【拡散超希望!!】糖毒バカの聖典「久山町の悲劇?」の研究主任のインタビューを発掘!まあある意味「糖毒バカの悲劇」だわな、爆笑準備はよろしくて?

昔絡んできた
糖毒バカのゲスが言う
「久山町の悲劇」?



 もはや風化した感のある”桐山ショック”の際に書いた記事【桐山秀樹氏急死緊急特集】おやじダイエット部、テメエらゲスの極みだ!がある。おかげさまで多くの人に閲覧していただいたのだが無謀にも絡んできやがった糖毒バカがいた。記事中でゲス呼ばわりした小林とかいうアホだ。「人様に絡む前にまずテメエはFacebookの投稿に謝罪してリンク先を変えろや」で終わりなのだが、その際に「久山町の悲劇!」とかぬかしてきた。でもねえ、デマを速攻で見抜いた相手にんなモンが通用すると思う?どー考えても通用しねーだろ(爆笑)、結論から言うと「口から出まかせ」だったし。



女子栄養大学 栄養と料理 久山町


 最近偶然にこの久山町研究の研究統括者である清原裕・九州大学大学院教授のインタビュー記事を発見した。『栄養と料理』(女子栄養大学出版部)2013年11月号に掲載された「本当に糖質のとりすぎのせい?なぜ「久山町」で糖尿病が増えたのか」がそれ。今回はそれの紹介です。しかし清原教授の記事の略歴を読むと”旧ソビエト連邦ロストフ国立医科大学卒業”なのか。なんだかよくわからんがとにかく凄そうだ、どう凄そうなのかが説明できないのがもどかしいが。



久山町の有病率が
高く出るのは
ある意味当然



 久山町の糖尿病有病率は高いと言われ、実際それは”事実”である。しかしそれはある意味では当然らしい。



【清原】 もともと久山町の疫学調査ではほかの調査と比べていろいろな病気の有病率が高く出る傾向があります。なぜかというと、久山町住民の検診受診率が高いからです。疫学調査で病気の頻度を正確に調べるためには、受診率が高いことが重要になります。受診率が低い調査では、受診者が健康意識の高い人ばかりで、健康に問題を抱えている人ほど受診しないというケースが多いのです。そうすると”優等生”だけのデータになってしまい、有病率が実際よりも低く見積もられることになります。

(『栄養と料理』2013年11月号、p112)



 疫学調査では受診率が7割を超えると実態に近いデータとされるが、久山町研究は検診受診率が8割超え。清原教授は糖尿病・糖代謝異常については久山町のデータが日本の実態に近いと考えているそうな。



久山町 糖尿病 耐糖能異常
グラフデータは
清原裕:糖尿学の進歩(第40集)、2006
グラフ再作成はくさいバカブログ主


 これだけ読むと「あれ?じゃあ”久山町の悲劇”って正しいじゃん!」ってヌカ喜びしている糖毒バカも少なからずいるだろう。まあもうちょっと読んでいけや、そのうち中身がわかるやろから。



久山町の
糖質摂取量の実際



――久山町で糖尿病患者が増加した理由は、ネット上の批判にあるように糖質のとりすぎによるのでしょうか。

【清原】 久山町研究を批判する人たちがなにを根拠に糖質のとりすぎと指摘しているのかはよくわかりません。65年から04年までの久山町の栄養比率の推移を全国平均と比較すると、むしろ糖質摂取量は久山町の方が低いことが示されています。

(同上、p113)



久山町 糖質 栄養
友納美恵子ほか:
中村学園大学研究紀要39:255,2007
グラフ再作成はくさいバカブログ主


 あららら、糖毒狂信者の皆さんちゃんと読んでる?まあエネルギー総摂取量と各エネルギーの摂取割合から見ると劇的に低いわけでもなく全国平均程度だけどね。でもまあ「久山町は糖質のとりすぎ!」がフェイクニュースみたいなモンってのはバレちゃったねー(爆笑)。なお清原教授はこう続けている。



 私は糖質制限食を否定するつもりはなく、やり方によっては有用でもあると考えていますが、糖質をほとんどとらない極端な食事法や、糖質を制限すればあとはなにを食べても良いという考え方には賛成できません。糖質を制限した分のエネルギーを何でとるのかが問題で、糖質制限だけで糖尿病がなくなるわけではありません。

日本人に糖尿病が増加している大きな要因の一つが肥満の増加であることはまちがいありませんが、久山町では肥満者だけでなく非肥満者にも糖尿病が増えてきているのです。そこで、総エネルギー摂取量よりも食事内容に着目し、糖尿病の有病率と食品群別摂取量の時代的推移を検討したところ、糖尿病の増加に伴い増加している唯一の栄養素が動物性脂肪であることがわかりました。このことから、動物性脂肪は糖尿病の最大のリスクであると考えられ、肉類を増やせば当然、動物性脂肪も増えるので、肉類はとりすぎないほうがよいといえます。

【後略】


(同上、p113~114)



 強調しておいた部分ですが、我らが(まあその中に少なくとも私は含まれないけど)Dr.糖尿モヤシ教祖は70㎏にも満たない程度で糖尿病発症したんですよね?内臓脂肪の増加で発症したのかしら?まあこの場合MEC食は確実にアウトやな(爆笑)。



超注目!久山町の
高精度データの理由!!



 記事をより楽しくするために少しインタビューの構成を変えさせてもらった。というのは最初にこんな面白いことを清原教授は言っているから!



【清原】 国民健康・栄養調査では、全国から5000~6000世帯を無作為に抽出し、その中から20歳以上で血液検査および質問票の回答に応じた人が対象です。血液検査でHbA1c(JDS値)6.1%以上あるいは質問票で「現在糖尿病の治療を受けている」と回答した人を「糖尿病が強く疑われる人」と判定しています。

 一方、久山町では40歳以上の全住民を対象とした健康診断において、5年ごとに受診者のほぼ全員に糖負荷試験を行っています。

【中略】


――なぜ久山町では糖負荷試験を導入しているのですか。

【清原】 過去1~2ヶ月の平均的な血糖レベルの推測値であるHbA1cも糖尿病の診断に有用ですが、耐糖能レベルを正確に判定するには糖負荷試験が必要だからです。特に糖尿病予備軍と呼ばれる耐糖能異常は、糖負荷試験を用いなければ診断できないのです。

(同上、p111~112)



 あららららら、藪をつついて蛇を出す糖毒バカ。Dr.糖尿モヤシ教祖もバカボ山田もケトンハゲもその他の有象無象も本当に糖質制限が効果があるって言うんなら糖負荷試験やってもらわんといかんよね(爆笑)?相手にはメチャクチャ厳しい(というか理不尽な)コト要求して自分には巨大な穴の開いたザル、ってのは通らないんじゃねぇのか?まあ昔モヤシ教祖は「糖負荷試験なんかやらなくていい、主治医を変えた方がリーズナブル」ってほざいてたけどな。



 とりあえずこれから「久山町の悲劇!」とか糖毒バカがわめいていたら「テメエは今すぐ自腹でマケドニアに移住しろや!」と言い返してやりましょう(爆笑)。小林、テメエのことだこのバカ野郎。それにしても女子栄養大学さん、社会的な責任を果たしていますねえ。当然といえば当然ですがその”当然”がこうも難しいとは(既存の出版社はまるでダメ)。女子栄養大学出版部さんに感謝を。


スポンサーサイト


はてなブックマーク、Lineなどはこちら



スポンサー様の広告です!




世のため人のため↓バナーをLet's クリック!



テーマ : 糖質制限食
ジャンル : ヘルス・ダイエット

プロフィール

toshitsubaka

Author:toshitsubaka
糖質制限・低糖質・MEC食はバカがやること!

新着記事
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
おすすめの人気記事
スポンサー様の広告

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR