【大悲報】「週刊ポスト」が糖毒バカを裏切る!でも糖質制限は”健康常識”じゃねぇぞ(笑)

一体何があった?
表紙見出しで
”糖質制限で
糖尿病になる”



糖尿病 週刊ポスト 小学館
「時代を先取りする
ビジネスマンの情報参謀」?

素人投稿・・・
無修正工口・・・
こんな情報いらんやろ(爆笑)


 読者諸賢もご存知の通り「週刊ポスト」9月22日号の表紙になかなか楽しい記事が掲載された。「〈”健康常識”を疑え!〉糖質制限すると糖尿病になる 衝撃のデータ&論文を公開する」がそれで、その広告を見た糖毒狂信者どもに文字通りの衝撃が走った。そして反発してキーキーわめいている。でもねえ、お前らどうせ糖質制限やめねぇんだろ?だったら別にいいじゃねえか(爆笑)。



 しかしあの「週刊ポスト」がねぇ、別に世間で糖質制限についてネガティブな出来事があったわけでもないのに。一体何があったのか。



 こんなことを書くのもアレですが、内容自体は弊ブログや王城恋太さんのブログの愛読者であるなら「いや、それなら大体知ってるよ」というものでした(それでもやらんよりは随分いいのですが)。大雑把にまとめると以下の通りになる。なお特に記名がなければ「週刊ポスト」同号からの引用です。



”糖質制限すると
糖尿病に!”を
雑にまとめるよ



 ・炭水化物摂取量は2002年には271.2g/dayだったが14年には255.8g/dayまで減少した。その一方で同時期の糖尿病患者は228万人から317万人まで増加した。



糖尿病パラドックス 患者数
リンク先は
高田名誉教授の
新書について


 高田明和浜松医科大学名誉教授は「糖質制限が糖尿病の原因となっている可能性がある」とさえ言う。


 ”低血糖状態から体を守るために、コルチゾールは糖新生と同時に、上げた血糖値を維持するために『インスリン』の効きを悪くして血糖値が下がるのを防ごうとしてしまいます。

 そうなると、今度はインスリンが効かなくなってしまう。その結果、血糖値を下げられなくなって、糖尿病になるという可能性が指摘されているのです

P43~44




 ”高齢者は加齢に伴って筋肉繊維が細くなり、筋肉が衰えている。その状態で糖質制限により『糖新生』が起きると、筋肉がさらに衰えてしまいます。

 筋肉が衰えすぎてしまうと、L-システインというアミノ酸の血中濃度が増し、さらにインスリンの効きが悪くなって血糖値を低くコントロールできなくなることが研究でわかっています

P44



 ラモント教授(メルボルン大学)は2016年に『nature』オンライン版で「低炭水化物食(糖質制限食)を与えたマウスはβ細胞の機能が減少していた」論文を発表した。



 コニング教授(ハーバード大学公衆衛生大学院)らは2010年に4万人以上の一般男性を20年以上追跡調査して食生活と糖尿病発症リスクの関係を調べた結果、低炭水化物かつ動物性タンパク質&動物性脂肪を多く摂取した群が糖尿病発生リスクが最も高かった。食事内容が大量の赤身肉や加工肉を含むとさらにその傾向が顕著だった(植物性のタンパク質と脂質が多い群はリスクがあまり増加しなかった)。


糖質制限を行うと、必ず『脂質』か『たんぱく質』のどちらかの摂取量を増やさなければなりません。これは、炭水化物の代わりに肉などを多く摂ることが糖尿病につながったという研究結果です”

北品川川藤クリニック院長で内科医の石原藤樹氏



 12年にハーバード大が糖質とタンパク質の摂取に関しての発表(前述とは別)。約4万3000人を対象に食事と糖尿病発症の関係性について調べた結果、糖質摂取減とたんぱく質摂取増が同時だと心筋梗塞や脳卒中といった血管の障害が増加することが判明した。



 糖質制限は本来ダイエット法ではなく「糖尿病治療」。しかし「予防」に有効かどうかは怪しい。2015年に科学雑誌『PLOSONE』に掲載された国立がん研究センターの研究(40~69歳の日本人男女6万人の5年間の追跡調査)では女性は炭水化物の摂取が少ないほど糖尿病発生リスクが下がったが男性にはその関連が見られなかった。



 とまあこんな感じではある。けどコレらの少なからずは弊ブログや王城さんのブログで書いてたことのような気がします(笑)。



しかしそこは
「週刊ポスト」
抜けてるところも多い!



 糖毒バカや糖毒で儲けてる奴らの反発を承知で踏み切ったことはいいのだが、残念だなという点も結構ある。まず「米ハーバード大ほか最新研究が・・・」とかやってるなら論文・研究の情報のURLをどこかに書いておいてほしかった。そうすれば記事の信憑性は上がるし糖毒バカのイチャモンは単なるイチャモンで処理できる。なお参考リンクは私が手作業でやりました、言うほど手間はかからんかったけど。


低炭水化物食(糖質制限食)を与えたマウスはβ細胞の機能が減少していた」論文


2010年に4万人以上の一般男性を20年以上追跡調査して食生活と糖尿病発症リスクの関係を調べた結果


12年にハーバード大が糖質とタンパク質の摂取に関しての発表


低炭水化物スコアと糖尿病との関連について



 P44に大前研一氏の著書の広告を載せるくらいならそこにURLと高校生向けの生物の参考書(血糖値や糖尿病のお勉強ができる!)の広告を載せてもよかったのに(笑)。というか、ちゃんと勉強してたら



血糖の量を示す「血糖値」は食事をすると増加し、通常は食後1~2時間をピークに減少する。

このとき、一定の時間を超えても血糖値が下がらない状態が「糖尿病」だ。

【後略】


P42


 みたいなことは書かへんけどなぁ。正常ならばピークは1時間後。2時間後血糖だけどちゃんとした身体なら100mg/dL以下になってるよ。しつこいかもしれないけどP42~43は高校生物のテキストや参考書で説明したらいいんだけど・・・まさか「週刊ポスト」編集部に出入りしてる人間はみんな私立大学文系卒、しかも最初から理科(および数学)の勉強してない奴らか(爆笑)!?だとしたら相当マズいぞたとえ世襲の会社だとしても



 現在では、米国糖尿病学会が発表している『2014年版 糖尿病臨床ガイドライン』に、糖質制限は「1型糖尿病と2型糖尿病を含む、すべての糖尿病患者に推奨される」とある。

P45



 米国人向けの(文字通りのUSA first!)ガイドラインに何故日本語が使われてるのか考えたことあんのかよ(爆笑)?間違っても推奨はされてねーぞ。

米国糖尿病学会 糖質制限 2型糖尿病


"Evidence suggests that there is not an ideal percentage of calories from carbohydrate, protein, and fat for all people with diabetes B; therefore, macronutrient distribution should be based on individualized assessment of current eating patterns, preferences, and metabolic goals."


Standards of Medical Care in Diabetes-2014
英文読解くらいは自力でやれよ



 どっちみち似たようなこと書いてるんやから、2017年版にすりゃいいのに。しかし英語もインターネットも苦手、しかも情報リテラシーが怪しい・・・こんなんで大丈夫か小学館?ついでに書くとこのGuideline、翻訳して印刷して売れば結構もうかるんと違う(笑)?日本糖尿病学会は大至急それやらないと。そしてその売り上げで糖毒バカ対策をやればいいんです(爆笑)!



何でココナッツが
ここにおんねん?
情報の吟味ができねぇ
イタイで小学館(笑)



 あとこの記事書いた奴と掲載にGOサインを出した奴の見識を疑うのは読者諸賢おなじみのココナッツ白澤(白澤卓二)のコメントを載せてるんですわ、グリセミック・インデックスに関して。なんであんなのに聞きに行くかなぁ・・・まぁ簡単にコメント取れるからかな(苦笑)。



 また、小麦や米は、精製によって”取り除かれた部分”に血糖値を下げる食物繊維やミネラルが豊富に含まれている。できるだけ精製されていない米や全粒粉でできたパンを食べることで、血糖値の上昇を抑えられます

P45



 GI値の説明だったらココナッツやのうてもええやん、何もいわくつきの奴(グルテンフリー・ココナッツ油etcおかしなことやってる)を起用せんでも。それこそ奥田昌子医師でいいじゃん?



 そしてそれがどういうふうにひねくったんか知らんが「太りやすい糖質と太りにくい糖質」に同ページで飛躍している(笑)。「一般財団法人日本ダイエットスペシャリスト協会」なる団体を出典にした表まで書いて。で、この表を再現してみました、弊ブログ読者諸賢と偶然やってきた一元さんのために。少し気になったのでThe University of Sydneyのサイト(GLYCEMIC INDEX FOUNDATION)からGI値の表も作ってみました、何でここまでしちゃうかな私(笑)。いや、大塚製薬のGI値の説明でシドニー大学について言及されてたからさ。



GI値 グリセリックインデックス

Univ.Sydney


 豪州と日本とで食品成分が違うのかもしれないけど(いや、そんなこたぁないか)これ見るとパスタ(スパゲティおよびマカロニ)はGI値が低いが(GI値55未満が低GI)なんでこれ書かへんかったんですかね?


 それと「どうすれば血糖値の急上昇を抑えられるか?」が話題なのにGI値や食べ方だけを書くのもあまり頭がよくないな、「週刊ポスト」。私やったらこう書くね。


・ある程度の野菜(というか食物繊維)を食べておくと炭水化物を食べても血糖の上昇が緩やかになる。


・GI値は「食品を単品で食べた場合」なので(参考にしてもいいが)それほど当てにはならない。「白御飯をレバニラ炒めと一緒に食べたらどうなる」?


・筋肉(骨格筋)が多いと血糖値が上がりにくくなる。また強度の高い運動をすると血糖が消費されるので血糖値も下がる。


・内臓脂肪が少ないとインスリンが効きやすくなる(インスリン抵抗性が下がる)。



 手前味噌で恐縮ですが私や王城さんのブログのurlでも書いてくれたらそれで良質な記事になったような気がする(笑)。でも高給取りの小学館の正社員のことを考えると、なんか世の中なんかどうにでもなっちまえという気分になってくんねんなぁ(苦笑)。


スポンサーサイト


はてなブックマーク、Lineなどはこちら



スポンサー様の広告です!




世のため人のため↓バナーをLet's クリック!



テーマ : 糖質制限食
ジャンル : ヘルス・ダイエット

プロフィール

toshitsubaka

Author:toshitsubaka
糖質制限・低糖質・MEC食はバカがやること!

新着記事
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
おすすめの人気記事
スポンサー様の広告

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR