FC2ブログ

アジアパラリンピック記事である阿呆を思い出したよ、やれやれ


ものすごい体格の
パラアスリーテス



池あいり 競泳 スタイル
クリック先は当該記事
(読んでね)


 お久しぶりです。(2018)9/27日「日刊スポ―ツ」付にアジアパラリンピック関連の記事があり興味深く読んでいました。競泳の池あいり選手(日体大)を取り上げているのですが(「6冠池江に続くぞ!パラ水泳・池あいり7メダル狙う」)、彼女の身体のサイズがすごい。


身長:178㎝
体重:62㎏



 現役の競泳選手だからと言ってしまえばそれまでですがBMIは19.6。身長160㎝の人間(女性でいいか)に当てはめると50.1㎏。この記事を読んでいて困ったことに私の脳裏にある阿呆のことが浮かんできました。



あの江頭のパチモンは
一体どうしてるのか



 昔取り上げて笑いものにした、「糖質制限とスロトレで細マッチョになる!」と言い張ってたあの男です。開始から5年ほどやってるのに依然ガリガリで何のためにブログやってるのかしらと訝っていたのですが・・・おお、まだやってるのか!ご苦労なことです。



 で、彼のサイズを見た(https://isoguna.net/2018/09/01/83kagetsu/)のですが・・・ああやっぱりね(爆笑)。「体組成計で体脂肪率が6%になった」とか喜んでる(?)のですが見栄えのしない身体は相変わらず。約7年やってガリガリなんだから申し訳ないけど笑っちゃう。それが悔しいのか適当な記事を中途半端(ですらないかも)な理解で糖質制限をおちょくってる連中の悪口雑言を並べてる。まずテメェは頭の上の蝿を追え。

 それとコイツ、身体測定(?)の記事では汚い腹の画像をブログに上げてるんですがこれも変。コイツの目的は増量でしょ?なら太腿・背中・胸・腕なんかをなぜ上げない?まあいいや。このアホのようになりたくなかったら「正しい努力を続けろ、間違った努力は一切するな時間と予算の無駄だから」ってことです!



10年ほど前の岩波書店が
出版した初心者本
なかなか残酷です



有賀誠司 ウエイトトレーニング 初心者筋トレ


 ちょっと気の利いた公立図書館ならあるでしょうが、『これなら続く!考える筋トレ』という本があります。有賀誠司・東海大学健康学部健康マネジメント学科教授が著者ですが教授は元ボディビル選手で運動選手のトレーニング指導も行っています。大学の関係上柔道家が多いんだろうな。基本的には超初心者にトレーニングの心構えを説くもので自重トレが多いかな。本格的に(ウェイト・マシンで)やりたい人は有賀教授の他の著作を読むといいです。

 なぜこの本を紹介したかって?有賀教授、こんなこと言ってるんですよ。



 スポーツ界では、一流のアスリートにはコーチやトレーナーがついています。どんなに優秀な選手でも、自分自身を客観的かつ冷静に評価することは困難です。自分自身を評価しようとすると、どうしても自分の感情や感覚が介入してきてしまうからです。筋トレを継続していく過程でも、他者や専門家から客観的なアドバイスを受けることはとても大切なことだと思います。

 ベテランの筋トレ実践者で、トレーニング効果がほとんど変化していない人を観察してみると、自己流の方法で行っている人が多いことに気づきます。専門家のアドバイスを受けて正しい方法で行えば、半年程度で効果が現れるのに、五年・一〇年経っても効果が現れない状況は本当にもったいないことだと思います。「自分のことは自分が一番よく分かっている」と言う人は、「それなり」のトレーニング効果で終わってしまうことが多いのです。

『これなら続く!考える筋トレ』P76~77



 うわ、これモロこいつじゃん(大笑)。いや本来半年程度で効果が得られるモノが5~6年経ってもまるでダメってことは「それなり」ですらないワケで・・・ニセ江頭、一体何のために糖質制限やってんの(爆笑)!?



 色々理由を邪推してみたんですが「恥をさらしても糖質制限ブログ運営はオイシイから」ということに行きつきました。これも複雑だ、なぜなら私にとってこのブログ運営はそれほどオイシくないから(苦笑)。



スポンサーサイト


はてなブックマーク、Lineなどはこちら



スポンサー様の広告です!




世のため人のため↓バナーをLet's クリック!



テーマ : 糖質制限食
ジャンル : ヘルス・ダイエット

「糖質制限でネズミがヨボヨボに!」は特に取り上げなかったが

「週刊新潮」が
取り上げて
話題になったが



糖質制限 マウス


 随分前の話題で申し訳ないのだが(2018年)3月17日に都築毅・東北大学大学院農学研究科准教授の研究チームが糖質制限させたマウスはそうじゃないマウスに較べて寿命が短く老化スピードが速かったため「糖質制限食を摂取し続けると老化が早まる恐れがある」という研究成果を発表した。例によって糖毒狂信者への一時的衝撃は激しく、Dr.糖尿モヤシ教祖がホームグラウンドの東洋経済オンラインで怒りの反撃(というか糖毒狂信者へのアナウンス)・・・といういつもの流れ。いいのか東洋経済、逃げ遅れても知らねぇぞ。



 世間には「週刊新潮」2018年4月5日号が記事にして知られることになった。でも新潮社って糖質制限嫌いなのかな?こういう記事も過去には書いてたし。特に取り上げようとは思わなかったのだが書かないのも何なので今更ですが。まあたまには記事を書かないといけないかな、というのが動機かな?



動物実験の評価って
案外低いのよ



 取り上げなかった理由の一つが”動物実験であること”。過去紹介した左巻健男法政大学教授が著者の『暮らしのなかのニセ科学』では”有効性の根拠としての信頼度”についてこう述べている。



【前略】


 こうした「体験」の危うさについて、いつも注意しなければなりません。薬や食品の有効性を調べる試験では、試験管レベル、動物実験レベルですら科学的な根拠は薄いのですが、それらよりもずっと根拠が薄いのは体験談です。本当に効くのかどうかは、二重盲検法(ダブルブラインド法)などで科学的に調べなければなりません。

【中略】


 ヒトについての試験としては、少なくてもコホート研究以上でなければ根拠があるとは言えません。人を対象にした試験で有効性がない、あるいはそもそも試験されていない健康食品やサプリには近づかないことです。

【後略】


『暮らしのなかのニセ科学』P34~35



二重盲検法


 で、それを図にしたものが↑コレ。う~ん残念だなぁと思う一方で糖毒馬鹿が喜んでもいそうだからちゃんと釘は刺しておきましょう。お前らあの”脱糖王子”のことを忘れちゃいねぇか(爆笑)!?



西脇俊二 糖毒バカ 理想と現実
画像をクリックすると
ロマチェンコ選手の記事に
こっちをクリックすると
下の枯れススキ(笑)に移動


 糖を抜くとこんなにヨレヨレヨワヨワになるワケで。「何を今更ネズミごときで騒いどるんや、もうすでにこんなんがおるやないか」というのが当時取り上げなかった最大の理由です(爆笑)。



「女性セブン」も
取り上げるのは
いいんだが・・・



女性セブン 糖質制限
最近の女性誌は割合
読者の立場に立っている
その点は評価できます


 この後「女性セブン」(小学館)2018年4月12日号では「糖質制限で老化する!やせたければ米を食え」という記事を掲載していた。う~ん、もう少し考えてほしいなあ。というのはまず「糖質制限しようがしまいが長生きすれば人は必ず老化する」から(爆笑)。何言うてんねんと思うかもしれんがこれは事実やん。それと「米を食え」だが体重の増減はカロリー摂取量と消費量の多寡なのだ、消費量>摂取量なら体重が減るよということを書いておくべきだった。



 記事中ではおにぎりダイエットなるものを紹介しているのだが、まあ早い話が「自分の消費カロリー量を大体割り出し、それよりも摂取カロリー量をある程度少なくする」というもの。ここまでやるんだったら前述のことを教えておいてもいいのに。



 あと「お米はダイエットにもってこいの食材」と書いてはあるが、「安いこと」が最大の要因のような気がする。それと一通り記事を読んでみた感想としては「和食を評価しすぎ」。





はてなブックマーク、Lineなどはこちら



スポンサー様の広告です!




世のため人のため↓バナーをLet's クリック!



テーマ : 糖質制限食
ジャンル : ヘルス・ダイエット

【大笑】メガマックたがしゅう、薩摩の地で糖毒馬鹿同士傷の舐め合いをする

糖毒医たがしゅう
テメェの文章すら
理解できてない?



 偶然にも魔がさして糖毒神経内科医(だったかな?)たがしゅうのブログを見てしまいました。彼は今鹿児島にいるそうですが、相変わらず糖質制限やってんのか・・・懲りねえんだな。でまあ面白いこと書いていたんですよ。



それではなぜ高度肥満者は糖質制限で途中まではスムーズにやせていくのに、糖質制限を続けているにも関わらず、途中から標準体重に行く手前で体重減少がストップしてしまうのでしょうか。


私は体重減少が途中で止まるのは、糖質制限がどうこうというのではなく、あくまでも現在の食事摂取状況と体内の代謝環境のつり合いがとれた状態となった時にそうなるのではないかと思っています。


私の場合は糖質制限に加えて1日1~2食にもなったりしているものですから、オートファジー活性化などを通じてタンパク質の再利用効率が高まっている事が考えられます。


その状況ではかなり節約モードになっているものですから、現状維持のための栄養はかなり少なめでも事足り、その必要最低量が入ってしまえはもうそれ以上はやせません。


その時の体重が最適な体重であるという保証はどこにもありません。

【引用が嫌になったんで略】


http://tagashuu.blog.fc2.com/blog-entry-667.html


 アホだなコイツ。医学部受験と医師試験受かったとはいえ、「お勉強はできたアホ」ってことかよ。あるいはこの2つで頭脳の強化ポイントを消費しつくしたか。平たく言えば「体重の増減はカロリーの多寡です」ってことやろ?



医者のブログよりも
勉強になる弊ブログ
まあ医者もピンキリか



 かなり大雑把なもので申し訳ないのだが損益分岐点の図を描いてみた。ただし、体重の増減についての。これとたがしゅうの言葉を当てはめてみよう。



損失分岐点 ダイエット 減量


 メガマックたがしゅうが言いたいのは”現在の食事摂取状況(摂取カロリー量)と体内の代謝環境(総消費カロリー量)のつり合いがとれた状態となった(損益分岐点に達した)時、体重減少が途中で止まる”


 ちゅーこっちゃろ?


 ただその”つり合いがとれた状態”ってのが多分「いや、俺が欲しかったのはコレジャナイ・・・」なんだろうけど(大爆笑)。仮に奴の1/3が脂肪だったとする。130kg(五輪ボクシングだとスーパーヘビー級)で体脂肪率33%だったら体脂肪量42.9㎏なんで、減った30㎏が全て体脂肪だったら・・・体脂肪率12.9%!この体重でこの体脂肪率の奴は運動選手以外ではまずおらんよ(棚橋弘至選手くらいかな?)。ちゅーか、糖質制限にホンマに効果あるんやったらアメリカ人とっくの昔にみんなラグビーかアメフトみたいな身体しとるやろ(笑)!





 あと”私の場合は糖質制限に加えて1日1~2食にもなったりしている”とほざいてますが、健康を欲する方は間違っても真似しないように!3食で賄う必要なカロリーを1食で賄えるとは思えないし、上述の図だと基礎代謝部分に手をつけることになる。糖毒馬鹿的には関心があるであろう血糖値がより上がりやすくなりますから。



朝ごはん がっつり


 落ち着いて考えると現在の学問は相当に細分化している。医学に関しても例外ではないだろう。たがしゅうは糖質制限と飢えで脳のどっかから悪い汁が出てんのか(爆笑)?読めば読むほど不安が募る、それが彼のブログ。



糖毒馬鹿
in薩摩のお知らせ
(私は行かへんよ)



 そんな困ったたがしゅう医師が天文台(鹿児島市の歓楽街)の近くで主催する「糖質制限を語る会 in 鹿児島」を18年7月に行うらしくその告知をしている。そこに参加予定者の自己紹介文があるのだが、それが笑える。いや笑っちゃいけないのか、将来を考えると。どんなんが参加予定なのか(たがしゅうブログでは名前出ししていますが一応名前は伏せておきます。個人情報なんだから配慮しなよ)?



〇スタンダードの糖質制限を約9年、スーパー糖質制限をして1年になりました。それを機にインスリン注射+4種類の服薬の世界から抜けだしました。

残念ながら、スーパーで糖質を制限しても血糖値はだいぶ高く、今も薬を2種類飲んでいます。私の体は一筋縄ではいかないようで、そんなですが私の大切な体、上手く付き合っていきたいと思っています。


〇59歳です。糖質制限3年目、始めた動機は両親が糖尿病等だったからです。bmi約19やせ型、もう少し体重がほしいですが、消化器系の不調もよくあり、皆さんの体験など勉強させていただきたいと思っております。


〇糖質制限との出会いは、現在勤務しているクリニック院長が糖質制限を実践していることがきっかけとなり、当院ではスタッフ全員がスタンダードからスーパーまで糖質制限に取り組んでいます。

私自身は1年半ほどで、基本主食は摂りませんが、時にスイーツの誘惑には負けてしまいます。

最近ではファスティングを取り入れてダイエットを試みていますが中々体重が減らないのが悩みです。


http://tagashuu.blog.fc2.com/blog-entry-1314.html




 うーん、厄介なのが揃ってるなあ。


”スーパー糖質制限してなお血糖値が高い”って、何かがおかしいって気づけよ。


”もう少し体重が欲しい”?あのなあ、糖質制限したからって1㎏の食事で2㎏太れるのかよ?というか、「カロリーの多寡?そんなの関係ねぇ!」って教祖がホザイてんのに。それに糖質摂取量が減った分脂質摂取量が(相対的にも絶対的にも)多くなる。脂質は糖質に較べて消化吸収が遅いのが”消化器系の不調”の原因かもしれんやん?


●医療関係者がファスティング(断食みたいなモン)なんか手ェ出すなよ。脂質は量当たり糖質の倍カロリーがあるのでカロリー量を把握していないと体重は落ちにくくもなるやろなぁ。


 ところで”スタッフ全員が糖質制限に取り組んでいる”ってパワー・ハラスメントっぽく聞こえるんですが・・・。ついでに言うとその院長も慎重さが足りない。


 おそらく彼ら彼女らは細かい記録なんか取っていないでしょうから(部外者としては価値がない)、内輪で盛り上がる程度の集まりになるのでしょうが・・・。




はてなブックマーク、Lineなどはこちら



スポンサー様の広告です!




世のため人のため↓バナーをLet's クリック!



テーマ : 糖質制限食
ジャンル : ヘルス・ダイエット

【悲報】人気糖尿ブロガーマルコさん、糖質制限やりながら増量を目論む。その結果は・・・ん?招かれざる客まで!

マルコさんの配偶者
血糖値コントロールは
順調らしいが



ジムに通う人の栄養学 糖質制限 グリコーゲン


 ヘタウマユニークなイラストが楽しい人気糖尿ブロガー、マルコさん。配偶者さんの血糖値は大分安定してきた、とのこと。だが、よく見てみると「あぁ・・・」と溜息が。



ここ最近、食後血糖値が落ち着いていたのは、野菜をゆっくり食べる事とプチ糖質制限と有酸素運動、筋トレのおかげだった


ガリマッチョ、恐らく体中の少ない脂肪が筋肉に変わったんじゃないかというくらい体カッチカチ


(カッチカチやぞ)


そして、夫の体重はドンドン減る


【中略】


私のBMIが19くらいだから、夫はこれ以上体重が減るとかなりしんどいと思う


けど、炭水化物を増やせば血糖値が上がり、たんぱく質を増やせば腎臓の負担が増える


野菜や海藻類しか食べないと筋肉もつかないし、やせ細る



悩みどころだ‥


【血糖値】ガリマッチョ夫、体重を増やそうと米を増やしてみた結果…http://danna-tonyo.blog.jp/archives/8688176.html



 人気ブロガーってのは羨ましいけど正直マルコさんに対しては複雑だ。だってこの程度で人気者になれるってのは貧乏ブロガーとしてはちょっとなぁ、もっと高レベルなことを書いてほしい(苦笑)。糖質制限やってりゃまあやつれもするやろ。それにまあ、いくつか言いたいこともあるので。



一難去ってまた一難
糖質制限で増量は
相当難しいよ



糖質制限 江部 インチキ モヤシ バカ
日本の人の推定エネルギー必要量/day


 ”カッチカチやぞ”と言ってるけど、筋肉って力抜いてるときは案外柔らかいよ?肉屋のヒレ肉みたいな感じだから。



 まず体重を増やそうとするなら

摂取カロリー>消費カロリー


 にしなければならない。この2つの差が脂肪組織か除脂肪組織になるってワケで。体重が減ってるってことは摂取カロリーが必要よりも少ないということ。献立の画像をUPしてくれているのですが見たところ毎日朝食に食パン一枚程度、昼食に米飯130g程度ですよね?大雑把に考えてこれらだけで食パン1枚(6枚切りの場合)166+米飯130g程度225=391kcalだから、他の野菜や果物をみんなかき集めても炭水化物(≒糖質)総量はまあ500kcalあるかないかくらいかな?



 そしてプチとはいえ糖質制限やってるせいで、大した強度の筋トレはできない。それで筋肉増やすのは流石に難しいだろう。



 これに関しては弊ブログの人気記事にもあるんですねぇ。Dr.糖尿モヤシ教祖軍団が糖質制限の限界を認めていたり(何故か出版マスコミは全力でignoreしてますが)、「ラードケーキ」が糖質制限で増量を「成功」させたりしてます。ね?糖質制限ってロクなことになりまへんで(爆笑)?そう言えば「糖質制限でマッチョを目指す!」とか吹いてた江頭2:50みたいなのがいたな、アレどないなったんやろ?



こら富山のMECデブ!
すっこんでろ馬鹿野郎



 マルコさんは読者との交流のためかコメント欄を設けている。それ自体は構わないんだけど、SPAM対策はしてほしい。いや、SPAMコメントが来てたのよ。



よっしー 2018年04月21日 07:20


おはようございます。やはり、糖尿病患者は糖質で太ろうとするのは危ないですね…


私の父はカロリー制限で痩せすぎて困っていましたが、おやつにチーズやナッツを食べるようにしたら何キロか太りました。試してみては?


同上



 んなモンテメェ一人でやってろクソボケ!チーズやナッツは主要な栄養素が脂質だ(特にチーズは飽和脂肪酸!)。脂肪で増量して意味あんのか?脂肪組織以外(早い話が筋肉)で増量しねぇと意味ねぇんだよこのタコ!!



 コイツ、いつの間にか消えていた「脳みそまで贅肉」の富山の某MEC主婦(現在フェイクニュースサイト運営)だろ?じゃあ自分が加工肉食品とチーズと卵で体重と体脂肪が減らずに血糖値がドンドコドンドコ上昇してエライことになったことも書いとけや(爆笑)!そうそう、2型糖尿病は内臓脂肪多いとインスリン抵抗性上がって血糖値上がりやすくなるからね。まさかみさこ、マルコさんの足を引っ張りたいのでは(大笑)?なんちゅう心の捻じくれ曲がった奴じゃ!



 一応まともな読者もいる。東郷氏(ハンドルネーム)はちゃんと情報源を提示した上で方法をすすめている。真偽が極めて怪しいコト(多分インチキ)を吹いて回るMECおばはんとはエライ違いや(笑)。



以前(3月3日の記事)もお伝えしましたが、糖質を分食にするのがいいと思います。おにぎり2個で血糖値爆発なら、1個にしてもう1個を食間に食べます。


1個にした時の血糖値の上昇幅は2個の時の半分以下で済むと思います(4月4日の記事にコメント)。


【中略】



糖尿病治療で、分食はかなり公的にも勧められている食事法です。


https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B3%96%E5%B0%BF%E7%97%85%E3%81%AE%E9%A3%9F%E4%BA%8B%E7%99%82%E6%B3%95


下の方「米国国立医学図書館」のところで「より少量ずつ、一日にわたって摂取すること」「いつ、どのくらいの炭水化物を食べるかに注意を払うこと」とあります。


同上



 とりあえずマルコさん、「付き合ったらアカン奴」いうのがいるからね世間には。あとネット発の情報(それもあまり信用できそうにない)に依存しすぎ。もう少しちゃんとした情報を入手してほしい。ブログランキングなどであれだけのアクセスがあるのだから「情報発信・加工者としての責任」が既にあります。MEC主婦みさこが嘲笑の対象になっているのはそれらに唾を吐いているから。


 とりあえず『ジムに通う人のための栄養学』や『一流アスリートの食事』あたりを読んでみましょう!腎臓のことでタンパク質について不安がっているけれどそれについてもいいこと書いてますよ。




はてなブックマーク、Lineなどはこちら



スポンサー様の広告です!




世のため人のため↓バナーをLet's クリック!



テーマ : 糖質制限食
ジャンル : ヘルス・ダイエット

宇佐美貴史選手と糖質制限~流行のダイエットは運動選手には向かない?

かつて”プラチナ”と
言われた世代の
代表だった選手



usami.jpg


 元ガンバ大阪で現在はブンデス2部で活動している宇佐美貴史選手。かつて彼は”プラチナ”と言われた世代の代表的存在だった(またの名を”ガンバユース最高傑作”)。まあ”プラチナ”とはいっても小学生の世界大会で好成績を挙げたのをいいことにサッカーマスコミが青田買い的に命名したのだけでその後が伸び悩んだらそうは呼ばなくなりましたが。



 同世代からも「ユースの頃から彼は無茶苦茶うまかった」と評価されているが、ヨーロッパではまだ成功できずにいる。25歳なので現在の評価ではありますが。



 そんな宇佐美選手がサッカー(男子)日本代表に選ばれたのだが、「日刊スポーツ」にこんな面白い記事が載っていた。



宇佐美選手の
ダイエット奮戦記
他人事とは思えない?



 日本代表の監督はフィジカルを重視することで知られている故にサッカーマスコミとの軋轢が耐えない。ラグビーではエディー・ジョーンズ前代表監督がフィジカルの効用を日本人に知らしめたと思うのだが、「サッカーとラグビーは別!」ってことか。まあいい。本文を読みましょう。



【前略】


 デュッセルドルフでは4試合連続得点するなど、結果を残した。「今までにない感覚。90分通して1本のチャンスを狙えたり、落ち着いた判断ができる」とプレーの幅が広がっていることを実感。その根底には昨冬から取り組む肉体改善があった。ハリルホジッチ監督から再三「体脂肪率」を指摘されてきた宇佐美にとって3度目の挑戦だった。

(1)とにかく減量時代

 14年シーズンオフから糖質を制限し約6キロの減量に成功したが、代表生き残りをかけさらに減量を決意。体脂肪率は減ったが、十分な食事を取れず、シーズン終盤には結果がついてこなくなった。

(2)グルテンフリー時代

 16年夏にアウクスブルクへ移籍が決定。この時期から、妻蘭さんの協力を得て、小麦など穀物の表皮の中にあるタンパク質の一種「グルテン」の摂取を控える「グルテンフリー」に取り組んだが、これもなかなか結果が出なかった。

宇佐美はW杯ボディー!自ら学び食事改善、減量成功



 日本の巷に出回っている怪しげなダイエット情報を実践するも、結果はなかなか出なかった宇佐美選手。冷静に考えれば「グルテンフリー」はグルテン不耐の人の食事であって減量方法ではないので、当然といえば当然か。



(3)新肉体改善法時代

 昨冬から自ら栄養学について勉強。食事を取るタイミングを変えた。油物を控え「臓器にアプローチする。消化の邪魔をするものは食べない」。筋肉量を維持したまま2、3キロの減量に成功。「体が軽くなった。動きやすい」。

 「2列目ならどこでも高いパフォーマンスができる自信がある」と言い切る。苦労と希望が刻まれた肉体でロシアまでアピールを続ける。【小杉舞】

同上



 笑うつもりはないけど宇佐美選手ってガンバの管理栄養士やトレーナーと仲が悪かったのか?聞けば一発でわかると思うんだけどなあ・・・。



usamiresalt.jpg


情報を分別する必要
今こそ糖質制限
大運動会を!



 まあ運動選手用の運動や食事が一般人のそれと同じってことはないでしょう(大差はないけど小差はある)。不勉強だった宇佐美選手夫妻には確かに責任はあろうが、それは「成績がついてこなかった」ことで果たされてはいる。でもマスコミさんは罪があるよね。売らんかな精神で針小棒大にふれてまわったのだから。



 昔も書いたけどやっぱり糖質制限の大運動会を実施すべきじゃないかなあ?視聴率は期待できるし「ああ、こんなになっちゃうんだ・・・」というのが分かれば社会的にも貢献できる。放送人にとってこれほど嬉しいことはないはず。というか、いいことして儲かるなんて最高じゃないか!"abemaTV"あたりでやってくれへんかなあ・・・。





はてなブックマーク、Lineなどはこちら



スポンサー様の広告です!




世のため人のため↓バナーをLet's クリック!



テーマ : 糖質制限食
ジャンル : ヘルス・ダイエット

プロフィール

toshitsubaka

Author:toshitsubaka
糖質制限・低糖質・MEC食はバカがやること!

新着記事
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
おすすめの人気記事
スポンサー様の広告

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR