朝日新聞読者諸君、気をつけろ!低糖質なら何でもいいのかよ

大手メディアも大変
変な広告
載せにゃならん



 本日は広告の話。朝日新聞2018年5月6日朝刊に全面広告が掲載された。確か噂では朝日新聞の全面広告って3千万円くらいするのかな?



「朝日新聞をご愛読に皆様へ。糖質、ほぼ同じ


かぼちゃの煮物1切れ 糖質約6.0g(1切れ25gとし、文部科学省「日本食品標準成分表2015年版[七訂]に基づき算出)≒回鍋肉とあさりのオリーブオイル炒め 糖質5.9g


同号24面




鄭糖質 カボチャ 糖質制限
画像はhttp://shokutakubin.comから


 広告は「ヘルスケアフードの明日を考える日清医療食品株式会社http://shokutakubin.com」かあ。結構儲かってんだろうなぁ、うらやましい(しみじみ)。このサイトがどんだけ儲からないか・・・この辺にしておこう。



カボチャ1切れ25g
ゆでカボチャの
カロリーは?



 はい、早速『食品成分表』で調べてみたのよ。15年度版ではなく16年度版だけど。まあ所詮カボチャだ、大して変わらんやろ。



かぼちゃ 100g カロリー


 糖質がより高い西洋カボチャでも25gで4.3gか。この”カボチャの煮物”は飽和した砂糖水で煮たんだろうか(笑)?それとカボチャのカロリーはほとんど糖質なので、カロリーで考えるとこの”食宅便”はカボチャ8切れ分くらい。まあ実際のところおかずだけアップで撮影してるんだろうけど。



 なおこの回鍋肉、糖質を除いたら178kcalは脂質とタンパク質。http://shokutakubin.com/Direct/product/3318?oyaProductID=3323&setID=72にこのおかずの栄養素が出ている。タンパク質は16g、脂質は11.1gだそうで。まあおかずはこれでもいいのか、主食で穀物を摂るのだろうから。



スポンサーサイト


はてなブックマーク、Lineなどはこちら



スポンサー様の広告です!




世のため人のため↓バナーをLet's クリック!



テーマ : 糖質制限食
ジャンル : ヘルス・ダイエット

【悲報】岡田正彦新潟大学医学部名誉教授、光文社に恩を仇で返される・・・身から出た錆だけど

インチキ健康情報
って売れるのか?
しかしこれは酷い



大谷翔平 スプリット デスピッチ
大谷翔平君はフォークの
投げすぎらしい
なんで日本のメディアは彼の足を引っ張りたがる?


 糖毒バカ出版社死天王の一角・光文社の定期刊行物「Flash」。その2018年4月24日号に「こんなのニッポンだけだ!「過剰医療」で患者が殺される!Part1検査編」という記事が掲載された。おっちょこちょいが飛びつきそうなタイトルやなぁ・・・。



 この記事には医師がコメントを多数寄せているんだけど、その医師の1人が岡田正彦・新潟大学医学部名誉教授。あれ?確かこの先生は”桐山ショック”の時「週刊新潮」でまともなこと言ってたはずだけど・・・何があった?媒体を選び損なったんか?なお記事にはこんなコピーが。

”海外の医学論文を
研究し続けて20年
「第二の近藤誠」が訴える”



 あかんやんコレ。近藤氏が医者の間でどう思われてるか知らんのかこの編集者は!?私が過去取り上げた”ニセ科学”でも彼は批判されてますしねぇ。岡田教授もこのバカ雑誌に文句つけんとアカンでしょ?「第二の近藤誠」はどう考えても医者に対する侮蔑の言葉じゃん(爆笑)。まあ読んでみたら多々問題ありだったけど。



出版業界は
デブが多いのか?
ライザップでも行け(笑)



 では岡田教授、どんなことを言ってたのか?いくつかを紹介しましょう。なお特に記述がない場合は「Flash」同号からの引用。



 検査で「異常あり」と診断される数値には、じつは根拠不明なものが多い。たとえば「メタボ健診」では、男性で腹囲が85cm以上、BMI(身長と体重で計算する体格指数)の数値が25以上を「肥満」と規定。生活習慣病などを引き起こす原因になるとされているが・・・。

「欧米ではメタボ健診がおこなわれておらず、また多くの研究で、もっとも死亡率が低いのはBMI24~26程度という結果が出ています。日本では『メタボ』とされている数値でも、長生きしているのです」(岡田氏、以下同)

P22 原文ママ



 これは過去にも書きましたので引用は面倒くさいのでリンクだけ張っておきます(笑)。欧米男性と較べて日本人男性は内臓脂肪がつき易いため太ることのリスクが高い(内臓脂肪が多ければインスリンの効きが悪くなり2型糖尿病を発症しやすい)。欧米人はBMI24~26がもっとも長生きだったそうだが、彼らが軽肥満ないし肥満であるかどうかは断言できないはず。170cmでBMI25の人は体重72kg程度だが、このくらいの体重で筋肉質な人ってそうはいないからね?



 あとお約束だけどBMIが同じでも筋肉と脂肪では見てくれがエライ違うぞ(爆笑)!

森永卓郎 ライザップ 糖尿病香川真司 筋肉


 桐山秀樹氏も目方が減ってこの位だったしねえ・・・。なお日本人男性の平均体重が最も重いのは30~39歳の70kg。平均よりも若干重いです。



平均体重 年代別



ブドウ糖負荷試験を否定?
どーゆーこっちゃ!?



 さらに看過できんことを言う岡田教授。ホンマにアンタ、何があったんや・・・?



 また、検査自体が悪影響を及ぼすことも。糖尿病には本検査でおこなわれる「ブドウ糖負荷試験」がある。

「75gのブドウ糖水溶液を飲んで血糖値を測るのですが、これは5g入りのスティックシュガー30本分の糖分に相当します。糖尿病発症の後押しをするようなもので、非常に危険です

P23



 「スティックシュガー30本分の糖分」ねぇ。スティックシュガーの成分はスクロース。グルコース+フルクトース(果糖)の二糖類なので5*30/2=75だからこの点は正しい。しかしスティックシュガー30本分の場合はグルコースだけでなく果糖も入ってくるためカロリーは倍になる。俗な言葉を使うなら「印象操作」を狙ったような気がするんですが、どうなんでしょうか?なおグルコース75g(300kcal)は白米米飯だと0.5合よりチョットだけ多い位かな(白米米飯は168kcal/100g)。こう言うと大したことなさそうでしょ?



炭水化物 種類 ブドウ糖


”糖尿病の後押し”?
アンタ何の論文読んどんねん



 でもこの”糖尿病発症の後押し”ってのは何なのか?悪意さえ感じるわ。まず糖尿病の検査で発症するということについて。これで発症するならどのみち時間の問題で発症するんと違うんか(大笑)?



 また二型糖尿病は早期発見・早期治療で治すことができる。王城恋太氏のブログ記事世界の最先端では既に糖尿病は治っている!糖尿病完治とは何か?を読んでみたらいい。この記事は王城氏が思いつきを並べているわけではなく記事ソースは欧州糖尿病学会の学会誌。岡田教授は20年海外論文読んできたんでしょ、こんな大事なモン見落とすなよ(爆笑)?でもあのDr.糖尿モヤシ教祖は「スーパー糖質制限でも大丈夫、だから負荷試験はやらなくてよし!(んなワケあるか)」って言ってたから小躍りしとるんやろうな。



こんな内容では
侮蔑の言葉も
仕方ないのかも



 確かに不要な薬・手術はあるのだろう。しかし健康診断や人間ドックなどの検査さえ「命を縮めている」というのはどうなんだろう。他にもLDL(コレステロール)や血圧について「日本の基準は厳しすぎる」と書いているが、それが過度に厳しいようには思えない。これらは低ければ低いほどよいわけではないが(基準値より)低いに越したことはなかろう。



 なおこの記事で取り上げた事柄は昔近藤氏が「サンデー毎日」で営業した記事を批判したのと大体同じ。もしかして弊ブログを意識しているのか?んなワケねぇか(苦笑)。光文社は糖毒バカの新書を何冊も出版して稼いでいたので岡田教授はその顔色を読んだのかなぁ(勘繰れば光文社が得する内容だしね)?昔はちゃんとしたこと書いてたのに。



 で、この記事読んでて思ったのは「サンバを踊れと言われたらサンバを、ワルツを踊れと言われたらワルツを踊る」。岡田教授、アンタはリック・フレアーかい(爆笑)!?おあとがよろしいようで。けど医療業界と出版業界って利益が相反するのかねぇ・・・。






はてなブックマーク、Lineなどはこちら



スポンサー様の広告です!




世のため人のため↓バナーをLet's クリック!



テーマ : 糖質制限食
ジャンル : ヘルス・ダイエット

糖質制限と直接関係はないが、すごいお年寄りの話

2ヶ月近く前でスマン!
しかしすごい話



笹餅 糖質


 もうすぐスギ花粉春がやってきますね。しかし同じ15℃でも秋と春でずいぶん違うものですね、すごく暖かく感じる。



 1月下旬の「週刊現代」にすごいお年寄りのモノクログラビアが掲載されていましたので紹介したい。なおこの次の号(2/17・24)に「実力はあるのにどこからも声がかからない わが社の村田修一くん」・・・男・村田選手は単に運が悪かっただけだと思うけど。”乙女”とか言われつつも社会意識の高い好漢だから嫌いではないんですがね(キャベツの千切りは苦笑いした)。



 本題に戻りましょう。すごいお年寄りの話とは「27kgの米袋を持ち上げる90歳 ミサオ婆ちゃんの笹餅」。



27kgの米袋を持ち上げる
青森の90歳、まだまだ現役!



 「週刊現代」2018年2/10号のモノクログラビアを飾った桑田ミサオさん。青森県五所川原市(金木町)在住の彼女は笹餅を5万個、1人で製造している。当然材料は米でその袋は27kgあるが、それを普通に持ち上げて仕事している。定年後の60歳から本格的に作り始めた笹餅が好評で作り続け、75歳の頃に地元スーパーに頼まれて起業することに。



「んまあ、青天の霹靂だったな。それで保健所に相談に行ったり、加工所を建てて営業許可をとったり。まさか75歳で自分が起業するとは夢にも思いませんでした」

 と、今度は倉庫に行き、頭の高さまで積まれた米袋の一つを運び出してきた。一般的な5kg袋の6倍!なんと30kgの米袋だ。いつもは27kg袋だから少し大きいと笑いつつ、軽々と作業場まで運ぶ。

「これを一人で持ち上げられなくなったら笹餅作りをきっぱりやめようと思ってます」
「週刊現代」2018年2/10号モノクログラビアページ



 記事中には糖質制限の話はありません。まあ糖質制限やっとる連中は笹餅は食えませんが(笑)。だが90歳で週二回、27kgの米袋を上げ下げしているのには恐れ入る(いいトレーニングになりそうや)。まあ多分、糖質制限はしていないでしょう。



 記事では桑田さんの大雑把な人生が書かれているのですが常に何かしているんだな、と感心してしまいます。たとえば東日本震災勃発後には3年間被災地の3つの高校に1000個の笹餅を作って送ったそうです。桑田さんが身体の強い人だったというのはあるのでしょうが(幼少期はそうでもなかったそうですが)、身体と頭を動かすのが人間にはいいのかもしれない。



名前は一字しか
違わないのに
他は大違い



 彼女によく名前が似た人を弊ブログの愛読者はよくご存知だと思います。狂気に近い糖質制限”MEC食”をやったはいいがまともな運動ができなくなり”足ブラ”なるマヌケ体操(爆笑)を編み出すも体重が減らず血糖値はちゃんと上がり最後はブログを放棄した富山県在住のみ●こさん(フェイクニュース製造/兼業主婦)です。彼女や他の糖毒バカがもしこの仕事をやることになったら?



 間違いなくその日のうちに腰いわしてリタイアするんちゃうかなあ(爆笑)?肉体労働は絶対無理だからフェイクニュース作りくらいしかできひんのかも。まともなトレーニングと食生活と健康管理をすりゃもっとマシな人生が生きられるのになあ。




はてなブックマーク、Lineなどはこちら



スポンサー様の広告です!




世のため人のため↓バナーをLet's クリック!



テーマ : 糖質制限食
ジャンル : ヘルス・ダイエット

年忘れ企画(続かんと思うけど) ムーギー・キムって何モンやねん?東洋経済もようわからんわ・・・

糖質制限を流行させた
東洋経済新報社
変な芸人飼ってんのか



東洋経済


 今回は特に糖質制限とは関係ないのですが、糖質制限をDr.糖尿モヤシ教祖と二人三脚で流行させた元凶、東洋経済のサイトに変な記事があったのでそれを。年の瀬に草津(サンズイ県)で飲食店経営者が不動産仲介業者(ってこたぁ、アレやな)に頭を割られて死ぬというエライ物騒な事件のニュースからサイトをのぞいたのだけど。



 「「ダイエット」でバレる!残念な人の3大欠点「糖類ゼロ、ラーメン…」それで大丈夫?」やたらと上から目線のタイトルだな。まあ人目についてナンボやからしゃーない。筆者のムーギー・キム・・・誰やねんこいつ?随分と怪しい名前だ・・・。略歴を見るとこんな人でした。



ムーギー・キム Moogwi Kim

『最強の働き方』『一流の育て方』著者

1977年生まれ。慶應義塾大学総合政策学部卒業。INSEADにてMBA(経営学修士)取得。大学卒業後、外資系金融機関の投資銀行部門にて、日本企業の上場および資金調達に従事。その後、世界で最も長い歴史を誇る大手グローバル・コンサルティングファームにて企業の戦略立案を担当し、韓国・欧州・北欧・米国ほか、多くの国際的なコンサルティングプロジェクトに参画。2005年より世界最大級の外資系資産運用会社にてバイサイドアナリストとして株式調査業務を担当したのち、香港に移住してプライベート・エクイティ・ファンドへの投資業務に転身。英語・中国語・韓国語・日本語を操る。著書に、2冊ともベストセラーになった『世界中のエリートの働き方を1冊にまとめてみた』(東洋経済新報社)と『一流の育て方』(母親であるミセス・パンプキンとの共著、ダイヤモンド社)がある。『最強の働き方』の感想は著者公式サイトまで。

http://toyokeizai.net/list/author/%E3%83%A0%E3%83%BC%E3%82%AE%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%AD%E3%83%A0



 なんっかいかにも日本人の中の頭の悪い奴、中途半端にしかお勉強ができなかった連中が喜びそうな略歴でんなぁ。強調文字の後ろに(笑)をつけたくなる。奇妙な横文字が多い、会社の形容詞は大仰なのにその名前はボカす、「一流」「最強」といいつつ本出版したのはよくて三流の出版社・・・見ただけでアカンやっちゃ(爆笑)。かなり敵を作る発言をするけど2017年大晦日特別にやったる。世界のエリート予備軍は”慶應義塾大学総合政策学部”みてーなヘッポコ大学ヘッポコ学部にハナッから行かねぇよ!アジア・太平洋地域ならシドニー大学や北京大学とかがあるじゃねえか(爆笑)!流石ダイヤモンド社から本出すだけのことはあるな。栃木県や岡山県で講演する”グローバルエリート”なんて面白すぎる(同じ講演するのでも中国やインドなら10倍人口がある)。ビジネス作家?要は自己啓発書書きだろ?



やたらと下流層に詳しい
ムーギー・キム



 基本的に今回は真面目なことは書いてません。ボケに対するツッコミみたいなモンです。



これに対し、一流の人物はダイエットをするときも一流である。一流の減量者は肉を食べるときも、筋肉や代謝を落とさないことの大切さを心得ている。さらに、「いきなりステーキ」で500グラムのステーキを注文するときも、余分な脂肪をとらないように「ステーキの切り方」にまで注意を払うのだ。

「頭のIQや学歴の高さ」と「しっかりダイエットできるかどうか」は関係がない。世の中には、痩せようとした途端、その人の本性が暴露されてしまう人たちが存在する。

http://toyokeizai.net/articles/-/202698?utm_source=Twitter&utm_medium=social&utm_campaign=auto



まず一流の減量者は、変な食品に頼らず、とにかく運動量を増やす。しかもその運動の仕方が、きちんと内臓脂肪が燃焼するようにするなど、何かと理にかなっているのだ。

そして、朝と夕方に1時間ずつ、合計2時間も歩く。すると、多少の炭水化物は当然のことながら、内臓脂肪や皮下脂肪が快調に減少していくのである。

おまけにこの「1時間歩く」ことは、マラソンなどで無理をして膝関節を痛めるようなこともないので、「体に優しく維持可能な一流のダイエット」になるのだ。

中略


また、一流の減量者たちは、じつは「健康な小太り」を目指していたりもする。これは「健康な体」の新たな常識で、決してガリガリに痩せているほうが健康というわけではなく、むしろ「小太りくらいのほうが病気になりにくい」とも言われていたりする。

もちろん個人によって体質が違うので一概には言えないが、人によっては多少太っているほうが「ベスト体重」なこともあるのだ。
一流のグローバル・減量者を目指すには、「最初の目標設定」を誤ってはならない。つまり、個人差を無視した「男性のウエストは85センチメートルを超えればメタボ」というようなガイドラインを過信してはいけないのだ。こんな基準が本当なら、ウエスト100センチの私は、もう何も食べられなくなってしまう。

http://toyokeizai.net/articles/-/202698?page=4



失恋をするたびに、反省をしては急激なダイエットに励んで2カ月で20キログラム落とすが、油断して2カ月で見事に20キログラムリバウンドしてしまう「平成のリバウンド王」である私。

深夜にラーメン屋に直行して、最後にラーメンを1口分残しただけで、何やら自制心を発揮した気になっているのは、何を隠そう、この「減量者」の風上にも風下にも置けない、神経と体が共に太すぎる、この恥ずかしい私なのだ。

http://toyokeizai.net/articles/-/202698?page=5



 ①ある程度以上の所得と見識がある奴はまず「いきなり!ステーキ」なんぞには行かねえ。まともなステーキハウスに行くよ。

 ②キム、お前は1日2時間もウォーキングなんぞやってんのか?グローバルエリートとか一流ってのはそんなにヒマなのか、この「時は金なり」という時代に(笑)。あれは基本的に「体力がない奴のための運動」だぞ?それとジョギング(あるいはランニング)とマラソンを一緒にすんなよ、恥ずかしい(笑)。

 ③BMI22程度が一番健康、という俗説のことやな。でもねー、仮にBMIがそうだったとしてもそいつが小太りかどうかはわかんねーじゃん?健康なのは筋肉の22なのかも知れねーし(笑)。少し真面目に言っとくと、別に肥満じゃなくても糖尿病はじめ健康を損ねることはあるからね。とりあえずキム、あまり食いすぎるな。

 ④20㎏も太る奴は二流ちゃう、ようて四流くらいや(爆笑)。



ムーギー・キム、
芸人と思えば
腹は立たないが



 まあ昔がどうだったんかは知らんけどこのムーギー・キムってのは平たく言えばビジネス芸人です、それも学歴・経歴と本人の中身のアンバランスさが売りの。このコラムも暇つぶしに読むのならまあいいんじゃないかな、こんなの真に受ける奴はいないだろうし。



 強いて言うなら彼のエリート友達(無論キムより強い奴)に健康や体力の維持増大におススメの書籍やサイト(当然まともな奴)を聞いてきて、それを紹介すればよかった。そこまでやってこその「一流」だと私は思うが、皆さんはいかがですか?それにしてもぐっちーさん(「AERA」にも連載を持っている投資銀行家)、なかなか言うなあ



 それでは、よいお年を。





はてなブックマーク、Lineなどはこちら



スポンサー様の広告です!




世のため人のため↓バナーをLet's クリック!



テーマ : 糖質制限食
ジャンル : ヘルス・ダイエット

minorinkoさんありがとう、糖質制限から距離を置いた方の意見

最近糖質制限から
距離を置いた方



チョコレート ゴディバ


 大抵”糖質制限最高!糖質制限万歳!!”の糖質制限のブログランキング内では私のブログはかなり異彩を放ちます。まあそれなりに内容を考えた上で「ああん?あんなもんやる奴はアホウに決まっとろうが!」と書いてはいますが(笑)。そんなブログランキングで最近糖質制限から距離を置いたブログがありました。「MINORINKO 美味しく楽しく♪トナカイくんとのダイエット日記」「ご無沙汰してます。糖質制限について悩み中。。。。」です。



『糖質制限』を長く続けている方にぜひ伺いたい

『糖質制限』を続けていると

糖質摂取について急に過敏な反応するよね

これまでなんてことないのに頭痛がしたり

ほんの少しの糖質を食べても眠気に襲われたり。。。

とにかくスーパー糖質してても痩せなくなったり

【中略。記事はなぜ
糖質制限すると
糖質に弱くなるのかに向かう】


よく分からなかったんで江部康二先生にお聞きしたんですが、

恐らくグルコーススパイクが起こった所為じゃないかなと仰ってました。

どういう事かと申しますと、糖質を摂ると急激に血糖が上がります。

すると、今度はインスリンが出て一気に血糖が下がります。

この下がったときに、頭痛やフラフラするなどの

症状が出るのではないかとのことでした。

いわゆる低血糖症状に似たようなものかなと思います。


これだけの人が感じている副作用のような症状を

『恐らくグルコーススパイクが起こった所為じゃないかな』で

終わってしまっていること自体、ワタシは気持ちが悪い

チョコをひと口食べただけで頭痛を起こすワタシの身体は

これから先、いったいどーなってしまうのだろうと

不安に思ったとしてもおかしくないのではないか


って思い始めたら

前のようにバカみたいにUPするのがイヤになってしまった。

http://minorinko.jp/blog-entry-868.html



 なるほど。明治ミルクチョコレートが50gで、チョコレートの糖質は36.71/2≒18.35g。これより少ない(一口だよね?)わけだからこんなモンで頭痛が起きたらたまらんわな。ふと思ったんですがDr.糖尿モヤシ教祖がちらし寿司とか食ったら「あべしっ!」って砕け散るのかな(爆笑)?

 まあ何にせよ見直した方がいいでしょう。Dr.糖尿モヤシ教祖、ロクに糖質食ってねえのに血糖値(本人曰く空腹時)が境界型の111mg/dLあったし、糖質摂ってねえんだったら血糖値なんて70mg/dLでいいじゃねえか(爆笑)。これは単純に糖質を摂らなくても糖新生で糖を供給するから。ただし筋肉も削っていくのでモヤシかスケールの小さいデブになっていく(現に教祖は低体重で体脂肪率28%以上)。



”グルコーススパイク”で
全てを片付けんなよ



あの江部先生ですら

こんな答えで終わってしまうなんて。。。。どーなんだろうか

以前、同じようなご質問を頂いて、

よく分からなかったんで江部康二先生にお聞きしたんですが、

恐らくグルコーススパイクが起こった所為じゃないかなと仰ってました。

どういう事かと申しますと、糖質を摂ると急激に血糖が上がります。

すると、今度はインスリンが出て一気に血糖が下がります。

この下がったときに、頭痛やフラフラするなどの

症状が出るのではないかとのことでした。

いわゆる低血糖症状に似たようなものかなと思います。


http://minorinko.jp/blog-entry-868.html

 



 まあ連中ならそういう言い逃れをするでしょうね。しかし普通の連中は糖毒バカよりずっと糖質食ってるのに(摂取カロリーの6割以上)大して頭痛やフラフラはない。これをどう思うか?まあ糖質をあまり食わないことで結果として糖質にさらに弱い体が出来ちまった、ってことなんでしょう、お気の毒に。



 ただ、世間的にはDr.糖尿モヤシ教祖や糖毒系の医者は”専門家”と見られてるんですよね、著書(一般書)の中身はスカスカなのに(笑)。10年以上やっててちゃんとした答えを持ってないってのは怪しいわ。



と思ってたら
答えは案外
近くにあった(笑)



 で、高校生の生物教科書を少し見てみた。いつかやらんといかんなあと思ってたんだけど面倒でやってなかったことを今日やりますわ(笑)。

 『生物基礎』の108ページの「食事による血液中のグルコースとホルモン濃度の変化」を一部書き写したもの(グルカゴン濃度以外をグラフにした。ちなみにグルカゴンは血糖値を上げるホルモンで食事を摂った後急激に下がった)。↓でヘタクソながらグラフにしてみましたわ。努力は認めてね(苦笑)。



グルコーススパイク インスリン ホルモン濃度 食後血糖値

『生物基礎』東京書籍


 オーイ、ゲリオヤジ(笑)のあらてつ読んでるか―?血糖量(血糖値)は確かに上昇は30分~1時間のうちにピークが来るからそれなりに急だけど、下降は案外なだらかだぞー?いくら下痢でケツが痛いからと言って適当なことしゃべっちゃいけねえな(爆笑)?



 ついでに私の過去記事をプレイバック。宿敵の富山のMEC食のだいぶイタイみさこおばはんを(多分)へこませた「タニタ弁当記事」ですが、宗田医師が提示したサンプル、4人の看護師は見たところ血糖値の上昇も下降も案外なだらかです。しかしなんだかこの記事紹介するのは照れますね(照笑)。

タニタの弁当の血糖値


 「グルコーススパイク」ですが、安心していただけたでしょうか(正解かどうかはともかく)。

 つか、頭痛の原因はグルコーススパイクじゃねえだろうな。そんなに急激に血糖値は上下しないし。やっぱり・・・糖質の摂らなさすぎで体がおかしくなったんじゃねえスか?



ほんの少しの糖質を食べても眠気に襲われたり。。。

とにかくスーパー糖質してても痩せなくなったり
http://minorinko.jp/blog-entry-868.html



 これらに関してはminorinkoさんも大体気づいたと思う。”眠気に襲われたり”というのは個人差があるでしょう。というか、ちゃんと夜寝てるかどうかなんだけど(笑)。スーパー糖質制限でも痩せないのは・・・それ以外でカロリーを摂ってるから(笑)。それとアルコールは食が進むのでほどほどに(酒のアテにコンニャクは食べませんよね?)。

 とは言えちゃんと福音もあります。「糖質制限・MEC食からガイドラインに基づいた治療を行った人の結果は?」。王城恋太氏のブログで紹介されたのですが普通の食事で高強度の筋トレをやったところ4ヵ月でずいぶん好転した患者さんがいるんですね。デブのヤブ医者カルビンチョとはエライ違いや(爆笑)。どうせやるんならまともになる努力の方がいいでしょう?




はてなブックマーク、Lineなどはこちら



スポンサー様の広告です!




世のため人のため↓バナーをLet's クリック!



テーマ : 糖質制限食
ジャンル : ヘルス・ダイエット

プロフィール

toshitsubaka

Author:toshitsubaka
糖質制限・低糖質・MEC食はバカがやること!

新着記事
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
おすすめの人気記事
スポンサー様の広告

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR