FC2ブログ

新規参入?の糖毒バカ、自殺点でハットトリック! 「糖質制限と筋トレで糖尿病になります!」

カラオケのリモコンで
殴ってやりたくなる
バカブログ登場、
既視感があるけど



糖質制限 殴れ
記事内容とは関係ないですが


 お久しぶりでございます。玉石混淆のネットの海にまた新たなゴミ同然のブログが登場しました。血糖値.comとかいう個人運営のブログです。HNがよっしーとかいうアホンダラ、しかもやたらとムカつく文章を垂れている。例えばこんな感じ。



さすがに「運動さえすれば、何をどれだけ食べてもOK」という方法はないみたいです。だって、運動さえすりゃOKなら、スポーツ選手に管理栄養士がつく必要はないですもんね。
野球選手などで、けっこう太めの方もいらっしゃいますよね。元プロ野球選手のスーパースターだった清原和博さんも、ジムで本格的にトレーニングをしていらっしゃいましたが重度の糖尿病になってしまいました。
http://www.血糖値.com/%e7%b3%96%e8%b3%aa%e5%88%b6%e9%99%90or%e8%84%82%e8%b3%aa%e5%88%b6%e9%99%90-%e3%81%82%e3%81%aa%e3%81%9f%e3%81%af%e3%81%a9%e3%81%a3%e3%81%a1%ef%bc%9f/ 糖質制限or脂質制限 あなたはどっち?


 このバカブログ、思いっきり自殺点を決めちまいました。自殺点のハットトリックだよ・・・。


 あたかも「筋トレすると糖尿病になるぞ!」と言わんがばかりですが、ちょっと待て。じゃあ金本知憲現阪神タイガース監督はどうなのか?金本監督は23歳でプロに入ってからずっと失神しそうな位のハードな筋トレ(ダンベルやバーベル、マシンを使ったウェイトトレーニング)を続けてきたが、彼は糖尿病か?


金本知憲 スクワット 糖尿病
金本監督、凄いカオっす!
でも一生懸命な表情はイケてる



 キリがないんでもう一人。20年前くらいに海を渡った長谷川滋利氏も向こうで筋トレを経験し球速を上げ大リーグで生き残った。もちろん長谷川氏も糖尿病ではないです(あの太りやすいアメリカ在住なのに・・・)。


 さらに言えば現在の世界で展開されているスポーツで筋トレやってないプレイヤーを探す方が難しい。とゆーか、おらんやろそんなん。日本はマスコミさんが筋トレ大嫌いなので(一部例外はあるけど)あまり伝えたがらないけど、海外ではずっと前から筋トレは行われてきたのだ。清原氏が糖尿病患者になったのは事実だけど、その原因が筋トレかどうかはわからない。というか、絶対違うだろ?



 合理的に考えるなら清原氏が糖尿病になったのは①筋トレ以外の生活に問題があった、②間違ったトレーニングをやった、あたりなんじゃない?



このよっしー、
どんな田舎に
住んどるんや(笑)



 ちょうどよいことに「Number」(文藝春秋)で清原氏の半生を語り下ろしが連載されている。買ってまで読む価値はないが(苦笑)大体の市区町村立図書館は購読してると思うんで読んでみてください。しかしこのよっしー、ちゃんとしたオフラインの情報にアクセスできないんだろうか?図書館にまともな蔵書のない滅亡寸前の弱小自治体で暮らしているのか、ジャバ・ザ・ハット似の「息をするのもめんどくせぇ」ってな感じで外に出られないのか・・・?



浅田真央 筋トレ 糖尿病

菩薩さまのような
浅田真央さんも
筋トレ経験者!


 きっかけは1998年のオフ、日米野球でサミー・ソーサが来日して、期間中に一緒に食事をする機会があって、その席で彼の身体を見て衝撃を受けたんです。こういう肉体があれば、単純に考えて、これまでフェンス手前の外野フライになっていた打球がホームランになるということだなと思いました。


【中略】


30歳を過ぎて、肉体的な衰えを感じるようになっていたし、ソーサの身体を見て、肉体改造に乗り出そうという時も迷いはありませんでした。


 それから専門家のケビン山崎氏と相談して筋力トレーニングと食事制限で身体を鍛えていったんです。どんどん筋肉がついて大きくなっていく僕の体を見た回りの人たちからは「格闘技をやるつもりか」とか言われて馬鹿にされましたけど、自分としては後悔していません。実際に今はみんな筋力トレーニングをしているし、もう普通になっているじゃないですか。


【中略】


 きついトレーニングをして、パサパサのささみを食べて、いいと思うことは何でもやって……。


「Number」 2017/12/21号P96



 1997~2000年頃の、清原氏本人にとっては大変だった時期だな。グリーニーにまで手を出したくらいだから・・・だから”薬局”に対して文句が言えねぇのか(笑)。



薬局 グリーニー
巨人の”薬局”(爆笑)これでも
一応元大リーガーで
松井秀喜氏に強かったんだぜ

 

 一応公正のために書いておくと清原氏はその後怪我がちになった原因を「走り込みをおろそかにしていた」と自己分析しているが、真に受けることはできない。この怪しいオッサン(名前があれですが、純日本人です)のメソッドに問題があったんだよ!



ケビン流の食事制限
高タンパク・低脂質・
そして・・・



ケビン山崎 糖質制限 
この時点で相当悪い予感がするよね


トータル・ワークアウトが薦めるのは“高タンパク・低脂肪・低糖質”

例えば、ケビン氏が筋肉を増やし、体脂肪率をコントロールするために最もおすすめするのが高タンパク・低脂肪・低糖質の食事。

具体的には卵白、ささみなど低脂肪のたんぱく源を常食することになる。また、必要に応じてプロテイン(たんぱく質)をサプリメントとして摂取することがすすめられる。


執筆者:河口 哲也 更新日:2005年07月11日 この記事の初回公開日は、2005年07月09日です。


名トレーナー・ケビン山崎氏インタビュー(1) "強い男"になるための肉体改造論(3ページ目) https://allabout.co.jp/gm/gc/48924/3/


 ありゃりゃー、このエサってまんま糖質制限じゃん(爆笑)!清原氏も”きついトレーニング”とは言ってたけど、そらそうよ。(運動負荷が高かったこともあろうが)糖質が足りなくて身体に無駄な負荷をかけてたんだから。提灯記事しか書いちゃいけないってこともあったのかもしれないが筋量増加と脂質減少は同時にやるのが難しいってこと書いとけよ、読者のためにならんぞ?もしあれがちゃんと糖質を摂取していたらまた違ったんだろうな・・・清原氏はあれでいて結構人脈持ってるはずなんだから、トレーニングのちゃんとした専門家に聞きにいけばよかったんだよ。彼は基本的に中学までは”善意だけを受けて生きてきた人”だからそれが難しかった(近づいてくる相手が善人か否かを見抜けなかった)のだろうか・・・ケビンを薦めた奴が・・・だからなあ。



 まあ何にせよ、このよっしーとかいうアホが壮大にしてマヌケに自爆したことは確かだ。


「糖質制限しながら
高強度筋トレすると
糖尿病になって
人生棒に振ります!」


 う~んこのアホ、ケトン脳全開!



ケトン脳バカブログ、
今更出てくんなよ



 でもこのよっしー、今時こんなカスブログをよくやる気になったよね?WELQ騒動だって去年あったのに。



当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、食事療法や運動療法の効果には個人差がございます。 当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

http://www.血糖値.com/%e3%83%97%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%90%e3%82%b7%e3%83%bc%e3%83%9d%e3%83%aa%e3%82%b7%e3%83%bc/


  かよ。要は「これはインチキサイトです」ってことか。免責事項を「何書いても構わないもんねー」とか解釈してるんだとしたら、どうしようもねえなコレ。



 それと内容的に王城恋太氏や私のブログを意識してる気がするんだけど、それならせめてリンクくらいつけてくれねぇかな?少なくとも読者の利益にはなるぜ?


スポンサーサイト


はてなブックマーク、Lineなどはこちら



スポンサー様の広告です!




世のため人のため↓バナーをLet's クリック!



テーマ : 糖質制限食
ジャンル : ヘルス・ダイエット

トンデモMEC主婦”脂身”みさこさん、ブログ廃業?いなかったらいなかったで複雑や(笑)

目を離したスキに
MECおばはんがいない!?



富山市 健康診査 検診



 王城恋太氏のブログ記事「ボディビルについて語ってみよう!」で私にリクエスト(だと思う)がありました(笑)。例によっておばはん、トンチンカンなことを書いているのですが”桐山ショック”の週刊誌報道チェックの方が先かな、と後回しにしていたら、いつの間にかおばはん、ブログを廃業してしまいました(苦笑)。王城氏とそのファンのみなさんごめんなさい、せめておばはんの記事をどこかで記録しておくんだった。多少まともな知識がありさえすれば速攻で見破れるとはいえケトン脳の人はそれが怪しいから、警告の意味でもはやくブログにしなければいけなかったです。本当申し訳ない。ネタとしても面白かったし(苦笑)。



 しかしあのみさこさんがブログ廃業ってのは意外です(誤解を恐れず言えば「この人不幸がない限りブログ更新し続けるんじゃないかなあ」と思ってた)、一般層へ向けて変な情報を撒かなくなるのだから世間にとってはよいことではあるのですが。素朴な興味としては背景事情を知りたい。とりあえずみさこさんに贈る言葉としては、



糖尿病治療に専念してください。
そして自他ともに認める健康体になってから
ブログを始めてください。



意外なところで
みさこさん発見



 と思ったら、糖質制限商人の楽園フーズのマンガにモデルとして登場してやんの(苦笑)。楽園フーズさん、みさこさんはもっと手足というか、全体に太いと思うよ(爆笑)。下は先方サイトの内容ですがマンガなので吹き出し内のセリフを引用しています。




突然の妊娠糖尿病①
【1コマ目】

長男妊娠時血糖値が
高めだったので検査したけど
問題なく無事出産
【2コマ目】

二男妊娠時、尿糖もなく
医師からも何も言われず
順調に妊娠後期に
【3コマ目】

胎児が異常に
大きくなっていたので
慌てて検査

結果はなんとHbA1c7.1!!
【4コマ目】

妊娠糖尿病と診断されて
食事治療が開始

「カロリーに気をつけて!
太らないように」
【マンガ部分終わり】


続きます
http://blog.livedoor.jp/rakuenfoods/archives/55912411.html


今回の話はメールで
頂いた体験談です

大丈夫だと思ったら

突然妊娠糖尿病と診断されて

とても驚いたそう

しかし通っていた病院は

カロリー制限治療をしている

ところだったのです





みさこさん体験談

ありがとうございます


【中略】

今日のご飯

マグロの漬け

豚汁

茄子の煮びたし

生チョココロネ



今日のご飯はヘルシーです


おかずだけだとお腹が減ってしまうけど

低糖質パンを一緒に食べると

大丈夫なのが嬉しい

http://blog.livedoor.jp/rakuenfoods/archives/55912411.html



 やっぱりみさこか(爆笑)。

 しかし豚汁・マグロの漬けと一緒にチョココロネ(爆笑)。菓子パンをおかずと一緒に食べるのは仮にヘルシーだとしても、ちょっとなあ。そこまでして菓子パン食べたいのかよ(爆笑)。また”おかずだけだとお腹が減ってしまうけど”と書いてますが、糖毒狂信者って「糖質制限はお腹が空かない!」ってよく言ってた気がするんですが、アレは何なのよ(笑)。

 しかも、読者コメント欄にこんなんが。



コメント一覧

1. みさこ 2016年03月04日 07:26

ありがとうございます!妊婦健診で1度も尿糖が出なかったので、医師もなかなか気付いてくれなかったんですよね…

当時の私、何も知らなかったので、自分の体重さえ増やさないように気を付けていれば大丈夫だと思っていました。食事は玄米中心の「ヘルシー」メニューでしたし。

http://blog.livedoor.jp/rakuenfoods/archives/55912411.html


 たしかみさこさんって80㎏をはるかに超えて糖尿病発病したんじゃなかったっけ(爆笑)?自分のブログだけにとどまらず他のブログでまで宣伝か。この人を駆り立てるものは一体何なんだろう。”自分の体重さえ増やさないように”って言ってもさ、風呂に入るときなんとなくわかるじゃん、「なんで鏡にこんなデブがうつっとるんや?」とか(爆笑)。

 あとこれは書いておくね。カロリー制限を悪者にしたいようだけど、カロリー制限で結果が出なかった人の方が圧倒的に少数なんじゃない?それと一回はウケ狙いで内臓脂肪測定(CT)やって欲しかった。このくらいやってこそ糖質制限芸人だよ(爆笑)。



富山市 健康診査 検診

桐山秀樹氏の一件からも検査は必要。
糖毒バカはネットで(タダで)医者に質問するより
時間を作って検査に行くべき。
必要なお金は払うもんだ。




はてなブックマーク、Lineなどはこちら



スポンサー様の広告です!




世のため人のため↓バナーをLet's クリック!



テーマ : 糖質制限食
ジャンル : ヘルス・ダイエット

不健康MEC主婦”背脂”みさこ赤っ恥、”結果にコミット”できる人との差本日も絶賛拡大中(爆笑)

悪口は本人の評価を下げる
みさこさん王城氏への
攻撃逆効果に(笑)



 もはや糖質制限のブログというより「糖質(≒炭水化物)・糖質食ってる人・インスリンへの憎悪と呪いのブログ」と化してしまった北陸の糖尿MEC主婦”背脂”みさこさんのブログ。まあ1年続けながらも誇れる結果が何も出なかったのだから仕方ないのかもしれないが、まっとうな人なら恥ずかしくてやめるんじゃないかな(笑)。

 そのみさこさん、やっぱりアホなこと書いてます。「2016年2/20(土)の記録」http://ameblo.jp/misakodiabetes/entry-12130736562.html(早朝時血糖値113)です。しかしダメブロアメブロ民はこんなんにどうして(アメブロの)「いいね!」をつけるんでしょうか?私の理解を超えています。Facebookの「いいね!」やはてなブックマークがつかなかっただけマシ、としないといけない?

「見てみい、ここに
アホがおるでえ(爆笑)」


 という意味ならまだ理解&納得がいくのですが。



夕べはいつもより筋トレ強化してみて、今朝は大胸筋などがかなりの筋肉痛…なのですが、別に血糖値はいつもと変わらず、おかしいなぁ~?!

カステーラ氏のブログの記事「筋肉痛と血糖値」によると、逆に激しい筋トレ後に血糖値が高くなる方もいらっしゃるようですね。興味深いです。カステーラ氏はとても聡明な方で、いろいろ実験もなさっているので、彼のブログはとても勉強になりますよ。

http://ameblo.jp/misakodiabetes/entry-12130736562.html


 ブタがブログでブヒブヒ鳴いてんじゃねえよ、鳴くならブタ小屋で鳴け!まともな人ならもはや1ミリも信じていませんがこの人、ホンマにインストラクターだったんですかねえ。まあこの”背脂”おばはんのブログの目的のひとつが王城恋太氏のブログ「糖尿病も3ヶ月で完治するダイエット」をおとしめることなので(これが外れることはまずないだろう)「まだやってんのかこのバカは」くらいにしか思ってませんが。血糖値がなんちゃら~とか言うならそのビフォーアフターを送れよ(笑)。



筋肉痛が起きた(ドヤア)!
=高い負荷の運動!
とは限らんよ



 3 筋力トレーニング

  1.筋力トレーニングの方法 筋力トレーニングには、バーベルやダンベルを用いる方法やトレーニングマシンを用いる方法など、さまざまな方法があります。最初は数回持ち上げられる負荷に設定し、3セット繰り返せるようになったら少しずつ負荷を増やしていきます。

  2.目的に応じた運動強度の設定 筋力のトレーニングでは、対象となる運動やスポーツに見合った運動強度を設定することが大切です。たとえば、重量挙げや陸上競技の投てき種目のように、重いものを持ち上げたり、短時間で大きな筋力やパワーを発揮することが目的であれば、1~2回しか上げられない負荷(最大筋力)にして、確実に持ち上げることが有効です。ダッシュしたり、跳んだりボールを投げたりする筋力を高めることが目的であれば、最大筋力の1/3~2/3程度のやや軽い負荷にして、全力ですばやく持ち上げることが有効です。

『現代高等保健体育』(大修館書店)p151、152



運動強度 回数



 例によって高校の保健体育の教科書です。”負荷をやや小さくして速く行えば”高まるのはパワーよりもむしろ筋持久力なんですが、まあ概ねこんなモンです(なんか偉そうになってしまった)。

 私のつたない理解では王城氏は「筋肉を増やすことでインスリンなしでも多量のグルコース(血糖)を消費できるようにし、すい臓の負担を減らす」という方法をすすめています。そして筋量増大のためには高負荷の筋トレが必要。懸垂を考えたらいい。体重にもよるが大体自重だけだとそこそこやり込めば10~15回くらいはできるでしょ?ラットプルダウンならもっと少ない回数で追い込める。無論自重トレでも追い込もうと思えば追い込めますが、それなりに頑張らないといけない。

 さて”背脂”みさこさんですが、どのレベルの運動をやってたんでしょうか?まあ想像がつきますね、100%とか90%とかでは絶対ないでしょう。トレーニングの内容が漠然としているのも評価できませんね、みさこオリジナル”足ブラ(爆笑)”だけは毎日のようにやってしかもそれを報告してるのに。

こんなモン、

ケトン脳のアホ以外やらねえよ!


 だからいつまでたっても状態がよくならないんですが(笑)。



 っていうか、このMECおばはん何で自分に筋肉つかなくて背脂も腹脂も落ちない、メトグルコ服用しないと血糖値下がらないかわかってんですかね。

 トレーニング方法が間違ってんのか(運動の負荷が軽すぎる。まあ糖質摂らないからしっかりしたトレーニングができんのか)、

 栄養や休息の摂り方が間違ってんのか(糖質摂らないからインスリンが今一つ、よってタンパク質を同化させられない)、

 あるいはその両方か(爆笑)。


 毎日の糖質摂取量が数十グラムの奴がなぜ普通に糖質食ってる奴より血糖値高いのか、それ考えたらすぐにでもわかるのに。その血糖は彼女の筋肉のなれの果てでしょう(爆笑)。



みさこさんより
10は年長の女性
着実に血糖値低下



 一方の王城氏のブログにはアラフィフおばさん(50代女性)からの報告が来ました(「HbA1c 15から5.2に4ヶ月で糖尿病が改善したおばはんの改善法を大公開!」)。内容は王城氏のブログを読んでいただくとしてやってること自体は(失礼ながら)それほどすごくはないです。でもちゃんと結果が出ている。「よくなった」報告と「よくならないから」他人の悪口とではねえ、こりゃ勝負になりませんわ(爆笑)。

 けど残念ですよね、だってまともなことやってたら今頃まともなおやつ食べれたかもしれないのに。それができないから脂肪と人工甘味料のカタマリ=”糖質制限スイーツ(笑)”を仕方なく食べてる、なぜかほぼ毎日(爆笑)。なお日付は2016/02/20なので偶然とは言え”背脂”みさこバカ丸出し、自業自得だけど(笑)。



糖質制限スイーツ(笑) 低糖質スイ-ツ(笑)

右が真実の姿です(笑)


 なおアラフィフオバサンはこうおっしゃっています。私的にはありがたい。

カロリー1200kcal(指導は1470kcal)

野菜と魚が中心。お肉はたまに程度。

元々、お肉よりは野菜と魚が好きなので

量は意識しますがメニューは普段通りです。

ちなみに、某MEC主婦のバターコーヒーは

見る度に吐き気をもよおします…


http://ojyokoita.blog.fc2.com/blog-entry-585.html



バターコーヒー バイオハック ブレットプルーフコーヒー
ブレットプルーフコーヒー UCCミルク マックスコーヒー

バターコーヒーのカロリーと
東西の甘いコーヒー飲料。
なおバターコーヒー記事への
リンクになってます。




みさこさんや
アンタトレーニング
わかってへんやろ(笑)



 ”背脂”みさこさんはトレーニングをよくサボるの間隔を大分空けているが、あれはしっかり追い込んだ人のやり方。アラフィフおばさんのようにそれほど負荷が高くないなら別に毎日やれるんですね、プランク(フロントブリッジ)はできなくなるまでやってるけど。

 あと、時間。アラフィフおばさんは暇を見つけてちょこちょこ運動してますが、実は彼女の方が時間は短いです。そりゃそうだよね、「足ブラ1時間」なんて精神がまともな人にとっては苦行以外の何ものでもない(爆笑)。



 いつまでたってもマシにならないMECおばはん読んでるか?程度の低い本ばっかり読んでても何にもならへんぞ。基礎からやれ、頭も筋トレやれ(爆笑)。あとこの人は体は間違いなくどんどん不健康になってるが、心はそれをはるかに上回る勢いで不健康だ(爆笑)。タイトル改題するならもう「2型糖尿病に勝てない!心身ともにどんどん不健康になる背脂主婦のブログ!!」で決まりやな(大爆笑)。



おまけ メトグルコ
服用の注意点



VIII.安全性(使用上の注意等)に関する項目

 5. 慎重投与内容とその理由

  慎重投与(次の患者には慎重に投与すること)

   次に掲げる状態の患者


    (1)不規則な食事摂取、食事摂取量の不足〔低血糖を起こすおそれがある。〕

    (2)激しい筋肉運動〔低血糖を起こすおそれがある。〕

   (理由)

    (1)食物の吸収不良により低血糖をおこすおそれがあることから設定した。

    (2)筋肉での糖利用が肝臓からの糖放出を上回ると血糖値が低下し、特に空腹時には低血糖を起こすおそれがあることから設定した

https://ds-pharma.jp/product/metglco/pdf/metgluco_tab_interv.pdf#page=34




 要するに”背脂”みさこさんの運動の負荷は大したことなかったってこったろ(爆笑)?





はてなブックマーク、Lineなどはこちら



スポンサー様の広告です!




世のため人のため↓バナーをLet's クリック!



テーマ : 糖質制限食
ジャンル : ヘルス・ダイエット

【大笑】みさこさん天に唾、食物繊維ガ―の記事引用先のサイトの「だからダイエットに失敗する!」

思わず笑ってしまった
ダイエットサイトの記事



 少し前にMEC主婦みさこさんが食物繊維について取り上げていた。まあ目的は低カロリー食品に対するいちゃもんにすぎず、また引用するサイトを見るとこのおばはんの程度がわかるんですが(笑)。しかしその引用したサイト「ダイエットできれいに痩せたい人の痩せる方法 Slism」に「だからダイエットに失敗する!万年ダイエッターによくある10の特徴(2013年8月29日)」と言う記事がありました。しかもおばはんが引用した「【保存版】ごく一般的な野菜の食物繊維量ランキングを発表!(2013年8月30日)」の前日。なんかあつらえたような感じッスね(爆笑)。
 この記事自体は別にかまわないんだけど、何も野菜だけに食物繊維が入ってるわけじゃないんでその辺もどっか書いておいてほしいなあとは思います。まあだからこそ私の出る幕があるのですが(笑)。



失敗ダイエットの10特徴は
みさこさんにどんくらい
該当するのか(笑)



極端な食事制限をしている:無理な食事制限はストレスを溜めやすく長続きしない。

 超当てはまる(爆笑)。もはや説明不要レベルだが極端な低糖質・高脂質な食事。しかも実質1日2食(間食やバターコーヒーなどは多いが)。


流行のダイエットばかりしている:とにかく流行に乗ってしまうのはよいとは言えない。
 超当てはまる。糖質制限・MEC食・釜池式。食事もにがうり(ゴーヤ)・水野スペシャル(生クリームを山ほど入れたアホコーヒー)・ラードコーヒー(よくこんなモン飲めたな)・バターコーヒー(チェルシーじゃねえんだぞ)・シナモンetc(列挙するのがアホらしくなったんでこの辺で切り上げ)。「血糖値にイイ!」と聞いたらなんでも飛びつくんだよな(笑)。


達成困難な目標を立ててしまう:目標が身の丈に合ってないのでモチベーションを維持できず、またストレスも増していく。

 大体当てはまるかな。最初の頃は体重と体脂肪率を書いてたけど(糖尿病患者以外のファンを獲得するためだろう)それが全くダメでとうとう書かなくなった(爆笑)。方法からして達成は無理だったワケっす。


高いダイエット食品を使用した:価格と性能(効果)は必ずしも正比例しない。また価格は高ければ高いほど跳ぶバーが上がる。

 少し当てはまるかな。動物性タンパク質食品は比較的高いから。それわかってるからみさこさんたまに「なるべく安いときに買ってる」とか節約主婦アピールしてるけど。


運動器具を買って満足してしまう:運動器具を買っても使わないとおんなじ。

 おお、これは当てはまらないぞ(爆笑)。グウタラ主婦だから運動は苦手なんで足ブラ(何度も言うがこんなモンのどこがどう運動なんだよ)してるもんね。でも、運動器具がない、ジムなどの会員にもならない、これっていいのかなあ。正直負荷の高い運動ができなくなってるし。本人は「運動を過信するな!」とほざいてますがみさこさんや、アンタは運動を過小評価しすぎや(爆笑)。


体調を崩してしまった:体調を崩したり、肌に悪影響が出たりする方法ではキレイには痩せられないだろう。

 当てはまる。しょっちゅう「風邪引いて血糖値ガー」とか嘆いてましたから。MEC食って体弱くなるのか?


●お菓子・間食がやめられなかった:お菓子・間食にもカロリーあるから主食を減らしてもお菓子でそれ以上摂ったらそらやせへんで。

 超当てはまる。この人おやつ食べないと死んじゃうのかしら?ってくらい糖質制限スイーツ(爆笑)食ってますからね。


飲み会や食事の誘いを断れない:飲み会や食事に行ってからズルズル引きずられていく。

 これは・・・ないな。みさこさんはネット上のお友達は多いみたいだけど、リアルワールドは・・・正直厄介な手合いオーラ(あるいはケトン臭)を始終発してますから。


停滞期に耐えられない:体重が減らなくなると気持ちがなえていく。

 これはないか。体重が減らないことを受け入れてましたから。

 少し脱線するけどこの元記事はよくない。減らすべきは厳密には体脂肪なのでいくらでも減らせるわけではない。体をしっかり観察して最善を探るべき、と書くべきなのに。


ダイエット以外にストレスがあった:食事制限だけでも辛いのにさらに他のことでストレスが募れば続けることが苦痛になるわな。

 う~ん・・・微妙に当てはまるかな。みさこさんのストレスはしんどい糖質制限してる割には体重や血糖値が思うように減ってくれない。その上糖新生で筋肉が落ちてるからか負荷の高い運動もこなせなくなってきた。どちらかというと”ストレスが巨大”かな。

 で、糖質とそれを普通に摂取してる人々に呪いをかけてストレス発散をするんだけど(笑)そんなんやっても現状は変わらない(爆笑)。



 みさこさんが当てはまらへんのは3つだけでした(笑)。だからこの人はやせないのね。みなさんもこのおばはんを反面教師にしてしっかりした体を作りましょう!





はてなブックマーク、Lineなどはこちら



スポンサー様の広告です!




世のため人のため↓バナーをLet's クリック!



テーマ : 糖質制限食
ジャンル : ヘルス・ダイエット

みさこさん「糖質制限はリバウンドしやすい根拠はない!」「どあほうが」

糖毒バカは
どいつもこいつも
よくしゃべる・・・



どいつもこいつもよくしゃべる 流川



 ものすごい勢いで記事を更新し続ける糖尿MEC食主婦みさこさん、「糖質制限ダイエットすると、リバウンドする!?」http://ameblo.jp/misakodiabetes/entry-12125208712.html なる記事を書いています。あははは、相変わらずおもろいな。この人はリバウンド知らずだもん、だって痩せてないから(爆笑)。しかし毎日よくこれだけ考えつくなあ、バイラルメディアのライターでもやればいいのに。それはともかくみさこさんや、まずリバウンドできるようにやせろよ(爆笑)。なお↓のような感じです。



今日は、ダイエット目的で糖質制限している方の不安「リバウンドするのでは??」という問題について。

どんなダイエット方法でも、あなたにとってその方法が苦痛でたまらない場合、おそらくリバウンドは避けられないでしょうね。なぜかというと、その苦しい方法を必死の思いで継続することにストレスがたまりまくり、何かのきっかけで一気に「キレ」てドカ食いしてしまったり、その後イヤになってすっかりやめてしまう可能性が高いからです。

もちろん、カロリー制限やあまりにも過酷な運動によるダイエットなど、あらゆる方法に同じことが言えると思います。糖質制限だから他の方法と比べて特にリバウンドしやすいという根拠はないですね

私の場合は糖尿病で血糖コントロールが目的なので、糖質制限・MEC食はこれから先ずっと続けていくつもりです。「短期決戦ダイエット」などとは違って、ライフスタイルの変革というべきでしょうかね。いちいち「あれはカロリーが高いから半分しか食べられない」などと気にしなくていいので、まったく苦痛はありません。

逆に、糖質が大好きで大好きでしょうがない方達にとっては、糖質制限を続けることはとてもストレスがたまり、苦痛になるのではないかと思われます。糖尿病ならともかく、ダイエット目的だと途中で挫折してしまう気持ち、とてもよくわかります(糖尿病と診断される前の私もまさにそうでしたから)。

http://ameblo.jp/misakodiabetes/entry-12125208712.html


 いやあ相変わらず笑わせてくれます。”私の場合は糖尿病で血糖コントロールが目的なので”?事実に反することを言ってんじゃねえ。

”体重の下方修正に失敗したので”が
抜けとるやんけ(大爆笑)!


 いつの頃からか体重・体脂肪率を書かなくなったことはかつて指摘したんですがね。都合の悪いことはサラッと忘れられる、これが糖毒狂信者(笑)。さて、どんどんいくよ!



要チェックや!
糖質制限で
リバウンド



 ”糖質制限だから他の方法と比べて特にリバウンドしやすいという根拠はないですね”?あるに決まっとるやろおばはん。その理由がなんであれ体重が減った場合たいてい筋肉も減る、程度の差はあれど。MEC食のような食事制限のみでいいとされる減量法の場合は運動を組み合わせる減量法に較べて筋肉の減少が大きい。筋肉が減るということは基礎代謝、そして消費カロリーの量が減るということ。ダイレクトに言うと”筋肉が減る≒太りやすくなる”ということ。

糖質制限 リバウンド


 この例だと181.7kcal/dayなので大したことなさそうに見える、というか大したことはない。だが減量前のカロリー量の食事を続けた場合1年後には
181.7*365=66320.5kcal
が余剰カロリーとなる。
これらを脂肪に換算すると
66320.5/9300=7.13kg。
 実際にはエネルギーロスもそれなりにあるんで7.1㎏がまるまま背脂ってこともなかろうが。とりあえずここでは脅しも込めて7.13㎏増加分がすべて体脂肪だとすると、
(62.13-41.25)/62.13=0.336
 体脂肪率はめでたく33.6%、リバウンド達成!リバウンドを制すものはMECを制す!!

ちが~う!
 ちが~う 赤木


 基本的に(いや、基本も応用もないか)リバウンドはしたらあかんもんやろ?糖質制限は筋肉維持が難しいので(インスリンをなるべく出さんようにするんやから当然や)こうなる可能性は少なくねえぞ。現にみさこさんは「足ブラ(爆笑)」みたいな運動と言えるかどうかわからん気休めをやってお茶を濁している。足ブラよりもスクワットや懸垂の方がよっぽど効くじゃねえか、やるなら断然こっちやろ。要はアホみたいなことやりすぎて体力落ちて強度の高い運動ができんようなったんやろ?小ぶりなデブになっても意味あらへん。





「みさこさん、ダイエットに
こだわってんのはアンタだろ」



宮城リョータ



 ”私の場合は糖尿病で血糖コントロールが目的なので、糖質制限・MEC食はこれから先ずっと続けていくつもりです”?アンタ自分が置かれた立場わかってんのか(笑)?というのは負け惜しみとしてもこれはちょっとなあ。

 2型糖尿病の場合はたいてい肥満がなる、そして肥満は体脂肪が多く筋肉が少ない状態。みさこさんはいろいろ言い訳してますがこれは動きません(笑)。

 2型糖尿病の治療では医療従事者はまず間違いなく「減量しろ」と言います。体脂肪が多いとインスリンが効きにくくなる。また筋肉(骨格筋)はインスリンがなくても血糖を取りこんでくれるので筋肉が多ければそれだけインスリンも少量で済ませられる。だから「減量しろ」と言うのですハイ。ただ現在の場合低強度の有酸素運動を医療従事者はすすめるため(運動不足で太ったわけだから「こいつらは体力ない」と見てるんだろうな)体脂肪と同時に筋肉もそれなりに減りラチが明かないのですが。



 「アタイは血糖コントロールのために糖質制限やってんだ、ダイエットなんかどうでもいいんだよ!」というのは単なる強がりでしょう(爆笑)。こう考えるとダイエット・減量≒体脂肪が減って筋肉が維持増大できれば血糖コントロールにも相当有利なのですから。みさこさんが何言おうがこれが本音なんじゃないですか?

先生・・・
ダイエットがしたいです・・・

先生 バスケ したいです 三井


 



ミッチー(爆笑)は
命をかける方向を
完全に間違っている



 糖質制限やらMEC食やらはあくまで”手段”。ミッチー(爆笑)がやるべきは2型糖尿病でも問題なく人生を送れるための体をつくる、再構築すること。これが目的。だから1年やって結果が出てないということは「この手段では目的は達成できない」。ならほかの手段を選んだ方がいい。手段が目的になってるんですわ、ミッチー(爆笑)は。まあアフィリエイトなどのネットビジネスも念頭にあるんでしょうけど、効果がアレな人のところで買い物したいとは思わんわな。



 一方ミッチー(爆笑)があからさまに敵としている王城恋太氏のブログでは糖質制限・MEC食→糖尿病ガイドラインの食事と高強度トレーニングに路線変更した患者さんの報告がありました。「糖質制限・MEC食からガイドラインに基づいた治療を行った人の結果は?」です。



 本日より通常の診療が始まったのですが、昨年の9月に糖質制限・MEC食からガイドラインを基にした食事と強度の高いトレーニングに治療を変更した患者さんから「治療方針を変えたおかげでお正月を心から楽しめた」と嬉しい言葉をもらいました。

この患者さんは糖質制限を行っていたときはコントロール不良、体重も変わらず…という状況だったのですが、方針を変えてからはHbA1cも3.1%低下、体脂肪も診療のたびに順調に減少と素晴らしい改善を見せています。

http://ojyokoita.blog.fc2.com/blog-entry-565.html



 まさに

あいつも4ヶ月間
頑張ってきた男なんだ
侮ってはいけなかった

田岡監督


 ですね。これにミッチー(爆笑)が焦ったのもわかります(笑)、その方向がおかしいんですが。焦るべくは自身の方向性だろ?ミッチー(爆笑)のこの1年は勝ち負けとしては負け。でもこれからもずっと負けるのはよくない。


「負けたことがある」
というのが いつか
大きな財産になる

沢北
   





はてなブックマーク、Lineなどはこちら



スポンサー様の広告です!




世のため人のため↓バナーをLet's クリック!



テーマ : 糖質制限食
ジャンル : ヘルス・ダイエット

プロフィール

toshitsubaka

Author:toshitsubaka
糖質制限・低糖質・MEC食はバカがやること!

新着記事
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
おすすめの人気記事
スポンサー様の広告

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR