミトコンドリアが多いからで、例えば背中をピーンと伸ばし続けてもミトコンドリアが増加するとのことです。

http://ketuatusagetai.com/health/sutamina/


 「1分しんどい状態」というのはずいぶんあいまいな表現なので感心できない(1分間に可能な限り負荷をかけて追い込む、ってことか?)。それよりもこのブログ主、筋肉繊維の「質」について無知なんじゃない?

 で、それを知るために中学生レベルまで戻って筋肉の「質」についてお勉強しよう。テキストは『中学校保健体育』(大日本図書)から「筋肉の性質と運動能力」(p34~35)。



 運動能力は一人ひとり違いがあります。短距離走や砲丸投げのような、瞬発的に大きな力を発揮することや素早い運動が得意な人もいれば、マラソンのように長い時間持続する運動が得意な人もいます。こうしたちがいはどうして生まれるのでしょうか。

 ここでは、この要因を知るための大きな鍵となる筋肉の性質から、その謎をさぐっていきましょう。




筋肉の性質の違い



 筋肉の性質のちがい -速筋繊維と遅筋繊維-
 筋肉は、筋繊維といわれる細い糸のような細胞が数多く集まって構成されています。この筋繊維は、大きく速筋繊維と遅筋繊維とに分けることができます。

 速筋繊維は太く、非常に速く収縮できるため、短時間に大きな力を発揮できます。また、酸素を使わずにエネルギーを得る能力に優れており、短時間に大きな仕事をすることができます。その反面、非常につかれやすいという特徴もあります。そのため、速筋繊維は100m走や砲丸投げといった瞬発力を必要とする運動に向いています。この筋繊維は、白く見えるところから白筋繊維とも呼ばれています。

 一方、遅筋繊維は細く、ゆっくりと収縮することから、大きな力を発揮することには向いていません。しかし、酸素を運ぶための毛細血管や、細胞の中でエネルギーをつくり出すミトコンドリアの密度が高く、長時間にわたって活動できる持久力に優れています。そのため、遅筋繊維では長距離走などの持続的な運動に適しています。この筋繊維は、赤く見えることから、赤筋繊維とも呼ばれています。

 さて、筋肉を構成する筋繊維は、速筋繊維と遅筋繊維だけではありません。それらの中間的な性質を持つ中間筋繊維というものもあります。この筋繊維は比較的太く、速く収縮することができるため、大きな力を発揮することに向いていると同時に、酸素を使って比較的長い時間の運動を続けることができる能力も備わっています。このことから、中間筋繊維は速筋繊維の性質が強いものの、遅筋繊維の性質である持久力をもち合わせたハイブリッド(雑種)型の筋繊維だと考えられています。そのため、陸上競技の800m走や1500m走といった中距離層や、スピードスケートの短距離種目や中距離種目に適しているといえます。



速筋繊維 筋持久力



表現があいまいすぎて
誤解を招きかねん(笑)



 サッカー選手の場合で考えるならわかりやすい。サッカーは確かに長時間走り回るスポーツだがそれだけではない。動作は遠く(あるいは速く)にボールを蹴る、高く上がったボールを競る、こぼれ球などに速く追いつくための瞬間的なスピードやパワーが求められるから。

 で、速筋繊維の割合(脚)をグラフにしたものがあったのでご覧あれ。長距離走やマラソンに挑戦するのでないなら、そして将来のサルコペニアや骨折リスクを軽減したいならなるべく速筋を残した方がよくね?

速筋繊維 筋持久力

長距離走者があれだけ細いのは遅筋ばっかりだから。
年寄りになったらどのみち遅筋だらけ?


 そもそも遅筋と中間筋の違い、全身持久力と筋持久力の違いとかわかってねえんじゃねえのかな・・・?「速歩き」は「速い有酸素運動」。加齢とともに減少するとすれば速筋繊維なんだから(速歩きはやりたきゃやってもいいけど)速筋を何らかの方法で鍛えて維持することをすべきだろ?

 筋トレで与える負荷についてはこっちの記事で書いてますのでよろしければどうぞ。



運動強度 回数

これで行くと軽負荷の運動を
繰り返し行うってことよね



はてなブックマーク、Lineなどはこちら



スポンサー様の広告です!



世のため人のため↓バナーをLet's クリック!



テーマ : 糖質制限食
ジャンル : ヘルス・ダイエット

中学生の保健体育で簡単に生活習慣病をお勉強!

Dr.糖尿モヤシ教祖の
錯乱ぶりは
面白くもあり





 桐山秀樹氏が心不全で急死した”桐山ショック”から2週間が経とうとしている。Dr.糖尿モヤシ教祖ら糖毒屋とその子分の糖毒狂信者は「コ、高血糖の記憶ガー」とか「キ、桐山は隠れて糖質ヲ食いまくってター」と桐山氏自身の責任にする方針を固めたようです。連中の物言いもなんか奥歯に物の挟まったような感じの物言いなんでそれなりに面白いが、よこしまな理由で死者を鞭打ちまくって不快に感じる。



 『糖尿病治療の深い闇』で桐山氏は「糖尿病の専門医は自分たちは糖質制限やってる」とか書いてたらしいですが(読んでないのでよくはわからんが)もし桐山氏がホントに糖質食いまくってたら糖質制限なんか絶対したくないですね、「相手をだましてでも糖質制限させたい」ってどういうことよ?逆にイメージダウンになるわな(爆笑)。



 さて今回は中高生の教科書シリーズ。最近の中学生は生活習慣病(昔の名前は成人病だった)まで教わるのか、大変だな。このブログは中高年の読者が多いので義務教育レベルのことは忘れたかもしれない(笑)。で、この機会に勉強しなおそう。



生活習慣病と
その予防
『保健体育』
(学研教育みらい)から



生活習慣病とは


 生活習慣病とは、生活習慣がその発症や進行に関係する病気のことです。高血圧や糖尿病、日本人の三大死因であるがん、心臓病、脳卒中などの多くは、生活習慣と関係が深いことがわかっています。問題となる生活習慣には、食生活の乱れ、運動や休養の不足、喫煙、過度の飲酒などがあります。生活習慣は子供の頃にその基本がつくられます。一度身についた生活習慣を変えるのは難しく、長年にわたって続けた結果、生活習慣病が発症するのです。

 また、近年では子供のうちから生活習慣病になる例も増加しています。>

『中学保健体育』(学研教育みらい)p80



生活習慣病 糖質制限



●循環器の病気


 動物性脂肪のとりすぎや運動不足などは、動脈硬化につながります。動脈硬化は、血管の壁にコレステロールなどの脂肪がたまり、血管が硬くもろくなった状態です。また、塩分のとりすぎやストレスなどは、高血圧につながります。高血圧は、動脈にかかる圧力が異常に高くなった状態です。

 動脈硬化や高血圧は、心臓病や脳卒中を引き起こすもとになります。心臓病には、心臓の筋肉に血液を供給する血管が狭くなって起こる狭心症と、血管が詰まって起こる心筋梗塞があります。脳卒中には、脳に血液を供給する血管が詰まって起こる脳梗塞と、血管が破れて起こる脳出血があります。

『中学保健体育』(学研教育みらい)p81 



生活習慣病 糖質制限
動脈硬化 糖質制限
動脈硬化 糖質制限
動脈硬化 糖質制限



 ダメ押しもしておこう(笑)。



心臓病 脳卒中 糖質制限



この辺でもはや
怪しくなって
きましたね(笑)



 中学生レベルの保健体育の知識を仕入れたので次のステップに行きましょう。

 糖毒狂信者は”桐山ショック”を「高血糖の記憶」と「実は桐山氏は陰で糖質を食いまくっていた(だったら生前に注意せえよ)」ことにしたいようで実際にその方向で活動してますが、これ読んでるとその言い訳は苦しいね。糖質制限食でも似たようなことが起こったんじゃねえの?

 ”動物性脂肪のとりすぎや運動不足などは、動脈硬化につながります”がそれ。

 糖質制限ではどうしても脂質の摂取量が多くなる。WHO(世界保健機関)も総脂肪は全摂取カロリーの3割以内に、飽和脂肪酸(大雑把に言うと冷えると固まる動物性脂肪など)は控えろ、って言ってますしね。

Energy intake (calories) should be in balance with energy expenditure. Evidence indicates that total fat should not exceed 30% of total energy intake to avoid unhealthy weight gain , with a shift in fat consumption away from saturated fats to unsaturated fats , and towards the elimination of industrial trans fats .

http://www.who.int/mediacentre/factsheets/fs394/en/



 運動不足。桐山氏は運動は嫌いと公言しとりますし。それとなにが”ぽっちゃり”やねん、はっきり”デブ”と言え!

糖質制限が生まれて初めてのダイエットでした。子どもの頃からぽっちゃりで運動嫌い。やせるとか、健康になるとか一度も考えたことがなくて。

<糖質制限ダイエットの成功者が語る> ノンフィクション作家・桐山秀樹 「楽しくて自由な“断シャリ”ライフ」
text by鎌田幸世Sachiyo Kamata

http://number.bunshun.jp/articles/-/459548


 やったところでせいぜい散歩くらいしかしていない(もっと言えば、運動の”質”が考慮されてない)。他の要素については情報がないので何とも言えないが。でもこのインタビュー、振り返ると大恥だな(笑)。



 自分の生活をしっかり見直さないと良い結果を生まない、ということで〆としましょう。
 あとこの教科書、「厚労省 生活習慣病を知ろう!」のurlを紹介しています。理解を助けるという意味ではよいことです。





はてなブックマーク、Lineなどはこちら



スポンサー様の広告です!



世のため人のため↓バナーをLet's クリック!



テーマ : 糖質制限食
ジャンル : ヘルス・ダイエット

「糖質制限の深く昏い闇」桐山ショック、「サンデー毎日」編

「サンデー毎日」が
桐山ショックを
記事にするが


サンデー毎日 桐山秀樹 糖質制限


 桐山秀樹氏の訃報が報じられたのが2月14日(2016年。なお実際に亡くなられたのは2/6)だったため、「週刊現代」以外の月曜火曜発売の週刊誌はこの記事を2月第3週のうちに扱うことができなかった。それはそれで仕方がないのだが少しだけ期待もしていた。第4週で扱う場合記事を推敲する時間が与えられる分質の高いものが読めるのでは、と。だが・・・正直残念な出来で「こんな品質の雑誌にお金はとても払えない」と図書館に行って読むことに(爆笑)。



 「桐山秀樹さんショック「糖質制限」 善か悪かの大バトル 主食を抜くと健康になる」はホントか」という4ページを使った記事が「サンデー毎日」2016年3月6日号(2016年2月第4週発売)に掲載されたのだが・・・。なお記事の署名は笹井恵里子記者。



記事中の糖質制限
肯定派の主張(p154~157)



「桐山さんが亡くなられたことは本当に残念ですが、糖質制限が原因ではないと思います。彼の著書によれば、2010年に気分が悪くなり、病院を受診し、200㎎/dLを超える高血糖、高血圧、肥満、脂質異常症を指摘された、と。その少し前に糖尿病網膜症にもなっていたようで、動脈硬化はかなり進行していたのではないかと考えられます。【中略】現在の動脈硬化がどんな状態なのか、血液検査ではわからないからです」



「たんぱく質や脂質であれば血糖値が変動せず、恒常性を保てます。また糖質を摂る度に、血中のブドウ糖をエネルギーに変えようと、インスリンも大量に分泌される。インスリンは別名”肥満ホルモン”と呼ばれるように、出すぎると体に悪い影響を与えます」

主食を抜いておかずだけ食べるイメージで、肉や魚はお腹いっぱい食べられるという。



「それに比べてカロリー制限は辛いと思いますよ。例えばステーキを食べたいと思ったら、200グラムで約1000キロカロリー。糖尿病患者はすぐにカロリーの上限をオーバーしてしまう。糖質制限は満足できるまで食べてOKです。おいしく楽しく続けられる」

江部医師も「糖質以外はそれほど大量に食べられるものではない」ことを認めつつ、「だからこそ満足度が高い状態で続けられ、自然と適正体重まで落ちていく」と説明する。




糖質制限でよく議論になるのが「低血糖」の問題だ。
「糖質は外部から摂らなくても大丈夫」
私たちの体は食事中の糖質が分解・吸収された血中のブドウ糖(血糖値)が少なくなると、肝臓に蓄えられたグリコーゲンを分解して血糖値を保つ。その後も絶食が続くと、「肝臓で、アミノ酸や乳酸からブドウ糖を作り出す=糖新生」も備わっているという。


「ケトン体の濃度がいくら高くなっても、インスリン(血糖値を下げる)作用があれば問題ない」



「日本人が昔から米食なんて嘘、旧石器・縄文時代の数万年は狩猟・採集での糖質制限食です」

「約700万年の人類の歴史のうち、農耕が始まったのが約1万年前。狩猟民から農耕民になったとき、単位面積当たりで養える人口が50~60倍に増えたのです。エネルギー源としては有効だったわけですね。【中略】」



(以上Dr.糖尿モヤシ教祖こと江部康二医師、「」内がコメント)

福岡県の久山町の住民を対象にし、糖尿病の発症予防対策を行った「久山町研究」と呼ばれるものがある。【中略】

 食に関する著書も数多い和田秀樹医師は「運動療法で糖尿病が増えることは考えにくいため、食事指導に問題があったと捉えるのが自然」だと分析。

「日本の意志は従来の理論に固執する傾向が強いのではないか。現在、アメリカやイギリスの糖尿病学会では、糖質制限食も公式に選択肢の一つとして告知されている」



(以上和田秀樹医師、「」内がコメント)

笹井恵里子、
”両論併記”に
こだわりすぎ



 一通り読んだ感想としては笹井記者は”両論併記”にこだわりすぎ。そういう印象を受けた。こう書くと

両論併記してはいけないのか?

 という反論・疑問も来るやろな。内容による。単刀直入に言うと

あからさまに
間違っているものは
両論併記しなくてよい


 から。そりゃそうだろ、「間違えた子が傷ついてはいけない」という理由で

√2が有理数か無理数か

 という問題を両方正解にするか?しないよね(爆笑)。
糖毒バカが怒り狂ってもいいように(笑)前述の糖毒狂信者および糖毒肯定派の主張の明らかに間違ってる点を書いておこう。



 Dr.糖尿モヤシ教祖は「糖質制限はいくらでも食べていいわけじゃない」といいカロリー摂取目安も書いている。そしてそれは糖尿病の摂取目安とそう変わらなかった。詳しくは「【超悲報】糖質制限ダイエット終了のお知らせ」を参照。



糖質制限 江部 インチキ モヤシ バカ



 こうした土偶の使用の地域性について藤尾は、ブナ、ナラ、クリ、トチノキなどの落葉性堅果類を主食とした地域(つまりこれら落葉樹林に覆われていた地域)と、西日本を中心とした照葉樹林帯との生業形態の差異と関連づけて説明している。落葉性堅果類、すなわちクリやいわゆるドングリは秋の一時期に集中的に収穫され、比較的大きな集落による労働集約的な作業が必要となるため、土偶を用いた祭祀を行うことで社会集団を統合していたのではないかという考え方である。
wikipedia:縄文時代



 ケトアシドーシスについては「肥満女性のケトアシドーシスの実例」「”妊娠糖尿病”って何やねん?ちょっと調べてみたで」で取り上げたのでご覧あれ。


 Dr.糖尿モヤシ教祖も和田秀樹医師も糖尿病専門医ではない(漢方医/精神科医)。門外漢に意見を求めてどうする?専門医にコメントを取りに行ったら「今忙しいんじゃボケ、とっとと去ねこのクソアマ」とでも一蹴されたのか(爆笑)?「コメントを取り易い」だけの理由で素人みたいなのに意見をもらっても意味がない。



 またADA(米国糖尿病学会)は日本的な糖質制限食を認めていない。和田医師は精神科医であり糖尿病に興味がなかったから(おそらく糖毒バカが流してきた)聞きかじりの知識で答えたのだろうが、事実に反する。



笹井恵里子は
”指示待ち人間”か?
これでゼニは取れんで(笑)



 それと笹井記者は「言われたことしかやってない」、だから記事が物足りない。この記事の書き方のおかしな点としては他に参考資料の紹介や(ネット上で読めるものなら)リンクがほとんどないこと。読者の理解を深め誤解曲解を避けるためにはそれらは欠かせない、ましてや健康や安全がかかっているならば。後者に関しては出版業界の人間にとって自分たちの存在価値を激減させることになりかねず苦しいのかもしれないが(爆笑)読者の利益を保証することは必要である。ちゅーか、そういう記事にせんとあかんやろ。



 日本糖尿病学会に問い合わせた際に「糖尿病による人工透析の導入数はこの20年で頭打ち」と言われているが、なんでその際に「じゃあそのデータ下さい。糖尿病患者数とセットで見てわかるデータ、エクセルで作りたいので」と言わないの(笑)?ただコメントを並べているよりもその方がより濃い記事になったはず。その割にDr.糖尿モヤシ教祖の著書のグラフは載せてるが・・・表計算ソフト動かすより既成グラフ転載する方が楽だからか(笑)。



 あと中学・高校レベルの知識で十分見破れる主張は載せないか(紙幅の無駄だから)読者に変な印象を与えないために訂正情報を出すべき。例えば、

 血糖値の変化や恒常性を保つのはホルモン。インスリンを”肥満ホルモン”なんて呼んでいるのは糖毒バカだけ(爆笑)。

 縄文時代に狩猟だけでなく採集もやっていた。そもそもそんなに狩猟を言うなら毎年10月に奈良でやる鹿の角切りに参加させりゃいいんだよ、実質が分かるから(爆笑)。

 糖質制限否定派のブログということもあり否定派のコメントは特に転載しなかったが、最後にこれは紹介しておきたい。あと、「サンデー毎日」と記者、頑張りが足りないからもっと頑張れ。

 

(糖質制限と)『関係ない』と言い切ってしまうのはいかがなものか。治療法のマイナスな要素かもしれないと、もっと真摯に受け止めるべき。何か起こったときに立ち止まり、冷静に分析しなければ、医学は進歩しない」(大竹真一郎 大竹消化器内科クリニック医師)




はてなブックマーク、Lineなどはこちら



スポンサー様の広告です!



世のため人のため↓バナーをLet's クリック!



テーマ : 糖質制限食
ジャンル : ヘルス・ダイエット

【身の程知らず】糖毒バカVS医者、”桐山ショック”一本勝負

”桐山ショック”を
医者はどう見ているのか



 今週(2016年2月第4週)発行の雑誌を斜め読みするとマスコミは糖質制限肯定派なんだな、ということを感じ正直イヤな感じです(端的に言うと糖毒狂信者の逆襲、という塩梅)。それについてはそのうち記事にするので今は後回し。今日はツイッターの紹介でお茶を濁します(苦笑)す。





 ネット上では有名な内科医のNATROM医師です。そこから芋づる式に狙ってみたんですが、面白いのに当たってしまった。







 ”普通に考えれば過度の糖質制限なぶん脂質摂取量が増えて動脈硬化進みそうだけどね”なんで一般メディアはDr.糖尿モヤシ教祖にこれ言わないんですかね(笑)、誰でも思いつきそうなのに。それはともかくこのツイートはこのブログの読者なら概ね理解できるとは思います。しかしこの後これを理解できない糖毒バカが湧いて出てきた・・・(笑)。



糖毒バカ登場
マヌケな踊りを踊り出す(笑)





 マーク、お前バカだろ。何がバカって、糖尿病専門医でも何でもねえ5流漢方医の、しかも個人ブログを「ヱ、ヱビデンスガ―」って持ち出して相手にされると思っとるんか(爆笑)。必然が起こったといえばそれまでだが、見事に一蹴される(爆笑)。











 EARL医師(だよね?)のツイートには体重落としたり血糖値正常化させたりなんて他にいくらでも方法あるじゃん、とツッコミ入れられるんですがまあいいでしょう。理解できたのか、糖毒バカ大人しく引っ込んだな・・・と思ったらまだ甘い。このケトン脳は理解などできなかったのです(爆笑)。



糖毒バカ錯乱!
ケトンダンスは加速する







 錯乱して必死な糖毒バカ渾身の一撃を簡単に切り返してしまった。この次のツイートでマークの度し難いドアホウが確定する・・・!







 どこがどうドアホウか。このマーク、EARL医師の患者なのか?なんで自分の患者でもないどこの馬の骨かわからん糖毒バカの不安にこたえてやらんとあかんの、しかも無料で(苦笑)?生臭い話になるけど医師や法曹など専門家の時間は安くねえんだ(希少かつ専門性の高い知識・情報を提供する職業だから)。まして無料だなんておこがましいにも程がある!本当に不安で、その不安を解消したいなら少々値が張ってでもまともな糖尿病専門医に質問に行けや、有償で!!

 なんか私の芸風と離れてしまったのでコイツ、”専門家として意見を教えてほしい!不安拡大中です!”なんてほざいてるけどその”不安”を解消したいんならDr.糖尿モヤシ教祖のとこに行きなさい、100%解消してもらえるから(笑)。なぜならマークが欲しいのは”「桐山氏の訃報と糖質制限の因果関係の程度”ではなく”自分が間違っていない”という安心。けどこういう行動をとるあたりDr.糖尿モヤシ教祖を心底信用してるワケじゃないんだな(爆笑)。でもさ、それならモヤシ教祖から距離を置けよ(笑)。

 しかし思うんだが、たとえば試験を受けてその結果が悪かったとする。その際に

「この点数は採点ミスで
あなたは本当は満点だったのよ」


 とただ甘やかされるのと

「あなたはここと(略)
ここが間違ってた」


 と言われるのと、どちらが本人のためになるだろうか?



他の人はこう見ています







 最後の人、言い過ぎ。さすがの私もここまでは言わんよ(苦笑)。むしろ「●●に□なし」にされて糖毒バカに都合のいいことばかり言われるんで生きてもらわんと困る。あと、気になったツイートがこれ。はっきり言って「タダのモノ」になんでこれだけ信頼と安心を寄せられるのかわかりませんわ(これは私や読者の皆さんに対しても言えることです)。







はてなブックマーク、Lineなどはこちら



スポンサー様の広告です!



世のため人のため↓バナーをLet's クリック!



テーマ : 糖質制限食
ジャンル : ヘルス・ダイエット

【爆笑】Dr.糖尿モヤシ教祖のブログに変なオッサン出現。糖毒バカ、マジで(精神的に)追い詰められてる?

Dr.糖尿モヤシ教祖の余裕のなさ
変なオッサンを真に受ける?






 「桐山ショック」から1週間以上たちますが糖毒狂信者の混乱はいまだ収まらず。一応桐山氏の”師匠”Dr.糖尿モヤシ教祖は「コ、高血糖の記憶ガー」でお茶を濁してはいるんですが「糖質制限と今回のことがらとは無関係!」とは思われてないようです、いい気味(笑)。

 ちょっとした用があってそんなDr.糖尿モヤシ教祖のブログを読んだのですが(あまり読みたくないんスよ、なんか脳細胞に悪そうだから)、楽しい糖毒バカが湧いていました。「週刊現代の記事に反論。糖質制限食で筋肉量増加。脂肪量減少。」http://koujiebe.blog95.fc2.com/blog-entry-3701.htmlです。さてどんな寝言書いてんのか?



【16/02/22 横浜糖尿人

Re:週刊現代の全文

現代ビジネスやらの記事見ました。

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/47984

>「糖質制限で痩せたのは脂肪が落ちたからではなく、体内の水分が無くなっただけなんです。糖エネルギーが不足すると、

>それを補うために、筋肉を分解してアミノ酸に変えて脳に送ります。その時に水分を使用するので、体重が落ちるんです。

>でも脂肪は減っていない。

>筋肉量はどんどん落ちるので、骨がスカスカになり骨粗しょう症になる危険性もある

って言うけど小生は全く逆の経験をしてます。



組成検査を受けたら1年半の間で>

体重は57.5kg→58.6kg 

体脂肪率16.5%→9.9% 

体脂肪量9.5Kg→5.8kg 

筋肉量44.8kg→49.3kg

体水分量34.7→38.0 

内臓脂肪レベル10→6 

になりました。

糖質制限食と自宅での有酸素運動、筋トレ実施だけの63歳の結果です。

先月の血糖値はHbA1cは5.80だけどグリコアルプミンは15.3でした。

このブログとご縁ができてからの実体験です。江部先生ありがとうございます。】
【中略】

素晴らしい成果ですね。筋肉量の増加、脂肪量の減少も凄いです。

糖質制限食で筋肉が落ちることはあり得ませんが、横浜の糖尿人さんほど、増える人はさすがに少ないと思います。

見事です。>

糖質制限食で良質の動物たんぱく質を摂り、筋トレも行うことでこれだけの成果が出たのでしょう。

ドクター江部の糖尿病徒然日記 http://koujiebe.blog95.fc2.com/blog-entry-3701.html


 低体重の軽肥満であるDr.糖尿モヤシ教祖、あんさんちゃんと風呂入ってる?まずテメエは鏡を見やがれ(爆笑)。にしても糖毒バカ同士で傷をなめあう姿は滑稽にして醜悪なり。さて、この愚か者どもをサクッとやっちゃいますか。



この糖毒オッサン、
出るところを間違ってる(笑)



 このオッサン、こんだけ自信満々に書けるんなら基本的に糖毒バカしか読まないだろうモヤシ教祖のブログじゃなくて「週刊現代」のライバル誌の「週刊ポスト」やいまイケイケドンドンの「週刊文春」にでも売り込みかけりゃいいだろう、横浜在住やったら(爆笑)。

 糖毒バカは基本的に何があろうが糖質制限を続けるのだから(無論例外はいるけどね)それ以外の奴にアピールする必要があるだろ、桐山氏の訃報以降糖毒バカと糖質制限に冷ややかな視線を向けているのは”一般人”なんだから。その辺に頭が回らないところがケトン脳のケトン脳たるゆえんかな(爆笑)。

 モヤシ教祖もモヤシ教祖だよな。「これだけでは何とも評価できないので詳細な情報を送ってください」くらい言うモンだろ。余裕がないんだろうか?それとも判断能力が著しく減退してるんだろうか(笑)?まさかこんなこれ以上ないほど信ぴょう性が怪しい投稿が”エビデンス”?そりゃ京都大学には(京都府立医科大学にも)居場所はないわな(大爆笑)。



体重増加と
摂取エネルギー



JISS 国立スポーツ科学センター アスリートレシピ


 摂取エネルギーのこと

 自分の目的に合わせて食事の内容を考えましょう

 食事量の目安として体重をチェック

 食事をどのくらいとるかは体格、競技の特性や練習量、目的などにより異なります。体重の変動はエネルギーの摂取と消費のバランスを見る目安。食事のエネルギー量が足りているか、体重でチェックしましょう。

 増量 摂取エネルギー>消費エネルギー

 食事では摂取エネルギーの増加が重要。炭水化物、たんぱく質、脂質をうまく取り入れて、エネルギー量を増やしましょう。

 減量 摂取エネルギー<消費エネルギー

 体重を減らしたいときでも、欠食はしないこと。嗜好品、脂質を減らすだけでも摂取エネルギーは減らせます。必要な栄養素まで減らさないように注意を。

『JISS 国立スポーツ科学センターのアスリートレシピ』p16




 体重を増やすにはオーバーカロリー、減らすにはアンダーカロリー。糖質制限やる奴はたいてい体重を減らすためにやる。だからアンダーカロリー(というか、糖質なしでオーバーカロリーにすることは難しい)。脂肪が筋肉に変わることはないから(体脂肪が減って筋肉がつくが正しい。ただ、外側からはわからない)筋肉の材料になるタンパク質は体の外から摂らねばならない。

 しかしなあ、オッサン。筋肉増加(≒体重増加)と体脂肪減少(≒体重減少)は基本的に逆のベクトルなんだよ。なんで逆のことが起きてんの?どういう方法で実現させたのかそれを知りたいッス。モヤシ教祖が紹介しなかったのは(実行自体は)不可能ではないが、大抵の糖毒バカには絶対不可能な相当難しい方法だったとか?まあ筋肉なんて相当頑張っても年に2~3㎏程度しか増えないんだけどなあ(自宅での筋トレ?)。

 一応書いておくとインスリンが極端に少なくなるからタンパク質を体に摂り込むことが難しい。糖質制限してトレーニングするとどうなるかこれ(「超保存版「糖質制限で筋肉は減らない!」「減るだろ、バカ」」)見たらわかるはずなんだけど(爆笑)。



”横浜”と書いたことが
オッサンの死点(笑)



 このオッサンの主張の難点は「結果」しか書かれていないため「経過」がわからない。だが”有酸素運動と筋トレ”と言ってる点で「ん?」とは思うわな。同じ陸上のアスリート(アスリーテス)でも短距離走者や投てき種目の選手と長距離走者では前者の方が体が大きい割に体脂肪率はそう変わらないから。



 1.マラソン選手と短距離選手、体脂肪率が低いのはどっち?

 体脂肪を減らすために筋トレが効果的であることは、トップアスリートの体脂肪率を観察するとわかります。

 皆さんは、有酸素運動の代表的種目であるマラソンのランナーと無酸素運動の代表的種目である短距離走の選手の体脂肪率がどの程度かご存知ですか?

 トップアスリートの体脂肪率をインターネットや書籍類で調べたところ、マラソンランナーの体脂肪率は男子が5~8%、女子は男子より少し多めで8~10%程度の選手が多く見られました。一方、短距離選手は、男子が4~6%、女子が8~11%程度で、男女ともにマラソンランナーと短距離選手との間で大きな差は見られませんでした。

 練習の大部分を有酸素運動に費やしているマラソンランナーと練習の大部分を無酸素運動に費やしている短距離選手の間で、体脂肪率にほとんど差がないのは不思議ではありませんか?

https://www.yspc.or.jp/ysmc/column/health-fitness/diet-theory-3.html




 5.筋力トレーニングを行うと体脂肪が燃えやすくなる?

(1)体脂肪が燃焼するまでの過程

 体脂肪は、脂肪細胞の中に中性脂肪という形で蓄えられています。この中性脂肪は、そのままの形では運動のエネルギー源として利用することはできず、脂肪分解作用を持つホルモン(アドレナリン、ノルアドレナリン、成長ホルモンなど)と酵素(ホルモン感受性リパーゼ※など)の働きによって遊離脂肪酸とグリセロールに分解された後、血中に放出された遊離脂肪酸が運動のエネルギー源として利用されることになります。「脂肪燃焼」とは、正確には中性脂肪が分解されて遊離脂肪酸が消費されるまでの過程を指します(図-1参照)。

※ホルモン感受性リパーゼ:脂肪細胞の中に存在し、中性脂肪を遊離脂肪酸とグリセロールに分解する酵素。アドレナリン、ノルアドレナリン、成長ホルモンなどの作用によってその働きが活性化する。

(2)成長ホルモンが体脂肪の分解を促進する

 さて、筋力トレーニングのような激しい運動を行なうと、筋肉内で乳酸などの代謝産物が蓄積し、筋肉内にある化学受容器(「侵害受容器」と呼ばれています)が刺激されます。侵害受容器は、“この運動はかなりきついぞ!”という信号を脳に伝達し、脳下垂体という場所から成長ホルモンが分泌されます。

 一般に成長ホルモンは、骨や筋肉に作用してその発育・発達を促す、疲労(損傷)した筋肉の回復を早めるなどの働きを持つことで知られていますが、一方で、脂肪細胞に含まれるホルモン感受性リパーゼを活性化し、中性脂肪の分解を促す強い作用があることも明らかになっています。

 すなわち、筋力トレーニングそれ自体が体脂肪を燃やすのではなく、筋力トレーニングを行うことで、体脂肪が燃えやすい状態をつくることができるのです。

https://www.yspc.or.jp/ysmc/column/health-fitness/diet-theory-3.html



 ↑は横浜市スポーツ医科学センターのサイトから。なお過去記事で「【必読】筋トレVS有酸素運動、カッコよく体脂肪を減らすには?横浜市スポーツ医科学センターさん超ありがとう!!」があるのでまた読んでおいてください。しかしさあオッサン、ホンマに調べてもらったの?というより、アンタホンマに実在の人物?非実在中高年じゃねえの(爆笑)?

ウイダー 増量


 まあDr.糖尿モヤシ教祖と”非実在中高年”疑惑の横浜のオッサン、まったく期待してないけど続報待ってるよ(笑)。最後にこれは強調しておきます。

 糖毒狂信者はケトンで頭おかしい。言ってることくれぐれも真に受けるなよ(爆笑)!




はてなブックマーク、Lineなどはこちら



スポンサー様の広告です!



世のため人のため↓バナーをLet's クリック!



テーマ : 糖質制限食
ジャンル : ヘルス・ダイエット

不健康MEC主婦”背脂”みさこ赤っ恥、”結果にコミット”できる人との差本日も絶賛拡大中(爆笑)

悪口は本人の評価を下げる
みさこさん王城氏への
攻撃逆効果に(笑)



 もはや糖質制限のブログというより「糖質(≒炭水化物)・糖質食ってる人・インスリンへの憎悪と呪いのブログ」と化してしまった北陸の糖尿MEC主婦”背脂”みさこさんのブログ。まあ1年続けながらも誇れる結果が何も出なかったのだから仕方ないのかもしれないが、まっとうな人なら恥ずかしくてやめるんじゃないかな(笑)。

 そのみさこさん、やっぱりアホなこと書いてます。「2016年2/20(土)の記録」http://ameblo.jp/misakodiabetes/entry-12130736562.html(早朝時血糖値113)です。しかしダメブロアメブロ民はこんなんにどうして(アメブロの)「いいね!」をつけるんでしょうか?私の理解を超えています。Facebookの「いいね!」やはてなブックマークがつかなかっただけマシ、としないといけない?

「見てみい、ここに
アホがおるでえ(爆笑)」


 という意味ならまだ理解&納得がいくのですが。



夕べはいつもより筋トレ強化してみて、今朝は大胸筋などがかなりの筋肉痛…なのですが、別に血糖値はいつもと変わらず、おかしいなぁ~?!

カステーラ氏のブログの記事「筋肉痛と血糖値」によると、逆に激しい筋トレ後に血糖値が高くなる方もいらっしゃるようですね。興味深いです。カステーラ氏はとても聡明な方で、いろいろ実験もなさっているので、彼のブログはとても勉強になりますよ。

http://ameblo.jp/misakodiabetes/entry-12130736562.html


 ブタがブログでブヒブヒ鳴いてんじゃねえよ、鳴くならブタ小屋で鳴け!まともな人ならもはや1ミリも信じていませんがこの人、ホンマにインストラクターだったんですかねえ。まあこの”背脂”おばはんのブログの目的のひとつが王城恋太氏のブログ「糖尿病も3ヶ月で完治するダイエット」をおとしめることなので(これが外れることはまずないだろう)「まだやってんのかこのバカは」くらいにしか思ってませんが。血糖値がなんちゃら~とか言うならそのビフォーアフターを送れよ(笑)。



筋肉痛が起きた(ドヤア)!
=高い負荷の運動!
とは限らんよ



 3 筋力トレーニング

  1.筋力トレーニングの方法 筋力トレーニングには、バーベルやダンベルを用いる方法やトレーニングマシンを用いる方法など、さまざまな方法があります。最初は数回持ち上げられる負荷に設定し、3セット繰り返せるようになったら少しずつ負荷を増やしていきます。

  2.目的に応じた運動強度の設定 筋力のトレーニングでは、対象となる運動やスポーツに見合った運動強度を設定することが大切です。たとえば、重量挙げや陸上競技の投てき種目のように、重いものを持ち上げたり、短時間で大きな筋力やパワーを発揮することが目的であれば、1~2回しか上げられない負荷(最大筋力)にして、確実に持ち上げることが有効です。ダッシュしたり、跳んだりボールを投げたりする筋力を高めることが目的であれば、最大筋力の1/3~2/3程度のやや軽い負荷にして、全力ですばやく持ち上げることが有効です。

『現代高等保健体育』(大修館書店)p151、152



運動強度 回数



 例によって高校の保健体育の教科書です。”負荷をやや小さくして速く行えば”高まるのはパワーよりもむしろ筋持久力なんですが、まあ概ねこんなモンです(なんか偉そうになってしまった)。

 私のつたない理解では王城氏は「筋肉を増やすことでインスリンなしでも多量のグルコース(血糖)を消費できるようにし、すい臓の負担を減らす」という方法をすすめています。そして筋量増大のためには高負荷の筋トレが必要。懸垂を考えたらいい。体重にもよるが大体自重だけだとそこそこやり込めば10~15回くらいはできるでしょ?ラットプルダウンならもっと少ない回数で追い込める。無論自重トレでも追い込もうと思えば追い込めますが、それなりに頑張らないといけない。

 さて”背脂”みさこさんですが、どのレベルの運動をやってたんでしょうか?まあ想像がつきますね、100%とか90%とかでは絶対ないでしょう。トレーニングの内容が漠然としているのも評価できませんね、みさこオリジナル”足ブラ(爆笑)”だけは毎日のようにやってしかもそれを報告してるのに。

こんなモン、

ケトン脳のアホ以外やらねえよ!


 だからいつまでたっても状態がよくならないんですが(笑)。



 っていうか、このMECおばはん何で自分に筋肉つかなくて背脂も腹脂も落ちない、メトグルコ服用しないと血糖値下がらないかわかってんですかね。

 トレーニング方法が間違ってんのか(運動の負荷が軽すぎる。まあ糖質摂らないからしっかりしたトレーニングができんのか)、

 栄養や休息の摂り方が間違ってんのか(糖質摂らないからインスリンが今一つ、よってタンパク質を同化させられない)、

 あるいはその両方か(爆笑)。


 毎日の糖質摂取量が数十グラムの奴がなぜ普通に糖質食ってる奴より血糖値高いのか、それ考えたらすぐにでもわかるのに。その血糖は彼女の筋肉のなれの果てでしょう(爆笑)。



みさこさんより
10は年長の女性
着実に血糖値低下



 一方の王城氏のブログにはアラフィフおばさん(50代女性)からの報告が来ました(「HbA1c 15から5.2に4ヶ月で糖尿病が改善したおばはんの改善法を大公開!」)。内容は王城氏のブログを読んでいただくとしてやってること自体は(失礼ながら)それほどすごくはないです。でもちゃんと結果が出ている。「よくなった」報告と「よくならないから」他人の悪口とではねえ、こりゃ勝負になりませんわ(爆笑)。

 けど残念ですよね、だってまともなことやってたら今頃まともなおやつ食べれたかもしれないのに。それができないから脂肪と人工甘味料のカタマリ=”糖質制限スイーツ(笑)”を仕方なく食べてる、なぜかほぼ毎日(爆笑)。なお日付は2016/02/20なので偶然とは言え”背脂”みさこバカ丸出し、自業自得だけど(笑)。



糖質制限スイーツ(笑) 低糖質スイ-ツ(笑)

右が真実の姿です(笑)


 なおアラフィフオバサンはこうおっしゃっています。私的にはありがたい。

カロリー1200kcal(指導は1470kcal)

野菜と魚が中心。お肉はたまに程度。

元々、お肉よりは野菜と魚が好きなので

量は意識しますがメニューは普段通りです。

ちなみに、某MEC主婦のバターコーヒーは

見る度に吐き気をもよおします…


http://ojyokoita.blog.fc2.com/blog-entry-585.html



バターコーヒー バイオハック ブレットプルーフコーヒー
ブレットプルーフコーヒー UCCミルク マックスコーヒー

バターコーヒーのカロリーと
東西の甘いコーヒー飲料。
なおバターコーヒー記事への
リンクになってます。




みさこさんや
アンタトレーニング
わかってへんやろ(笑)



 ”背脂”みさこさんはトレーニングをよくサボるの間隔を大分空けているが、あれはしっかり追い込んだ人のやり方。アラフィフおばさんのようにそれほど負荷が高くないなら別に毎日やれるんですね、プランク(フロントブリッジ)はできなくなるまでやってるけど。

 あと、時間。アラフィフおばさんは暇を見つけてちょこちょこ運動してますが、実は彼女の方が時間は短いです。そりゃそうだよね、「足ブラ1時間」なんて精神がまともな人にとっては苦行以外の何ものでもない(爆笑)。



 いつまでたってもマシにならないMECおばはん読んでるか?程度の低い本ばっかり読んでても何にもならへんぞ。基礎からやれ、頭も筋トレやれ(爆笑)。あとこの人は体は間違いなくどんどん不健康になってるが、心はそれをはるかに上回る勢いで不健康だ(爆笑)。タイトル改題するならもう「2型糖尿病に勝てない!心身ともにどんどん不健康になる背脂主婦のブログ!!」で決まりやな(大爆笑)。



おまけ メトグルコ
服用の注意点



VIII.安全性(使用上の注意等)に関する項目

 5. 慎重投与内容とその理由

  慎重投与(次の患者には慎重に投与すること)

   次に掲げる状態の患者


    (1)不規則な食事摂取、食事摂取量の不足〔低血糖を起こすおそれがある。〕

    (2)激しい筋肉運動〔低血糖を起こすおそれがある。〕

   (理由)

    (1)食物の吸収不良により低血糖をおこすおそれがあることから設定した。

    (2)筋肉での糖利用が肝臓からの糖放出を上回ると血糖値が低下し、特に空腹時には低血糖を起こすおそれがあることから設定した

https://ds-pharma.jp/product/metglco/pdf/metgluco_tab_interv.pdf#page=34




 要するに”背脂”みさこさんの運動の負荷は大したことなかったってこったろ(爆笑)?





はてなブックマーク、Lineなどはこちら



スポンサー様の広告です!



世のため人のため↓バナーをLet's クリック!



テーマ : 糖質制限食
ジャンル : ヘルス・ダイエット

クレーマーおばはんを少し冷静に見てみると、これはキツイな

このおばはんの場合
痩せすぎで血糖値が上がる?



シマダヤ 糖質オフ うどん



 「【超悲報】糖質が足りなくてクレーマーになっちまったおばはん」で取り上げたおばはんのブログについて考えてみたんですが、なるほどなあというのが印象です。血糖値が暴騰してシマダヤのお客様係に怒りの特攻をかましたのですが、相手が穏やかで良かったんじゃない(笑)?って感じ。

 「月半ばの体重測定」http://blog.livedoor.jp/oo55555oo-2525/archives/1050191749.html という記事で彼女の体重とBMIが公表されていますが

入浴後、下着一枚で…

43.1kg(BMIは17ちょい…)

はい、一向に太れません。


あ~、もうギリギリだなぁ

これ以上落ちることなく、何とか43kg台で踏み留まれるといいんだけど…

http://blog.livedoor.jp/oo55555oo-2525/archives/1050191749.html


50代女性の平均体重



 はっきり言ってガリガリ過ぎ。体脂肪率が20%前半の同年代の女性の除脂肪体重と体重がほぼ変わらないことを考えると糖質に弱くても仕方ないかな。シマダヤはそこまで規模の大きい会社じゃないけど(失礼!)もし先方が本気になったらここを突かれるでしょう、私がシマダヤに入れ知恵するなら「平均体重を10㎏下回ってるような貧弱な奴は、おとなしく病人食でも食ってろ!」と言わせます、ヒデ―(爆笑)。



おばはんは典型的な?
”情報に踊らされる人”



 「飲まなければいけない薬と、時々お世話になる薬」http://blog.livedoor.jp/oo55555oo-2525/archives/1051042859.html で彼女が体のために普段どんなことをしているのか書いてありました。



栄養は食品から摂るし、加齢による衰えや不調に関しては薬やサプリで改善するとは思えず、ふつーに動けるんだから少々のことは別にいいかな…と思ってます。

やってることはあって、ウォーキングとラジオ体操と20~30分の半身浴です。

http://blog.livedoor.jp/oo55555oo-2525/archives/1051042859.html


 おばはんの場合わかりやすい低体重。必然的に筋肉も少ない。筋肉(骨格筋)が少ないと血糖値は上がりやすく下がりにくい、骨格筋はインスリンなしでも糖を消費してくれるから。で、採用している運動は”ウォーキングとラジオ体操”。まず筋肉の増量はありません。加齢と糖質を減らしているのでインスリンが出にくいことを考えると維持すらままならないかも。というか体重がなさすぎるんで少しでも増量考えないと・・・。まあ運動の方法が間違ってるので、除脂肪体重を少しでも増やすものに切り替えるのがいい。

 それから半身浴だけど、アレやるだけ無駄だから(笑)。アホなダイエットサイトで「半身浴は基礎代謝が上がる!」とか吹いてるけど、基礎代謝の意味そのものがわかってねえ。基礎代謝ってのは除脂肪体重というか筋肉に比例する。風呂入るくらいで筋肉つくのか?なら開店しばらくの銭湯行って客のジジイババア見てこいや(爆笑)!あんなモンに1時間かけるくらいならその時間で筋トレやってプロテイン食って長く寝ますわ私なら。



ザバス



本日のウォーキングはスーパーまでの往復としました@40分(坂道)
お金かけてスポーツクラブや何とか教室に通わなくても、ウォーキングと室内体操で充分だと思ってる私…
主婦なら、家事でテキパキ動くだけでもイイ運動になるし。
http://blog.livedoor.jp/oo55555oo-2525/archives/1052311503.html


 まさかとは思うが、
「汗かいた」

 とか

「しんどかった」

 とかで負荷の高低有無を決めてねえだろうな(苦笑)?正直こんなのにからまれたらお客様係のオペレーターも大変だよなあ・・・。





はてなブックマーク、Lineなどはこちら



スポンサー様の広告です!



世のため人のため↓バナーをLet's クリック!



テーマ : 糖質制限食
ジャンル : ヘルス・ダイエット

何やっとんねん角川「ダ・ヴィンチ」!「体が生まれ変わるケトン体」?低次元のモンに生まれ変わっとけ(笑)

「ダ・ヴィンチ」のサイト
白澤医師の本を宣伝!
アホンダラ!!



 本読みの雑誌(正直大したことないんだけど)「ダ・ヴィンチ」のサイトがこともあろうにケトン体の宣伝本を宣伝している。「ランチ後の強い眠気から解放される! 春に向けて「薬」に頼らず「ケトン体」で体質改善をしよう」http://ddnavi.com/news/286439/a/ という記事なのだが。



 「ケトン体」…ちょっと聞き慣れない言葉かもしれない。

 約7割の人がエネルギーをブドウ糖に頼り、血糖値を上げる食品を好んで食べているそうだが、この「ブドウ糖」への依存に警鐘をならすのが、『体が生まれ変わるケトン体食事法』(白澤卓二/三笠書房)だ。たとえば、玄米より白米、ヨーグルトやブラックコーヒーよりアイスやフルーツジュースを選びがちという人は「ブドウ糖に頼っている」糖質依存に陥っている可能性があるという。これまで、「脳がエネルギー源として利用できるのはブドウ糖だけ」という説が、常識として浸透していたが、栄養学の進化によって、新しい事実が次々明らかになり、その定説はすっかり古いものになってしまった。【中略】

過度な食欲やイライラ、ランチ後の強い眠気から解放される!

 エネルギー源をブドウ糖だけに頼っていると、体内にため込まれたブドウ糖を使い切ったとき、“ガス欠”=血糖値が下がった状態になってしまう。すると、無性にお腹が減って、指先がふるえたり、集中力が低下したり、怒りっぽくなって、何か食べなきゃという症状に襲われる。そんな時、甘い物やごはん、パンなど糖質を含むものを食べると、気持ちがぱっと晴れ、集中力があがって仕事の効率もアップ! なんて思いがちだが、これが大きな勘違いだそう。エネルギーをブドウ糖に頼っていることで、血糖値の上昇下降に振り回されているというのだ。また、ランチ後に襲われる激しい眠気からも「ケトン体」にエネルギー源を変えることで解放されるという。

http://ddnavi.com/news/286439/a/


 はあ、また白澤医師か(苦笑)。引用文だけを見ても”勘違いだそう””いるというのだ””されるという”と伝聞調だ。オイコラこれ書いた三文ライター、テメエは実行してねえのか?試しもしてねえモン書いてんのか?



「ダ・ヴィンチ」編集部、
せめて高校くらい
出てる奴雇えよ



 楽しいことに?この記事、ライターの署名がない(他の記事にはあるのに)。まあ不況が言われて久しい出版業界、ケチれるものは何でもケチっちゃおうってことなんでしょうな。しかしなあ、こんな高校レベルの生物ができないような底辺ライター(クラウドワークスで400円とか?)を雇うなよ、会社と雑誌の信用が落ちるぞ(笑)。



エネルギー源をブドウ糖だけに頼っていると、体内にため込まれたブドウ糖を使い切ったとき、“ガス欠”=血糖値が下がった状態になってしまう。すると、無性にお腹が減って、指先がふるえたり、集中力が低下したり、怒りっぽくなって、何か食べなきゃという症状に襲われる。

http://ddnavi.com/news/286439/a/


 当たり前だろバカ。これ書いた奴、血糖量が低いと何起こるか知ってんのか?

● 低血糖症 低血糖症は、食事の量が少ないときや激しい運動をしたときなどに生じる。また、糖尿病の治療のために摂取したインスリンが過剰になった場合にも起こる。

 低血糖になると、まず、グルコースをエネルギー源として大量に消費する脳に影響が現れる。ふつう、血糖量が70㎎/100mL以下になると脳の機能に影響が出て、計算力が低下する。低血糖を刺激として血糖量を上昇させるホルモンの分泌量が増加し、これらの作用によって、動悸・冷汗・震えなどの症状が現れる。さらに血糖量が低下すると、意識を失い、最終的に昏睡状態になる。

『高等学校 生物基礎』189~190p

高校生物の教科書で糖尿病・低血糖症を知る



低血糖 症状 



 おおコワ。でも上記の通り普通に暮らしている限り低血糖は起こらない。血糖量が下がったら交感神経がはたらいてグルカゴンやアドレナリンなどの血糖量を高めるホルモンが分泌されて糖毒バカの大好きな”糖新生”が起きて血糖量が増えるから。そして日常生活ではまず糖新生は間に合うので低血糖は起きないよ。極端なケースをさも日常的に起きるかのように書くのは感心できねえな。けどさ、ケトン体の奴らも糖新生起こしてることに変わりはないやろ?コイツラにはそれに伴う”動悸・冷汗・震えなどの症状”は起きねえのかよ?

 《血糖値が低いとき》 運動や飢餓状態などによって血糖値が減少すると、複数のホルモンの分泌が促される。1つは、すい臓のランゲルハンス島のA細胞が直接低血糖を完治して分泌するグルカゴンである。また、血糖値の低下により、視床下部の血糖調節中枢が刺激され、これにより興奮した交感神経がランゲルハンス島のA細胞を刺激し、グルカゴンを分泌させる経路もある。グルカゴンは肝臓にはたらいて、グリコーゲンからグルコースへの分解を促進する。グルカゴンの分泌と並行して、副腎髄質は交感神経の信号を受けアドレナリンを分泌する。アドレナリンは、肝臓、金でのグルコースの分解を促進する。また、脳下垂体前葉からは、副腎皮質刺激ホルモンが分泌され、それにより副腎皮質から糖質コルチコイドが分泌される。糖質コルチコイドはタンパク質の分解を促し、グルコースの合成を引き起こす。このような反応により、血糖値が上昇する。
東京書籍『生物基礎』
もう一度血糖値のお勉強



 私の通っていた高校の生物の先生は交感神経を”戦闘用の神経”と説明していた。気が荒い方が戦闘向きやろ?戦闘時は低血糖になったら終わりだからなるべく血糖量を多くする必要があるからね。



エネルギーをブドウ糖に頼っていることで、血糖値の上昇下降に振り回されているというのだ。

http://ddnavi.com/news/286439/a/


 どこをどうひねったらこんなアホなことが書けんねん、教えてくれや。試しにKADOKAWAの社員食堂行ったら速攻わかるやろ、社食でメシ食った連中が部屋の隅でピクピクケイレンしとるんかい(爆笑)!?ああっ、角●春樹がそうだったか(大爆笑)!



グルコーススパイク インスリン ホルモン濃度 食後血糖値血糖値 グルカゴン ホルモン濃度

食前食後の血糖値・インスリン・グルカゴン濃度
これのどこが乱降下やねん


メシ食うと眠くなる?
だから何やっちゅうねん(笑)



ランチ後に襲われる激しい眠気からも「ケトン体」にエネルギー源を変えることで解放されるという。

http://ddnavi.com/news/286439/a/


 このライター、普段何してるんか知らんけど普通の職場は1時間程度のお昼休憩があるんよ(能力的に普段はブラックな職場で稼いでるのかも)。そん時にでも昼寝しとったらええやん?



 昼寝

昼寝(ひるね)は、昼食後の仮眠のことである。午睡(ごすい)ともいい、南欧ではシエスタとも呼ばれている。

15~30分の仮眠が脳を活性化するという研究結果が出ている。しかし、それ以上の仮眠は逆に脳の活性を下げ、また夜の不眠の原因にもなるとも言われる。

保育園では園児の昼寝が予定に組まれている場合が多い。

最近、日本でも昼寝の効用について研究が行われている。昼寝を行うことにより、事故の予防・仕事の効率アップ・自己評価のアップなどが期待されるため、職場・学校などで昼寝が最近、奨励されるようになった。また、昼寝により、脳が活発になるため、独創的なアイデアが浮かびやすい環境になるという。

wikipedea「昼寝」




 なおその時の体調や普段寝ているかということもあるのでメシに炭水化物を摂ったからといって必ずしも眠くなるわけではないことも付け足しておこう。



そこで、「ケトン体」なのだ。頭や体に“健康長寿”をもたらす新しいエネルギー源として注目され、昨今では太りにくい、ボケない、アンチエイジングに効く
http://ddnavi.com/news/286439/a/


 いやあ何のギャグやねん(笑)。仮にボケないとしても既にボケてんのとおんなじやんか、高校レベルのことがわからんのだから(爆笑)。



「ダ・ヴィンチ」編集部に
モノ申す



 単刀直入に言ってやる、まっとうな本を紹介しろコラ。少なくともセンター試験程度の高校生物の知識があれば一発で見抜けるんだけどなあ、とKADOKAWAの採用実績を見てみたら国公立大学(学部)、京都大学と横浜国立大学しかなかった(爆笑)。編集者が節穴なのも当然か(本当は「文系だからわからない」は通用しないんだけど)。

 「もうちょいマトモなライターを連れてこい」と思ったんだが元々がおかしい本だからな、マトモな物書きだったら「こんなアホな本の提灯記事なんか書けるか」って反発されるからおかしい奴か無能な奴を連れてきたのかな?あるいは編集者が自分で書いたか。



 とりあえずKADOKAWAさんは高校卒業程度の学力がまんべんなくある学生を来年度から採用すること、あまり学生の頃勉強しなかったアホを編集ラインから外すこと(社会にとっても有害!)。

 あと、このバカライターのこの記事の謝礼の額を教えてほしい(笑)、たぶんこのブログの稼ぎより多いんだろうけど(ほとんど儲かってないですよこのブログ)ムカつくなまったく(苦笑)。ちゃんとした人をちゃんとした対価で使わんとあかんよ、饅頭屋があんをケチりだしたら終わりやろ?この記事だったら進学校の高校生雇った方が絶対よかったし。





はてなブックマーク、Lineなどはこちら



スポンサー様の広告です!



世のため人のため↓バナーをLet's クリック!



テーマ : 糖質制限食
ジャンル : ヘルス・ダイエット

【超悲報】糖質が足りなくてクレーマーになっちまったおばはん

迷惑な糖尿おばはん
メーカーにいちゃもん


シマダヤ 糖質オフ うどん



 王城恋太氏のブログ記事「HbA1c15から5.2へ!糖尿病が4ヶ月で改善!」の記事内記事(サブ記事、とでも言えばいいのかな)で「糖質40%オフ麺を食べたら血糖値が爆上がりした迷惑な糖尿おばさん」というのがあり(リンクはない。自分で検索すると出てきます)、面白そうだったのでそのブログを読んでみました。糖質が足りないと情動と本能で動く動物のような感じになっちゃうのかしら?



2016年02月16日

本日の三食写真(一人暮らし21日目) 糖質40%オフ麺で血糖値爆上がりしたので、メーカーに問い合わせることにした。

昼食

糖質40%オフうどん(揚げ、とろろ昆布、浅葱)、サラダ(黒豆もやし、きゅうり、大豆)、緑茶

うどんの糖質は、29.4g

一時間値 162

二時間値 180

何これ?


かなり上がった… うどん以外に目立つ糖質は無いのに何故?

うどんスープは飲んでないし、サラダには柚子ポン少量しかかけてないし…

炭水化物49.1gのうち19.7gは食物繊維だと書いてあるけど、おかしい。

他のうどん(冷凍の稲庭や讃岐)は、量を減らしてこれぐらいの糖質量に抑えればこんなに上がらない。

せいぜい一時間値の数値ぐらいまでで、二時間値は下がる。

メーカーは一定数の糖尿患者に食べさせて統計とったのかな?

それともそんなことはしておらず、社内の健常者たちで血糖測定しただけなんだろうか…

血糖測定すらしてないんだろうか?


「からだにやさしい」「一日分の食物繊維」とは書いてあるけど、血糖値という言葉はどこにもない。

健康志向の健常者のために開発された商品なら、無投薬でコントロールしてる私のような病人は記載糖質量を信じて一袋全て食べてはいけなかったので、お客様相談室に問い合わせてみる。

クレームではなく、自分にとって重要な答えを聞きたい。

その回答はブログに書こうと思います。

http://blog.livedoor.jp/oo55555oo-2525/archives/1052198182.html


 誰も言わねえみたいだから言ってやる。おばはん、アンタアホだろ?それと、アンタがやってんのは単なるクレーム。シマダヤのお客様係が若い女性でまだよかった。これがT芝だったらおばはんクソミソにこきおろされんぞ(爆笑)。



このおばはんがアホな理由
血糖値なんざ
測ってるわけねえだろ



 このおばはんが何者かは知らねえが「この世は自分中心に回ってる」とでも思ってんのかな、アホやなということだけは理解できた。「この世が自分中心に回ってる」ような奴は一般小売店のうどんなんざ間違っても食わねえよ(爆笑)。



メーカーは一定数の糖尿患者に食べさせて統計とったのかな?

それともそんなことはしておらず、社内の健常者たちで血糖測定しただけなんだろうか…

血糖測定すらしてないんだろうか?

「からだにやさしい」「一日分の食物繊維」とは書いてあるけど、血糖値という言葉はどこにもない。

http://blog.livedoor.jp/oo55555oo-2525/archives/1052198182.html


 血糖値の場合食った奴の耐糖能に左右されるから収拾がつかなくなる。そもそも少し考えればわかるんだが、なんで糖質量測る方法が糖尿の奴にうどん食わせて血糖値を測ることだけなんだ?材料から糖質量を測ってもいいじゃねえか(爆笑)?普通そうするだろ、違うか?



2016年02月17日

シマダヤお客様相談室に電話しました。(糖質40%オフ麺を食べて、血糖値が爆上がりしたから)

では、回答を書きます。
【中略】

私「他の糖質はほとんど摂らず、食べたあとで自己血糖測定したんですよね。結果、上がるはずのない数値まで上がり、高血糖になりました。この商品は、患者あるいは社内で食後血糖測定はしたんでしょうか?」

会社「…いえ、血糖測定などの医療行為は一切行っておりません。この商品は、幅広いお客様に召し上がっていただきたいものでして…」

相手はまだ若い女性だったため、これ以上言っても仕方ないし、他に聞きたいこともなかったので、短時間で切りました。

この商品の食後血糖測定に関しては、患者どころか健常者も社員も一切やってないそうです。

一般商品ならそんなことしなくてもいいんだけど、糖尿病患者が飛びつくような低糖質を強調して販売してる商品に関してはやっててほしかったな…


ほとんどの患者は糖質量を見て、それを頼りに商品を購入するわけだしね。

私は血糖測定器を持ってたからまだ良かったけど、持ってなくて私のようなパターンで血糖値が上昇する人がこれを食べ続けたら大変でしょう。

http://blog.livedoor.jp/oo55555oo-2525/archives/1052236875.html


 私のツッコミを読んだ後だとおばはんが滑稽に感じますね(笑)。糖尿病患者が血糖測定器を持ってないってことはあまりないし、おばはん頭に血が上ってます。いや、アドレナリンやグルカゴンが過剰分泌されてるのかな、このときの血糖値を測ったらどんだけすごかったろうか(爆笑)。



糖毒バカは
他人に厳しいが
自分には甘い



 糖毒バカの例にもれず、このおばはんも食事オンリーで何とかしようと思ってるようです。



2016年02月18日

本日の買い物(食品) 歩くこと、動くことは大事よ。

晴天

本日のウォーキングはスーパーまでの往復としました@40分(坂道)

お金かけてスポーツクラブや何とか教室に通わなくても、ウォーキングと室内体操で充分だと思ってる私…

主婦なら、家事でテキパキ動くだけでもイイ運動になるし。

http://blog.livedoor.jp/oo55555oo-2525/archives/1052311503.html


 40分散歩してもせいぜい200kcalの消費、しかもこの程度だと消費エネルギー割合は糖質:脂質=1:1だから糖質100kcal=25gほど、シマダヤうどんの糖質量ほどもない(爆笑)。さっきのお客様センターの姉ちゃんがこのブログ読んだら激怒するやろうなあ、なんぼほど自分に甘いねん。

”ウォーキングと室内体操で充分”じゃねえからしょぼいうどんで血糖値爆上がりしたんだろうが、ヒマなら死ぬ気で糖質使う運動せえ!!

 あ、糖質足りてねえのか(笑)。炊事洗濯掃除だけでそんなに重労働にはならねえよ(実家の母がそうでしたから)。経済事情などがわからないので軽はずみなことは言えないが、運動の種類は考えた方がいいッス。



このおばはん
もともと
糖質に弱かった



2016年01月25日

本日をもちまして、米と餅は封印します;つД`) …血糖測定で死亡しました。
【中略】

昼食

おにぎり(雑穀米130
g、紀州梅)、つくね串、枝豆、ミニトマト、豆腐と浅葱の味噌汁、緑茶

糖質量合計…約55g

結果

朝食後二時間値 105

昼食後二時間値 225 …ぎゃあぁぁっ(初めて見た200超え…)

これはもう糖尿病確定では…


しかし、糖質量に差があるとはいえ、いつもよりやや多めのg数(米)だったとはいえ、パンと比較して米上がりの酷さは殺人的です。

米(餅)は、普段の私の上がり幅(糖質1gにつき2ちょっと)ではなく3上がって、そのまま下がってないっぽい。

http://blog.livedoor.jp/oo55555oo-2525/archives/1050662105.html


 ごはんでこれだったらブドウ糖75g摂取してから2時間後の血糖値は・・・まあそうだろうな。自分で書いたようにモノによっては糖尿確定なくらい血糖値が上がるんだから。もうちょっと冷静にならんと世間の糖尿病患者のイメージが悪くなるで。




はてなブックマーク、Lineなどはこちら



スポンサー様の広告です!



世のため人のため↓バナーをLet's クリック!



テーマ : 糖質制限食
ジャンル : ヘルス・ダイエット

プロフィール

toshitsubaka

Author:toshitsubaka
糖質制限・低糖質・MEC食はバカがやること!

新着記事
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
おすすめの人気記事
スポンサー様の広告

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR