FC2ブログ

【悲報】「週刊SPA」、大事な読者様をアホ扱いしていた アカンやないか(笑)

底辺雑誌「週刊SPA」
なんか読んどったら
アホになる?



 ずいぶん前で恐縮なのだが扶桑社発行(不治フジサンケイグループ)の週刊誌「週刊SPA」2018年4/3号に「カレーvs牛丼vsラーメン 夜シャワーvs朝シャワーetc. 不健康なのはどっち?」という記事があった。いつか取り上げようと思っていたがものぐさなものでいつしか夏になってしまった、申し訳ない・・・。基本的にアホな雑誌であるため(ただしたまにいい記事も載っている)コンビニで立ち読むかネットカフェなどで読むかなんだけどね。



spa安物サラリーマン


 さてその「不健康なのはどっち?」、企画がアホだ。冒頭(最初のページ)は漫画になっているのだが、それがこんな感じでアホ丸出し。



健康法が並んでる書店。健康法をテーマにした本は
しばしばベストセラーになる
だが
巷にあふれる健康法は―
サラリーマンが実践するのは難しい
食費の予算はあるし
仕事は多忙を極める―
【中略】というわけで、本企画はそんなサラリーマンのために”マシ”な習慣を紹介するものだ―」

同誌P46



 漫画では「前菜を5分かけて食べなさい」という電車広告を読んだ営業のサラリーマンが先輩の怒鳴られて慌てて定食を食べている。でもねえ、そんなに時間ないんならコンビニかスーパーでバナナとエネルギーゼリーでも買って公園のベンチでさっさと食べちゃえばいいじゃん?そういう機転が利かない安物の社会人を対象にしている雑誌なのか、それとも扶桑社にはそんな感じの連中しかいなかったのか(爆笑)。それにしてもアンタらも「実践するのが難しい」健康本で稼いでないか(笑)?



 そして記事に協力している”プロ”はというと・・・浅野まみこ(管理栄養士)、大柳珠美(オイ、なんでテメエがいるんだ、樺沢紫苑(精神科医)、鈴木祐(NASU公認パーソナルトレーナー)。大柳は糖質制限関連で稼いでいるし、鈴木某の紹介された主著が『一生リバウンドしないパレオダイエットの教科書』(扶桑社)。ハイ、良い子と良い大人は雑誌閉じていいよー(大笑)。まあこんなところにホイホイ出てくる奴は胡散臭い、ということでいいか。



糖質制限をすすめる
このバカタレ共が



 中華屋で何を注文するかの「ラーメン餃子セットVS大盛りチャーハン」なのだが、勝手に決めんなよコラ。野菜炒めやレバニラ炒め注文すりゃあそれでいいじゃねえかよ(爆笑)。まあそれ書いたら記事にならねぇのかも知れねぇが。というわけで読んでみよう。



”糖質制限は今やダイエットの基本中の基本。正直、返す言葉もない……。”
同誌P47



 はあ?そんなん言うとるんは糖毒馬鹿と糖毒産業関係者だけやろが?頭まわらんようなって仕事に支障出るがな?それはさておき(よくないが)、大柳が妙な事言うてます。



”チャーハンはほとんど米粒のみ。タンパク質や食物繊維などを摂取しようにも糖質と脂質オンリーで逃げ場がありません。その点、ラーメンはほうれん草やメンマ、もやしなど具がトッピングできたらベストでしょう”
同誌P47



 コイツ街のラーメン食ったことあんのかよ?ラーメンに入ってる野菜の量なんてたかが知れてんぞ?



spaahokiji.jpg
意外とPFCバランスいいのか?


 外食の焼飯がこの通りかどうかはともかく、糖質と脂質だけってことはないのよ。これで専門家を名乗るなよな?



 糖毒業界に入り浸って職業能力がだいぶ怪しくなっている大柳。「かきあげそばVS天ぷらうどん」に関してはこう言ってやんの。



麺自体はどちらもほぼ炭水化物ということで差はなし。実質揚げ物の対決です。玉ねぎ、ニンジンなど糖質の多い野菜で構成されていることが多いかき揚げでは糖質と脂質以外の栄養素が期待できません
同誌P47



spaahokiji0.jpg


 う~ん、うどんは小麦粉由来でそばはそば粉由来。なのでそれなりにタンパク質は含まれてるから必ずしも正しくない。ただしどちらのタンパク質もアミノ酸スコアが高くないので肉うどんか鳥南蛮か(関西なら)にしんそばを選んだ方がいいな。月見うどんも同様の理由にはなるが卵の鮮度に警戒してここはパス。この位は書かないとねえ。

 あと朝飯や昼飯はその後数時間動くことが前提になるからそんなに糖質糖質ってカリカリする必要あらへんのよ。まあ大柳の商売的には困るんだろうけど(笑)。アレにとっては「糖質が多いかどうか」が栄養のすべてなのかもね。



無意味な設問は
必要ねえだろ?



 さて少し糖質制限から離れよう。運動・生活習慣編というのがあったがその設問が噴飯モノだった。



”では、最低限の運動として一日10回スクワットをするのと、平日の運動を諦めて週末に子供と公園で遊ぶのとでは、どちらが運動効果が期待できるのだろうか。”


 (おそらく自重)スクワット10回ってのはそもそも運動量が少なすぎて設問にするにはふさわしくない。実際記事でも「意味ない」と書かれている。わかってるんなら設定すんなよ!



”たとえ毎日100回やったとしても、公園で3時間子供と遊ぶ方が結構な運動量になるという。毎日しょぼい運動をするより、週に1回でも体に負担のあることをした方がよいのだ。

”毎日の筋トレを細々と続けるくらいなら、週末に体を動かすような趣味や家事をした方が、ジムに行かずとも現実的な運動不足解消になるのだ。”
同誌P48



 ならねぇよバカ。そこいらの公園にいるようなガキってことは、せいぜい小学校低学年くらいだろ?自堕落なオッサンで充分間に合うってこたぁ大した運動量じゃあねえってことだよ(爆笑)。あと自重スクワットでも30分も40分もやってたら(プロレスラーはやるけど)はっきり言って膝に悪いですよ?お前ら分かって言ってんの!?



 それと”毎日しょぼい運動をする”って書いてるよな?だったら”毎日しょぼくない運動”をすりゃいいじゃねえかよ?自重スクワット10回ではなんぼ何でも効果は期待できひんから毎日100回程度やることにしよう。そりゃあすぐに効果は表れないだろうが、それが半年続き一年続き・・・ということになったらどうなる?「継続は力なり」。このくらいの継続であれば体現した者は今日日珍しくはないだろう。分かってるか、大昔に「カーヴィーメソッド」で稼いでた扶桑社さんよ(爆笑)。



ビスケット・織場


 次の話題「毎日10回腕立て伏せをするVS筋トレせずに駅で階段を使う(比較基準がおかしいちゅうとるんや)」でコメントを求められた樺沢紫苑はこう言う。



”階段の上り下りの方がマシです。筋トレをすれば疲労回復に効く成長ホルモンが多く分泌されます。つまり、筋トレをするほど疲れにくくなるのです。脚は腕より3倍の筋肉量があるので、足を使う階段のほうが運動効果と疲労回復効果は大きいです”
同誌P48


 こういうことは変な精神科医でなく運動の専門家に尋ねるべきなのに扶桑社もアホやなぁ、流石フジサンケイグループ(大笑)。さて樺沢チェンチェイ、自重スクワット気が済むまでやった場合は成長ホルモン分泌されへんのですかぁ(爆笑)?あとどのくらい階段を使うのかも考えてね。筋トレは日常生活ではまず行わない動作なので短時間でも負荷が違うのよ。これだから素人は・・・。
 



”健康”本の氾濫は
出版業界の
程度の顕在?



 本屋であれコンビニであれ巷には”健康”本が溢れかえっている。高齢化社会で健康に関する関心が高いからとみる向きがありそれは間違いではないだろうが、最大の理由は出版業界人(≒編集者)の程度の低さなんじゃないか?20分程度のサーキット・トレーニングを半年も続けてみればすぐに分かりそうなモンなのに・・・。どうせなら記事のために1年間時間をかけて「週刊SPA」編集長あたりが身体を張ってみたらいいのに・・・そういうことはやりたがらないのね。だからこの業界が見るからに斜陽なんだろうな。



 そう言えばどの雑誌も20年前と較べて値段上がってないですか?世間は20年以上デフレだというのに。雑誌・書籍が売れないのは単純に高いくせにどーでもいいことしか書いてないからだろう(笑)。


スポンサーサイト


はてなブックマーク、Lineなどはこちら



スポンサー様の広告です!




世のため人のため↓バナーをLet's クリック!



テーマ : 糖質制限食
ジャンル : ヘルス・ダイエット

実は『一流アスリートの食事』を紹介するのに躊躇した、その理由

細野栄養士には
申し訳ないが
紹介は悩んだ



 錦織圭選手のエピソードを紹介するために一流アスリートの食事を紹介・引用させてもらったが、この本を取り上げるのは多少悩んだ。(おそらく)多忙な生活の中で時間を見つけて執筆したからか、あるいは彼女の最初の著作(未熟さ)ゆえかはわからないが「ん?」と思うところがいくらかあったのだ。今回はそれらを取り上げる。他人のアラ探しなので多少気が引けるけど(苦笑)。



”今の日本の人は
タンパク質を摂り過ぎ”
だろうか?



 タンパク質の過剰摂取は好ましくない。一般的に考えれば確かにその通りなのだがその後に妙なことが書いてあった。



 私が錦織選手にタンパク質のとりすぎをことさら注意したのには、実はもうひとつ大きな理由がある。今の社会では、ふつうの食事をしていても高タンパクの食事になってしまうからである。

 運動をしない人の場合、1日のタンパク質の必要量は体重1キログラム当たり1グラム程度とされている。体重60キログラムなら、60グラムである。しかし、現在の日本人の食事には通常タンパク質が1食に30グラムほど含まれている。普通の人でも既に体タンパク質の合成を刺激する量より多くのタンパク質が摂取されている。

 実は、これでも少なく見積もった結果なのである。現実の1日の摂取量は必要量の3倍と見られている。だとするなら、ほとんどの人がタンパク質の過剰摂取になっているのである。


『一流アスリートの食事』P94~95



 七訂 食品成分表 資料編』(女子栄養大学出版部)には戦後日本のエネルギー・各栄養素量摂取の推移が載っているんですが、平均ではそんなにタンパク質食ってませんよ?



食品成分表 女子栄養大学


 一番多いときで80gを超えてましたが、もっとも近い調査では70gもありません。日本の食事は「高炭水化物・低脂質・低タンパク質」という傾向がありますし。



 また高齢者の場合タンパク質が不足しがちなので、高齢者以外よりも気持ち多めに摂取すべき。その際に食べ物の量が少ないのにタンパク質が多い肉は有難かったりもする。肉or魚介なら100gでタンパク質20g前後(15~22gの間)摂取できるが、木綿豆腐だと一丁(300g)必要やからなぁ。誤読・誤解を避けるために書いておくとアミノ酸スコアを考慮しながら肉・魚介・大豆(これらはアミノ酸スコア100以上)・穀物等を組み合わせて食事をするのが好ましい。まあ小学生の頃の私の様に食パンに納豆乗せて食べる奴もそうはいないだろうけど(苦笑)。



 細野栄養士は”食事の欧米化”とも書いているがこれもどうだか。確かに激減したものの米、畜肉・乳製品は増えたが魚介類の消費量も欧米と較べてまだまだ多いのです。



 国民栄養調査結果を一九五〇年から二〇〇〇年までたどると、この50年間の食生活の変遷が読みとれる。一九五〇年と二〇〇〇年を単純に比較すると米の摂取量は五三%減った。肉は九・三倍、乳・乳製品は十八・八倍に、卵類は七・一倍に、魚介類は一・五倍に増えた。そして意外に思われるかもしれないが、二〇〇〇年においても肉類よりも魚介類の摂取量の方が二割近く多い。緑黄色野菜の摂取量も増えている。

【中略】


 五〇年前の半分以下に減ったとはいえ、依然として米を主食とし、欧米諸国の二倍以上の魚介類が供給され、肉の供給量は欧米の半分ないしそれ以下である。さらに脂肪からのエネルギー摂取比率は一九六〇年の約二・五倍にはなったけれども欧米各国よりはるかに低い。これを「欧米化」「魚離れ」とは乱暴過ぎる。日本の食生活は「諸外国の食の文化を取り入れ、多様化した」と私は考えている。


『フードファディズム』P045~047



スパッと書こうよ
「糖質制限やる奴は
単なるアホです」って(笑)



 細野栄養士は糖質制限についても少し触れていた。糖毒バカがよく持ち出してくる?2008年のDIRECTって奴です。低脂質食と地中海食(カロリー制限アリ)、そして低炭水化物食(カロリー制限なし)の3種類の食事法を試してどれがもっとも効果があったか、という実験。これで不幸なことに低炭水化物食がもっとも体重が減った。で糖毒バカは「ホラ見ろ、カロリー制限なしでももっとも効果があったんだ」と大喜びしたのです。私に言わせりゃ「ホラ見ろ、糖質制限なんざやっちまった日にゃ英文読解もネット検索もできなくなっちまうんだよ!クワバラクワバラ」なのだが(爆笑)。DIRECTについての記事は日を改めて書こうと思っているので今回は簡潔に。



 この実験では確かに低炭水化物食被験者の食事のカロリー量はあらかじめ制限していなかった。しかしそのことが「被験者は好きなだけ、食べたいだけ食べていた」わけではない。もっと言えば「低炭水化物食の被験者は低脂質食の被験者の3倍4倍の量を食べていた」わけではない。細野栄養士も読者に対して「お前ら、これ読んで勉強せぇや」(彼女は千葉出身なのでこんな言い方はしないと思うけど)とDIRECTについての記事のURLを掲載してくれりゃよかったんだよ。どうせなら読者の頭もトレーニングさせねぇとアカンやん(笑)。



運動選手には
糖質制限なんざ不必要!
わかったかこのタコ



 これはまあ何度も書いてる気がするんですが、運動選手は糖質制限なんざまずやりません。まあ五流とかならわからんけど(笑)、まともな奴はまあやらんでしょうね。そりゃそうでしょ、スポーツは技術の要素が少なからずあるので毎日の練習が不可避な訳です。その連日の練習に糖質抜きで耐えられるんですかぁ



ジムに通う人の栄養学 糖質制限 グリコーゲン


 100kmマラソンみたいな極端な長距離走ぐらいしか有利にならず、またそういった競技でも普通に糖質摂った連中が結果も出している。過去記事で申し訳ないんですが東京・秋葉原駅クリニック院長の大和田潔医師は彼自身のブログで率直な意見を述べています。商業媒体で同じこと言ってくれたらもっとよかったんだけど(笑)。



2016年2月24日 (水) アスリートと炭水化物 / 糖質を摂って、いきいきと暮らす

アスリートは炭水化物をきちんと摂取しています。彼らは、ガス欠にならないように体に蓄積された糖質や脂質を上手に燃やしながら運動することに専念しています。体脂肪を極端に削るボディビルダーの方が飲むプロテインにも、筋肉の萎縮(カタボリズム)を防ぐために多くの場合、糖質が含まれています。

糖質を制限してケトン体だけで競技に臨む方が、通常食のアスリートよりもハイパフォーマンスであるということを、私は寡聞にして知りません。逆に、ガス欠になり足が止まってしまったり、低血糖で朦朧とされたというアスリートの方のお話は聞いたことがあります。

アスリートではない私達も、運動と食事は両輪。彼らのミニチュア版です。 体重を減らすということと、いきいきと健やかに暮らすということは、別な話。急激に体重を落とす方法が、長期間体のメインテナンスをするのに最適な方法とは限りません。


http://owada-dr.cocolog-nifty.com/blog/2016/02/post-68cf.html 



 柔道やボクシングなどの体重制限がある競技なら減量に有効なのでは?と反論もありそうだけど、アレはダイエットで減量するのではなくルール上規定体重を下回らなければならんだけで。これも昔書いたなあ



 最近面白いものを見つけてしまいました。ワシル・ロマチェンコ選手(プロボクサー)の画像なんですが、あの”脱糖王子(笑)”西脇俊二医師とそう身長も体重も変わらない。なのになんでこんなに違うんだろう?世間は残酷すぎる(爆笑)。マジで筋肉がない・・・ッッ!!率直に言って「こんな枯れススキみたいな身体で闘えんのかよ」?



西脇俊二 糖毒バカ 理想と現実
画像はロマチェンコVSリゴンド―(←リンク)
しかし脱糖王子のワキ腹
ボディ一撃で「あべしっ」(爆笑)


細野恵美さん
出版社を選ぼうよ(苦笑)



 この本は三五館という出版社から出てるんですが、巻末を見ても「ん?」という感じの代物が並んでいて少々悩みます。『ジョコビッチの生まれ変わる食事』『脳はバカ、腸はかしこい』・・・?まあ細野栄養士の著作はなんかおかしいのとは一線を画す内容なんですが、もうちょっと会社を選ぼうよ(大笑)。


 と思ったら・・・三五館、
事業停止しとったんかい!?渡る世間は世知辛い・・・。



 巻末の参考文献には『戦う身体をつくるアスリートの食事と栄養』(田口素子編、ナツメ社)『ジムに通う人の栄養学』(岡村浩嗣、講談社ブルーバックス)があります。この2冊は一般書とはいえ内容のある書籍なので、「自分は素人だ」と思っている謙虚な方は目を通しておきましょう。





はてなブックマーク、Lineなどはこちら



スポンサー様の広告です!




世のため人のため↓バナーをLet's クリック!



テーマ : 糖質制限食
ジャンル : ヘルス・ダイエット

【微朗報】カロリーメイトはゼリーを買え!別に約束するわけじゃないけど

受験の際の間食に
”エネルギーバー”
は別にいらねぇ



カロリーメイト 脂肪 プレーン
毎度ながら書きます
ここから買っても
私の利益になりません


 日本では冬は受験シーズン。大学受験の場合2月上~中旬は私立大学の受験ですか。高校受験の場合は2月に私立高校、三月中旬に公立高校の試験だったかな。高校・大学・短大・専門学校その他の受験生の皆さん最後の追い込みはかどってますか?このブログは10代の人にはあまり読んでもらえないのですが(苦笑)応援していますよ。学生さんの親御さんには読者が多いので。



 長く起きていると小腹がすいたり口が寂しくなったりするものでついつい夜食に手が伸びることもあるでしょう。そしてそれが”バランス栄養食”や”エネルギーバー”だったりする。正直、感心しません。以前もやった気がするんですがこの手合いの代表選手(だと思う)たるカロリーメイトSOYJOY、そしてヴィダーinバー プロテインの三種類の栄養を見てみましょう。



カロリーメイト  ゼリー カロリー


 森永製菓さんや、これのどこがどない”プロテインバー”やねん!?”ファットバー”言うて売らんかい(爆笑)!!



 約半分が脂質だが糖質も4割程度あるんで糖質制限には使えません、困ったな。まあこれ以外をおからに油かけて食えばいいのかもしれんけど(笑)。



高木久仁子教授は
こう書いている



 このサイトにとって非常に重要な書籍の『フードファディズム』。そこでこの”バランス栄養食”について言及されているのでそれを紹介しましょう。



 「バランス栄養食●●」と容器表面に書かれた食品がある。裏側の表示欄には「名称:菓子、栄養調整食品」とあり、原材料名をはじめ、必要なことはすべて明記されている。

【中略】


 しかしながら、栄養成分表示をよく見る消費者は少ない。「バランス栄養食」という文字だけ読んで「これを食べるとバランスのとれた食事の代わりになる」と勝手に思いこんでしまう人が多い。

 ちなみにその栄養表示をもとに脂肪のエネルギー比率を計算すると五〇%であり、非常に高い。脂肪比率がこれだけ高い食品を「バランス栄養食」と表現することは消費者に過大な期待を抱かせるという点でフードファディズムと言えよう。

『フードファディズム』P123~124



 微量栄養素(ビタミンや無機質)の有無・多少はさておき三大栄養素に関してはハッキリ言ってクッキーやビスケットと大差ない。前述の微量栄養素にしてもそれらは本来三度の食事で補給すべきで、もし補食から摂りたいのであっても果物や乳製品などを利用すべきでしょうな。”バランス栄養食”、緊急時以外に魅力を感じねーな。困った困った・・・。



偶然カロリーメイト
のゼリーを見たら



カロリーメイト ゼリー フードファディズム


 最近偶然にカロリーメイトのゼリーを手に取ってみました。ゼリー飲料の半分が脂質だったらキツイやろなあ、と。いや世間にはラードやバターココナツ油をコーヒーに入れて飲むバカがおるんでわからへんぞ(爆笑)!?期待と不安?を胸に成分表を見てみたらこんなんでした。



カロリーメイト ソイジョイ ヴィダー


 やるじゃねえか大塚製薬、伊達にJリーグクラブ(徳島ヴォルティス)のスポンサーやってねえ。クッキーと較べて値段が割高ではありますが、できるだけゼリーの方を買って飲んでほしい。タンパク質はそりゃ少ないけど、ゼリーってこたぁ『グラップラー刃牙』でいうおじやとバナナに相当する速効のエネルギー食なんだろ、ならいいじゃん?



 あと、最近あまり見んようなった缶タイプの奴(コーヒー味)。私は割と缶コーヒーが好きなのですが、一ぺん飲んで懲りました(笑)。ところで、あのバター&ココナツ油のアホコーヒーを毎朝飲んでた人ってどーなったんやろう?





はてなブックマーク、Lineなどはこちら



スポンサー様の広告です!




世のため人のため↓バナーをLet's クリック!



テーマ : 糖質制限食
ジャンル : ヘルス・ダイエット

沖縄の医師にMEC食はどう思われてるのか(笑)

現場は難渋しとるんやなあ



スパム SPAM ゴーヤチャンプル
SPAMゴーヤチャンプル
ちょいと油脂が多すぎ
こんなん食ってりゃフツーに太るよ


 少々古い記事ですが、「沖縄タイムズ+」に3月4日に掲載された記事「生活習慣病と食事療法、何を食べればいい・・・?沖縄医師会編『命ぐすい耳ぐすい』(1079)」を。内容自体は大したことないのですが、弊ブログ読者であるなら「クスッ」としてしまうことが書いてありました。



 糖尿病や生活習慣病、腎臓病を専門としている私のクリニックに通院している患者さんたちも、正月や盆明けには多くの方が体重増加し血糖や脂質などの悪化を認めることが多いです。残念ながら沖縄県は長寿県から転落してしまい特に若年者の死亡率が高く、また日本一肥満率が高い状況が続いています。寿命を決めるのは遺伝が25%、環境因子が75%とされていますので食生活の欧米化や運動量の減少など環境因子の変化が主な原因と考えられます。

 それではどのような食事療法が望ましいのでしょうか。これまで何度も“なんとかダイエット”と銘打ったものが出ては消えました。特定の一つの食材さえ食べれば(あるいは食べなければ)減量でき健康を維持できるということはあり得ないですが、その後もこの手のダイエット法は消える気配はありません。

【中略】


 最近は糖質制限ダイエットがはやっていますが、確かに過剰な糖質(炭水化物)は制限が必要ですが適度な糖質は摂取する必要があります。一部の医師が推奨しているような炭水化物は一切摂取せず肉と卵となにかだけ食べればよいという極端なダイエット法は体重減少効果はあるものの、長期的効果は疑問で適切ではないと思いますし、そのような食生活は食事の楽しみも味わえず長く継続するのは困難です。

 目新しい事ではなく一般的な結論になりますが、野菜、魚、海藻、適度な動物性タンパク質等、いろいろな食材を過不足なく摂取することが大切ということになります。もちろん食べ過ぎは厳禁ですので腹八分で。また過度な飲酒も慎むべきです。私自身も“医者の不養生”と言われないように日頃から食生活に気を付け、定期的な運動を継続することで適正体重と健康を維持しています。皆さまも自分自身とご家族のためにもう一度食生活を見直してみてはいかがでしょうか。(上江洌良尚 うえず内科クリニック)

「生活習慣病と食事療法、何を食べればいい・・・?沖縄医師会編『命ぐすい耳ぐすい』(1079)」



 ”一部の医師”、”炭水化物は一切摂取せず肉と卵となにかだけ食べればよい”ってMEC食のあの変な医者のことだよな?アレが地元の同業者にどう思われてるかわかってよかったよ(爆笑)。名前を書けないのは変に手を出されたら困るんだろうなあ。

 地方紙サイトという性質上仕方ないのだろうけど「デジタル局|今日もがっつり運転手メシ」という連載企画があり、先程の記事の前後に掲載されているのがシュールですが。



まあ”お医者の限界”は
感じるけどね



 ただし、それ以外では特に見るべきものはなかった。書いてあること自体はどこにでもあるようなものだったし、後述する「ん?」と思うこともあったので。



一般的には我々日本人は野菜、魚、海藻などを中心とした和食が適していると思われ、できればご飯は玄米食にした方が健康に寄与することが琉球大学第二内科の研究でも証明されています。
「生活習慣病と食事療法、何を食べればいい・・・?沖縄医師会編『命ぐすい耳ぐすい』(1079)」


 確かに現在沖縄は日本国に属しますが、環境や文化の少なからずは本土(本州・四国・九州)とは異なる。それに本土であったとしても置かれた状況は画一的ではなかった。漁港近くの地域と海から遠い山間部では普段食べているものも異なったし(これは想像すればわかるか)。基本どうでもいいことですが、私は現代沖縄でよく食べられているSPAMソーセージ、食べたことないです(笑)。つーか、3/4が脂質って。



スパム SPAM 糖質制限
カスタマーレビューの
”焼く際油引かなくていい
本体からどんどん出てくる”に慄然


 また日本の”一般的な食事”は大雑把に言うと”炭水化物と塩分が多くタンパク質と脂質が少ない”戦後の体格の向上・平均寿命の増大の理由の一つは「食の選択肢が増えたことで栄養状態がよくなった」のですから。例としては動物性タンパク質の増大や調味料の種類が増えたことで塩分摂取量の減少。これらについては『フードファディズム』にも書いてありますので読んでいない方、読んだけど忘れちゃった方は読んでください。





 ありきたりだけれど、医師・管理栄養士・運動の専門家の三者で協力するべきなんだろうなあ。やっぱり餅は餅屋ってことで。
 それとこれは記事とは関係ないことですが、ブラウザのfirefoxの調子が恐ろしいほどダメです。一度せっかく書き上げた記事をアップロードしようとしたら強制的に消されました、人の時間なんや思っとるんや(激怒)!新しいPC買ったらもうfirefoxは使わない、みなさんもくれぐれもfirefoxにはご注意を。




はてなブックマーク、Lineなどはこちら



スポンサー様の広告です!




世のため人のため↓バナーをLet's クリック!



テーマ : 糖質制限食
ジャンル : ヘルス・ダイエット

酵素を食べても無駄ですが、その自由気ままさはある意味うらやましい、それができないんで(苦笑)

”酵素”は死ぬって
書いてるんだけどなあ



 他のブログの話題で恐縮なんだけど(苦笑)、「生きた酵素サプリ「すっぽんスリム酵素」初回限定、実質無料!」http://yurudiet.net/supponsurimukouso/ ってのがあって・・・「酵素はもう死んでいる!」んだけどなあ、私のブログ読まれていないのか(大苦笑)。で、前回で書くべきことは書いてしまっているのでリンク先を見てやってください。でもこれでいいのかなあ。



ウイダー 増量



タンパク質の
代わりにはなるかも
しれないが



 一通りリンク先の記事を読まれましたか?一応タンパク質にはなるんでしょうが、それでも買うべきかどうかなあ・・・。このサプリのタンパク質は全部で1.86g(3粒0.06g×93÷3=1.86)。ではウィダーとザバスの一番安い奴の一食当たり、納豆一パック(50g)のタンパク質と較べるとどのくらいか。



すっぽんスリム酵素 フードファディズム



 だってさ(笑)。なおタンパク質摂取は体重60㎏の人だったら60gは摂って欲しい(つまり1/1000)。ってことは、量を考えたら気休め程度かなあ。

 で、この「すっぽんスリム酵素」とやらですが正直量が少なすぎてあまり当てにならんと思います。初回が送料だけなんで試してみるのも一興でしょうが、それならウィダーかザバス最初っから買った方がよさそうだしね。2回目以降は値段もいい勝負だしね。



すっぽんスリム酵素 フードファディズム



立場って大事だよなあ



 本当はいけないのだがこんだけ自由奔放なことを書けるのはある意味うらやましい(苦笑)。というのは弊ブログは「アンチ糖質制限」かつ「反フードファディズム」という立場なんで怪しいサプリメント・怪しい商品の紹介は基本的にできないんです。それで毎日頭を悩ませているのです、ああうらやましい(苦笑)。まあ読まれている限りは頑張りますよ。



ザバス




はてなブックマーク、Lineなどはこちら



スポンサー様の広告です!




世のため人のため↓バナーをLet's クリック!



テーマ : 糖質制限食
ジャンル : ヘルス・ダイエット

プロフィール

toshitsubaka

Author:toshitsubaka
糖質制限・低糖質・MEC食はバカがやること!

新着記事
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
おすすめの人気記事
スポンサー様の広告

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR