FC2ブログ

「Tarzan」に「京大の筋肉」森谷教授襲来!誰か「糖質制限の筋肉」やってくれや(無理ゆうたらアカンやん)

君は「京大の筋肉」を
知っているか?アレこそ
紙出版すべきやろ



京大の筋肉 森谷敏夫 京都大学

教授は1950年生まれ
なので今年69か
自称”京大のマサイ族”天晴れ!


 弊ブログ閲覧者諸賢は森谷敏夫という人物をご存じだろうか?肩書は京都大学名誉教授なのだがトレーニング愛好家としても知られている。トレーニング愛か自己掲示欲かは知らんがご自身のグラビア写真を収録した電子書籍『京大の筋肉』を世に送り出しているッ!でもまあ世のため人のためにはなっているからこれはこれでいいや。



 ところで・・・糖質制限で小遣い稼ぎしてるお医者さんたちはグラビアやらないの(笑)?あっいたなぁ、「脱糖の筋肉」が(大爆笑)。



西脇俊二 糖毒バカ 理想と現実
もはやお約束の脱糖王子
無論下画像のバカです


 さてこの森谷教授が現在発売中の「Tarzan」2019年1月24日号(特集:内臓・皮下脂肪の落とし方)「脂肪について、本当の話をしよう」と題した特別講座を誌上開講。これが結構ためになった。まだ発売中だと思うので簡潔にだけまとめておくので興味を持ったら書店・Amazon・(置いている)図書館へ走れッ!・・・Amazonには走らねぇか。


 この号はこれ以外にも印象深い記事があったので是非読んでほしいなあ。



内臓脂肪 皮下脂肪 糖質制限
一緒に並んでた他の雑誌は
「糖質オフダイエット」
あかんやろamazon・・・


体脂肪量の増減は
生活習慣の積み重ね
だから糖質制限ダイエットは
無駄無意味無価値どころか
有害



 肥満の原因は何なのか?教授は「日常の積み重ね」と説明する。朝食の珈琲に20kcal(5g)相当の砂糖を追加しただけで20年後20㎏増量した女性を例に挙げ、



 脂肪を増やすも減らすも、毎日の積み重ねです。だから、短期決戦で1週間に1㎏も2㎏も脂肪を減らそうとする人は討ち死にします。炭水化物を抜いて1週間で体重が2㎏落ちたという話を聞きますが、これは2㎏の脂肪が落ちたのではなく、ほとんどは筋肉の中の糖質にくっついている水分が減っただけ。


 2㎏といえば500㏄のペットボトル4本分。もしそれだけの脂肪がカラダから落ちたのならカラダには明らかなくびれができるはず。でもそんなことにはなっていない。水分が減っただけで人は体脂肪が落ちたと勘違いしているわけです。


 さらに低炭水化物食を長年続けていると、死亡リスクが増えることが分かっています。カラダの中の残り少ない糖質は脳に回されるので筋肉は脂肪を使おうとします。脱水状態で血液中に大量の脂肪酸が入ってくるので血液はドロドロになり、脳や心臓血管系の病気になるリスクが高くなるといわれています。


 肥満になるか否かは遺伝でも食べ過ぎでもなく、毎日の単純な生活の過ごし方にかかっているのです。


同書P50



 この後に質疑応答があり、そこで教授はP:F:C=1:1:3(割合)のバランスの食事を推奨する。良質のタンパク質を多めに摂ると食欲抑制ホルモンの分泌を促しかつ食欲増進ホルモンの分泌を抑えるからだ。するとそこにマガジンハウスのヘッポコ編集者が「脂っこいものを食ったら満腹感が得られると思ってた」とぬかして叱られる、お約束かよ。


 弊ブログの主旨(糖質制限なんざやったらアカン!)としてはこれだけでもいいのですが興味深かったのでもうちょっと紹介したい。引き続きお付き合いを。



ちゃんと痩せたきゃ
キッチリ動け!



 お次は自律神経と肥満について。平均値より自律神経の活動性が低い人は体脂肪率もBMIも総コレステロール数値も高く、また長年肥満してた人はたとえ体重を大幅に落としても筋肉の脂肪分解能力が普通の人の半分にすら満たない。それはデブは体脂肪を分解する身体のシステムを活動させることがほとんどなかったから。



 なので単に体重を減らすだけでは脂肪を燃やす能力は低いまま。しかし10日間運動をさせると筋肉の脂肪分解能力が向上した。



 運動によって交感神経が刺激され、アドレナリンが分泌されて脂肪分解酵素が働く。カラダの中で起こる変化の中で一番早いのは酵素活性。お酒を飲む機会を増やすと、アルコールの分解酵素が増えるのと同じ理屈です。


 これらの結果から言えることは、まず脂肪分解の能力を上げて臨戦態勢にしてからダイエットするのが効率的ということ。食事制限で体重だけ落としても、自律神経の活動性が低く、脂肪を分解できなければリバウンドするリスクは高いまま。


 運動がいかに重要かということが、これでお分かりだと思います。


同書P51



 でこの後の質疑応答ではうすらバカ編集者がたまにはいい質問をする。

 「10日間の運動がどんなものだったのか?」

 教授は 「最大酸素摂取量の6割(乳酸が出るか出ないか程度の強度)の運動を毎日30分」と答える。



 編集者は「毎日30分のジョギングが日課だが、あまり腹が凹まない」と尋ねるのだが教授は「そのやり方は頭が悪い」、より交感神経を刺激できるのは一本調子の運動よりもインターバルトレーニングだと一蹴。一応走ってる奴でさえこうやねん、ダラダラ歩いとるだけやったら猶更やでェ!



痩せたい奴は
風邪ひかん程度に
寒そうにしとけ!
(ブログ主の曲解です)



 一応の最後に体温調節と脂肪の関係について教えてくれます。脂肪細胞には中性脂肪を溜め込む白色脂肪細胞と脂肪を取り込んで熱エネルギーとして消費する褐色脂肪細胞の2種類があり、後者が少ない人は冷え性になりやすくかつ太りやすい。だがこの世はそこまで冷酷ではなかった。



 寒い環境に身を置くとたとえ褐色細胞が少ない人でもそれが増えてくれる(らしい)。気温10度の環境下で暮らすと400kcal/day程度余分に消費できるのだとか。だとしたら1ヶ月で1.3㎏脂肪減るやん・・・。


 また運動することで筋肉細胞から分泌される生理活性物質のアイリシンは白色細胞を褐色細胞の能力を(ある程度)持つ”ベージュ細胞”に変化させることができる。


 さらに「サルコリピン」という筋肉中のタンパク質があり、これが筋肉が動く仕組みに作用して熱を作りエネルギーをより多く消費する。



 なので無学無才な弊ブログ管理者が乱暴に要約すると「この冬場は寒いところで運動してたら褐色細胞とベージュ細胞とサルコリピンでようさん脂肪が消費できまっせ」ということです、次で教授が言う内容書いちまった(笑)。



 質疑応答では例のうすらバカがアイシリンが出るような運動について尋ねています。有酸素運動でも出るには出るがやはり筋トレには及ばない。



【T】僕、ジョギングが日課です!


【森谷】さっき聞きました。とはいえ、ちんたらした有酸素運動だけでは難しいかもしれない。インターバルを取り入れた方がいいと思います。


【T】うぅ、やっぱり単調な運動じゃダメなんですね。それと、ジョギングだけじゃなく筋トレはした方がいいんですか?


【森谷】それは当然。筋肉量が多い人の方がサルコリピンの量が多いということだから。筋肉量が多い人の方が基礎代謝が高いのはそのせいだと考えられます。


【T】あくまで筋肉量に比例するから、褐色脂肪細胞のように多い少ないという個人差がない?


【森谷】筋肉の量が減ればサルコリピンは減るし、筋肉が増えればサルコリピンも増えます。


同書P52



 ということ。「寒いな」と思ったら敢えて近所の公園に行ってブルガリアンスクワットでも





インバーテッドロウでもやっとけ!





ってことです、大雑把に言うと。大雑把すぎたかな(苦笑)?



スポンサーサイト





はてなブックマーク、Lineなどはこちら



スポンサー様の広告です!




世のため人のため↓バナーをLet's クリック!



テーマ : 糖質制限食
ジャンル : ヘルス・ダイエット

2019年最初の記事はメイウェザーJrと一年の計(少々遅い?)

年の瀬に
9億稼ぐ
いい男



メイウェザー 筋肉 パッキャオ
パッキャオ戦の
メイウェザー
キレッキレでした
画像はNTYから


 随分遅くなりましたが新年のご挨拶を。あけましておめでとうございます、今年もよろしく。タイトルはご存知でしょうが昨年の大晦日に3分とかけず9億円稼いだ元プロボクサーのフロイド・メイウェザーJr氏(以降”マニー”)にちなんでいます。でもアレ、たしかエキシビションだったはずでは?あの格闘技興行団体の運営は一体何がしたかったのでしょうか?わからん・・・。



那須川天心 メイウェザー 惨敗

絞ってない身体でも
ここ一番はメッチャ速い!
これが世界か・・・
リンク先:中日スポーツ


 このマニー氏ですが、実はそれほど大きくない。というよりアメリカ人としては小柄。(公称)173㎝で66㎏程度なのですね。そして数字だけを見るなら一般的な日本人男性と同程度だったりする。数字だけならね・・・。



森永卓郎 ライザップ 糖尿病


 数字だけなら森永卓郎氏とそんなに変わらないのよ、見た目は相当違うけど(爆笑)。



「食の欧米化」?
は悪いことだけ
でもない



 戦後の日本では肉類の消費量が増えたのでよく「食の欧米化」と言われるが弊ブログでよく取り上げる『フードファディズム』の高木久仁子教授も指摘するように必ずしもそうだとは言えない。肉の消費量は確かに増えたが穀物(≒米)や魚介類の消費量は欧米比較で依然として多い。



日本人栄養摂取推移 

動物性たんぱく質 動物性脂質


 過去記事(近藤誠氏についてで作った表を再掲載。タンパク質(特に動物性)の摂取量は1950年と比較して大幅に増えた。そしてそれ故に血管が強くなり日本人の死因の多くを占めていた脳卒中(脳出血)は激減したのです。なおつけ足すと保存・輸送法が発達し多様な調味料・調理法が紹介されたため塩分の摂取量が大幅に減ったこともある(脳出血の要因は血管の弱さと高血圧。また塩分摂取量減少は胃ガンを減らした)。当然身長・体重といった体格も随分と向上した!わざわざ40~49歳男女の身長体重平均推移を作ってやったぞ心して読め。なぜこの年代なのかって?弊ブログ閲覧者の最大ボリュームゾーンだからだよ(笑)!



日本人男性の平均身長 日本人女性の平均身長
日本人女性の平均体重 日本人男性の平均体重

女子レスリング
川井梨紗子選手(58㎏級)が160㎝
皆さん無駄にダイエットしすぎ

 

 37年の時間幅で男女ともに身長体重はかなり向上したが、マニー氏のような肉体の持ち主はあまりいない(笑)。何故なんだ?



月並みだけど
みんな今年からは
筋肉鍛えろ!



 今の日本の人は肥満が増えたと言われます。食い過ぎなのかと言えば既述の通り実はそうでもない。むしろあまり食ってないのです(1950年と同程度)。では脂肪の摂りすぎなのかと言われたら(確かに全摂取カロリーの3割に近づいているが)それだけが理由というわけでもない。摂取カロリー≦消費カロリーならば体重は増えないから。ということは、摂取カロリーを減らすよりも消費カロリーを増やした方がよいのでは?



 それもジョギング・ウォーキングなどの有酸素運動を2時間も3時間もやるのではなく筋力トレーニングないしそれに類する運動を。昔の人はまあ筋トレしなかったんだろうけど2時間も3時間もほっつき歩いてはいなかったろう。冬場に大雪が降る地域だってあるし。誤解のなきようつけ足すと、「有酸素運動をやってもいいが、筋トレも必ずやれ」ですからね!どうしても有酸素をやりたいならまず公園に行って筋トレ→一通り終わったら有酸素の順で。時折ダッシュしたりwalking lungeなりすればなおよし。でもまあ世の中上には上がおるけどな(笑)。




こんな動画見たら自分も
頑張りたくならへん?
でも彼らこれで食っていけそう


 せっかくタンパク質を多く摂れるようになったのだから筋肉を育てないと勿体ない。それに奥田昌子医師曰く日本の男性は多少太った程度でも(二型)糖尿病発症危機にさらされるので(日本女性は閉経後に同様になる)ちょっとでも運動量を増やしておこう。弊ブログ愛読者の今年の目標は「筋肉維持(隙あらば増量)で体脂肪減少」、これでいこう!





はてなブックマーク、Lineなどはこちら



スポンサー様の広告です!




世のため人のため↓バナーをLet's クリック!



テーマ : 糖質制限食
ジャンル : ヘルス・ダイエット

【悲報?】筋肉と乳酸とコリ回路

今年の汚れ
今年のうちに
(ちょっと違う?)



 お久し振りでございます。今年もいろんな事がありましたが伝えるのを忘れていたことが幾らかあったのでそのうちの一つを今日は。高校生物のお勉強 乳酸発酵と解糖系(エネルギーと代謝とATP・・・ZZZ 1.6) という過去記事があるのですがこれを書いたときに「解糖系は2ATPしかエネルギーを取り出せない。そんな不経済なことはしない方がいい!」とかいう意見(抗議?)をされたのですね、文句は私じゃなくアンタの身体にしろよ(笑)。まあそれでもいいんですがちゃんとこれには答えがあったのです。



乳酸 疲労物質 コリ回路


 前述の過去記事では肝臓のコリ回路で乳酸が糖新生によってピルビン酸→グルコースに再合成されるとあります。これ自体は今でも正しい。しかしこれはメインで使われていなかった!オイ、どないすんねん!!



運動選手の
乳酸の使い方



ルーの法則 谷本道哉


 NHKの”筋肉体操”でもお馴染み谷本道哉近畿大学准教授の『使える筋肉使えない筋肉』(山海堂)「乳酸と持久的能力」を読んでみましょう。



●乳酸は持久的能力を規定する疲労物質


 乳酸は強度の高い運動をしたときに筋肉で発生して血液中に出てくるもので、糖質がエネルギーを放出する途中の段階の物質です。強い運動が終われば、再び血液中から筋肉や心臓に取り込まれ、エネルギー源として消費されます。乳酸は運動をした時に出てくる「老廃物」や「燃えカス」ではなく、立派な「エネルギー源」なのです。


 乳酸はその名の通り酸性の物質です。私たちの体は化学反応により生命活動を行っていますが、乳酸が蓄積すると体内が賛成に傾くので体内で行われる化学反応の速度が低下します。これを体は「疲労感」と感じ、持久的運動の持続の制限因子となります。


●乳酸を出しては使う間欠的持久運動


 サッカーやバスケットボールなどのたいていの球技は、運動強度の高い動作と運動強度の低い動作を繰り返し行います。ダッシュとジョグを繰り返すような間欠的な持久力が必要になります。このような競技の持久的要素は、マラソンなどの一定の強度で連続的な運動を続ける場合とは少し異なります。


 ダッシュとジョグを繰り返すような競技では、運動強度の強いダッシュ動作では乳酸を発生し、運動強度の低いジョグ動作でその乳酸を消費するということを繰り返します。出してもすぐ使うことで乳酸の蓄積を防げるので運動を継続することができます。マラソンのようにOBLAを超えないペースを守ってプレーしなくてもよいわけです。


 ダッシュでは主に速筋が使われます。ジョグでは主に遅筋が使われます。ダッシュとジョグを繰り返す運動では、速筋で発生した乳酸を遅筋や心臓で消費するというサイクルで乳酸の蓄積を防いでいます。これを乳酸シャトルと言います。なお、心臓の筋肉の心筋は遅筋でできています。


 この乳酸シャトルを円滑に進めて間欠的持久力を向上させるには、ダッシュ&ジョグといった高強度で短時間区切りのインターバルトレーニングが有効です。

【後略】



『使える筋肉使えない筋肉』P212~214



 さらにはこんなことも書いてあった。



※一昔前までは、乳酸の処理は肝臓に運ばれて肝臓でブドウ糖に再合成されるコーリ回路(ママ)という代謝経路が一般的とされていました。しかし近年ではこの経路は乳酸処理の一部の経路であり、右記(ママ)の乳酸シャトルが主要なものであるとの認識に改められています。


同書P215 



 ちなみにOBLAとは乳酸の蓄積が始まるポイントのことで、これ未満の強度の運動なら長時間続けられる(これ以上だと長時間は無理)。Dr.糖尿モヤシ教祖はこのことを知らんのでしょう(爆笑)。長距離走者がバテるのはペース配分を誤ったりしてこれがおかしくなった場合。


 まあラグビー・柔道・レスリングetcのゴリマッチョスポーツ見りゃ分かりそうなモンなんだけど、筋肉と持久力は「白筋肉でグルコースを使って、できた乳酸は赤筋肉で消費!」ってことで両立できそうですよね?というか実際に両立できてるんだけど。



速筋繊維 筋持久力


ウォーキングもいいけど
そこに少し加えて



 運動経験のない人にも適している、ということで市民権を得た(らしい)ウォーキング。どうせならそこにWalking LungeやKnee to Elbowなどを加える、というのはどうでしょうか?





Walking Lunge


 前者は大腿四頭筋・大臀筋・ハムストリング(特に後ろ二つ)etcを、後者は腸骨筋・大腰筋を鍛えられる。バテたら早歩きし、回復したらまたランジ。単にウォーキングをやるよりも筋トレになるので糖質も消費できて成長ホルモンも分泌できるのでは?




Knee to Elbowなんだが・・・
肘がくっつくくらい膝を上げろ!


 何故年末にこんな記事を?と訝しく思われるかもしれませんが、未来記事への伏線です。お楽しみに!






はてなブックマーク、Lineなどはこちら



スポンサー様の広告です!




世のため人のため↓バナーをLet's クリック!



テーマ : 糖質制限食
ジャンル : ヘルス・ダイエット

筋トレだけではダイエットできない!・・・と渡る世間は思っているけど

ダイエット≒
過剰な体脂肪の消費
ここまでは正しいが



 世間一般はダイエット≒体重を減らすことと認識している。で、世間のダイエット商品(書籍・雑誌・健康グッズ・栄養補助食品etc)では「●ヶ月で□㎏やせました!」という広告コピーが使われる。勘のいい人であれば「一体何がどれだけ減ったのか?」と減量分の内訳を知りたがるのだが。



 脂質(脂肪)のエネルギー量は9.3kcal/gあるのに対し、炭水化物&タンパク質のそれは4kcal/g。なのでもし”みかけの体重”をより多く減らしたいのなら筋肉を減らした方がいい。中長期的に考えるとロクなことは何一つないが(笑)。



 なので食事制限(摂取カロリーを減らす)と運動(筋肉量の維持)の併用で地味に地道になるべく体脂肪を多く減らしていくのが、正しい減量。少なくとも健康目的でダイエットする場合はこれになります。では、どんな運動をすればいいのか?一般には「体脂肪燃焼には有酸素運動!」という考えが有力。「有酸素運動の方が筋力トレーニングに代表される無酸素運動と較べて脂質の消費量が高いから」というのが理由であり、それはまあ間違いではないのですが。



高強度運動
(例:筋トレ)も
体脂肪を消費できる!



スポーツ科学 谷本道哉


 岩波書店が中高生向けに出版している「岩波ジュニア新書」。この『スポーツ科学の教科書――強くなる・うまくなる近道』「有酸素運動、無酸素運動と脂肪燃焼効果」という項目があった。それを読んでみよう。



【前略】



 高強度運動の場合は、運動後にしばらくエネルギー消費が高い状態が続くのですが(EPOCといいます)、このときに脂質の利用の割合も増えることがわかっています。


 運動中はほとんど脂質を使いませんが、運動後にたくさん使われるのです。運動時だけでなく、運動をした日丸1日24時間で調べてみると、実は高強度短時間の運動でも、低強度長時間の運動でも運動のエネルギー消費量が同じならどちらも脂質利用量はあまり変わらないという報告もあります。


『スポーツ科学の教科書――強くなる・うまくなる近道』P23~24



筋トレ 体脂肪減少 効果 Ormsbee fat  oxidation
レジスタンストレーニング 体脂肪減少 有効 Ormsbee fat  oxidation

グラフはここから引用
リンク先はPDFなので注意
上:筋トレ前後のエネルギー消費量
下:筋トレ前後の脂質代謝量


 谷本准教授は一応のフォローとして(体脂肪燃焼に関しての)有酸素運動の利点として「楽にたくさんのエネルギーを消費できる」ことを挙げている。全力ダッシュで2㎞走り切るのは流石に無理だが、ゆっくり走る(または歩く)ならそれも可能だ。正確に言うなら「難易度が低い」、もっと言えば「体力ない奴でも一応はこなせる」ってことかな?



では、どちらかを
選ぶのだとしたら?



 有酸素運動の利点は「負荷(難易度)が低い」だがこれは同時に欠点でもある。どうしてもより多くの時間が必要になるから。また人の身体は積み重ねで強化されるため(ルーの法則)ただ歩いているだけでは次第に効きが悪くなっていく。どのみち歩く→早歩き→ゆっくり走る→それなりに速く走る・・・と負荷を上げなければならない。



 ”できるだけ体脂肪を減らして筋肉は減らさない”ことがダイエットないし減量の目的であるなら筋トレを優先すべきでしょう。自重トレなら畳二畳分のスペース&壁がありゃできるし。何、どうしても走りたい?それやったら駅やバス停まで走れ!うまく行きゃバス代浮くぞ(笑)!!なお谷本准教授はこの項の最後にこんな注をつけております。



 運動でどれだけ脂質を使うか(脂質利用率)は体脂肪減量の重要な要素ですが、体脂肪減量の一番の基本要素は摂取エネルギーと消費エネルギーのバランスになります(摂取エネルギー<消費エネルギー)
同書P25



 なんぼ運動したからって高エネルギーのモンバクバク食ったら減量はできんモンなぁ。それが高脂質やったら猶更で、さらに飽和脂肪酸やったら・・・。あっ、それって糖毒バカか(笑)。


 偶然記事執筆中に異様な広告を見たのでお伝えします。どう考えてもコレ、人選がおかしい・・・(苦笑)。


 なおこの記事内容何だけど「昔どっかで書いたな・・・」と思ったらコレだったのか!このブログ、結構役に立つでしょう?




はてなブックマーク、Lineなどはこちら



スポンサー様の広告です!




世のため人のため↓バナーをLet's クリック!



テーマ : 糖質制限食
ジャンル : ヘルス・ダイエット

【野球好き必読】東洋経済新報、釣り成功「毎食米三合食わされる地方の野球少年」遅うなったけど斬っとくわ

落ち着け野球好き
コレ基本的に
釣り記事だ



 少し前だが糖質制限で生き残ろうとしている悪徳出版社、東洋経済新報社のサイトにふざけた記事が載った。”毎食「米3合食え」と迫られる野球少年の壮絶午前0時まで泣いて食べる小5の絶望”https://toyokeizai.net/articles/-/246963 である。確かに一読してみると怒りを感じるが、「掲載サイトが糖毒バカの東洋経済」という事実が私を冷静にしてくれた。

「コレ、多分釣りだろ」


 流石に小学生じゃ一食三合は食えんでしょ(内容自体は結構まともな記事。どうした?)。どうせなら「野球食」とやらを発明した輩を槍玉に挙げんといかんのだが。そんなわけで記事とは異なる斬り方をしてみましょう!



糖質制限 江部 インチキ モヤシ バカ


 米(ここでは精白米)150gを炊くと330gの米飯になる。これで一合。なので三合は大体1㎏/1680kcal(正確には990g/1663.2kcal)。身体活動レベルがもっとも高い男性の推定エネルギー必要量が3050kcalだということを考えれば小学生に「毎食米三合(4989kcal/day)食え」というのはまず変やなと見るべき。つぅかよ、こんなんそれなり以上のレベルの大学のラグビー部や柔道部でもやってねぇだろ?


体重80㎏、
(推定)体脂肪率15%の
運動選手の
エネルギー必要量


除脂肪体重:
80-(80×0.15)=68kg


推定基礎代謝:
68×28.5=1938kcal


身体活動レベルが
高い場合の必要量:
1938×2.0=3876kcal



高校野球部だと
やってる所も
一応ある



 ただ残念なことに高校野球では三食三合とはいかないまでもかなりの量の白米を食わせているところがある。某出版社の某サイトに掲載されてたので・・・。困ったなぁ・・・あのサイトって批判精神が全くないからなあ(苦笑)。



 何故大量のコメを食べさせるのか?少し考えてみたのだが、「比較的安価な食品」だからだろうか。一応精白米飯にもタンパク質はあるのだが、あまり質は良くない。それを承知の上で、つまり低質さを量で埋め合わせようとする寸法か?



精白米飯 栄養素
精白米飯 タンパク質 アミノ酸


 確かに球児の運動量ならそれもあり得るかもしれない、あまり太ってる子はいないしね。しかし率直に言ってもっといい方法があるんですわ。



米飯三合より
一合+納豆2パックの
方が効率的



 タンパク質を摂るのであればタンパク質の豊富な食品だろうな、ということで納豆(糸引き納豆)の主な栄養素を調べてみた。



納豆 栄養素

納豆 タンパク質 アミノ酸


 納豆1パックは40g程度なので2パック80gと考えると・・・


精白米飯三合:25g


精白米飯一合:8.3g


納豆2パック:13.2g



 おお、単純なタンパク質の量だけなら精白米飯三合が勝ってる、悔しいな(笑)!でもまぁ準備はできてるんで別に構わんよ。



 まずは量の問題。前述したように飯三合は約1㎏。こんなん並の大人でもキツイわ。しかし米飯一合+納豆2パックなら400g少々なので半分もない。いくらお腹に詰め込んでも消化しきれなかったら無意味でしょ?



 次にアミノ酸スコアの問題。精白米飯のアミノ酸スコアから考えて飯三合では15g程度しかタンパク質にならないが(米だけを食べた場合)、飯一合+納豆2パックなら全てタンパク質として使える(全て筋肉や臓器などになるかどうかは別として)。アミノ酸スコアは最も高くて100だが、超過分は他の足りないところを補ってくれるのだ。



  東洋経済にしてはまともな記事で少々びっくりした(コマセだけど)。でもどうせならそこらへんの親御さんをいい方向に煽ってほしかった。例えば、



「まともなスポーツや栄養の知識を身につけてまともな野球食を発明しましょう!2年もすればアメブロでアルファブロガーに!」

とかね(爆笑)。


 最後になりましたが本日11月14日は世界糖尿病デーです。大きな街だと主要な建物が糖尿病カラー(青)にライトアップされているかもしれません。




はてなブックマーク、Lineなどはこちら



スポンサー様の広告です!




世のため人のため↓バナーをLet's クリック!



テーマ : 糖質制限食
ジャンル : ヘルス・ダイエット

プロフィール

toshitsubaka

Author:toshitsubaka
糖質制限・低糖質・MEC食はバカがやること!

新着記事
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
おすすめの人気記事
超保存版「糖質制限で筋肉は減らない!」「減るだろ、バカ」

【悲報】糖尿病MEC主婦みさこさん、姑息なマネを・・・(爆笑)

糖尿病みさこおばはんコラア!なにが「自己責任」じゃボケ!!  

「加工肉に大腸がん」の報道、糖毒狂信者大いにおそれる(笑)

保健体育の教科書を読め、糖質制限なんぞいらん!

血糖値測定バカにならずに血糖値を測るには

MEC食の基本はどんくらいのカロリー?

高校生物の教科書で血糖値のお勉強!

【超悲報】糖質制限ダイエット終了のお知らせ

魅惑のバターコーヒー、恐怖のバターコーヒー(笑)

【桐山秀樹氏急死緊急特集】おやじダイエット部、テメエらゲスの極みだ!

糖質制限で逆に糖尿病になる(爆笑)?糖尿病パラドックス

糖質制限の深く昏い闇~「週刊新潮」編、これ、ホンマに「新潮」か(笑)?

「日経ビジネス」の想定読者はまさに21世紀の負け組ビジネスマンそのもの(笑)!

糖毒バカの聖典「久山町の悲劇?」の研究主任のインタビューを発掘!ある意味「糖毒バカの悲劇」だわな、爆笑準備はよろしくて?

【必読】筋トレVS有酸素運動、カッコよく体脂肪を減らすには?横浜市スポーツ医科学センターさん超ありがとう!!

糖毒バカ「糖質制限は糖尿病予防!」「んなワケねーだろ、タコ」(加齢と血糖値の関係)

スポンサー様の広告

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR